ツアーのポイント

ポイント ゴーキョに3連泊
ゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越えに挑む

ゴーキョでは天候予備日も兼ねて3連泊し、ゴーキョ・ピークに登頂します。登頂後、更にもう一泊するので、レンジョ・パスに備えて休養していただくことができます。エベレスト方面の三大展望峠のひとつレンジョ・パスからは、エベレストからロールワリン山群までを一望できる絶景が広がっています。

ポイント 高所順応に配慮した無理のない日程

ナムチェバザールに2泊後、半日行程で徐々に高度を上げる無理のない日程作りをしております。少しでもゴーキョ・ピーク登頂とレンジョ・パス越えをスムーズに達成できるよう配慮した日程です。
訪問する
世界遺産

サガルマータ国立公園(エベレスト山群)/カトマンズの谷

COLUMN 空前の大パノラマ ゴーキョ・ピーク

カラパタールと肩を並べ、エベレスト街道2大ピークの一つでもあるゴーキョ・ピーク(5,360m)。湖畔にあるロッジより歩き始め、次第に斜度がきつくなっていく山道を登って行きます。標高が上がるにつれ、呼吸のしづらさを感じていきます。しかし振り向けば、碧い湖やチョー・オユー、エベレスト、ローツェ、マカルーといった8,000m峰四座が立ち並び、無数の高峰群が織りなす景観美が自然と背中を後押ししてくれます。山頂からの景色は圧巻の一言。カラパタールと比べてトレッカーが少ないため、静かな山頂にはタルチョがはためく音だけが響き渡っています。

ゴーキョ・ピークよりエベレスト(8,848m)、ローツェ(8,516m)、マカルー(8,463m)を展望

COLUMN レンジョ・パス越えに挑む

レンジョ・パス(5,340m)はエベレスト街道トレッキングの三大展望峠の一つ。日が昇らない時間より歩き始め、ヘッドランプで足元を照らしながら峠へ。次第に岩場の斜面へと変化していき終盤は急登となります。標高が上がれば、聳える山々は迫力を増し、エベレストの背後より昇る朝日が周囲の山々を神々しく照らしていきます。峠に着くと、エベレストからロールワリン山群までを一望できる眺望が広がります。

道中の岩場にて、振り返って雄大な景色を眺める
レンジョ・パスへの道中より望むエベレスト(8,848m)、ローツェ(8,516m)、マカルー(8,463m)

COLUMN 日程が合わない方は、 個人旅行でネパールの山旅へ!
ひとりでも、いつでも、どこからでも行ける

ツアーでは日程が合わない、地方発着、1名様からグループ旅行まで、オーダーメイドのネパールの山旅を手配いたします。西遊旅行と現地法人・西遊ネパールのスタッフが一丸となり最適な山旅をご提供いたします。

個人旅行のお問い合わせは「西遊旅行キャラバンデスク」へ!
フリーダイヤル:0120-811-395 
[東京]03-3237-8384 [大阪]06-6362-6060

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
10月16日(日)~
11月02日(水)
18日間 618,000円
11月13日(日)~
12月01日(木)新設定・タイ国際航空利用・
原口 剣太郎(専属添乗員)同行
19日間 618,000円
11月14日(月)~
12月01日(木)
18日間 618,000円
発着地 10/16発:東京発/東京・大阪着
11/13発、11/14発:東京・大阪発着
最少催行人員 6名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 10/16発、11/14発:不要 11/13発:53,000円(8月9日現在の見込み)
一人部屋追加代金 53,000円(ロッジ泊含む)
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
プライベートポーター 65,000円(ルクラ~ルクラ間、15kg以内、チップ込み)
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 勾配のきつい登りを歩き、5,000mを超えるゴーキョ・ピークとレンジョ・パスに登ることのできる十分な体力が必要です。
高度 最高宿泊高度は4,750m、最高到達地点は5,360mです。高山病の影響が十分に予想されます。
宿泊 ロッジ13泊 トレッキング中の宿泊は全てロッジ泊を確約。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、カトマンズにてお渡しするダッフルバッグに詰め替えます。ダッフルバッグはポーターが運び、ご自身はデイパックのみで歩くことができます。カトマンズ~ルクラ間の国内線の預け荷物は、手荷物を含めて15kg以内です。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
シンガポール
大阪
シンガポール
シンガポール
カトマンズ
午前発
午後着
午前発
午後着
18:55発
22:10着

