ツアーのポイント

ポイント中部山岳国立公園の二大景勝地で撮影を楽しむ

新潟、富山、長野、岐阜の4県に跨り、日本を代表する傑出した山岳景観を誇る中部山岳国立公園。白馬岳などを有する後立山連峰、剱岳・立山などを有する立山連峰、槍ヶ岳などを有する穂高連峰、最南部に聳える乗鞍岳など3,000m級の山々で構成されています。中でも有数の人気を誇る乗鞍・畳平と上高地を巡り、心ゆくまで撮影をお楽しみいただきます。

ポイント写真撮影に目的を絞った10名様限定の旅

美しい紅葉や山岳風景の撮影をご堪能いただくため、10名様限定としております。乗鞍・畳平と上高地それぞれでご宿泊いただくことで、雲海の広がる雄大な乗鞍のご来光や、朝靄のかかる幻想的な早朝の上高地の撮影などをじっくりとお楽しみいただけます。 また、夜空の撮影も各地で宿泊することでしか得られない特権です。

ポイント乗鞍・畳平で2連泊 終日かけて乗鞍の紅葉の撮影

乗鞍・畳平では「乗鞍白雲荘」で2連泊。中日は乗鞍エコーライン(乗鞍・畳平~位ヶ原の間)をのんびりと歩きながら乗鞍の紅葉や北アルプス、南アルプスの山岳風景などの撮影を時間に追われることなく、心ゆくまでお楽しみいただきます。

紅葉の乗鞍と槍ヶ岳をはじめとする北アルプスの山々
赤・黄・緑に彩られた秋の乗鞍エコーライン

 

COLUMN 雲海広がる御来光と陽光に染まる山岳風景を求めて乗鞍・畳平へ


北アルプス南端、岐阜県高山市と長野県松本市に跨る乗鞍岳。標高3,026mの剣ヶ峰を主峰とする23の峰と7つの湖、8の平原からなり、壮大な山岳風景を形成しています。標高2,702mに位置する畳平へは乗鞍エコーラインを走行し、専用車でアクセスが可能。9月下旬~10月上旬の紅葉は見事で、ハイマツの緑、ダケカンバの黄色にナナカマドの赤が映え、撮影にもってこいのシーズン。乗鞍・畳平「乗鞍白雲荘」で2連泊するため、早朝は畳平周辺から雲海の向こうに広がる穂高連峰とともにご来光の撮影、夜は凛とした空気の中で星空撮影もお楽しみいただけます。
■9月コース: 新月に乗鞍・畳平滞在
■10月コース: 紅葉のベストシーズン、星空撮影は月明かりのない夜明け前がベスト

雲海広がる乗鞍のご来光の風景
立ち枯れしたハイマツと北アルプスの山々

COLUMN 穂高連峰の裾野に広がる日本屈指の景勝地・上高地へ

上高地は長野県の北アルプス南部の梓川上流に位置する日本屈指の景勝地であり、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。梓川にかかる河童橋から眺める穂高連峰は、季節を問わない景勝地として名高く、10月上旬頃から上高地が色づき始め、コハクウチワカエデ、シラカバなどから上高地の紅葉が始まります。ツアーでは上高地のシンボルともいえる河童橋近くの「西糸屋山荘」に宿泊し、心ゆくまで上高地の風景の撮影をお楽しみいただけます。

色づく秋の上高地と穂高連峰
紅葉に染まる梓川沿いの風景
岳沢湿原周辺で黄葉するダケカンバ
上高地で星空の撮影
秋の明神池の風景
夜明け前の穂高連峰と梓川
陽光差し込む秋の田代池

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
09月25日(日) ~
09月28日(水)新月に乗鞍滞在
4日間138,000円
10月03日(月) ~
10月06日(木)星空撮影は月明かりのない日の出前がベスト
4日間138,000円
発着地 現地発着(松本駅集合・解散) 最少催行人員 5名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 7,000円(上高地のみ)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 松本駅
乗鞍高原
(乗鞍エコーライン)
乗鞍・畳平

12:00発


15:00着

12:00、松本駅へ集合。専用車にて、乗鞍高原へ。着後、紅葉の木々や乗鞍岳が水面に映りこむ景色が素晴らしい一ノ瀬園地・まいめの池での撮影へご案内。その後、乗鞍エコーラインを走行し、乗鞍・畳平(標高2,702m)へ。
※ 乗鞍・畳平では「乗鞍白雲荘」に2連泊。天気が良ければ、雲海の風景とともに夕日や御来光の撮影、澄んだ空気の中での星空の撮影などもお楽しみいただけます。

乗鞍・畳平:乗鞍白雲荘泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 乗鞍・畳平
(乗鞍の御来光)
(紅葉の撮影)
 

