ツアーのポイント

ポイント 北部パキスタン最奥の谷を訪問

ギルギット・バルティスタン地域、「地図の空白地帯」と呼ばれるシムシャール渓谷。カシミールから中国への最短路に位置するミンタカ峠への拠点、ミズガル谷。アフガニスタンの国境近く、4つの氷河を源流とするエメラルドグリーンの川が刻むチャプルソン谷。定番のツアーでは訪れることのない、3つの谷に点在する村々を訪問します。パキスタン再訪の方にもおすすめのコースです。

ポイント 上部フンザの雄大な展望を満喫

フンザでは、上部フンザと呼ばれるゴジャール地区(パスー)と中心部(カリマバード)に宿泊。白銀の雪を頂く鋭峰シスパーレ(7,611m)や、針峰群のカテドラル、名峰ラカポシ(7,788m)、巨峰ウルタル(7,388m)など、カラコルムとヒマラヤの高峰群の展望を朝に夕にお楽しみいただけます。また、ゴールデンウィークは上部フンザで杏が開花する季節。少し遅めのお花見ができるかもしれません。

COLUMN シムシャール渓谷・ミズガル谷・チャプルソン谷
上部フンザ最奥 谷あいの村を巡る

ワヒ族の文化が色濃く残る「知られざるカラコルム」の村へ
【シムシャール渓谷 -Shimshal-】
パキスタン最北部、シムシャール川流域に広がる渓谷。その大部分はいまだ「地図の空白地帯」として残されており、標高3,100mの位置にシムシャール村があります。かつては、カラコルム・ハイウェイからトレッキングで2~3日かかったほど山奥にある村ですが、2003年に17年の歳月を費してようやくジープ道が開通。現在は3時間ほどで訪れることができるようになりました。春の到来を祝う「タガム」の祭りや、たくさんの家畜をつれてパミール高原を移牧する「クッチ」など、今もワヒ族独特の文化が色濃く残っています。
渓谷に広がる素朴なシムシャール村(秋撮影)
シムシャール村に近づくと見えてくるムルングティ氷河とデスタギルサール(7,885m)
石造りの家が並ぶ小路
アフガニスタンの国境近く、素朴な村が点在する谷
【チャプルソン谷 -Chapursan-】
アフガニスタン国境と並行して流れるチャプルソン川。スストからズードホン(Zood Khon)村まで、約72kmにわたって12の村が点在しています。最奥の村からアフガニスタンまでは、わずか15kmほど。カラコルムハイウェイからジープが1台通れるほどの細い未舗装道を走ります。険峻な山々を深く削る川沿いのドライブと、穏やかな村の人々との交流をお楽しみください。
ワヒ族の少女たち(ラシット村)
法顕・玄奘三蔵も訪れたという峠越えの拠点
【ミズガル谷 -Misgar-】
スストの北西、中国との国境に位置するミンタカ峠への拠点となるミズガル谷。新疆ウイグル自治区のタシュクルガンから、フンザ・ギルギットを経てカシミールに至る最短路とされる道中にあり、法顕や玄奘三蔵もここを通ったといわれています。かつてはワヒ族の暮らす地域でしたが、キルギス族(遊牧民)の侵入によってこの地を追われました。その後1864年に、フンザの藩主がキルギス族から守るために14の家族を住まわせたのが村の始まりといわれており、上部フンザの中では数少ないブルシャスキー語(フンザの言語)が話されています。
川沿いの断崖上にあるミズガル谷の村
散策中に出会った親子

COLUMN ワヒ族の文化にふれる

ワヒ族とは、東イラン系パミール諸族のひとつで、現在のアフガニスタン・タジキスタンの国境パンジ川、ワハーン渓谷とその山地ワハーンの民族。1883年まで独自の王国を築いていましたが、アフガニスタン政府の介入やロシアとイギリスによる「グレートゲーム」による国境線引きのため、1883年から1919年の間に、多くのワヒ族が現在の中国、パキスタン領へと移動しました。パキスタンのノーザン・エリアでは、ゴジャール地区を中心にチャプルソン、イシュコマン、ブルグル、ヤルクン、ヤスィーン地区に暮らしています。シムシャール村では民家に宿泊し、ワヒ族の暮らしを体験していただきます。

