ツアーのポイント

ポイント紅葉シーズンを迎える尾瀬で撮影を楽しむ2泊3日のトレッキング

尾瀬を2泊3日でゆっくりと巡り、草紅葉や紅葉・黄葉の木々など、秋色に染まる尾瀬の撮影を存分にお楽しみいただきます。2泊3日で巡ることで歩行時間を抑えるだけではなく、撮影時間も十分にお取りでき、尾瀬ヶ原や尾瀬沼では夕暮れの風景、凛とした朝の風景の撮影もお楽しみいただけます。

ポイント 紅葉の名所・奥日光の撮影も楽しむ

日本有数の紅葉の名所として知られる奥日光では、特に紅葉の美しい竜頭の滝や湯滝、草紅葉や樹木の黄葉が広がる戦場ヶ原などの撮影へご案内。奥日光湯元温泉で宿泊するため、朝に湯の湖へ出掛け、紅葉が湖面に映りこむ風景をゆっくり撮影することができます。

ポイント ロープウェイで山上へ向かい、上信越の山々を撮影

ツアーでは、谷川岳の山麓よりロープウェイやペアリフトを利用して標高1,500mの天神峠を訪れ、日本百名山の谷川岳をはじめとする雄大な山岳風景、さらに9月下旬より山頂付近から徐々に広がり始める紅葉風景の撮影もお楽しみいただきます。

ポイント 紅葉のシーズンに合わせた8名様限定企画

美しい紅葉や山岳風景の撮影をご堪能いただくため、8名様限定としております。朝夕と刻一刻と変化する尾瀬の撮影ができるのも山小屋で宿泊することでしか得られない特権です。

朝靄が広がる尾瀬沼と燧ケ岳
天神峠から望む谷川連峰

COLUMN 2000m級の山々に囲まれた一大景勝地・尾瀬国立公園

尾瀬国立公園は、福島県、栃木県、群馬県、新潟県の4県に跨り、国立公園特別保護区、国の特別天然記念物、ラムサール条約湿地に指定されています。本州最大級の高層湿原である尾瀬ヶ原や、周囲の山々の火山活動により川が堰止められ形成された尾瀬沼など、尾瀬にはありのままの自然と共に誰もが魅了される風景が残されています。尾瀬の紅葉は9月中旬から尾瀬ヶ原で草紅葉が色付き始め、9月下旬に最盛期を迎えます。また、10月に入るとナナカマドやブナなどの木々の紅葉・黄葉が始まり、山々も紅葉に染まり始め、尾瀬全体が鮮やかに色付きます。9月下旬から10月中旬にかけて、尾瀬では徐々に変化していく秋の風景を楽しむことができます。

秋の尾瀬ヶ原より燧ケ岳を望む
木々が色付く秋の尾瀬ヶ原
色付くヒツジグサが浮かぶ地塘
地塘に浮島と木々のシルエットが映りこむ
夕焼けに染まる尾瀬沼と燧ケ岳

COLUMN 紅葉の名所が点在する奥日光へ

世界遺産・日光東照宮など多くの名所が点在する日光は、日本有数の紅葉の名所です。湖沼や滝、湿原など自然美溢れる名所が点在し、標高900~2500mと高低差があるため、9月下旬に山から秋を彩る紅葉が始まり、徐々に野へ下り始め、10月から1ヶ月の間、各所で秋色に染まる多彩な風景を楽しむことができます。

1.竜頭の滝

幅10mほどの階段状の岩場を流れる奥日光山名瀑の1つ。10月上旬よりモミジやシナノキなどが紅葉に染まり、勢いのある渓流瀑と紅葉が美しい風景を作り出します。

2.湯の湖

周囲3kmの湖の周辺には広葉樹や針葉樹の原生林が広がり、9月下旬~10月中旬にかけて紅葉・黄葉が湖面に映りこむ幻想的な風景を楽しむことができます。


3.中禅寺湖

奥日光の入口に位置する中禅寺湖は、10月に入ると湖畔を彩る木々が紅葉・黄葉に色付き始めます。中禅寺湖の北岸に聳える日光連山を代表する雄大な男体山の山容も楽しむことができます。

4.戦場ヶ原

奥日光に広がる日本有数の湿原である戦場ヶ原は、一年を通じて変化に富んだ自然が広がり、9月下旬~10月上旬にかけて草紅葉が美しいシーズンとなり、遠くに男体山も望むことができます。


出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
09月29日(水) ~
10月02日(土)上鶴篤史さん同行
4日間 158,000円
10月09日(土) ~
10月13日(水)紙谷哲平(専属添乗員)同行
5日間 168,000円
発着地 現地発着 (9/29発:宇都宮駅集合/上毛高原駅解散)
    (10/9発:上毛高原駅集合/宇都宮駅解散)
最少催行人員 5名(8名様限定)添乗員同行 一人部屋追加代金 7,000円(奥日光湯元温泉のみ)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 東京・大阪からの参考アクセス
    ●9/29発(宇都宮駅集合/上毛高原駅解散)
    往路:新大阪 6:15発 -(JR新幹線のぞみ204号・東京行) - 東京駅 8:39着    
       東京 8:56発 -(JR新幹線やまびこ129号・仙台行) - 宇都宮駅 9:44着
    復路:上毛高原 18:23発 -(新幹線とき338号・東京行) - 東京駅 19:36着    
       東京 19:51発-(新幹線のぞみ109号・広島行) - 新大阪駅 22:21着

