ツアーのポイント

ポイントアンナプルナエリアの好展望地・コプラダンダを目指す

アンナプルナエリア屈指の展望ルートとして人気のゴラパニルートをあえて外れ、より静かなコプラダンダを目指します。ゴラパニやプーンヒルより更にアンナプルナ・ダウラギリ山群に近づく好展望地ながら、訪れるトレッカーの少ない穴場のルートです。

ポイント 各地で名峰群の展望を満喫

ガンドルン、タダパニより鋭鋒マチャプチャレ(6,993 m)の展望、ムルダイピークでは、眼前にアンナプルナサウス(7,219m)とヒウンチュリ(6,441m)を仰ぎます。夕日に赤く焼ける姿は圧巻です。コプラダンダからは更にアンナプルナⅠ峰(8,091m)を望むことができ、ダウラギリⅠ峰(8,167m)が圧倒的な存在感で姿 を現します。コプラダンダからパウドワールまでの下山は、ダウラギリⅠ峰に向かって延びる尾根を下っていきます。終始、山の展望を楽しむことができます。
訪問する
世界遺産

カトマンズ盆地

COLUMN アンナプルナ山域再訪の方にもおすすめ
知られざるコプラダンダルートを行く

ポカラを拠点としたアンナプルナ山域は、シーズンになると世界中からたくさんのトレッカーが集まるネパールでも特に人気のある山域です。しかし、コプラダンダへのトレイルはこれまであまり知られていませんでした。にぎやかなゴラパニルートを外れ、たどりついたコプラダンダからは、プーンヒル以上に差し迫るアンナプルナ・ダウラギリの二大山群の展望が広がっており、静かにゆったりとお楽しみいただくことができます。ガイドブックには載っていないもうひとつのアンナプルナトレッキング。既にゴラパニルートなどのアンナプルナ山域を訪れたことのある方の再訪に是非おすすめしたいルートであり、これから更に人気が出るルートです。

アンナプルナサウスを前にコプラダンダを目指す
コプラダンダより望む朝焼けのダウラギリⅠ峰(8,167m)
コプラダンダより望む星空とアンナプルナⅠ峰、アンナプルナサウス
ご希望の方はカヤール湖方面へ往復トレッキング

COLUMN 未開の好展望地 ムルダイピークへ

コプラダンダへの途中、知られざる好展望地ムルダイピーク(3,637m)を訪れます。まだ訪れる人が少なく、静寂な空気を感じながらガネーシュ山群からダウラギリ山群までを一望できるダイナミックな展望をご覧いただけます。数ある好展望地をもつ、アンナプルナエリアの中でも、西遊旅行が自信を持っておすすめする新しい展望地です。

ダイナミックな展望が広がるムルダイピーク

出発日と料金

2023~2024年
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
11月02日(木) ~
11月13日(月)堤智顯(東京本社)同行
12日間 468,000円
11月09日(木) ~
11月20日(月)
12日間 468,000円
03月22日(金) ~
04月01日(月)
11日間 468,000円
発着地 東京発着 最少催行人員

7名(15名様限定)・添乗員同行

燃油サーチャージ 不要(8月1日現在の見込み)
一人部屋追加代金 38,000円(タダパニ、ドバト、システィバン、コプラダンダを除く)
日本の地方発着 大阪発着(シンガポール合流)についてはお問い合わせください。
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
プライベートポーター 38,000円(ガンドルン~タトパニ間、15kg以内、チップ込み)
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 歩きやすいトレイルですが勾配のきつい箇所もあります。連日歩くことのできる十分な基礎体力が必要です。
高度 最高宿泊高度は3,660m、最高到達地点は約3,950mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 ロッジ6泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、ポカラにてお渡しするダッフルバッグ(15kg以内)に詰め替えます。ダッフルバッグはポーターが運び、ご自身はデイパックのみで歩くことができます。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 22:55発 空路、東京(羽田)よりシンガポールへ着後、ホテルへ。
機中泊
2 シンガポール
シンガポール
カトマンズ
05:15着
10:50発
14:05着
着後、航空機を乗り換えて、ネパールの首都カトマンズへ。着後、ホテルへ。
カトマンズ泊
3 カトマンズ
ポカラ
午前発 航空機にてヒマラヤの景勝地ポカラへ。着後、自由行動。ペワ湖畔の散策などのんびりとお過ごしください。
ポカラ泊
4 ポカラ
ガンドルン
タダパニ
約4時間
約4時間
専用車にて、ハイキングの出発点ガンドルン(1,950m)へ。
●トレッキング(約4時間)
段々畑を眺めながら石畳の道を登り、アンナプルナサウスやマチャプチャレが間近に迫るタダパニ(2,595m)へ。
ロッジ泊
5 タダパニ
ドバト
約6時間 ●トレッキング(約6時間)
シャクナゲの樹林帯を行き、ドバト(3,426 m)まで登ります。
ロッジ泊
6 ドバト
(ムルダイピーク)
システィバン
約5時間 ●トレッキング(約5時間)
早朝、朝焼けに輝くダウラギリ山群やアンナプルナ山群の大パノラマが広がるムルダイピーク(3,637m)を訪れます。(往復約1.5時間)。シャクナゲの樹林帯を下り、その後、システィバン(2,950m)まで登ります。
ロッジ泊
7 システィバン
コプラダンダ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
樹林帯を登り、尾根上に出るとコプラダンダ(3,660m)に到着。アンナプルナ・ダウラギリの2大山群の展望が広がります。
ロッジ泊
8 コプラダンダ   終日、コプラダンダに滞在。
ご希望の方は午前中、カヤール湖方面への往復トレッキング(約3,950m地点まで)をお楽しみください。
※カヤール湖までは距離があるため、訪問いたしません。
ロッジ泊
9 コプラダンダ
パウドワール
タトパニ
約4時間 ●トレッキング(約4時間)
ダウラギリの展望を眺めながら、尾根状の道を歩きパウドワール(2,020m)へ。着後、四輪駆動車にて温泉の湧き出るタトパニ(1,190m)へ。着後、温泉浴をお楽しみください。
ロッジ泊
10 タトパニ
ポカラ
09:00発
13:30着
専用車にてポカラへ戻ります。
ポカラ泊
11 ポカラ
カトマンズ
カトマンズ

