【パキスタン航空運休に伴うツアー再設定のお知らせ 】

パキスタン航空運休に伴い、タイ国際航空利用にてツアーを再設定させていただきます。この変更に伴い、ご旅行代金、一部観光内容の変更、燃油特別付加運賃の差額が生じております。 日程表・詳細をご確認いただきますようお願いいたします。

ツアーのポイント

ポイント 北部パキスタンの3つの好展望地へ

フェアリー・メドウでは、素晴らしい展望を誇る「ライコットサライ」に宿泊し、ナンガパルバットの北面を存分に展望。フンザの中心カリマバードでは、名峰ウルタルやラカポシ、上部フンザ・ゴジャール地区では、パスー氷河とパスーピークに名峰シスパーレの展望もお楽しみいただけます。

ポイント 3ヶ所で連泊のゆとりある日程、全行程で宿泊地からの日帰りハイキング

はじめてのパキスタントレッキングに最適なゆとりある日程で、厳選した展望ポイントを巡るコースです。コンパクトな日程でありながら、3ヶ所の展望地で連泊。ご希望の方は、絶景広がる宿泊地でハイキンググループをお待ちいただくことも可能です。

ポイント ご参加の方にプレゼント

特製ダッフルバッグとパキスタンの山のポストカード(日本までの切手つき)をプレゼント。現地でお受け取りください。

COLUMN 美しき北部パキスタンの山々

世界第9位の巨峰ナンガパルバット(8,126m)の展望地 フェアリー・メドウ(北面)へ

3時間のハイキングで、ナンガパルバット北面の好展望地フェアリー・メドウへ。ここでは一番の展望を誇るロッジ&テント「ライコットサライ」に宿泊し、大迫力のナンガパルバットの展望を北面から存分にお楽しみいただきます。滞在中は、フェアリー・メドウからさらに奥へと歩き、展望地まで往復。標高3,800mの尾根上からは、長大なライコット氷河の展望も広がります。

ライコットサライ付近の展望地
朝日に輝くナンガパルバット

パミール高原に位置する上部フンザの名峰群を望む

世界の登山家も注目する上部フンザ・ゴジャール地区の美しく壮大な景観の中を歩き、パスーピーク(7,478m)やシスパーレ(7,611m)、そして青空に突き刺さるが如く聳える針峰群カテドラルの山岳風景などお楽しみいただきます。また、山の展望だけではなく、パスー氷河やカラコルム5大氷河の一つバトゥーラ氷河の展望も圧巻です。

パスー氷河とシスパーレ(左)、パスーピーク(右)
アッタバード湖から望むカテドラル

COLUMN こだわりの絶景ホテル・絶景ロッジに宿泊!

ナンガパルバットが展望できるフェアリー・メドウでは朝日や夕日、星空のもと輝くナンガパルバットの展望を存分にお楽しみいただきます。フンザの中心地カリマバードでは、屋上から谷を見渡せるダルバールホテルに宿泊。そして、パスーのロッジは、針峰群が目の前に聳え、パスー氷河の展望ポイントまで歩いてすぐに訪れることができます。美しい北部パキスタンの山々を堪能できる絶景地での宿泊をご堪能ください。

ライコットサライから望むナンガパルバット
パスーのロッジから望む針峰群

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月26日(金) ~
05月06日(月)ゴールデンウィークコース
11日間 368,000円
04月26日(金) ~
05月06日(月)
11日間 398,000円
06月15日(土) ~
06月25日(火)
11日間 348,000円
08月07日(水) ~
08月17日(土)
11日間 358,000円
08月09日(金) ~
08月19日(月)
11日間 358,000円
09月13日(金) ~
09月23日(月)
11日間 348,000円
09月14日(土) ~
09月24日(火)
11日間 358,000円
10月19日(土) ~
10月29日(火)秋、フンザの紅葉・黄葉の季節
11日間 348,000円
10月26日(土) ~
11月05日(火)秋、フンザの紅葉・黄葉の季節
11日間 348,000円
11月02日(土) ~
11月12日(火)秋、フンザの紅葉・黄葉の季節
11日間 348,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(15名様限定)添乗員同行
燃油サーチャージ 16,100円(3月6日現在)
一人部屋追加代金 52,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
日本の地方発着 福岡・名古屋・札幌からの地方出発も別途手配で可能です(バンコク合流)。詳しくはお問い合わせください。
プライベートポーター 21,000円(フェアリー・ポイント~フェアリー・ポイント間、15kg以内、チップ込み)
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 1日の歩行時間は最長7時間程度ですので、歩くのがお好きな方ならどなたでもご参加いただけます。
高度 最高宿泊高度は3,300m、最高到達地点は3,800mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 ロッジ又は常設テント2泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、チラスにてダッフルバッグに詰め替え ます。ハイキング中はデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
バンコク
大阪
バンコク
バンコク
イスラマバード
午前発


