148

ミヤマリンドウ(深山竜胆:Gentiana nipponica)

昨日、昨年に引き続き「大雪山山麓一周と能取湖のサンゴ草」に同行させていただきました。能取湖のサンゴソウ、さらには大雪山国立公園での紅葉が素晴らしく、お客様と共に素晴らしい景観を楽しませていただきました。

 

本日は「ミヤマリンドウ(深山竜胆:Gentiana nipponica)」をご紹介します。

 

ミヤマリンドウ(深山竜胆:Gentiana nipponica):大雪山系・旭岳山麓にて

 

被子植物 双子葉類
学名:Gentiana nipponica
科名:リンドウ科(Gentianaceae)
属名:リンドウ属(Gentiana)

 

ミヤマリンドウ(深山竜胆)は、北海道から本州の中部地方以北に分布し、高山の湿った草地などに自生する日本固有のリンドウ科の多年草で、フデリンドウ(筆竜胆:Gentiana zollingeri )の高山種と紹介されています。
今夏は、7月に千畳敷カール、9月(先日)に大雪山系の旭岳山麓にて観察することができました。

 

地表を這うように伸びた茎から花茎を立ち上げ、草丈は5~15cmほどとなり、茎はやや赤紫色を帯びています。
葉は葉柄がなく、長さ5~12mmほどで広披針形~卵状長楕円形の形状の葉を対生してつけます。横に展開するように付く葉は先が尖らず、少し厚みを感じ、少し光沢も確認できます。根生葉はありません。

 

花期は7~9月。茎頂や上部の葉腋に1.5~2cmほどの青紫色の小さな花を1~数個咲かせます。花冠の先端は5裂、裂片間に副片があり、平開します。萼の先端はやや反り返っている印象です。私は観察したことがありませんが、稀に白花種もあり「シロバナミヤマリンドウ」と呼ばれています。

ミヤマリンドウ(深山竜胆:Gentiana nipponica):中央アルプス・千畳敷カールにて

 

形状などが非常によく似ているタテヤマリンドウ(立山竜胆:Gentiana thunbergii var. minor)との見分け方のポイントとして、葉の違いがよく紹介されています。その他の見分け方もありますので、下記を参考にしてください。

 

<タテヤマリンドウとミヤマリンドウの見分け方>
①茎葉の違い
タテヤマリンドウは横に展開しない(上向き)、ミヤマリンドウは横に展開する

②花茎につく花の数
タテヤマリンドウは茎頂に1つずつ、ミヤマリンドウは1~数個

③花の中央部付近の斑点の有無
タテヤマリンドウには斑点が付き、ミヤマリンドウには斑点がない

④5裂した花冠の間の副花冠(副片)
ミヤマリンドウは細長く、先が不規則に裂ける、タテヤマリンドウは先は避けず短い

 

その他、変種として飯豊連峰の飯豊山に特産する「イイデリンドウ(飯豊竜胆)」や近縁種として「ハルリンドウ(春竜胆)」などが紹介されています。

 

リンドウの花は一見派手な色合いをしておりますが、ゆっくり観察をすると1つ1つの花の形状が美しく、気付くと心奪われる魅力ある花であります。

 

ミヤマリンドウ(深山竜胆:Gentiana nipponica):大雪山系・旭岳山麓にて
147

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪:Viola biflora)

本日は「キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪:Viola biflora)」をご紹介します。

 

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪:Viola biflora)

 

被子植物 双子葉類
学名:Viola biflora
科名:スミレ科(Violaceae)
属名:スミレ属(Viola)

 

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)は、北海道、本州(中部地方以北:資料によっては紀伊半島以北)、四国山地、屋久島に分布し、の亜高山帯から高山帯の礫地や岩場、湿った草地や沢沿いの林縁などに自生します。海外でも北半球の冷温帯の広範囲に分布します。
今回の写真は、7月に中央アルプス・宝剣岳の麓に広がる千畳敷カールにて観察・撮影したものです

 

