インドの森の野生動物

  • Loading
  • よくある質問
お問い合わせ・パンフレット請求
ホーム > 特集 > インドの森の野生動物特集「美しきインドの森へ」

インドの森の野生動物


インドの森では「森の王」として君臨するトラやライオンのほか、アクシスジカやニルガイ、インドヤギュウなどインド亜大陸でしか見られないさまざまな動物たちを観察することができます。美しきインドの森に暮らす動物たちをご紹介します。



インドの森の野鳥


インドはこれまで1200種以上の野鳥が観察されるアジアの野鳥大国。人々の暮らしの身近にインドハッカ、インドトサカゲリや国鳥であるインドクジャクがおり、冬の水辺はたくさんの渡り鳥たちで賑わいます。そして国立公園の森はバードウォッチング・パラダイス。インドの森で出会える野鳥たちの、ごく一部を紹介いたします。



インドの国立公園


ヒマラヤ山麓の森林地帯から熱帯常緑樹林帯、熱帯落葉樹林、湿地帯、マングローブ林まで、インドの森の姿は多様です。世界でも有数の生物的多様性を持ち、ベンガルタイガー、アクシスジカ、サンバー、ニルガイなどインド亜大陸固有の哺乳類、1200種を超える野鳥が暮らす、インドの国立公園をご紹介します。