ツアーのポイント

ポイント ラダックの絶景とアドベンチャーを楽しむ

美しい湖で知られるパンゴン・ツオ、ツォ・モリリに加え、ヌブラ谷の高冷地砂漠も訪れます。 2020年に外国人に対してオープンされた道を通り、絶景とアドベンチャーを楽しみます。

ポイント パンゴン・ツオ湖畔に2泊、ツォ・モリリ湖畔に1泊

パンゴン・ツオ湖畔で2泊、ツォ・モリリ湖畔では1泊と、湖の近くで合計3泊し、 朝に夕に、さらには夜と、時間と共に変化する景色の撮影をじっくりとお楽しみいただきます。

ポイント 専用車は1台につきお客様3名様まで

専用車分乗での移動は、少しでも快適にお過ごしいただけるよう全員窓側のお席を確保しています。

ポイント ラダック・ザンスカールハンドブックをプレゼント!

ラダック・ザンスカール地方のツアー参加者の方に、旅に役立つ西遊旅行特製の小冊子をプレゼント!ラダック基本情報/歴史/気候と服装/持ち物/見どころ紹介など、盛りだくさんの一冊です。

PROFILE 同行ガイド 上鶴篤史(かみづる・あつし)

日本登山ガイド協会認定ガイド。国内外の山や自然を案内し、自然の豊かさや美しさを伝える。日本三百名山完登、アコンカグアやデナリ遠征など、豊富なキャリアを活かし登山・写真撮影に関する講習・ワークショップ多数。西遊旅行の添乗員としても活躍中。
>> 上鶴篤史さんブログ「美しき日本の旅」はこちら

COLUMN 上鶴篤史さんからのメッセージ

「天空の湖を巡り、ラダックのチベット世界と人々に出会う撮影の旅」

パンゴン・ツォの存在を知ったのはインド大ヒット映画「きっとうまくいく」。 ラストシーンでのエメラルドグリーンの湖水と高所らしい空気感を見て、一人で訪ねました。 湖畔に泊まり、朝夕の光、そして満点すぎる星空。至福の時間を過ごしました。 世界中の山々を歩いてますが、このエリアの風景は特に素晴らしい。 そしてその世界に車で行くことができるというのは贅沢なことです。 光と影を追いながら、日中は山々と湖水の造形に感嘆しながらの撮影、夜は星空の撮影を楽しみます。 そして、インドは世界の中でも大好きな混沌ワールドですが、ひと味違うのがレーやラダック地方。 さまざまな宗教も受け入れるインドですが、ここにはしっかりとチベット仏教が根付いており、治安も良く人々は優しく穏やか。 2023年7月に実施したこのコースでは、すばらしい感動の景色の連続でした。 今年は1日延長して10日間のツアーとし、お目当のパンゴンツォでの宿泊を2泊して、じっくりと撮影できる時間を確保。 写真撮影は朝夕が重要、その変化とチャンスをより一層増やしています。 また、いくつもの峠越えでの通行止めなどのリスクにも配慮しました。 移動中の景色は次々に変わり、驚くような景色の連続。 チベット寺院や街並み、人々の営みを楽しみながらぶらぶらとフォト散歩をしましょう! 撮影視点や技術的レクチャーも行いますが、スマホでもカメラを写さなくとも、存分に楽しめるツアーになります! ぜひこの夏も天空のラダックへ!

山々と湖水が織りなす美しい風景と人々の営み
レーの街中の女の子
バザールで野菜を売りながら話し込む女性たち
パンゴンツォやツォモリリでは星空の撮影にもチャレンジ

COLUMN いくつもの峠と湖をめぐって

メインのパンゴン・ツォとツォ・モリリの2つの湖のみならず、このツアーではいくつもの美しい湖を通過します。 ミトパル湖、カヤ湖、キアガール湖、ツォカール湖などそれぞれ個性ある湖です。 ツアーの行程はレーを起点にぐるりと大きく時計回りに回る5日間のため、毎日違う景色を楽しめます。 近年外国人に解放された道を通り、峠越えでは大きな峠だけでも6つの峠を越えます。 新たな景色が次々に変化し飽きることなく、ラダックの旅を楽しめるでしょう。

黒首鶴の生息地として知られるツォカール湖

COLUMN ラダック最奥のヌブラ谷

「緑の園」を意味するヌブラ。中国、パキスタンとの国境沿い、インダス川の支流となるシャヨク川沿いに開けたヌブラ谷には緑美しい村が点在しています。中心地のディスキットにはヌブラ谷最古にして最大のディスキット僧院が断崖に築かれ、まるで谷を見守っているようです。ヌブラ谷は年間降水量が100㎜以下と乾燥しているため、シャヨク川岸には砂丘が発生し、高冷地砂漠が広がります。美しい砂丘、シャヨク川沿いに生い茂る草木、そして荒涼としたヒマラヤの山々。ヌブラ谷特有の風景をお楽しみいただきます。