草丈は5~15cmほど、葉は2~3cmで円形~腎円形。葉の縁には鋸歯となっており、表面に毛が見られ、表面は少し光沢が感じられます。
キバナノコマノツメの葉は先端は尖らないのが特徴です(資料によって葉の先端がやや凹むものも多いと紹介されています)。
同じ千畳敷カールには、近縁種であるクモマスミレ(雲間菫:Viola crassa var. alpicola)も自生しており、見た目が同じ「黄色いスミレ」で見分けるのが難しいですが、葉の先端が尖る点が見分けるポイントです。今回は残念ながらクモマスミレ(雲間菫)は咲いていなかったので、比較する写真は掲載できませんが、またの機会に。

 

花期は6~8月。茎頂に1.5~2cmほどの黄色い花を1つ、1つの株で多数の花を咲かせます。
花弁は5枚。上弁と側弁の計4枚がそり返るように上を向き、他のスミレ科の花に比べて細長い印象です。下向きの唇弁も細長い印象で、それぞれの花弁の基部からはスミレ科の特徴である暗紫色の筋があり、唇弁の筋は上弁や側弁と比べるとハッキリと確認ができます。距、萼片には毛はなく、距の部分は非常に短いので見落としてしまうほどです。
花の中央には、薄い黄緑色の花柱が確認でき、二股に分かれて左右に広がっているような形状です。

キバナノコマノツメの花柱は二股に分かれて左右に広がっている形状

 

和名は「黄花の駒の爪」と書き、非常に印象的な名称です。名の由来は、葉の形状が馬の蹄に似ており、黄色の花を咲かせることから名付けられたそうです。
また、スミレ科の中でも和名に「スミレ」とつかない数少ない種とも紹介されています。

 

バナノコマノツメ(黄花の駒の爪)の変種として、下記2種があります。
◇ジョウエツキバナノコマノツメ(上越黄花の駒の爪)
→谷川岳や尾瀬・至仏山の蛇紋岩地に自生。葉に厚みがある。
◇アカイシキバナノコマノツメ(赤石黄花の駒の爪)
→南アルプスに自生。果実に毛がある。長野県でレッドリストの絶滅危惧ⅠB類(EN)に指定。

 

また、キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)には稀に白花種もあり、唇弁の基部に黄色が淡く残り、写真でしか見たことありませんが、印象的な色合いです。
黄花で白花・・・名前は???

 

フラワーハイキングなどを楽しんでいる際にスミレが咲いていても、さっと観察するだけで通過してしまう事が多いですが、今回は黄花のスミレで花弁の細長い形状が印象的だったため、足を止めってゆっくりと観察を楽しみました。
スミレの花の観察の際、花の形状などゆっくりと観察すると新たな発見があるので、是非ゆっくり観察してみてください。

 

キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪:Viola biflora)
146

シナノキンバイ(信濃金梅:Trollius japonicus)

現在、10月に発行予定の西遊通信で発表予定のツアー造成に励んでいます。冬さらには春に向けて新たなツアーを発表しますので、お楽しみに。一足先に確認されたい方は、是非弊社ホームページへアクセスを。

 

本日は「シナノキンバイ(信濃金梅:Trollius japonicus)」をご紹介します。

 

シナノキンバイ(信濃金梅:Trollius japonicus)

 

被子植物 双子葉類
学名:Trollius japonicus
科名:キンポウゲ科(Ranunculaceae)
属名:キンバイソウ属(Trollius)

 

シナノキンバイ(信濃金梅)は、以前紹介したハクサンイチゲと並ぶ高山植物の代表種として紹介されるキンボウゲ科の多年草です。
北海道から中部地方以北に分布し、高山帯などの湿った草地に自生する日本固有の花です。
花の名は、信濃地方で多く観られ、他のキンバイソウ属の花と同様に黄金色で梅に似た花を咲かせることから「信濃金梅」と呼ばれています。

 

草丈は20~80cmで直立します。背丈に差がありますが、南・北アルプスなどでは背が低い傾向にあると記載する資料もあります。
葉は、円心形で直径が5~10cmで3全裂、側裂片が2深裂し、縁には不揃いな鋸歯があります。手のひら状に5裂するギザギザな葉とも紹介されています。
下部の葉には長柄がありますが、茎の上部の葉は葉柄が短く(または無し)、茎を抱くように付けています。
根生葉と株の葉の表面には光沢が確認できるという資料もありますが、上部の葉は個人的にはあまり光沢を感じることはありません。