    ●10/9発(上毛高原駅集合/宇都宮駅解散)
    往路:新大阪 7:30発 -(JR新幹線のぞみ88号・東京行) - 東京駅 9:57着    
       東京 10:16発 -(JR新幹線とき315号・行) - 上毛高原駅 11:21着
    復路:宇都宮 16:21発 -(新幹線なすの278号・東京行) - 東京駅 17:16着    
       東京 17:30発 -(新幹線のぞみ55号・博多行) - 新大阪駅 20:00着

コース難易度

体力 特別な登山技術は不要で、歩くことが好きな方ならどなたでもご参加いただけます。
宿泊 尾瀬ヶ原、尾瀬沼では、山小屋となります。
荷物 トレッキングに不要な荷物はホテルに預けます。2泊分の荷物をご自身のザックに入れてお持ちいただきます。



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 宇都宮駅
(奥日光の撮影)
奥日光湯元温泉
10:00発

17:00着
10:00、宇都宮駅へ集合。専用車にて、日光へ。着後、落差97mの雄大な華厳の滝の撮影。その後、奥日光へ向かいます。途中、階段状に流れる渓流瀑・竜頭の滝、奥日光の中央に広がる湿原・戦場ヶ原、湯ノ湖から流れ落ちる高さ70mの湯滝、湖畔の周辺に生い茂る広葉樹の紅葉が湖面に映りこむ湯ノ湖など、奥日光の撮影をお楽しみいただきます。その後、ホテルへ。
※湯ノ湖の湖畔のかけ流し硫黄温泉・奥日光湯元温泉でご宿泊
奥日光湯元温泉:湯元板屋泊|食事:朝× 昼○ 夜○
2 奥日光湯元温泉
鳩待峠
(尾瀬ヶ原の撮影)
見晴
08:00発


15:00着
専用車にて、尾瀬ヶ原の入口である鳩待峠(標高1,590m)へ。着後、ハイキングを楽しみながら、草紅葉が色付く尾瀬ヶ原・見晴(標高1,400m)を目指します。途中、山の鼻、牛首分岐、竜宮十字路など、尾瀬ヶ原の撮影を楽しみます。
※鳩待峠~尾瀬ヶ原・見晴:約9km/約4~5時間
尾瀬ヶ原・見晴:桧枝岐小屋泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 見晴
(尾瀬沼の撮影)
尾瀬沼
08:00発

13:00着
早朝、朝霧のかかる尾瀬ヶ原の撮影をお楽しみください。 朝食後、ハイキングを楽しみながら、秀麗な姿で聳える燧ケ岳の麓に位置する尾瀬沼(標高1,660m)を目指します。途中、白砂田代や尾瀬沼の湖畔に広がる沼尻平浅湖湿原などの撮影。山小屋に到着後、大江湿原にも足を延ばし、撮影を楽しみます。夕方、尾瀬沼周辺の夕焼けの撮影もお楽しみください。
※尾瀬ヶ原・見晴~尾瀬沼:約7km/約4~5時間
尾瀬沼:尾瀬沼ヒュッテ泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 (早朝の尾瀬沼)
尾瀬沼
(三平峠)
大清水
天神平
上毛高原

07:30発

11:30着

17:00着
早朝、尾瀬沼の撮影をお楽しみください。朝食後、尾瀬沼や燧ケ岳の撮影を楽しんだ後、三平峠(標高1,762m)を経由し、大清水(標高1,190m)を目指します。着後、専用車にて、谷川岳の麓へ。着後、ロープウェイやペアリフトを利用し、天神平へ。谷川連峰や上信越の山々の撮影をお楽しみいただきます。その後、専用車にて、上毛高原へ。着後、解散。
※尾瀬沼~大清水:約7km/4時間
食事:朝○ 昼○ 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼4/夜3

ご案内とご注意

気候・服装 この時期の尾瀬の平均気温は日中で10℃前後、朝晩は0℃前後になる場合もあり、日中でも悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。また、この時期の奥日光の平均気温は日中で15℃前後、朝晩は5℃前後となります。フリースやダウンジャケット等のしっかりとした防寒着をお持ちください。また、降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ち下さい。一部木道では霜が降りていることもありますので、靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
日程について 日程表に記載の尾瀬トレッキングの所要時間は平均的な歩行時間を掲載しております。当日の天候、撮影状況によって所要時間や山小屋の到着時間に差が生じることもあります。撮影を楽しむため、ゆっくりと歩きますので、ご安心ください。
荷物について 専用車のスペースに限りがあるため、中型(66cm)以下のスーツケースまたは布製のバッグでご参加ください。尾瀬のトレッキング時に不要な荷物はホテルに預けていきますので、2泊分の荷物や撮影機材などが入るリュック(30~50リットル)をご持参ください。
宿泊について 尾瀬ヶ原(桧枝岐小屋)、尾瀬沼(尾瀬沼ヒュッテ)では山小屋での宿泊となり、一人部屋(個室)はお取りできません。尾瀬ヶ原では男女別相部屋、尾瀬沼ではカプセルベッドタイプ(お一人ずつ)となります。また、1泊目・片品村は部屋数に限りがあるため、一人部屋はお取りできませんので、予めご了承ください。
食事について 尾瀬フラワートレッキング時の昼食に関しては、道中での撮影をゆっくりと楽しむため、各山小屋で準備したお弁当を各自持参いただき、道中で召し上がっていただきます。
その他のご注意 紅葉の時期に設定をしておりますが、紅葉の時期はその年の気候などにより多少ずれることがあります。尚、日程表中や写真の紅葉風景は必ずしも見学・撮影できるとは限りません。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。