ツアーのポイント

ポイント カラコルムの秘境に聳える6,000m峰に登頂

ハイポーターを多数輩出することで知られるシムシャール村の山岳チームが皆様の登頂を支えます。ベースキャンプから1日で登ることが可能な登攀ルート。登頂をせずに、ベースキャンプにて散策をしながらのんびりとお待ちいただくことも可能です。

ポイント 放牧に根付いたワヒ族の文化にふれる

シムシャールの人々は暮らしの多くをヤギ、羊、ヤクなどの家畜に頼っています。彼らは毎年決まった時季に集落を移動しながら家畜を放牧し、乳製品を作ります。夏のパミールでワヒ族の夏の暮らしにふれるカルチャートレッキングです。

ポイント 西遊旅行とシムシャール村

2008年以降10年以上にもわたり、夏のクッチ、ミングリク・サール登頂、春のタガム祭、そして秋のクッチまで村人やスタッフと深くかかわってきた村です。伝統文化の維持が難しくなるなかで、西遊旅行はシムシャール村の伝統を尊重し、その存続のために努力をしています。

COLUMN 知られざる名峰 ミングリク・サール(6,050m)に登頂

かつてイギリスの探検家フランシス・ヤングハズバンドが訪れたシムシャール峠の傍に佇む、シムシャール・パミールの名峰ミングリク・サール。このコースでは、シュウェルト滞在中の天候の良い日を狙って、ご希望の方をミングリク・サール登山へご案内します。登頂には添乗員と現地山岳ガイドが同行。冬山の登山経験のあることが登頂挑戦の参加条件です。通常の海外旅行傷害保険のほか、運動割増保険に必ずご加入いただく必要があります。予めご了承ください。
※登らない方は、スタッフと麓のキャンプでお待ちいただきます。運動割増保険へのご加入は不要です。周辺の草原やシュウェルト方面の散策などをお楽しみください。

ミングリク・サール登攀ルートの一例
頂上目前にて
ベースキャンプ
山頂前の休憩
ミングリク・サール山頂にて

登山の流れ:①キャンプを夜中(23~24時)に出発し、沢をつめた後、急登のガレ場を登り稜線上のハイキャンプへ。(約3時間) ②アイゼン、ピッケル、ハーネスを装着し、アンザイレンしながら雪の付いた稜線上を慎重にケルンまで向かいます。(約3時間半) ③ケルン付近に不要なものをデポし、頂上へ。斜度が増し(約35度)、時期によっては雪も深く基礎体力と粘り強さが要求されます。(約3時間) ④頂上からはヒスパー・ムスターグの山々が広がり、達成感に包まれます。下山(同ルート下降)の体力も残しておきましょう。(下山約3時間)

ご自身でご用意いただく登頂用装備:雪山用登山靴、アイゼン(10本爪以上〈前爪がついてるものでセミワンタッチ式又はワンタッチ式が望ましい〉)、ピッケル、ハーネス、安全環付カラビナ2枚、スリング(180㎝)1本、登山用ヘルメット、ゴーグル
※登頂はその時の積雪状態、天候などの条件に左右されます。詳しくは担当までお問い合わせください。

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
06月20日(月) ~
07月07日(木)
18日間 728,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 6名(8名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 24,800円(3月4日現在)
一人部屋追加代金 63,000円 ※テント泊含む
日本の地方発着 大阪発/東京着も別途手配可能です(バンコク合流)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
プライベートポーター 43,000円(シムシャール村~シムシャール村間〈登頂にも同行します〉、15kg以内〈登頂時は7kg以内〉、チップ込み)
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 (+特殊技術)  ベースキャンプまでのアプローチは長く、途中崖沿いの高度感がある箇所も連日、長時間歩きます。勾配のきつい登り下りを含み、十分な体力が必要です。登頂される方は冬山登山経験とアンザイレンの経験など特殊技術が必要です。(山麗で待機の方は体力3)
高度 最高宿泊高度は4,800m、最高到達地点は4,800m(山麓で待機)、または6,050m(登頂者)ですので、高山病の影響が十分に予想されます。
宿泊 テント9~11泊 テント設営は全てスタッフが行います。テント場は草地、川原が基本になります。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、カリマバードにてダッフルバッグ(15kg以内/寝袋含む)に詰め替えます。トレッキング中はデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1

