ツアーのポイント

ポイント 黄金色に輝くフンザ、上部フンザ、ギザール渓谷3つの景勝地へ

秋はポプラの葉が黄金色に染まり、果樹が色づく季節。晴天率も高く、山の展望も期待できます。カラコルムの高峰群が織りなす壮大な景色や、実りの秋を迎える人々の暮らしなど、どれをとっても美しい季節です。標高の異なるフンザ、上部フンザ、ギザール渓谷の3つの谷を訪問し、北部パキスタンの山岳風景と黄葉・紅葉を満喫します。

ポイント フンザの中心地カリマバードに3連泊。高峰群の展望も楽しむ 

フンザでは中心地のカリマバードに3連泊し、バルチット城や、登山家・長谷川恒男氏の遺志で建てられたハセガワメモリアルスクールを訪問。黄葉を眺めながらの水路沿いのお散歩や、バザールでお買い物などのんびりとお過ごしいただけます。宿泊するホテルのテラスからは、雪を頂き輝く名峰と、黄金色に染まる谷の展望をじっくりとお楽しみいただけます。

■10/18発コース:ルーミーダスタン
フンザを舞台にした映画「草原の椅子」の撮影が行われたホテル(当時はフンザ・エンバシーの名称)。テラスから目の前にラカポシとナガールの谷を望みます。
■10/23発コース:ダルバール
フンザの中心にあるホテルで、ウルタルを背景としたバルチット城を望む絶好のロケーション。テラスからラカポシとカリマバードの村を望むことができます。

テラス(ルーミーダスタン)
客室の一例(ルーミーダスタン)
テラスからの景観(ダルバール)
訪問する
世界遺産

タキシラ仏教遺跡

COLUMN フンザ (カリマバード、パスー) / HUNZA

フンザは1974年まで藩王国として独立していた地域の名称で、現在の中心地はカリマバード。雪を頂くウルタル、ラカポシ、ディランなどの名峰と谷を見下ろす旧王宮バルチット城、谷中に広がるポプラの木が、日差しを浴びて黄金色に輝く美しい谷です。黄葉の色づき具合によって、標高の低い下フンザや古い街並みが残るアルチット村、カラコルムの山々の展望が美しいドゥイカル、標高の高い上部フンザなど、数々の散歩コースを楽しめます。

木々が色づく秋のカリマバード
ドゥイカルから望むレディフィンガー(5,985m)とフンザピーク(6,270m)
ポプラ並木の美しい村の風景
バルチット城

COLUMN 失われゆくシルクロードの遺産 チラスの岩絵

パキスタン北部、シャティアールからフンザにかけてのインダス河畔には、仏教僧たちによって刻まれた5万点を超えると言われる岩刻画が残っており、天山山脈、パミール高原を越えて、この地まで厳しい旅をしてきた当時の修行僧たちの足跡を感じることができます。これらの岩刻画は、2029年(予定)までにダム建設によりダムの底に沈む運命にあります。いくつかの岩刻画は移設、保存される予定ですが、5万点を超えるそのほとんどは水没してしまいます。かつてシルクロードを行き交った人々が残した貴重な遺産が失われる前に、その一部をご覧ください。

仏塔と菩薩の岩刻画(チラス)
法隆寺の玉虫厨子にも描かれた「捨身飼虎の図」(チラス)

出発日と料金

2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
10月18日(金) ~
10月26日(土)紅葉・黄葉の季節
9日間 398,000円
10月23日(水) ~
10月31日(木)紅葉・黄葉の季節
9日間 398,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 48,300円(4月1日現在の見込み)
一人部屋追加代金 59,000円
日本の地方発着 往路のみ、札幌・名古屋・福岡などの地方出発も別途手配可能です(バンコク合流)。追加代金等について詳しくはお問合せください。
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 相部屋ご希望の場合でもご出発時点で相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
バンコク
大阪
バンコク
バンコク
イスラマバード
午前発
午後着
午前発
午後着
午後発
夜着
空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
※添乗員同行の場合は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
イスラマバード泊
2 イスラマバード
チラス
07:00発
18:00着
専用バスにてインダス川沿いにカラコルム・ハイウェイを北上、またはバブサル峠を経由してチラスへ(約10時間)。
チラス:シャングリラ・インダスビュー泊
3 チラス
グピス
10:00発
15:00着
朝、チラス周辺に残る岩絵群を見学します。仏塔や本生譚などの仏教に関する絵、アイベックス、蛇などの動物、カロシュティ文字、巡礼者、商人、旅人が刻んだ膨大な数の岩絵を見学いただけます。専用バスにてギルギット川沿いを走り、グピスへ。道中、世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の展望が期待できます。着後、ギザール渓谷の景観をお楽しみください。
グピス:ブロッサムイン泊
4 グピス
カリマバード
(ドゥイカル)
09:00発
15:00着