ヌブラ谷最古にして最大のディスキット僧院
バクトリアン・キャメル
砂漠での撮影を楽しむ

出発日と料金

2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
08月09日(金) ~
08月18日(日)上鶴篤史さん同行
10日間 458,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 61,000円(12月1日現在の見込み)
一人部屋追加代金 52,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
11:15発
16:45着
空路、東京より直行便でインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー泊
2 デリー
レー
早朝発 空路、ラダックの中心地レー(3,505m)へ。着後、高所順応のため休養。午後、レー郊外の好展望地ナムギャル・ツェモへ。レーの町を見下ろし、天気が良ければラダック最高峰ストック・カンリ(6,153m)をご覧いただけます。
レー泊
3 レー
(チェムレ僧院)
(ティクセ僧院)
  終日、レー近郊の観光。岩山に聳える砦のようなチェムレ僧院、小高い丘に伽藍が連なる壮大なティクセ僧院を見学します。また、バザールの散策もお楽しみください。
レー泊
4 レー
ヌブラ
09:00発
15:00着
専用車にて、絶景のビーコン・ハイウェイを走り、自動車道として世界最高地点と言われるカルドゥン・ラ(峠:5,602m)を越えてヌブラ谷(約3,200m)へ。ヌブラ谷着後、高冷地砂漠へ。キャメルライドもお楽しみいただきます。
ヌブラ泊
5 ヌブラ
(シャヨク谷)
パンゴン・ツォ
07:00発

17:00着
朝、ヌブラ最古で最大のゲルク派僧院であるディスキット僧院を見学。その後シャヨク谷を経由して天空の湖パンゴン・ツォ(湖:約4,250m)へ。
パンゴン・ツォ湖畔:常設テント泊
6 パンゴン・ツォ   引き続きパンゴン・ツォでの撮影を楽しみます。南岸の道路沿いの展望の道をゆっくり撮影しながら巡ります。朝夕のみならず、夜の撮影なども堪能します。
パンゴン・ツォ湖畔:常設テント泊
7 パンゴン・ツォ
ツォ・モリリ
08:00発
17:00着
専用車にて、2019年より外国人に開放されたルートを通り、ツァガ・ラ(峠:4,635m)を越えて、チャンタン高原の湖ツォ・モリリを目指します。着後、湖畔の集落を散策します。また、集落の先にあるビューポイントなども訪れます。
ツォ・モリリ湖畔:常設テント泊
8 ツォ・モリリ
レー
08:00発
17:00着
朝、ツォ・モリリ湖畔唯一の集落にあるコルゾック僧院を見学。その後、ラダックの中心地レー(3,505m)へ向けて北上します。
レー 泊
9 レー
デリー
デリー
午前発

21:05発
早朝、ご希望の方はティクセ僧院の朝の読経にご案内します。 午前、航空機にてデリーへ。予定通り到着した場合は、着後、簡単な市内観光。その後、空港へ、空路、帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 08:45着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼7/夜9:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(25ドル)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヵ月、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 全行程合服が基本となります。朝晩や曇天の日は冷え込みますので、厚手のセーターやジャンパー等の上着をお持ちください。靴ははきなれた運動靴が最適です。
利用予定ホテル 下記をご覧ください。
■デリー:レッドフォックス、シティパーク、プライドプラザ、サロヴァールタウラス、ミューズサロバールポルティコ 、フォーポイントバイシェラトン、ITCウェルカム、ホリデイイン、レモンツリー、ラディソン、ザ・ウムラオ、アショクカントリーリゾート、ノボテル、イビス、グリッツ
■レー:リンジー、ムンシコンチネンタル、ガルダンコンチネンタル、ヤクテイル、グランドウィロー、マヘイリトリート、ツォカル
■ヌブラ:オルタン、ラスタン、マイトリヤホテル、サンダルウッドキャンプ、シアチェンホテル、 ブルックキャンプ、コラキャンプ、ラツェスホテル
観光について 僧院内の写真撮影が禁止されている僧院があります。寺院・僧院等は観光地ではありません。現地事情や宗教行事により稀に入場できないことがあります。
高山病について 高山病の影響が十分に予想されるコースです。ご参加の方全員に健康診断書の提出をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、現地で携帯加圧装置、酸素を用意します。
高山病についてのご注意と取り組み
高度順応について 日程5・6日目パンゴン・ツォと7日目ツォ・モリリでは4,000m以上の高所での宿泊となります。ツアーの日程は高度順応に配慮した内容となっていますが、ご体調等により日程 4日目までに十分な高度順応ができていない場合、 続けてのツアーへのご参加をお断りし、レーにお戻りいただく場合もあります。 なお、その際移動にかかった費用・滞在費・食費等は、お客様のご負担となりますのでご了承ください。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
日程について このコースの大部分は山岳道路のため、天候や道路状況等によっては一時的に通行不能となり、予想以上の時間がかかることや、日程変更が生じる可能性があります。また、レー/デリー間の航空機は、悪天候等の理由により変更になることがあります。日程変更により、稀に追加費用が生じる場合があります。予め現地事情をご理解の上お申し込みください。
宿泊について 都市部を除き、基本的に中級ホテルや簡易宿泊施設のゲストハウスに泊まります。設備が十分とはいえず、お湯の出が悪かったり、電気の使用に制限時間が設けられていることがあります。また、各地の宿泊施設には限りがあるため、御一人部屋をお取りできなかったり、リスト内のホテルやゲストハウスに分宿になることがあります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。また、パンゴン・ツォとツォモリリでは、ベッドや寝具が備えられた常設テントに宿泊します。テントに寝具はありますが、寒さや現地のものが気になる方は弊社より寝袋(三季用)を有料(6,000円)で貸し出しいたします。トイレ・洗面は共同となる場合があります。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。