東京
バンコク
バンコク
イスラマバード

12:00発
16:30発
19:00発
22:10着

空路、東京よりバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。着後、ホテルへ。


イスラマバード泊
2

イスラマバード
チラス

06:30発
21:00着

専用車にてカラコルム・ハイウェイを北上し、チラスへ。

チラス泊
3

チラス
カリマバード

08:00発
16:00着

専用車にてカラコルム・ハイウェイを北上し、ナンガパルバット(8,126m)などの山々を仰ぎ見ながら、桃源郷フンザの中心地カリマバードへ。

カリマバード:ダルバール泊
4

カリマバード
シムシャール村

08:30発
15:30着

四輪駆動車にてカラコルム・ハイウェイを北上し、シムシャール村(3,100m)へ。

シムシャール・ツーリストロッジ又はテント泊
5

シムシャール村
パスト・フルズィン

約8時間

●トレッキング(約8時間)
シムシャール・パミールの旅の始まりです。ガーレ・サール(3,502m)上部からヤズギル氷河とアドベル・サール、クニヤ・チッシュ、プモリ・チッシュなどのヒスパー・ムスターグの山々を展望しながらパスト・フルズィン(3,517m)へ。

テント泊
6

パスト・フルズィン
アルバ・プリエン

約7時間

●トレッキング(約7時間)
プリエン・ベン(3,596m)でパミール・タング川を渡り、プリエン・サール(3,916m)まで急斜面を登ります。その後、アルバ・プリエン(3,931m)へ。ミングリク・サールが顔を出します。

テント泊
7

アルバ・プリエン
シュイズヘラブ

約5時間

●トレッキング(約5時間)
5月20日より1ヶ月の間利用される放牧地シュイズヘラブ(4,350m)へ。

テント泊
8

シュイズヘラブ

 

高所順応および休養日。

テント泊
9

シュウェルト
ミングリク・サールB.C.

約4時間

●トレッキング(約4時間)
ミングリク・サールベースキャンプ(B.C.)(4,800m)へ。

テント泊
10

ミングリク・サールB.C.
(ミングリク・サール登頂)

12~14時間

●ミングリク・サール登頂(往復12~14時間)
夜中に登頂を開始し、山頂(6,050m)へアタック。下山して、B.C.へと戻ります。
※天候により、登頂日は変更になります。登頂されない方は、スタッフと麓のB.C.にて周辺の草原やシュウェルト方面の散策などをお楽しみいただきます。

テント泊
11

ミングリク・サールB.C.
(予備日)

 

登頂予備日。
予定通りの場合は、この日に下り始めます。また予備日に登頂の場合、シュイズヘラブまで下り切ることがあります。

テント泊
12

ミングリク・サールB.C.
アルバ・プリエン

約8時間

●トレッキング(約8時間)
B.C.よりアルバ・プリエンまで下ります。

テント泊
13

アルバ・プリエン
パスト・フルズィン

約7時間

●トレッキング(約7時間)
往路をパスト・フルズィンへ。

テント泊
14

パスト・フルズィン
シムシャール村

約6時間

●トレッキング(約6時間)
往路をシムシャール村へ。

シムシャール・ツーリストロッジ又はテント泊
15

シムシャール村
ギルギット

08:00発
18:00着

四輪駆動車にて上部フンザのパスーを経由しギルギットへ。着後、休養及び自由行動。

ギルギット泊
16

ギルギット
ベシャム

08:00発
20:00着

専用車にてカラコルム・ハイウェイを南下し、ベシャムへ。

ベシャム泊
17

ベシャム
イスラマバード
イスラマバード

早朝発
23:20発

早朝、専用車にてイスラマバードへ。午前に日本帰国用のPCR検査を受けた後、市内観光。夕食後、空港へ。航空機にて、バンコクへ。

機中泊
18

バンコク
バンコク
東京

06:25着
07:35発
15:45着

バンコク着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝16/昼16/夜16:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空、カタール航空
  • 上記はタイ国際航空利用の日程です。カタール航空利用の場合は、乗継地がドーハとなり、国際線の発着時間が異なります。

