ツアーのポイント

ポイント パキスタンを大縦断! 5つの世界遺産を巡り桃源郷フンザへ

インダス文明最大の遺跡モヘンジョダロ、ガンダーラの仏教美術が開花したタキシラ、南アジアに君臨したイスラム教のムガール帝国の建築群など、名だたる世界遺産を訪問。フンザでは杏の花のお花見とカラコルムの高峰の大展望、文化遺産と自然を一度に楽しむ旅です。

ポイント 杏の里フンザで3連泊、南部の2都市で2連泊

旅のハイライトであるフンザでは、カリマバードの中心にある山の展望の良い「ダルバール」に3連泊、南部のサッカル、ラホールでは2連泊し、長期間のツアーながらも可能な限り連泊を設けました。

ポイント 失われゆくシルクロードの遺産、インダス河畔の岩絵

数年後にダムが完成するとその多くが水没して失われるインダス河畔の岩刻画。かつてシルクロードを往来した人々がインダス川の水位が下がるのを待つ間、渡渉地点の岩に旅の記録や宗教のモティーフを刻みました。西遊旅行は2021年に現地の考古学者と岩刻画を調査いたしました。失われゆく岩絵を求めてインダス河畔を歩いて散策します。

訪問する
世界遺産

タキシラ仏教遺跡/タッタの文化財/モヘンジョダロの遺跡群/ラホール城とシャリマール庭園/ロータス砦

COLUMN パキスタン 五大世界遺産

【1】モヘンジョダロの遺跡群

B.C.2600年~B.C.1700年頃に栄えたインダス文明最大の都市遺跡。モヘンジョダロとは「死者の丘」を意味しています。最盛期には3万人の人口を抱え、下水システムを完備した高度な文明を築きました。

【2】タッタの文化財

カラチの北東約110kmにある都市址 。イスラム世界最大規模の墓地「マックリーの丘」には100万もの墳墓が残され、中でも歴代の支配者の廟は青タイルが美しく見応えがあります。

【3】ラホール城とシャリマール庭園

ラホール最古の建物といわれ、歴代のムガール皇帝が建て増しをしてきたラホール城。王族の保養地として造られ、ペルシャからの影響を色濃く受けているシャリマール庭園。いずれも16~19世紀まで栄えたムガール建築の傑作です。

【4】タキシラ

ガンダーラ遺跡が点在する都市タキシラ。東西文明の要衝であり、インド、ギリシャ、ペルシャなどの影響を受けた仏教美術が花開きました。僧院跡には素晴らしい彫刻が施された仏塔が残ります。

【5】ロータス砦

ムガール帝国時代第2代皇帝フマユーンに勝利し、短期間帝国を奪取したパシュトゥーン系の王シェール・シャー・スーリが建てた要塞。当時のモスクや階段井戸が残る要塞の中に村があり、今も人が暮らしています。

インダス文明最大の遺跡 モヘンジョダロ
歴代支配者の廟が立ち並ぶマックリーの丘
ムガル建築を伝える城塞 ラホール城
仏塔側面の仏像(タキシラ)
高さ21mのソハール門(ロータス砦)

COLUMN フンザ(カリマバード、パスー) / HUNZA

「フンザ」は1974年まで藩王国として独立していた地域の名称で、現在の中心地は「カリマバード」。雪を頂くウルタル、ラカポシ、ディランなどの名峰と谷を見下ろす旧王宮「バルチット城」、ポプラの木と杏の花のコントラストが美しい谷です。花の開花状況によって、標高の低い「下フンザ」や古い街並みが残る「アルチット村」、カラコルムの山々の展望が美しい「ドゥイカル」、ワヒ族の暮らす「上部フンザ」など数々の散歩コースを楽しめます。

古い街並みが残るアルチット村
杏の花咲くカリマバード

HOTEL パキスタンの美しい村々や大自然が目の前に!
各地で展望や立地にこだわったホテルに宿泊

ダルバール(カリマバード)

