タグ別アーカイブ: ガラパゴスコバネウ

ガラパゴス諸島-11 イサベラ島 プンタモレノ上陸

イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (4)

イサベラ島で溶岩大地を歩けるポイントがプンタモレノ。ボートからドライランディングで上陸すると、海岸から黒い溶岩が広がっています。

プンタモレノのハイキング、シュノーケリングの動画です。ラグーンのオオフラミンゴ、ガラパゴスコバネウ、ガラパゴスペンギン・・・

プンタモレノの溶岩ハイキングではゃんとした運動靴が必要です。ひたすら溶岩の流れた跡を歩きます。

イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (6)

ロープのような模様を作り出しているパホイホイ溶岩。「パホイホイ溶岩 Pahoehoe Lava」は溶岩流の表面の形態で分類された呼び名で、火山の研究が発達していたハワイの言葉が語源です。

イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (3)

火山の噴火で何もない土地になったとき、初めにそこに根を下ろす植物をパイオニアプランツと言います。このプンタモレノの溶岩大地で見られるパイオニアプラントはヨウガンサボテン Lava Cactus です。ここプンタモレノではハシラサボテン、ウチワサボテン、ヨウガンサボテンの3種のサボテンを見ることができました。

オオフラミンゴ Greater Flamingo イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (2)

この広大な溶岩に突然、緑に囲まれて黒い水を湛えたラグーンが現れます。不思議な光景です。この溶岩大地のくぼみにできたラグーンにはベニイロフラミンゴ American Flamingoの姿が。朝の早い時間で群れでラグーンの端にいました。

オオフラミンゴ Greater Flamingo イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (1)

ラグーンの縁に座ってしばらく観察。ベニイロフラミンゴの目は黄色なんですね!

オオフラミンゴ Greater Flamingo イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (7)

やがてみな一斉に飛び立っていきました。

イサベラ島 Isabela Island ガラパゴス諸島 プンタモレノ Punta Moreno (2)

マングローブの小さな入り江からボートに乗り母船に戻ります。続いてシュノーケリングです。

ガラパゴスペンギン イサベラ島プンタモレノ シュノーケリング Isabela Island Punta Moreno Snorkelling (1)

ここではアオウミガメ、ガラパゴスコバネウ、ガラパゴスペンギンを観察することができました。水中のガラパゴスコバネウもペンギン・・・、時間が足りません!

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Punta Moreno – Isabela Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸,  Wikipedia

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ 14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

ガラパゴス諸島-10 イサベラ島 エリザベス湾・マングローブ林を泳ぐガラパゴスペンギン

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin (3)

マングローブ林を泳ぐガラパゴスペンギン・・・そんな不思議な光景を見ることができるのがイサベラ島のエリザベス湾 Elizabeth Bay 。もともと赤道直下にペンギンがいること自体が不思議な存在なのに、さらにマングローブ林で採餌している様子は輪をかけて素敵です。

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay (2)

海岸は溶岩とマングローブ林に囲まれ、ガラパゴスペンギンだけでなく多くの海鳥や海に暮らす生き物のシェルターとなっているのがエリザベス湾です。ここでは上陸は許可されず、ディンギーからの観察になります。シーカヤックをする人もお勧めの場所だそうです。

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ウシバナトビエイ属 Golden Cownose Ray (8)

Golden Cownose Ray ウシバナトビエイ属。マングローブ林では波が少なく、海の中を移動する生き物をディンギーから見ることができました。

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ガラパゴスアオウミガメ Galapagos Green Turtle (4)

アオウミガメ Galapagos Green Turtleです。アオウミガメは本当にたくさんいて、2~3頭がすれ違ったり、マングローブにつかまって休んでいたりしていました。

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ガラパゴスアオウミガメ Galapagos Green Turtle (6)

顔をあげたアオウミガメ。

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ガラパゴスアシカ Galapagos Sea Lion (7)

ガラパゴスアシカ Galapagos Sea Lionです。満潮の時に木の上に乗り、寝ている間に潮が引いたのですね!

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ガラパゴスササゴイ Lava Heron(11)

魚を狙うガラパゴスササゴイ Lava Heron の若鳥。

イサベラ島 エリザベス湾 Isabela Island Elizabeth Bay ガラパゴスコバネウ Flightless Cormorant (9)

マングローブ林を出て、母船に戻る途中、ガラパゴスコバネウ Flightless Cormorant の姿も!。

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Elizabeth Bay – Isabela Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ 14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

ガラパゴス諸島-7 フェルナンディナ島 プンタ・エスピノーザ上陸

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (11)

ガラパゴス諸島、フェルナンディナ島 Fernandina islandのプンタ・エスピノーザ Punta Espinozaに上陸です。ここは今回訪れた14島の中で一番たくさんのウミイグアナを見た島です。

フェルナンディナ島はガラパゴス諸島で最も西に位置し、2019年2月には絶滅したと思われていたフェルナンディナゾウガメが発見されるというニュースがあった島です。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (4)

上陸地点からしならく海岸を歩くとき、踏まないように注意しないといけないほどたくさんいるウミイグアナ。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (10)

ガラパゴスの固有種でトカゲ類で唯一海に潜って採食する進化を遂げたウミイグアナ。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (3)

海に入るタイミングを待っているウミイグアナ。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (1)

海から上がると日光浴をして体温を上げます。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (8)

足指の爪は長く発達。海底で岩に爪をひっかけて固定し、流れの強い場所でも流されずに採食できるのだそうです。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana (9)

ウミイグアナたちの姿にみんな、しばらく見とれていました。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ウミイグアナ Marine Iguana ガラパゴスアシカ Galapagos Sea Lion (6)