午前発

23:10発

航空機にてカトマンズへ。その後、カトマンズ市内観光。夕食後、空港へ。航空機にてシンガポールへ。
機内泊
12 シンガポール
シンガポール
東京
06:30着
08:05発
15:35着
シンガポール着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。 東京(羽田)着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼9/夜10:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:シンガポール航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) ネパール(4,000円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚(アンナプルナ自然保護区入域用も含む)。旅券の残存有効期間は6ヶ月、査証欄余白は1ページ以上必要です。
新型コロナに関する制限について 新型コロナに関する制限はありません。
気候・服装 カトマンズは日本に比べ暖かく、快適にお過ごしいただけます。トレッキング中は長袖シャツが基本となりますが、コプラダンダでの朝晩は0℃近くまで冷え込みますので、十分な防寒着をお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル ■カトマンズ:アンバサダー、グランド、チベットインターナショナル、ヤクアンドイエティ、ソルティー 、ラディソン、エベレスト、ヒマラヤ、アーツ、ロイヤルシンギ、マナン、バイシャリ、カンティプールテンプルハウス、サムサラリゾート、マッラ、シャングリラ、マヤ・マナー・ブティック、ル・ヒマラヤ、シャンバラ、クラウン・インペリアル、ランドマーク、ラマダ
■ポカラ:シャングリラ、グランデ、ダ・ヤトラコートヤード、バラヒ、テンプルツリー、アチチリゾート、フルバリ、フィッシュテイルロッジ、ヒマラヤンフロント、レイクサイド・リトリート、クイーンズパーク
高山病について 頭痛等の軽度の高山病の症状が出ることがありますのでご注意ください。弊社では高山病対策として、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
健康診断書のご提出 ご出発時に75歳以上の方には、健康診断書(出発日から起算して6カ月以内に受診されたもの)のご提出をお願いしております。健康診断書の内容には、血液検査、心電図、胸部X線の項目が必須となります。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
トレッキングについて トレッキングの道は整備されており、特別な登山技術は必要ありません。普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
軽アイゼンの持参について チェーンスパイクまたは軽アイゼン(6本爪限定、4本爪は不可)をご持参ください。
※積雪の多い3~4月発のコースのみ。
トレッキング中の宿泊について タダパニ、ドバト、システィバン、コプラダンダはロッジの数がかなり限られていますので、基本的に御一人部屋をお取りすることはできません。その他の宿泊地でもロッジの数や部屋数には限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、3~4人部屋にお泊りいただいたり、分宿になることもあります。また、場合によってはテント泊になることもあります。ドバトに宿泊できない場合は、約1時間20分歩き、バエリ泊になります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。ロッジ泊では寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社でも有料(6,000円)で貸し出しいたします。
日程について 5日目にドバトに宿泊できずバエリ泊となる場合は、6日目の早朝ではなく、5日目のバエリへ行く途中にムルダイピークを訪れます。
■3月発コース:4日目にドバトに宿泊できずバエリ泊となる場合は、5日目の早朝ではなく、4日目のバエリへ行く途中にムルダイピークを訪れます。
ネパールの国内線について 往路のカトマンズ/ポカラ間は山岳フライトですので、悪天候の場合はフライトキャンセルになることがあります。その場合は陸路にて目的地へ向かいます(カトマンズ/ポカラ間は約200km、車で約6~7時間)。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。