部屋から一歩出ると目の前に広がる名峰とフンザの谷。近くには小さなバザールや水路、石造りの家々があり散策にも便利です。

シャングリラ・インダスビュー(チラス)

客室はパキスタン民芸風のかわいらしい造りでまとめられています。インダス川沿いに建ち、河原に残る岩絵群まですぐ近くです。

フンザの谷あいに建つダルバール
シャングリラ・インダスビュー

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
03月25日(金) ~
04月09日(土)
16日間 568,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 6名(11名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 14,000円(11月29日現在の見込み)
一人部屋追加代金 90,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 相部屋ご希望の場合でもご出発時点で相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
大阪
22:30発

23:30発
空路、東京・大阪よりそれぞれドバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機中泊
2 ドバイ

ドバイ

ドバイ
カラチ
カラチ
ハイデラバード
05:30着
05:45着
07:30発
10:35着
13:00発
19:00着
着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの最大の都市カラチへ。着後、専用バスにてハイデラバードへ。途中、世界遺産タッタのイスラム建築群、無数の墓地が残るマックリー・ヒルを訪問します。
ハイデラバード泊
3 ハイデラバード
コート・ディジ
サッカル

08:00発


18:00着

専用バスにて、ナショナル・ハイウェイを北上し、モヘンジョダロ観光の拠点、インダス河畔の町サッカルへ。途中、コート・ディジに立ち寄り、19世紀初頭に築かれた巨大な城砦と前インダス文明の都市遺跡を訪問します。
サッカル泊
4 サッカル
(モヘンジョダロ)
  終日、インダス文明最大の遺跡モヘンジョダロへ往復観光。高度な文明を誇った都市址博物館を見学します。
サッカル泊
5 サッカル
ムルタン
08:00発
19:00着
専用バスにて、パンジャーブ平原の中心の町ムルタンへ。着後、ムルタンの聖者廟建築を見学します。
ムルタン泊
6 ムルタン
ハラッパ
ラホール

08:00発


18:00着
専用バスにて、パキスタン第2の都市ラホールへ。途中、インダス文明の都市遺跡ハラッパに立ち寄り、5000年前の都市址博物館を見学します。
ラホール泊
7 ラホール
(ワガ)
  終日、ラホール市内観光(ガンダーラ美術の傑作「仏陀の断食像」が展示されるラホール博物館、皇帝のモスクといわれるバドシャヒモスク、世界遺産のラホール城とシャリマール庭園等)。夕方、インドとの国境に位置するワガを訪れ、日没時に行われるフラッグ・セレモニーを見学します。
ラホール泊
8 ラホール
ロータス砦
イスラマバード

08:00発


19:00着

専用バスにて首都イスラマバードへ。途中、世界遺産に登録されている16世紀スール朝のロータス砦を見学します。
イスラマバード泊
9 イスラマバード
べシャム
07:00発
18:00着
ガンダーラ最大の仏教遺跡群タキシラを見学都城址シルカップジョウリアン僧院址博物館等)。専用バスにてカラコルム・ハイウェイを北上しベシャムへ。
べシャム泊
10 べシャム
カリマバード
08:00発
17:00着
カラコルムハイウェイを北上し桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。途中、ヒマラヤ、カラコルム、ヒンドゥークシュの3つの山脈の合流点を訪問します。天気がよければ道中で世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)の展望が期待できます。
カリマバード:ダルバール泊
11 カリマバード
(バルチット)
(アルチット)
(ドゥイカル)
 

終日、杏の花咲くカリマバードの観光。お天気が良ければ、カラコルムの名峰ラカポシ(7,788m)が望めます。カリマバードの中心、バルチット城バザール、古い家並みが残るアルチット村をゆっくり散策します。 昼食はフンザの郷土料理をご賞味ください。 夕方、フンザの谷を見下ろすドゥイカルの丘へ。ラカポシ(7,788m)、スパンティーク(7,027m)、フンザピーク(6,270m)やレディフィンガー(5,985m)など夕陽に染まる高峰群を展望します。

