ツアーのポイント

ポイント フラワーガイド同行で楽しむ、6月の利尻・礼文島。礼文島には2連泊!

6月から高山植物の開花の季節となる利尻・礼文島。専門ガイドの案内で、フラワーウォッチングや様々な植物の観察を満喫。特に花の名所とされる礼文島には2連泊し、北部から南部まで様々なポイントでの観察をお楽しみいただきます。

ポイント花の名所「サロベツ原生花園」にもご案内

稚内から南に40㎞程に位置し、利尻礼文サロベツ国立公園の一部であるサロベツ原生花園でのフラワーウォッチングもお楽しみ下さい。

ポイント日本最北の地・宗谷岬やノシャップ岬も訪問

サハリン島を望む日本最北の地である宗谷岬や、ノシャップ岬、風車の立ち並ぶ風光明媚な周氷河ロードなど、日本の最果ての旅もお楽しみ下さい。6月上旬には宗谷岬でクロユリが見頃を迎えます。

フラワーハイキング(桃岩展望台ルート)
風車の並ぶ宗谷丘陵
ノシャップ岬から望む利尻山

COLUMN 高山植物の咲く花の名所 礼文島

6月~7月初旬にかけて花のベストシーズンを迎える礼文島。入れ替わりで様々な高山植物が咲き、訪れる時期、場所によって少しずつ観察できる植物も変化します。島南部では桃岩展望台からキンバイの谷までのルートでフラワーハイキング。北部では澄海岬やゴロタ岬などの花の名所にご案内。高山植物をに詳しい花の専門ガイドが同行し、2日間にわたり島の北部から南部までたっぷりとフラワーウォッチングをお楽しみいただきます。

■6月上旬:島の北部のポイントでレブンアツモリソウが咲く季節。その他、クロユリも開花時期を迎えます。
■6月中旬:花の開花が本格化してくるこの時期は、レブンキンバイソウやレブンシオガマなどの固有種に加えて、ミヤマキンポウゲやチシマフウロなども見頃を迎えます。

レブンシオガマの咲く桃岩展望台
ゴロタ岬
レブンソウ
リシリソウ
チシマフウロ
レブンアツモリソウ
ミヤマキンポウゲ
ネムロシオガマ

COLUMN 稚内周辺の見どころもしっかりとご案内

日本最北の地 宗谷岬

日本本土の最北端の地であり、サハリン島を望む宗谷岬。6月上旬は宗谷岬近くのポイントではクロユリが開花時期を迎えます。

宗谷岬
宗谷丘陵の周氷河地形と「白い貝殻の道」

宗谷岬から少し内陸に入ると緑豊かな丘陵地帯にたくさんの風車が立ち並ぶ風光明媚な景観が広がります。ホタテ貝の貝殻を敷き詰めた「白い貝殻の道」も近年注目を集めています。

宗谷丘陵の「白い貝殻の道」

花の名所 サロベツ原生花園

稚内の南40㎞ほどに位置するサロベツ原生花園も花の名所の一つ。6月~7月にかけて野花の咲くベストシーズンを迎えます。

サロベツ原生花園
稚内北防波堤ドーム

土木学会選奨土木遺産、北海道遺産にも選定される稚内港の防波堤ドーム。近年はSNSなどで話題となり、稚内の新しい見どころになっています。

稚内北防波堤ドーム

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
06月05日(日) ~
06月09日(木)レブンアツモリソウの季節
5日間198,000円
06月12日(日) ~
06月16日(木)レブンキンバイソウ、レブンシオガマの季節
5日間198,000円
発着地 現地発着(稚内空港集合・解散) 最少催行人員 5名(7名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 15,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    [東京・大阪からの参考アクセス]※航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    ■東京方面
    往路:ANA571 羽田 10:35発 - 稚内 12:25着
    復路:ANA4842 稚内 11:45発 - 千歳 12:40着
       ANA064 千歳 13:30発 - 羽田 15:10着
       又は ANA572 稚内 13:15発 - 羽田 15:15着

