ツアーのポイント

ポイント 初めてのヒマラヤにもお勧めののんびりルート

ハイキングは毎日2~6時間ののんびり行程。道も良く整備された里山を歩きますので難しい箇所は全くありません。高山病の心配も無く、初めてのヒマラヤハイキングにお勧めのルートです。

ポイント 連日アンナプルナ山群を望む絶景地に宿泊

里山ハイキングでは毎日アンナプルナ山群の絶景展望地に宿泊。各宿泊地間のハイキングでは気持ちの良い好展望の尾根歩きが続きます。朝夕に、マチャプチャレやアンナプルナⅠ峰、アンナプルナサウスなどのアンナプルナ山群、更にダウラギリⅠ峰のパノラマ展望をお楽しみいただけます。
道中仰ぎ見るアンナプルナサウスとヒウンチュリ
ロッジより早朝に望むマチャプチャレ
訪問する
世界遺産

カトマンズ盆地

COLUMN ネパール山村の原風景を歩く

【企画者の声】堤 智顯

広大な段々畑の広がるネパールの山村を歩いていると、日本人なら誰もが不思議と感じる懐かしさ。農村の原風景と人間らしい暮らしが私たちの遺伝子に記憶されているのかもしれません。素朴な里山と背後に聳える白きヒマラヤ。この風景こそが私をネパールの虜にしました。この素晴らしさを是非皆様にも感じていただきたいです。

水牛を使ったトウモロコシの種植え
のどかな里山風景
村から村へ歩く
里山の暮らしを垣間見る

本ツアーの宿泊地より添乗員が撮影した里山風景とアンナプルナ山群(2022年ドローン撮影)

COLUMN ポカラ近郊の絶景展望地 パンチャセ・バンジャンへのルート

ポカラを見下ろす日本山妙法寺の先にあるプムディがトレッキングの出発地点です。ダウラギリからアンナプルナ山群と続く大パノラマを望みながら尾根道を歩きます。段々畑が広がる農村や樹林帯、水牛の放牧地を辿ると、好展望地パンチャセ・バンジャンに到着。尾根道はさらに続き、アンナプルナトレッキングでお馴染みのカーレへと辿り着きます。1泊2日でも可能なルートですが、このコースでは2泊3日でそれぞれ好展望地に泊まるゆったり行程です。初めてのヒマラヤ歩きの方にもおすすめですし、何度もネパールを歩いているネパール通の方にも是非訪れていただきたい気持ちの良いルートです。

パンチャセ・バンジャンへのルート
マチャプチャレ(6,993m)
日本山妙法寺
日本山妙法寺より見下ろすフェワ湖

COLUMN 日程が合わない方は、 個人旅行でネパールの山旅へ!
ひとりでも、いつでも、どこからでも行ける

ツアーでは日程が合わない、地方発着、1名様からグループ旅行まで、オーダーメイドのネパールの山旅を手配いたします。西遊旅行と現地法人・西遊ネパールのスタッフが一丸となり最適な山旅をご提供いたします。

個人旅行のお問い合わせは「西遊旅行キャラバンデスク」へ!
フリーダイヤル:0120-811-395 
[東京]03-3237-8384 [大阪]06-6362-6060

出発日と料金

2023年~2024年
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
10月30日(月) ~
11月09日(木)
11日間 408,000円
11月16日(木) ~
11月26日(日)
11日間 408,000円
12月30日(土) ~
01月08日(月)年末年始コース
10日間 498,000円
03月15日(金) ~
03月24日(日)シャクナゲの咲くシーズン
10日間 408,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 不要 ※12/30発:0円~32,800円(6月1日現在の見込み)
一人部屋追加代金 32,000円(ブムディ、バダウリ泊を除く)
日本の地方発着 大阪発着(シンガポール合流)についてはお問い合わせください。
※12/30発コース除く
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
プライベートポーター 31,000円(プムディ~アスタムコット間、15kg以内、チップ込み)
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