カリマバード:ダルバール泊
12 カリマバード
(上部フンザ)
  朝、ハセガワメモリアルスクールを訪問。その後、カラコルムハイウェイを北上し上部フンザへ。クンジュラーブ川にかかるフサイニのつり橋パスー氷河針峰カテドラルなどの壮大な景観をお楽しみください。道中、ワヒ族が暮らす村も訪れます。  
カリマバード:ダルバール泊
13 カリマバード
チラス
08:00発
17:00着
専用バスにてカラコルムハイウェイを南下してチラスへ。途中、天気が良ければ世界第9位峰のナンガパルバット(8,126m)の展望をお楽しみいただけます。着後、インダス河岸に残る岩絵を見学します。数年後にはダムに水没してしまう、失われゆくシルクロードの遺産です。
チラス:シャングリラ・インダスビュー泊
14 チラス
イスラマバード
07:00発
18:00着
専用車にてイスラマバードへ。途中、インダス川岸のシャティアールの岩絵を訪問します。着後、日本帰国用のPCR検査を受けます。
イスラマバード泊
15 イスラマバード
カラチ
カラチ
ドバイ
10:00発
11:55着
22:30発
23:45着
朝、国内線でカラチへ。着後、16~18世紀に建てられたチャウクンディの墳墓群、先史時代からインダス文明にかけての史物を展示する国立博物館を見学。夜、航空機にてドバイへ。
機中泊
16 ドバイ
東京
ドバイ
大阪
02:40発
17:35着

03:00発
17:15着

航空機を乗り換えて東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝14/昼14/夜13:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エミレーツ航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(950円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
パキスタンへの入国に際して ワクチン接種証明書及び日本出発の72時間前以降に受検したPCR検査の英文陰性証明書が必要です。尚、入国にはパキスタン政府指定アプリ「Pass Track」への登録が必要です。
パキスタンからの出国に際して 出発前にイスラマバードでPCR検査を受検していただきます。検査代(約5,000円 ※2021年11月現在)は、現地でクレジットカードまたはパキスタンルピーでお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に際して日本出国前、帰国後に必要な手続き」をご覧ください。
気候・服装 南部は日中30℃を超え暑くなりますので、半袖でもお過ごしいただけますが、日差しが強いため、日よけ対策に長袖の上着もお持ちください。フンザ地方などパキスタン北部は標高が約2,500mあるため、昼夜の寒暖の差が大きい山岳気候です。日中は晴れていれば長袖シャツ1枚で過ごせますが曇天の日や朝晩は冷え込みますので、フリースやライトダウンなどの防寒具をお持ちください。そのほかの場所では基本的に合服で過ごせます。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
ハイデラバード:インダス、クラウン、ファラン
サッカル:ホテルワン、ロイヤルイン、インターパークイン
ムルタン:ホテルワン、グランド・ファレッティーズ、シンドバッド
ラホール:ナインツリー、リュクサスグランド、パークレーン
イスラマバード:ルーミー、ヒルビュー、クラウンプラザ
ベシャム:ヒルトン、コンチネンタル
観光について 花の開花状況・天候によっては見学の日時・順序を入れ替えることがあります。宗教行事や礼拝時間にあたる場合など、現地事情によって観光地の中に入れないことがあります。
日程について

南部は全行程通して綺麗な舗装道路となりますが、北部は山岳地帯の移動となります。カラコルムハイウェイは再舗装が進み以前に比べると快適になりましたが、ベシャム~チラス間のダム工事の影響や不測の大雨などの後には一時的に通行不能になることがあります。移動に予想以上の時間がかかることもあり、万が一がけ崩れなどにより車の通行が不能になった場合、大きく日程変更が必要となることがあります。予め、山岳地帯のご旅行であることをご理解の上ご参加ください。

宿泊について 電気が不足している北部の山岳地帯では、停電が起こることがあります。発電機ですぐに回復しますが、懐中電灯は常にお持ちください。いずれのホテルもバスタブはなくシャワーのみとなります。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。