早朝、乗鞍・畳平から望む御来光の撮影へご案内します。 この日は、乗鞍エコーラインで紅葉の撮影をお楽しみいただきます。9月下旬~10月上旬に紅葉の見頃となる乗鞍エコーラインでは、乗鞍畳平~位ヶ原山荘(約5km)をのんびりと歩きながら撮影を楽しみます。その後、路線バスで乗鞍・畳平へ戻ります。乗鞍・畳平では、北アルプスや南アルプスなど山々の風景の撮影もお楽しみください。

乗鞍・畳平:乗鞍白雲荘泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 (乗鞍の御来光)
乗鞍・畳平
(乗鞍スカイライン)
上高地

10:00発

13:00着

早朝、乗鞍・畳平から望む御来光の撮影をお楽しみください。
その後、専用車にて乗鞍スカイラインを下り、名勝・上高地へ。着後、大正池よりのんびりと歩きながら、噴煙をたなびかせる焼岳や原生林の中に広がる箱庭のような佇まいの田代池、穂高連峰を望む田代湿原など、上高地の撮影をお楽しみください。バスターミナル集合後、駐車場より歩いてホテルへ。

※上高地のシンボル・河童橋付近の「西糸屋山荘」に宿泊。日本が誇る山岳景勝地・上高地での風景を朝夕ともにお楽しみいただけます。
上高地・西糸屋山荘泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 (早朝の上高地)
上高地
松本駅

14:05発
16:05着
夜明け前から早朝にかけての上高地の撮影(朝靄のかかる梓川や河童橋から望む穂高連峰の撮影など)。朝食後、引き続き、上高地の撮影をお楽しみください。集合後、乗合のシャトルバスを利用し、松本駅へ。着後、解散。
※松本方面以外のシャトルバス等をご希望される場合、上高地にて解散も可能です。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼2/夜3
  • 現地(松本駅)集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    <東京・名古屋・大阪からの参考アクセス>
    【東京方面】
     往路:新宿駅 09:00発 →(JR特急あずさ9号:松本行)→ 松本駅 11:39着    
     復路:松本駅 16:30発(JR特急あずさ46号・新宿行) - 新宿駅 19:06着
    【大阪・名古屋方面】
     往路:新大阪駅 07:57発 →(JR新幹線のぞみ90号:東京行)→ 名古屋駅 08:47着
        名古屋駅 09:00発 →(JR特急ワイドビューしなの5号:長野行)→ 松本駅 11:04着
     復路:松本駅  16:53発(JR特急ワイドビューしなの20号・名古屋行) - 名古屋駅 19:05着
        名古屋駅 19:17発(JR新幹線のぞみ247号・新大阪行) - 新大阪駅 20:06着

ご案内とご注意

気候・服装 この時期、上高地の平均最高気温は15℃前後、朝晩はさらに冷え込むことがあり最低気温が5℃前後となります。フリースや薄手のダウンジャケットなどをご準備ください。乗鞍・畳平は標高2,702mに位置するため、さらに気温が下がり、ご来光撮影時には気温が氷点下となります。ご来光撮影時などに備え、しっかりと防寒具(手袋やマフラーなど)もご用意ください。天候が安定したシーズンですが、風は冷たく、雨も降る可能性もありますので、防風防雨対策として上下セパレート式の雨合羽をお持ちになると防寒着として併用できるのでおすすめです。足元は歩きやすい運動靴が最適です。
荷物について 中型(66cm)以下のスーツケースまたは布製のバッグでご参加いただけます。撮影時に不要な荷物はホテルまたは専用車へ置いておくことができます。撮影時に必要な荷物や機材は各自お持ちいただくこととなりますので、カメラ機材などを背負うデイパックなどをご用意ください。
利用予定ホテル 日程表をご覧ください。
※乗鞍畳平(乗鞍白雲荘)では山小屋での宿泊(男女別相部屋)となり、一人部屋(個室)はお取りできません。予めご了承ください。
※乗鞍・畳平の宿泊施設は、秋の営業のため十分な水の確保が困難な状況になってしまった場合、シャワーの利用制限や状況によっては営業休止となることがあります。その決定は出発日間際になる場合もあります。その場合は宿泊地の変更となりますので、予めご了承ください。

日程について ■紅葉の時期に設定をしておりますが、紅葉の時期はその年の気候などにより多少ずれることがあります。また、1日目の乗鞍高原に関しては、出発前に現地で紅葉状況を確認し、日程表に記載の撮影ポイントを変更してご案内する場合がありますので、予めご了承ください。
■日程1、3日目は専用車を利用しますが、日程2日目の乗鞍・畳平では乗鞍エコーライン(乗鞍・畳平~位ヶ原の間)をのんびり歩きながら、撮影を楽しむ予定です。撮影後、乗鞍・畳平へ戻る際は路線バスを利用予定です。
■4日目の上高地から乗合シャトルバスと在来線を乗り継いで松本駅へ向かいます。松本方面以外のシャトルバス等をご希望される場合、上高地にて解散も可能です。その場合、シャトルバス代金(2,500円)は返金させていただきますが、交通手段は各自手配ください。
旅行条件について 取引条件はこちらの 国内旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。