コース難易度

体力 よく整備された歩きやすいトレイルで、のんびり一日2~6時間の里山(山道)を歩きます。歩くことが好きな方でしたらどなたでもお楽しみいただけるハイキングコースです。
高度 最高宿泊高度、到達地点ともに2,025mです。高山病の影響はございません。
宿泊 ホテル3泊、ロッジ5泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、ポカラにてお渡しするダッフルバッグ(15kg以内)に詰め替えます。ダッフルバッグはポーターが運び、ご自身はデイパックのみで歩くことができます。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
カトマンズ
朝発
午後又は夜着
空路、東京より直行便またはアジア内都市乗り継ぎ、ネパールの首都カトマンズへ。着後、ホテルへ。
カトマンズ泊
2 カトマンズ
ポカラ
午前発 航空機にてヒマラヤの景勝地ポカラへ。着後、自由行動。ペワ湖畔の散策などのんびりとお過ごしください。
ポカラ泊
3 ポカラ
プムディ
ブムディ

約1時間
約2時間

専用車にて日本山妙法寺(1,113m)に立ち寄り、その後、ハイキングの出発点プムディ(1,300m)へ。
●アンナプルナ里山ハイキング(約2時間)
アンナプルナ・ダウラギリ山群のパノラマ展望を眺めながら尾根道を辿り、段々畑に民家が散在するのどかな風景の中、ブムディ(1,475m)へ。
ロッジ泊
4 ブムディ
パンチャセ・バンジャン
約6時間 ●アンナプルナ里山ハイキング(約6時間)
尾根上を辿りながらゆるやかに登り、樹林帯や水牛の放牧地を抜け、アンナプルナ山群を一望するパノラマ展望地パンチャセ・バンジャン(2,025m)へ。
ロッジ泊
5 パンチャセ・バンジャン
バダウリ
約3時間 ●アンナプルナ里山ハイキング(約3時間)
パンチャセ・バンジャンから北東に伸びる尾根上を辿り、好展望地バダウリ(1,750m)へ。朝夕に、マチャプチャレやアンナプルナⅠ峰、アンナプルナサウスなどアンナプルナ山群の展望をお楽しみください。
ロッジ泊
6 バダウリ
カーレ
オーストラリアンキャンプ
約4時間 ●アンナプルナ里山ハイキング(約4時間)
カーレ(1,770m)から山道を登り、再びアンナプルナ山群の展望が広がるオーストラリアンキャンプ(2,000m)へ。
ロッジ泊
7 オーストラリアンキャンプ
ダンプス
アスタムコット
約5時間 ●アンナプルナ里山ハイキング(約5時間)
樹林帯を下り、ダンプス(1,650m)へ。のどかな里山を歩き、好展望地アスタムコット(1,500m)へ。アンナプルナ山麓最後の滞在をゆっくりとお楽しみください。
アスタムコット:アンナプルナ・エコビレッジ泊
8 アスタムコット
ポカラ

約1時間

専用車にてポカラへ。着後、自由行動。
ポカラ泊
9 ポカラ
カトマンズ
カトマンズ
午前発

夜発
航空機にてカトマンズへ。着後、カトマンズ市内観光。夕食後、空港へ。直行便またはアジア内都市経由で帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 午前又は午後着

着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:シンガポール航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) ネパール(4,000円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚(アンナプルナ自然保護区入域用も含む)。旅券の残存有効期間は6ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 カトマンズやポカラは日本に比べ暖かく、快適にお過ごしいただけます。ハイキング中は長袖シャツが基本となりますが、朝晩は冷え込みます。フリースにウィンドブレーカー等の防寒具をお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程および下記のホテルリストをご覧ください。
■カトマンズ:アンバサダー、グランド、チベットインターナショナル、ヤクアンドイエティ、ソルティー 、ラディソン、エベレスト、ヒマラヤ、アーツ、ロイヤルシンギ、マナン、バイシャリ、カンティプールテンプルハウス、サムサラリゾート、マッラ、シャングリラ、マヤ・マナー・ブティック、ル・ヒマラヤ、シャンバラ、クラウン・インペリアル、ランドマーク、ラマダ
■ポカラ:ダ・ヤトラコートヤード、シャングリラ、グランデ、バラヒ、テンプルツリー、アチ チリゾート、フルバリ、フィッシュテイルロッジ、ヒマラヤンフロント、レイクサイド・リ トリート、クイーンズパーク
宿泊について ロッジの数や部屋数には限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、3~4人部屋にお泊りいただいたり、分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。ロッジ泊では寝袋(三季用)が必要です。お持ちでない方には弊社でも有料(6,000円)で貸し出しいたします。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。