フンザ帽を被ったワヒ族の男性(シムシャール村)
伝統的なラテルネンデッケ構造の天井
郷土料理も楽しみのひとつ

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
05月01日(金) ~
05月10日(日)ゴールデンウィークコース
10日間 438,000円
09月18日(金) ~
09月27日(日)シルバーウィークコース
10日間 408,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 4名(13名様限定)・8名様より添乗員同行
燃油サーチャージ 14,600円~30,000円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 49,000円
日本の地方発着 福岡・名古屋・札幌からの地方発着も別途手配可能です(バンコク合流)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 日本より添乗員が同行しない場合、現地日本語ガイドがご案内します。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
バンコク
大阪
バンコク
バンコク
イスラマバード
午前発


午前発


午後発
空路、バンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
イスラマバード:ヒルビュー泊
2 イスラマバード
ギルギット
カリマバード
イスラマバード
ベシャム
早朝発



早朝発の航空機にて、カラコルムの山に囲まれた町ギルギットへ。予定通り到着した場合は、専用バスにて桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。
※フライトキャンセルの場合は、専用バスにてカラコルム・ハイウェイを走りべシャムへ。
カリマバード:ダルバール泊又はべシャム泊
3 (ドゥイカル)
カリマバード
ミズガル
パスー
ベシャム
パスー

09:00発

19:00着

07:00発
21:00着

早朝、天気が良ければ専用車にてドゥイカルへ。ラカポシ(7,788m)、スパンティーク(7,027m)、フンザピーク(6,270m)やレディフィンガー(5,985m)など朝焼けの高峰群を展望します。その後、カラコルムハイウェイを経由して、ミンタカ峠へ続く道の拠点となるミズガル谷を訪れます。その後、上部フンザのパスーへ。
※カテドラルやパスー氷河を望むロッジに3連泊します。
※前日フライトキャンセルの場合は、専用バスにてベシャムよりパスーへ。

パスー泊
4 パスー
(フサイニ)
09:00発 終日パスー滞在。早朝、ロッジ近くから朝焼けの高峰群を展望します。朝食後、パスー氷河パスーピークシスパーレを望む展望地へご案内します。その後、フンザ川の吊橋を渡り、ウルタル峰等、雄大な景色を望みながらパスー村からフサイニ村までのハイキング(所要:約5時間)。昼食は雄大な景色を眺めながらのピクニックランチをお楽しみください。
※フライトキャンセルの場合は、この日にミズガルを訪問します。
パスー泊
5 パスー
(チャプルソン)
  専用車にて、パキスタン最奥のチャプルソン谷へ。素朴な村の散策をお楽しみください。
パスー泊
6 パスー
シムシャール
08:00発
12:00着
専用車にてパミール高原に位置するシムシャール村(3,100m)へ。民家に宿泊し、家畜とともに生きてきたワヒ族の暮らしと文化にふれる一日です。
シムシャール:ゲストハウス又は民家泊
7 シムシャール
ギルギット
10:00発
18:00着
専用車にてパスーへと戻ります。その後、専用バスにてカラコルムハイウェイを南下しギルギットへ。
ギルギット:セレナ泊
8 ギルギット
アボッタバード
08:00発
19:00着
専用バスにてカラコルムハイウェイを南下し、アボッタバードへ。天気が良ければナンガパルバットを展望できます。
アボッタバード:ホテルワン泊
9 アボッタバード
イスラマバード

23:20発
専用車にてイスラマバードへ。着後、航空機にてバンコクへ。
機中泊
10 バンコク
バンコク
東京
バンコク
大阪
06:25着

午前発
午後着

午前発
午後着
着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空、中国国際航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • 上記はタイ国際航空利用の日程です。中国国際航空利用の場合は、乗継地が北京となり、国際線の発着時間が異なります。日本の地方発着便はございません。

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(100円)、代行手数料(4,400円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
気候・服装 パキスタン北部は標高が1,500m~2,500mあるため、昼夜の寒暖の差が大きい山岳気候です。日中は晴れていれば長袖シャツ1枚で過ごせますが曇天の日や朝晩は冷え込みますので、セーターやライトダウンなどの防寒具をお持ちください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
宿泊について 標高3,100mのシムシャール村のゲストハウス又は民家に滞在します。男女別・大部屋での宿泊、共同トイレ利用、顔を洗うお湯を配給するなど、アウトドア要素のあるコースであることもご理解ください。また、山岳地帯のホテルでは、お湯の時間制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
日程について 天候や道路状況などの予測できない事態により大幅に移動に時間がかかることもあります。その場合は、宿泊地やルートの変更を余儀なくされることがあります。日程を延長せざるを得ないこともありますので、余裕を持ってご参加ください。
その他のご注意 花の開花の状況はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。