タグ別アーカイブ: バルトロメ島

ガラパゴス諸島-1 バルトラ島から始まる船旅

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (13)

4月20日~5月5日に訪れた、14泊15日のガラパゴス諸島の船旅日記&観察記録です。エクアドル本土から1000キロの洋上にあるガラパゴス諸島へは首都のキトからグアヤキル経由の国内線で空港のあるバルトラ島へ飛びます。

ガラパゴス諸島船の旅 機内からダフネ島 (3)

到着前の機内から見えた、大ダフネ島 Daphne Major です。上陸して訪問する島ではありませんが、グラント夫妻のフィンチの嘴の進化の研究で有名な島です。

ガラパゴス諸島船の旅 機内からノースセイモア島 (4)

そしてノースセイモア島 North Seymour Island。この平らな小さな島はアメリカグンカンドリ、オオグンカンドリ、アオアシカツオドリ、アカメカモメが繁殖する島。訪問が楽しみです。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (1)

バルトラ島に到着です。標高2,850mのキトから到着すると暑くて湿度が高くてびっくりします。歩いてターミナルへ行き入島管理カードを提出、保護と維持費に使われる入島税100ドルを支払います。そして15日間お世話になるガイドのマヤの出迎えを受けました。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (2)

空港と港を往復するシャトルバスで港へ。ここからディンギーで船へ。私たちが乗船するのはAngelito号。総勢16名で貸し切りです。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 Lava Heron ガラパゴス溶岩ササゴイ(5)

バルトラ島の海岸で待っている間にも、さっそくガラパゴスらしい生き物の姿が!ガラパゴスササゴイ Lava Heronです。ガラパゴスの固有種でその名のLava(溶岩)通り、溶岩色をしています。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (6)

そしてガラパゴス固有種のウミイグアナ Marine Iguanaとガラパゴスベニイワガニ Sally lightfoot crab。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (8)

ボートで休憩しているガラパゴスアシカ Galapagos Sea Lionとその周りのクロアジサシBrown Noddy。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 (9)

乗船して部屋の中の荷物を整えブリーフィング。午後のプログラムの説明です。チャーターなので観察時間もたっぷりとれるとのこと、楽しみです。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 アメリカグンカンドリ Magnificent Frigatebird (11)

船が動き始めるとさっそくグンカンドリたちが付きました。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島  アメリカグンカンドリ 雌 agnificent Frigatebird(10)

目の周りが青いふちどりなのでアメリカグンカンドリ Magnificent Frigatebird の雌です。

ガラパゴス諸島船の旅 バルトラ島 グンカンドリ(12)

ガラパゴス諸島には2種のグンカンドリがいますが雄の見分けは大変です。こちらは背中が紫がかっているのでアメリカグンカンドリ Magnificent Frigatebirdでしょうか、移動中の船旅も忙しくなりそうです。

Photo & Text  :Mariko SAWADA   *空撮写真提供:Takayo KOYANAGI 様

Observation : April 2019, Bartolome Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ 14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