空路、東京・大阪それぞれよりシンガポールへ。着後、航空機を乗り換えて、ネパールの首都カトマンズへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は、東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、シンガポールにて合流します。
※10/16発コースは東京発、東京・大阪着となります。

カトマンズ泊
2 カトマンズ
ルクラ
ルクラ
パグディン
朝発

約3時間
航空機にて、カトマンズより、エベレスト街道の起点となるルクラ(2,827m)へ。
●トレッキング(約3時間)
シェルパ、ポーターと合流してパグディン(2,652m)へ向かいます。
ロッジ泊
3 パグディン
ナムチェバザール
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
川沿いの樹林帯を歩き、タムセルクを眺めながらナムチェバザール(3,450m)へ。
ロッジ泊
4 ナムチェバザール
(シャンボチェの丘)
約5時間 ●高所順応トレッキング(往復5時間)
シャンボチェの丘を越えてエベレスト・ビューホテル(3,800m)まで往復トレッキングエベレスト山群の展望をお楽しみください。
ロッジ泊
5 ナムチェバザール
モン・ラ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
サナサを経て、アマダブラムやタウツェの好展望地モン・ラ(峠:3,973m)へ。
ロッジ泊
6 モン・ラ
ドーレ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
開けた放牧地のドーレ(4,040m)へ。
ロッジ泊
7 ドーレ
マッツェルモ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
山腹のトラバース道を登り、谷間の開けた牧草地のマッツェルモ(4,410m)へ。
ロッジ泊
8 マッツェルモ
ゴーキョ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
ゴジュンバ氷河末端のモレーンを登り、氷河湖畔のゴーキョ(4,750m)へ。
ロッジ泊
9 ゴーキョ
(ゴーキョ・ピーク)
約4時間 ●ゴーキョピーク登頂(約4時間)
エベレスト、ローツェ、マカルー、チョー・オユーの8,000m峰四座と怪峰ギャチュン・カン(7,952m)、ゴジュンバ氷河、氷河湖の大パノラマが展開するゴーキョ・ピーク(5,360m)に登頂
ロッジ泊
10 ゴーキョ
(予備日)
  登頂予備日。予定通りの場合は、ご希望の方をチョー・オユーB.C.方面への半日トレッキングへご案内。B.C方面に向かうにつれ、チョー・オユー(8,201m)を大きく展望できます。ゴーキョのロッジにて休養いただくこともできます。
ロッジ泊
11 ゴーキョ
レンジョ・パス
ランデン

約9~10時間

●レンジョ・パス越え(約9~10時間)
ガレ場を登り、整備された石の道を上がりレンジョ・パス(5,340m)へ。天気が良ければ、ロールワリン山群からエベレスト・クーンブ山群の絶景を一望することができます。その後、ランデン(4,290m)へ。
ロッジ泊
12 ランデン
ターメ
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
ボーテ・コシ(川)沿いのマルリンを抜けターメ(3,800m)へ。
ロッジ泊
13 ターメ
モンジョ
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
ボーテ・コシに沿って歩き、モンジョ(2,835m)へ。
ロッジ泊
14 モンジョ
ルクラ
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
ゆっくりとルクラまで戻ります。
ロッジ泊
15 ルクラ
カトマンズ
朝発 航空機にてカトマンズへ戻ります。着後、自由行動。
※予定通りの場合はホテルにて、日本帰国用のPCR検査を受けます。
カトマンズ泊
16 カトマンズ
(フライト予備日)
  フライト予備日。予定通りの場合は自由行動。オプショナルにてエベレスト遊覧飛行やカトマンズ市内観光をお楽しみいただけます。
カトマンズ泊
17 カトマンズ 23:10発 午前中、自由行動。午後、カトマンズ市内観光。夕食後、空港へ。航空機にてシンガポールへ。
機中泊
18 シンガポール
シンガポール
東京
シンガポール
大阪
06:32着
午前発
午後着
午前発
午後着
シンガポール着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝16/昼16/夜16:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:シンガポール航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) ネパール(6,000円)、代行手数料(4,400円)、写真2枚(サガルマータ国立公園入園用も含む)。旅券の残存有効期間は6ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
ネパール・タイ入国に際して