別の場所ではウミイグアナたちが日光浴している場所にガラパゴスアシカも。寝ているガラパゴスアシカを起こしに来たアシカがおり、ウミイグアナを踏んでしまわないか心配でしたが、アシカも一応ウミイグアナを避けて動いていました。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ガラパゴスコバネウ Flighless Cormorant

羽を乾かす、ガラパゴスコバネウ Flightless Cormorant。海を背景に、青い目もパッチリ、飛べない翼を乾かしていました。ガラパゴスコバネウと出会えるのはこのフェルナンディナ島とイサベラ島だけです。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin

そして日中は採餌で移動しているため出会いにくいのですが、フェルナンデイナ島はガラパゴスペンギン Galapagos Penguin の繁殖地です。

フェルナンディナ島 Fernandina Island プンタ・エスピノーザ Punta Espinoza ヨウガンサボテン (13)

フェルナンディナ島はガラパゴス諸島の中でも新しい島で、海岸へと溶岩流の流れた跡が見られます。ガラパゴスでは溶岩の上に最初に育つ植物、パイオニアプランツは「ヨウガンサボテン」です。

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Punta Espinoza – Fernandina Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ 14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

ガラパゴス諸島-6 ガラパゴスペンギンと泳ぐ!(動画)イサベラ島タグス・コーブのシュノーケリング

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグスコーブ シュノーケリング Snorkelling at Tagus Cove ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin (7)

ガラパゴス諸島のイサベラ島 Isabela Island、タグス・コーブ Tagus Coveでのシュノーケリングです。ここでは海岸の岩沿いにシュノーケリングをするのですが、ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin、ガラパゴスコバネウ Flightless Cormorantとの水中遭遇が期待できるポイント。

みんな、期待いっぱいで海へ・・・

およそ1時間のシュノーケリングでしたがガラパゴスペンギンのいろんな仕草を見ることができました。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグスコーブ シュノーケリング Snorkelling at Tagus Cove ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin (3)

足で体を掻くガラパゴスペンギン。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグスコーブ シュノーケリング Snorkelling at Tagus Cove ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin (5)

潜水するガラパゴスペンギン。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグスコーブ シュノーケリング Snorkelling at Tagus Cove ガラパゴスペンギン Galapagos Penguin (6)

小グループで移動するガラパゴスペンギン。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグスコーブ シュノーケリング Snorkelling at Tagus Cove ガラパゴスコバネウ Flightless Cormorant (2)

そして、イサベラ島とフェルナンディナ島にしかいないガラパゴスコバネウ Flightless Cormorantとの水中遭遇。ガラパゴスペンギンもですが、すごいスピードです!

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Tagus Cove – Isabela Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ 14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅

ガラパゴス諸島-5 イサベラ島タグス・コーブ上陸

ガラパゴス諸島 ガラパゴスコバネウ Flightless cormorant イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (8)

ガラパゴス諸島最大の島、イサベラ島 Isabela Island、タグス・コーブ Tagus Coveに上陸です。この日は朝から「この海域はいろいろ出るよー」と言われ、みんな空が明るくなるころには屋上デッキへ。まずは「マイルカ」が登場。そして「マンタ」。

ガラパゴス諸島 マンタ イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (12)

朝日の海面を泳ぐマンタの群れ。

ガラパゴス諸島 マンタ イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (13)

透けて見えました!この日の海は本当に穏やかでした。ほかにもマダラトビエイの群れも見れました。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスミズナギドリ Galapagps Shearwater イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (1)

ガラパゴスミズナギドリ Galapagos Shearwaterです。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスコバネウ Flightless cormorant イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (7)

そしていよいよイサベラ島のタグス・コーブ Tagus Coveに上陸です。タグス・コーブは昔この島を訪れた船の名が記されている岸壁があり、昔から船が寄港した場所です。ディンギーで上陸するとガラパゴスコバネウ Flightless Cormorant が群れがいました。みんな海岸を離れることができません。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスコバネウ Flightless cormorant イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (3)

青い目、絶対飛べない感じの翼をもつガラパゴスコバネウ Flighless Cormorant。世界で唯一飛べない鵜で、ガラパゴス諸島でも生息するのはイサベラ島とフェルナンディナ島だけ。地上に捕食動物がいなかったことから飛ぶことをやめてしまった鳥です。退化した翼を「鵜らしく」広げて乾かしていました。

タグス・コーブ Tagus Coveの訪問は海岸から山道を登り、イサベラ島の火山活動の跡を見学できるポイントまで登ります。

ガラパゴス諸島 ダーウィンフィンチ Dawin's Finches イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (4)

途中、もちろん、ダーウィンフィンチ たち Darwin’s Finches との出会い。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスマネシツグミ Galapagos Mockingbird イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (6)

ガラパゴスマネシツグミ Galapagos Mockingbird。

ガラパゴス諸島 ガラパゴスヒタキモドキ Galapagos Flycatcher イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (5)

ガラパゴスヒタキモドキ Galapagos Flycatcher。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (9)

塩水のダーウィン湖を望むトレイルで記念撮影。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove

ビューポイントから見る火山活動の跡。

ガラパゴス諸島 イサベラ島 タグス・コーブ Isabela Island Tagus Cove (11)

そしてガラパゴスコバネウの待つ海岸に向けて山を下りました!

Photo & Text  :Mariko SAWADA

Observation : April 2019, Tagus Cove – Isabela Island, Galapagos Islands, Ecuador

Reference : Angelito Ⅱ & Maja Homberger,  Tomo Akiyama 秋山知伸

★次回催行時期についてはお問い合わせください。 ガラパゴス諸島 完全一周クルーズ 14泊15日のチャータークルーズで行く、進化論の島ガラパゴスへの旅