午前発


19:00発
22:10着
空路、東京・大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、バンコクにて合流します。
イスラマバード:ヒルビュー泊
2 イスラマバード
チラス
07:00発
20:00着
専用バスにてチラスへ。
チラス:シャングリラ・インダスビュー泊
3 チラス
フェアリー・ポイント
フェアリー・メドウ
08:00発
約3時間
専用バス及び四輪駆動車にて、インダス川東岸の奥地へ入りフェアリー・ポイント(2,666m)へ。
●北面ハイキング(約3時間)
ハイキング開始。樹林帯の中に広がる牧草地フェアリー・メドウ(3,300m)へ。着後、世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)北面のライコット壁ライコット氷河の雄大な景色をご堪能ください。
※フェアリー・メドウでは、ナンガパルバットの好展望が開ける「ライコットサライ」に宿泊します。
フェアリー・メドウ:ライコットサライ又はテント泊
4 フェアリー・メドウ 約5時間 早朝、天気が良ければ、朝日に輝くナンガパルバット北面を展望。
●北面ハイキング(約5時間)
フェアリー・メドウからさらに奥へと歩き、展望地まで往復。標高3,800mの尾根上からは、長大なライコット氷河の展望も広がります。
フェアリー・メドウ:ライコットサライ又はテント泊
5 フェアリー・メドウ
フェアリー・ポイント
カリマバード
約2時間
09:00発
15:30着
●北面ハイキング(約2時間)
フェアリー・ポイントまで下ります。その後、桃源郷フンザの中心地カリマバード(2,400m)へ。
カリマバード:ダルバール泊
6 カリマバード 約4時間 ●ビクトリアメモリアルへのハイキング(約4時間)
午前中、フンザの好展望地であるビク トリアメモリアル(約2,840m)まで往復ハイキングをします。午後は、フンザの中心地カリマバードを散策。周辺の村の散策や水路ウォークをお楽 しみください。
カリマバード:ダルバール泊
7 カリマバード
パスー
09:00発
10:30着
専用バスにて上部フンザのパスー(2,540m)へ。
●フサイニーへのハイキング(約3時間)
パスー村周辺から歩き、カテドラルの高峰群など上部フンザ・ゴジャール地区の美しく壮大な景観をお楽しみください。途中、パスーピーク(7,478m)シスパーレ(7,611m)パスー氷河を展望します。
パスー:サライ シルクルート泊
8 パスー 約6~7時間 ●ユンズ谷ハイキング(約6~7時間)
パスー氷河を眺めながらユンズ谷へと抜けていきます。後半はバトゥーラ氷河の展望もお楽しみいただきます。
パスー:サライ シルクルート泊
9 パスー
ベシャム
07:00発
21:00着
専用バスにてカラコルム・ハイウェイを南下 し、ベシャムへ。
ベシャム:PTDC泊
10 ベシャム
イスラマバード
イスラマバード
09:00発
17:00着
23:20発
専用バスにてイスラマバードへ。夕食後、空港へ。航空機にてバンコクへ。
機中泊
11 バンコク
バンコク
東京
バンコク
大阪
06:25着
午前発


午前発
バンコク着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(100円)、代行手数料(4,320円)、写真2枚。旅券の残存有効期間は6ヶ月以上必要です。
気候・服装 ハイキング中は長袖シャツ程度で過ごせますが、宿泊地によっては、朝晩は冷え込み0℃近くまで下がるので、フリースやダウン等の十分な防寒具をお持ちください。日中は日差しが強く照り返しがきついので、帽子やサングラス、日焼け止めもお持ちください。靴はハイキングシューズ、トレッキングシューズをご用意ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 軽度の高山病の影響が予想されるコースですので、高山病対策として添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、皆様の健康管理をいたします。また、ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
トレッキングについて 特別な登山技術は必要ありません。普段から山歩きをされていて、十分な基礎体力のあることがご参加の必須条件です。
日程について このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況などの予測できない事態により一時的に通行不可能になることがあり、大幅に時間がかかることもあります。その場合は、宿泊地やルートの変更を余儀なくされることがあります。日程を延長せざるを得ないこともありますので、余裕を持ってご参加ください。
偶然の事故に対応する保険について 偶然の事故に対応する項目(東京海上の偶然事故対応費用など)を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
4/26発GWコースについて 帰国便がラホール発・バンコク経由になります。
10日目:べシャム07:00発→ラホール18:00着、ラホール23:20発→バンコク翌06:10着
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。