専用バスにてフンザの中心地・カリマバードへ。夕方、カラコルムの山々を望むドゥイカルの丘へ。ラカポシ(7,788m)、スパンティーク(7,027m)、フンザピーク(6,270m)やレディフィンガー(5,985m)など夕陽に染まる高峰群を展望します。

カリマバード:ルーミーダスタン又はダルバール泊
5 カリマバード
(アルチット)
(バルチット)
(水路ウォーク)
 

終日、黄葉のポプラが輝くカリマバード周辺の観光をお楽しみください(バルチット城バザール水路ウォーク、古い家並みが残るアルチット村の散策など)。昼食はフンザの郷土料理をご賞味ください。

カリマバード:ルーミーダスタン又はダルバール泊
6 カリマバード
(アッタバード湖)
(クンジュラブ峠)
(グルミット)
  専用バスにて、クンジュラブ峠(4,693m)へ往復観光。アッタバード湖、上部フンザ・ゴジャール地区の雄大な景色を楽しみながらスストへ。スストより中国との国境となるクンジュラブ峠(4,693m)を往復します。途中、ワヒ族の人々が暮らす村も訪問します。
カリマバード:ルーミーダスタン又はダルバール泊
7 カリマバード
べシャム
10:00発
20:00着
朝、ハセガワメモリアルスクールを訪問。その後、専用バスにてべシャムへ。途中、ラカポシのビューポイント、ヒマラヤ山脈、カラコルム山脈、ヒンドゥークシュ山脈が一点に集まる三大山脈の合流ポイントにも立ち寄ります。
※道中、再度ナンガパルバット展望のチャンスを設けています。
べシャム泊
8 べシャム
タキシラ
イスラマバード
イスラマバード
08:00発

18:00着
夜発
専用バスにてイスラマバードへ。途中、ガンダーラ最大の仏教遺跡群タキシラを見学(都市遺跡シルカップジョウリアン僧院址博物館)。夕食後、空港へ。航空機にてバンコクへ。
機中泊
9 バンコク
バンコク
東京
バンコク
大阪
朝着
午前発
午後着
午前発
午後着
バンコク着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(8ドル)、代行手数料(5,500円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 合服が基本となります。北部は昼夜の寒暖の差が大きい山岳気候です。曇天や朝晩の冷え込みにそなえて、ダウンジャケットやフリース等の上着もお持ちください。歩きやすい服装に履きなれた靴でご参加ください。
利用予定ホテル 日程および下記のホテルリストをご覧ください。
■イスラマバード:グランド、ICレジデンシー、ルーミーシグネチャー
■カリマバード:ルーミーダスタン(10/18発)、ダルバール(10/23発)
■ベシャム:ヒルトン(※ホテルチェーンのヒルトンではありません、地元のホテルです)
高山病について クンジュラブ峠(4,693m)へ往復観光する時は、軽い頭痛など軽度の高山病の症状が出ることがあります。
高山病についてのご注意と取り組み
日程について 行程のほとんどが山岳地帯の移動となります。カラコルムハイウェイは以前に比べると快適になりましたが、ベシャム~チラス間のダム工事の影響や不測の大雨などの後には一時的に通行不能になることがあり、移動に予想以上の時間がかかることもあります。予め、山岳地帯のご旅行であることをご理解の上ご参加ください。
宿泊について パキスタンは電気事情が悪く、特に山岳地帯では停電が起こることがあります。懐中電灯は常にお持ちください。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
その他のご注意 黄葉・紅葉の状況はその年の気候により多少ずれることがあります。山岳地帯では高低差があるため、場所によりその程度が異なります。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:00 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。