 

花期は7~9月。茎頂に1~2つ、直径3~4cmほどの黄橙色の花を咲かせます。
黄橙色の花弁が5~7枚・・・と言いたいところですが、花弁に見える黄橙色の部分は「萼片」です。萼片が変化したもののため、花が開く前は縁が緑を帯びています(一番下の写真をご覧ください)。

ただ、シナノキンバイには花弁がない訳ではありません。シナノキンバイの花弁は、雄しべや雌しべが密集している花の中央にあります。雄しべより短く、濃いオレンジ色の線形の花弁が確認できます。真ん中の写真で上のアップ写真で確認できるでしょうか。

 

シナノキンバイの花弁は確認できますか?(雄しべより短く、濃いオレンジ色の線形)

 

以前、ミヤマキンバイ(深山金梅)をご紹介した際にも記載しましたが、「ミヤマ~」と名のついた花、「~キンバイ」と名のついた黄色い花など、黄色い花は似ているものが多く、見分けが本当に困難です。
今回も、シナノキンバイのことを調べていると、尾瀬ではシナノキンバイによく似たリュウキンカと共に咲いているとあり、春の訪れを告げる花の1つして紹介されていました。見分け方は丸い葉がリュウキンカ、ギザギザの葉がシナノキンバイだそうです。

 

その他、黄色い花の見分け方のポイントは「葉の違い」です。
・シナノキンバイ(信濃金梅:キンポウゲ科):葉は掌状で切れ込みが深い
・キンバイソウ(金梅草:キンポウゲ科):葉の切れ込みは信濃金梅より浅い
※キンバイソウは、信濃金梅より標高の低い山地に自生
・ミヤマキンバイ(深山金梅:バラ科):小葉は3個で切れ込みが浅い
・ミヤマダイコンソウ(深山大根草:バラ科):葉は丸い心形
・ミヤマキンポウゲ(深山金鳳花:キンポウゲ科):葉は深く3裂、信濃金梅に比べ裂片が細かい

 

黄色い花の見分け方は非常に困難ですが、1つ1つ観察して覚えていくしかありません。
来年こそは、しっかり見分ける方法を身に付けたい・・・毎年言っている気もします。

花弁状の萼片は、花が開く前は縁が緑を帯びています
145

ヨツバシオガマ(四葉塩釜:Pedicularis japonica)

本日は「ヨツバシオガマ(四葉塩釜:Pedicularis japonica)」をご紹介します。
7月に「花咲く千畳敷カール・乗鞍・上高地を歩く」に同行させていただいた際、千畳敷カールと乗鞍畳平にて観察することができました。

 

ヨツバシオガマ(四葉塩釜:Pedicularis japonica)

 

被子植物 双子葉類
学名:Anemone narcissiflora
科名:ハマウツボ科(Orobanchaceae)
属名:シオガマギク属(Pedicularis)

 

ヨツバシオガマ(四葉塩釜)は、日本固有の花であり、シオガマギク属の花の中で最もよく見かける花の1つです。北海道から本州の中部地方以北の高山帯に分布すると紹介されています。
ただ、近年行われた遺伝子解析により、ヨツバシオガマと呼ばれている種が大きく2つに分かれることが分かったそうです。

 

1.福島、新潟、山形に跨る飯豊山地から北に自生するもの(北方系)
→「キタヨツバシオガマ(別名:ハッコウダシオガマ)」と呼びます

2.上記より南(月山以南~中部地方以北)に分布するもの(南方系)
→従来の「ヨツバシオガマ」と呼ばれていたもの

 

ここからは従来のヨツバシオガマ(上記2)について、ご紹介します。

 

ヨツバシオガマ(四葉塩釜)は、亜高山帯~高山帯の湿地(湿り気のある草地)に自生する多年草。イネ科やカヤツリグサ科の植物の根に寄生して養分を分けてもらうため、近くに宿主のある草原に自生することから、シオガマギク属は『半寄生植物』と紹介されます。
草丈は10~30㎝で直立し、葉は1~3段に分かれ、各段4枚の葉が輪生します。「4枚の葉がつく」ことが花の名の由来です。
輪生する葉は、長さ2~5cmで長楕円状披針形で羽状全裂し、裂片はさらに羽状に中~深裂します。

