119

エゾイブキトラノオ(蝦夷伊吹虎の尾:Bistorta officinalis ssp. pacifica)

本日までにいくつか花の観察ツアーを造成させていただきましたが、お問い合わせやお申し込みをいただく際に弊社ホームページのツアーページを開くと、思わず高山植物の花に見惚れて、お客様のお話しを聞きそびれそうになる日々が続いています。

 

<私の造成したオススメの花観察ツアー>
花の尾瀬フラワートレッキングとチャツボミゴケの群生地を歩く
※専門ガイドとのんびりと花の観察を楽しみ、尾瀬ヶ原から尾瀬沼へのフラワートレッキング。花咲く尾瀬を訪れる季節、8名様限定のツアーです。

 

花咲く千畳敷カール・乗鞍・上高地を歩く
※高山植物の宝庫として知られる千畳敷カールや乗鞍・畳平でフラワーハイキング。旅の後半は、専門ガイドと共に静寂に包まれた奥上高地の徳沢を目指す。高山植物の観察と合わせて絶景も楽しむ5日間。

 

一番のオススメ!
屋久島・照葉樹林の森と花の黒味岳フラワートレッキング
※島内を周遊し亜熱帯植物や照葉樹林の植生を観察と1泊2日プランで森林限界を目指す「黒味岳フラワートレッキング」へご案内。屋久島の垂直分布を深く知ることのできる季節限定企画。

 

本日は「エゾイブキトラノオ(蝦夷伊吹虎の尾:Bistorta officinalis ssp. pacifica)」をご紹介します。

 

エゾイブキトラノオ(蝦夷伊吹虎の尾:Bistorta officinalis ssp. pacifica)

 

被子植物 双子葉類
学名:Bistorta officinalis ssp. pacifica
科名:タデ科(Polygonaceae)
属名:イブキトラノオ属(Bistorta)

 

エゾイブキトラノオ(蝦夷伊吹虎の尾)は、タデ科イブキトラノオ属に属する多年草です。日本では、北海道の夕張山地や中央高地から礼文島の海岸近くまでの広い範囲に分布し、海外ではサハリンなど北半球の寒冷地帯に広く分布します。

 

日本全国に分布するイブキトラノオ(伊吹虎の尾:Bistorta officinalis ssp. japonica)とは、亜種同士で兄弟ともいえる関係です。ただ、資料によっては「イブキトラノオ/別名:エゾイブキトラノオ」と記載しているものもあります。

 

草丈は30~100㎝となり、草丈20-80cmのイブキトラノオに比べ、草丈が高くなります。
葉は根生葉は長めの葉柄をもち、卵状楕円形と幅広く、根生葉の基部は心形。茎葉は根生葉に比べ小さく、少し幅も広い印象です。

 

花期は7~9月。花は茎頂に3~6cmほどの円柱花序を作り、白色から淡いピンク色の小さな花を密集して咲かせます。イブキトラノオに比べ、エゾイブキトラノオの方が花の量は多いとされています。花弁はなく、萼が5深裂しており、8~10本の雄しべが長く突き出ています。
エゾイブキトラノオは、イブキトラノオに比べ、草丈も高く、花穂も長く、色も若干濃いため、少し派手さを感じることもあります。

 

和名の「虎の尾」は、花穂を虎の尾に見立てたことから名付けられました。

 

4月23日現在、東京など4都府県に対して新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言発令を正式決定する見通しと政府より発表されました。コロナウイルスの感染症拡大の猛威には十分気を付けた生活を続けないといけませんが、この花のブログをご覧いただき、少しでも心を和んでくれればと願っております。

 

エゾイブキトラノオ(蝦夷伊吹虎の尾:Bistorta officinalis ssp. pacifica)

 

<おすすめ!! 花の観察を楽しむツアー>

ニッコウキスゲの咲く7月コースも、間もなく催行です!
花の尾瀬フラワートレッキングとチャツボミゴケの群生地を歩く
※専門ガイドとのんびりと花の観察を楽しみながら、尾瀬ヶ原から尾瀬沼へのフラワートレッキング。花咲く尾瀬を訪れる季節、8名様限定のツアーです。

 

 

残席わずか オススメのツアーです!!
花咲く千畳敷カール・乗鞍・上高地を歩く
※高山植物の宝庫として知られる千畳敷カールや乗鞍・畳平でフラワーハイキング。旅の後半は、専門ガイドと共に静寂に包まれた奥上高地の徳沢を目指す。高山植物の観察と合わせて絶景も楽しむ5日間。

 

 

一番のオススメ!
屋久島の植生観察、高山植物の観察に重点をおいた季節限定企画!!

屋久島・照葉樹林の森と花の黒味岳フラワートレッキング
※島内を周遊し亜熱帯植物や照葉樹林の植生を観察と1泊2日プランで森林限界を目指す「黒味岳フラワートレッキング」へご案内。屋久島の垂直分布を深く知ることのできる季節限定企画。

 

※ご好評につき、追加設定!!
花の北海道フラワーハイキング
※各所での高山植物の観察、ハイキングのために十分な時間を設けています。北海道ならではのチングルマ、ミヤマキンバイ、エゾコザクラなど、また銀泉台のコマクサ平では高山植物の女王『コマクサ』が観察できる季節限定のツアーです。

 

 

続々と催行決定コースも!是非ご検討を!!
花の利尻・礼文島とサロベツ原生花園
※6月から7月にかけて高山植物の開花の季節となる利尻・礼文島。専門ガイドの案内で、フラワーウォッチングや様々な植物の観察を満喫する5日間。

 

 

続々と催行決定コースも!是非ご検討を!!
花の利尻・礼文島から世界遺産・知床半島へ
※5月下旬から高山植物の季節が始まる利尻・礼文島から、オホーツク海沿岸を走り世界遺産・知床へ。利尻島・礼文島、知床半島を一度に楽しむ旅。