新型コロナワクチン接種証明書(2回接種以上)又は、日本出発の72時間前以降に受検したPCR検査の英文陰性証明書が必要です。

ネパール出国に際して

出発前にカトマンズでPCR検査を受検していただきます。検査代(約20米ドル)は現地にてお支払いください。

日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に必要な手続きと出入国の流れ」をご覧ください。
気候・服装 カトマンズは日本に比べ暖かく、快適にお過ごしいただけます。トレッキング中は標高によって気温は大きく異なります。標高3,000mを超える場所では朝晩の気温は0℃を下回り、ゴーキョ付近ではマイナス10℃以下にまで下がることがあります。ダウンジャケットなどの十分な防寒具をお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
■バンコク:マンダリンホテル・マネージドバイセンターポイント、ツインタワー、マックス、イースティン、アステラサトーン、カラーリビング、ロイヤルベンジャ、ラマガーデン、グランドインカム、バンコクセンター、エーワン、トンタラ、ナライ、ノボテル、ラディソン、コンフォートエアポート、アジアエアポート、アマリエアポート、ウィンザースイート、トンタリゾートアンドスパ、ビーエスレシデンススワンナプーム、スワンナプームスイート、グレートレジデンス、空港内トランジットホテル
■カトマンズ:アンバサダー、グランド、ヤクアンドイエティ、クラウンプラザ、ラディソン、エベレスト、ヒマラヤ、アーツ、ロイヤルシンギ、マナン、バイシャリ、カンティプールテンプルハウス、サムサラリゾート、マッラ、シャングリラ、マヤ・マナー・ブティック、ル・ヒマラヤ、シャンバラ、クラウン・インペリアル、ランドマーク
高山病について 高山病の影響が十分予想されるコースです。高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯加圧装置を持参し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
健康診断書のご提出 ご参加者の方全員に健康診断書(出発日から起算して6ヵ月以内に受診されたもの)をご提出いただきます。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
トレッキングについて 高所を長期間かけて歩き続けるコースです。体力のない方、高所に弱い方のご参加はおすすめできません。特別な登山技術は必要ありませんが、普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
日程について レンジョ・パス付近の積雪状況や天候等により、レンジョ・パスを越えずに往路を戻る等日程変更を余儀なくされることがあります。
ネパールの国内線について 現在、カトマンズ空港では運航便の増加に伴い、滑走路の混雑緩和のために 国内線の離発着数を制限しています。そのためルクラ線については一時的に ラメチャップ空港発着にて運航する場合があります。その場合には午前2時頃に専用車でカトマンズ市内を出発、ラメチャップ空港まで移動する必要が生じます(所要約5時間)。 カトマンズまたはラメチャップ/ルクラ間は小型飛行機による山岳フライトです。悪天候の場合はフライトキャンセルになることがあります。予備日を設けておりますが、稀に悪天候が続いた場合には日程変更を余儀なくされることがあります。その場合には、可能な限り当初の日程に沿うように、現地にて臨機応変に対応させていただきます。代替としてヘリコプターを利用することもあります。その変更にかかる費用(300~600USドル程度)はお客様のご負担となります。
トレッキング中の宿泊について ロッジの数や部屋数には限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、3~4人部屋にお泊りいただいたり、分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。ロッジ泊では寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社でも有料(6,000円)で貸し出しいたします。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。