 

花期は6~8月。茎の上部で2~6段に分かれ、ピンク色(薄紫色)の花を4つほど輪生して花を咲かせます。
花の形状の最大の特徴は「嘴のように伸びた」部分ですが、3枚の花弁と1つの唇弁に分かれているように見えますが、ヨツバシオガマの花冠は2唇形。
細長く下向きに伸びる上唇弁は、先端が嘴のように尖る形状をしていますが、根元から下向きに伸びているのではなく、上唇弁の中ほどから下向きに曲がっているのが、写真をご覧いただくと判ります。
下唇弁は、3枚ではなく、3つに深裂している状態です。

 

高山植物のルーツは、北極圏付近に自生していた寒さに強い植物が氷河期に日本にやってきて、暖かくなると高山に取り残されて生き残った植物だと考えられているものが多くあり、ヨツバシオガマもその1つとされています。
ある資料には、古い氷河期に北極圏からやってきて暖かくなった時に高山に残されたのがヨツバシオガマ、新しい氷河期に北極圏からやってきたのがキタヨツバシオガマであるという、興味深い考えもありました。
これまで北海道~中部地方異国の亜高山帯~高山帯に咲く「ヨツバシオガマ」という認識だったこともあるので、いつかしっかりと見比べてみたいものです。

 

ヨツバシオガマ(四葉塩釜:Pedicularis japonica)
144

ハクサンイチゲ(白山一花:Anemone narcissiflora)

本日は、「ハクサンイチゲ(白山一花:Anemone narcissiflora)」をご紹介します。高山植物と調べると、よくハクサンイチゲが群生する写真が掲載されていたり、様々な資料で「高山植物の代表種」として紹介される花の1つです。

 

ハクサンイチゲ(白山一花:Anemone narcissiflora)

 

被子植物 双子葉類
学名:Anemone narcissiflora
科名:キンポウゲ科(Ranunculaceae)
属名:イチリンソウ属(Anemone)

 

ハクサンイチゲ(白山一花)は、本州の中部以北から東北地方に分布し、亜高山帯から高山帯の湿った草地に自生する日本固有のキンポウゲ科イチリンソウ属の多年草です。
7月の「花咲く千畳敷カール・乗鞍・上高地を歩く」に同行させていただいた際、中央アルプスの宝剣岳の麓にある千畳敷カール、北アルプスの乗鞍岳の麓にある乗鞍・畳平にて観察することができました。

 

草丈は15~60㎝で直立し、葉は無柄で4枚の葉が輪生し、それぞれが手のひら状に2~3回深裂し、裂片の先が尖っているのが特徴です。ハクサンイチゲは、茎、葉柄、葉、花柄に粗い毛が確認できます。

 

花期は6~8月。花茎の先端は数本に分かれて各々に1つずつ、2~5個の花を散形状に、直径2~2.5cmほどの花を咲かせます。
「イチゲ」とは、通常は1株に1つの花をつける花のことですが、ハクサンイチゲなどイチリンソウ属の植物に多く付けられる名前のため、花が一輪でなくてもイチゲの名前が付いています。

 

真っ白な花弁が印象的・・・と言いたいところですが、ハクサンイチゲには花弁はありません。
花弁に見える真っ白の部分は花弁ではなく「萼片」で、少し先端が尖った形状の萼片は5~7枚付けます。花の中央部には黄色の雄しべ、緑色の雄しべが密集します。

 

近縁種や変種として、エゾノハクサンイチゲ(蝦夷の白山一花:北海道から東北地方北部の高山帯に分布し、葉の幅が広く先端が尖らない)やシコクイチゲ(四国一花:四国山地の岩場(石鎚山など)に分布し、複散形に咲く)があります。
また、日本第二の高峰・北岳にしか咲かないキタダケソウに似ていると紹介されることもあり、キタダケソウは花弁の先端が尖らず、窪んでいる点が違いです。
また、私も知りませんでしたが、萼片が緑色に変わった「ミドリハクサンイチゲ( f. viridis )」と呼ばれるものもあるそうです。是非一度観察してみたいものです。