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(970円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
パキスタンへの入国に際して ワクチン接種証明書が必要です。入国にはパキスタン政府指定アプリ「Pass Track」への登録が必要です。
パキスタンからの出国に際して 出発前にイスラマバードでPCR検査を受検していただきます。検査代(約5,000円 ※2022年2月現在)は、現地でクレジットカードまたはパキスタンルピーでお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に必要な手続きと出入国の流れ」をご覧ください。
気候・服装 トレッキング序盤や終盤の日中は木陰のない体感温度40℃近い炎天下を歩きますが、高所キャンプの朝晩は氷点下まで冷え込みます。非常に乾燥しており、日中の行動中だけでも天気によって10℃以上気温が変わるような気温差の激しい山岳気候です。トレッキング中は長袖シャツを基本に、冷え込みに備えてフリースや雨具、高所用にダウンジャケットを重ね着して調整します。靴は登山靴又は底が丈夫なトレッキングシューズが最適です。乾燥地やガレ場など歩きづらいルートが続きます。埃除けにマスクは必携です。また、危険な崖道に備えてヘルメットをご持参いただきます。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
イスラマバード:ルーミー、ヒルビュー、クラウンプラザ
チラス:シャングリラ・インダスビュー、パノラマ、チラスイン
ギルギット:セレナ、PTDC
べシャム:ヒルトン、コンチネンタル
高山病について ゆっくりと高度を上げるゆとりを持った日程ですが、高山病の影響が十分予想されるコースですので、高山病対策として添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、および携帯加圧装置を携行し、現地で酸素ボンベを用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
健康診断書のご提出 ご参加の方全員に健康診断書(出発日から起算して6カ月以内に受診されたもの)のご提出をお願いしております。 健康診断書の内容には、血液検査、心電図、胸部X線の項目が必須となります。
トレッキングについて 長期間に及ぶトレッキングです。トレッキング中は村や店が一切なく同日数のネパールトレッキングと比べてもより過酷な環境です。ルートはシムシャールの人々が放牧のためにヤクやその他の家畜を連れて歩いてきた道を歩きます。しかし、川沿いの高度感のある崖道、岩場など、決して足場が良いとはいえません。長期間のテント泊を過ごし、足場の悪いトレイルを連続して歩くことのできる、十分な体力が必要な健脚向きのコースです(ミングリク・サールを登頂される方は冬山登山の経験がある方が対象です)。緊急時は軍のヘリコプターを要請する事になり時間がかかります。大事に至らぬ前に体調不良の方はガイドと添乗員の判断でグループから離団し、下山をしていただく事があります。また、トレイルやキャンプ地の状況、天候、皆様の体調により、トレッキングの日程を変更させていただくことがあります。
日程について

このコースの大部分は山岳道路を移動するため、天候や道路状況などの予測できない事態により一時的に通行不可能になることがあり、大幅に時間がかかることもあります。その場合は、宿泊地やルートの変更を余儀なくされることがあります。日程を延長せざるを得ないこともありますので、余裕を持ってご参加ください。

宿泊について トレッキング中はテント泊となり、寝袋(冬用)が必要です。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。また、地方のホテルは、バスタブがなくシャワーのみであったり、お湯の時間制限があったり、停電になったりするなど設備が十分ではありません。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
運動割増保険について 通常の海外旅行傷害保険のほか、運動割増保険に必ずご加入いただく必要があります。予めご了承ください。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。