    ■大阪方面
    往路:ANA016 伊丹 08:00発 - 羽田 09:15着
       ANA571 羽田 10:35発 - 稚内 12:25着
    復路:ANA4842 稚内 11:45発 - 千歳 12:40着
       ANA776 千歳 13:50発 - 伊丹 15:45着




ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

稚内空港
ノシャップ岬
稚内港
利尻島

12:45発

14:30発
16:10着

午後12時45分、北海道の最北端、稚内空港に集合。専用車にて稚内港へ。途中、利尻島と礼文島、サハリン島をも望むノシャップ岬稚内港北防波堤ドームを見学。稚内港着後、フェリーにて利尻島へ向かいます。海上からは美しい円錐形の利尻島の展望をお楽しみ下さい。

利尻島:レラモシリ泊|食事:朝× 昼× 夜○
2

利尻島
礼文島
(フラワーウォッチング)

12:15発
13:00着

午前中、専用車にて利尻島を一周観光。姫沼南浜湿原ではトレイルを歩きながら高山植物の観察をお楽しみ下さい。晴れた日には湖面に利尻山が映るオタトマリ沼にもご案内します。その後、昼のフェリーで礼文島へ。着後、礼文島北部の澄海岬ゴロタ岬スコトン岬などを見学。6月の礼文島は各地で色鮮やかな高山植物が咲く美しい季節。ゆっくりと歩きフラワーウォッチングをお楽しみ下さい。
※6月上旬はレブンアツモリソウ、6月中旬はレブンキンバイソウやレブンシオガマの咲く季節です。

礼文島:はな心 又は 礼文荘泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3

礼文島
(フラワーウォッチング)

 

午前、花のメッカとして知られる桃岩展望台からキンバイの谷を往復するフラワーハイキング。午後も引き続き礼文島観光。地蔵岩桃台・猫台の展望台、湿地性の植物が観察できる久種湖を見学します。

礼文島:はな心 又は 礼文荘泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4

礼文島
稚内港
(サロベツ原生花園)

08:55発
10:50着

午前のフェリーにて稚内港へと戻ります。着後、日本最北端の地、宗谷岬の見学や、風車の並ぶ周氷河ロード、ホタテ貝の貝殻を敷き詰めた白い貝殻の道をドライブ。午後、利尻礼文サロベツ国立公園の一部を成すサロベツ原生花園でのフラワーウォッチングをお楽しみ下さい。
※6月上旬は宗谷岬周辺でクロユリの観察が期待できます。

稚内:ドーミーイン稚内泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5

稚内
稚内空港

10:00発
10:30着

専用車にて稚内空港へ。10時30分頃、稚内空港にて解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼0/夜4

ご案内とご注意

気候・服装 この時期の稚内、利尻・礼文島では天気によって気温も大きく変わります。日中晴れると15℃程度ですが、曇天や雨天時など10℃位までしか上がらない日もあります。風が強いと体感温度は5℃程度に感じる事もあり、防寒着、手袋、暖かい帽子などを含め防寒対策をお願いします。降雨に備えて上下セパレート式の雨具もお持ち下さい。靴は防水性のハイキングシューズやトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
フラワーウォッチングについて 礼文島の桃岩展望台ルートではお花を観察しながら3時間位歩きます。尚、天候や花の開花状況により柔軟に観察地を変更することがあります。花の開花時期は年によってずれる事があります。尚、日程表中や写真の野花は必ずしも観察できるとは限りません。予めご了承下さい。
専用車について 全行程ヴァンを利用します。荷物の積み込みスペースには限りがありますので中型サイズ程度のスーツケースでご参加下さい。
食事について ツアー中の昼食は含まれておりません。現地のレストランなどで召し上がっていただきます。各自、実費をお支払いください。
旅行条件について 取引条件はこちらの 国内旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。