 

ハクサンイチゲをはじめ、「ハクサン」という名のつく花が多いですが、ご存知の方も多いと思いますが、石川県の白山のことです。
色々と調べていると、興味深い資料があったのでご紹介します。
日本の植物研究は古くからあったようですが、西欧文化を受け入れ、植物学として発展したのが明治時代。その後、高山が研究対象となり、登山道があり山の案内人のいる山で調査が始まったそうです。白山は江戸時代から山岳信仰として登られてきた歴史があるため、当時の植物研究家は白山で多くの植物を発見し、植物に白山の山の名を付けたことが理由とのことです。
その後、日本中の高山が登られるようになり、白山以外でも同じ高山植物が発見されましたが、一度つけた名前は簡単には変えられず、ハクサンという名のつく花が多く残っているとのことです。
因みに「ゴゼン」という名の付く花も多いですが、白山の御前峰のことです。

 

ハクサンイチゲは、その色合い、花の美しさから群生すると見事な花畑の風景となります。群生したハクサンイチゲをのんびり眺めるだけでも幸せな気持ちになります。

 

ハクサンイチゲ(白山一花:Anemone narcissiflora)

 

<おすすめ!! 紅葉シーズンに自然を楽しむツアー>
※10月18日出発:まもなく催行!
※一番のオススメです!!

「清流の国」岐阜から上高地へ 4つの自然探勝ハイキング
“岐阜の宝もの”小坂の滝、天生県立自然公園、五色ヶ原の森と名勝・上高地を専門ガイドと歩く5日間。

 

※10月18日出発:まもなく催行!
北信濃の小菅神社・戸隠神社五社参拝と鬼無里フットパスを巡る
専門ガイドと共に寺社仏閣を巡り、由緒を知り、御朱印をいただく旅。また、自然美溢れる鬼無里でもガイドウォークを楽しむ5日間。

 

※9月19日出発:催行決定!
日本で最も早い紅葉を観る!大雪山山麓一周と能取湖のサンゴ草
黒岳、旭岳、十勝岳、三国峠など大雪山山系の原生林と紅葉の名所を巡る5日間。
※エゾオヤマリンドウに出会えるかもしれません。

 

※10月5日出発:催行決定!
秋の千畳敷カール・乗鞍・上高地を撮る
傑出した山岳景観を誇る中央アルプスから中部山岳国立公園を巡る4日間。撮影目的でなくても、自然、風景を満喫できます。

 

※10月9日出発:まもなく催行!
秋色に染まる尾瀬・奥日光・谷川連峰を撮る
美しい紅葉や山岳風景の撮影をご堪能いただく日程。尾瀬は2泊3日でゆっくりと巡り、秋色に染まる尾瀬を堪能いただけます。

143

ミヤマクロユリ (深山黒百合:Fritillaria camschatcensis var. keisukei)

昨年5月、私がぬか床づくりを始めた頃に「クロユリ(Fritillaria camschatcensis)」として「エゾクロユリ(蝦夷黒百合)」ご紹介しましたが、本日は「ミヤマクロユリ (深山黒百合:Fritillaria camschatcensis var. keisukei)」をご紹介します。因みに、今もぬか床づくりは継続しています。

 

ミヤマクロユリ (深山黒百合)の両性花

 

被子植物 単子葉類
学名:Fritillaria camschatcensis var. keisukei
別名:skunk lily(スカンクユリ)、outhouse lily(外便所ユリ) など
科名:ユリ科(Liliaceae)
属名:バイモ属(Fritillaria)

 

本日ご紹介する「ミヤマクロユリ(深山黒百合)」は、7月に木曽駒ケ岳の千畳敷カール、乗鞍・畳平にて観察したものです。

 

ミヤマクロユリ(深山黒百合)は、中部地方以北(白山が分布の西限)の高山帯~亜高山帯に自生する多年草。
クロユリは、広義ではエゾクロユリ(蝦夷黒百合)とミヤマクロユリ(深山黒百合)の両方を指し、狭義ではエゾクロユリ(蝦夷黒百合)のみを指します。
また、エゾクロユリとミヤマクロユリでは染色体数に違いがあり、ミヤマクロユリの染色体数は2対24本(2倍体)、エゾクロユリは3対36本(3 倍体)とのことです。
私個人的には、北海道などの低地に生える クロユリ は「エゾクロユリ(蝦夷黒百合)」、本州の高山に生えるクロユリはミヤマクロユリ(深山黒百合)という認識です。

 

草丈は10~30㎝で直立し、葉は披針形~長楕円状披針形をしており、茎の中央あたりから3~5枚の葉が輪生上に2~3段につきます。

 

花期は6~8月。茎の頂に柄を伸ばし、下向きに1~2輪ほど花を咲かせます。
長さ2~3cmの花被片を6枚付け、色は黒というより、暗紫褐色で、黄色の網目模様(黄色の細かい斑点と表現する資料もあり)が内外にあるのが特徴です。
個人的な印象として、黄色の網目模様があることで花の色が茶色に近い色合いに感じることもあります。

 

雄しべは6個あり花被片の半分ほどの長さで先端部(葯)が黄色く、花柱は黄緑色で基部から3裂し先は外側に曲がる形状をしています。

 

クロユリは、両性花と雄性花が同じ株に付き、雌花がない「雄性両全性同株」です。茎頂に2個以上の花をつける場合、両性花と雄性花を1つずつ、もしくはどちらか一方を複数咲かせる場合など、組み合わせは様々です。
両性花と雄性花の見分け方は一目瞭然で、花の中央に黄緑色で3裂した花柱が確認できれば両性花、なければ雄性花です。ちなみに、上の写真が両性花、下の写真が雄性花です。

 

クロユリには独特の悪臭があり、花粉を運ぶのは大部分が「ケブカクロバエ」と呼ばれるハエ。この悪臭がこのハエを呼び寄せるといわれています。
花が終わると徐々に上を向くように変化し、実が膨らみ羽をもった種子をたくさんつけますが、発芽率は良くなく、繁殖の大半は栄養繁殖と呼ばれる地下の鱗茎が分裂して数を増やしています。

 

<エゾクロユリとミヤマクロユリの見分け方>
1.草丈
エゾクロユリが10~50cm/ミヤマクロユリは10~30cm。
2.花の色
エゾクロユリは黒褐色に近い/ミヤマクロユリは茶色に近い暗紫褐色
3.網目模様
エゾクロユリはあまり目立たず/ミヤマクロユリは非常に目立つ
4.茎頂の花の数
エゾクロユリが3~5個/ミヤマクロユリは1~2個

 

ミヤマクロユリを見つけると「クロユリ?イメージと違う」という声が挙がり、実際7月のツアーの際にもそのような声が挙がりました。おそらく、クロユリ=エゾクロユリのイメージなのかもしれません。
次回、クロユリを観察する機会がありましたら、エゾクロユリとミヤマクロユリの違い、両性花と雄性花の違いをじっくりと観察してみてください。

 

ミヤマクロユリ (深山黒百合)の雄性花
エゾクロユリ(蝦夷黒百合)の両性花

 

<おすすめ!! 紅葉シーズンに自然を楽しむツアー>
※10月18日出発:まもなく催行!
「清流の国」岐阜から上高地へ 4つの自然探勝ハイキング
“岐阜の宝もの”小坂の滝、天生県立自然公園、五色ヶ原の森と名勝・上高地を専門ガイドと歩く5日間。

 

※10月18日出発:まもなく催行!
北信濃の小菅神社・戸隠神社五社参拝と鬼無里フットパスを巡る
専門ガイドと共に寺社仏閣を巡り、由緒を知り、御朱印をいただく旅。また、自然美溢れる鬼無里でもガイドウォークを楽しむ5日間。

 

※10月5日出発:催行決定!
秋の千畳敷カール・乗鞍・上高地を撮る
傑出した山岳景観を誇る中央アルプスから中部山岳国立公園を巡る4日間。撮影目的でなくても、自然、風景を満喫できます。

 

※10月9日出発とも、まもなく催行!
秋色に染まる尾瀬・奥日光・谷川連峰を撮る
美しい紅葉や山岳風景の撮影をご堪能いただく日程。尾瀬は2泊3日でゆっくりと巡り、秋色に染まる尾瀬を堪能いただけます。