ツアーのポイント

ポイント 「インド最北の祈りの大地」ラダックへ

5,000m級の山々に囲まれた山岳地帯に位置するラダック地方。外界から隔絶されたこの地域は、チベット文化が今も深く根付いています。ツアーでは8日間で厳選したみどころを巡り、ラダックの文化と自然を堪能します。はじめてのラダックに最適なコースです。

ポイント 高所順応に配慮した日程

標高約3,500mのラダック。最初に標高が低い3,100mのアルチに2連泊し、その後に3,500mのレーに移動することで高所順応しやすい日程にしています(6/28発コース除く)。また、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、お客様の体調管理をします。

ポイント ラダック・ザンスカールハンドブックをプレゼント!

ラダック・ザンスカール地方のツアー参加者の方に、旅に役立つ西遊旅行特製の小冊子をプレゼント!ラダック基本情報/歴史/気候と服装/持ち物/見どころ紹介など、盛りだくさんの一冊です。

COLUMN インドヒマラヤに抱かれた祈りの大地 ラダック

5,000~6,000m級の山々に囲まれたラダックは「峠を越えて」という意味を持ちます。その名の通り、いくつもの峠を越えて辿り着くことができる標高3,500mの地に広がる「チベット世界」です。荒涼とした茶褐色の大地、乾いた大地に恵みをもたらすインダス川、険しい山々。パキスタンや中国との未確定の国境に接している為、1974年までは外国人の入域は許可されていませんでした。過酷な自然環境の中で守られてきたこのチベット世界は、激動の歴史の中でインドに併合されたために、文化大革命の影響を受けず、今やチベット本土よりもチベット文化を色濃く残す貴重な場所となっています。

ラダックの少年僧
レーの街から見上げたレー王宮(左)、ナムギャル・ツェモ(右奥)
レーの街から望むストック・カンリ
精緻な壁画が残るニダプク石窟
レーの町を一望する高台にあるナムギャル・ツェモ

COLUMN 天空の湖 パンゴン・ツォ
※4/29発コースを除く

インドと中国にまたがり横たわる巨大な湖パンゴン・ツォ。レーからは、5,320mの峠チャン・ラを越えてゆきます。標高約4,250mに位置するこの高山湖は塩気を含み、藻が生えず、魚が生息しません。そのため、水は透き通り鮮烈な紺碧の輝きを放ちます。6,000m級のヒマラヤの山々に囲まれた湖の絶景をお楽しみください。

標高約4,250m、紺碧の水を湛えるパンゴン・ツォ

COLUMN ヘミス僧院のツェチュ祭を見学
※6/28発コースのみ

8世紀から現在に至るまで、信仰や僧院などの建築物は政治的、社会的に迫害、破壊されることなく人々の生活に深く根付いてきました。特に6~8月にかけては多くの寺院で、ツェチュやグストール等様々なお祭りがおこなわれますが、規模の大きいヘミス僧院のツェチュ祭には、全チベット文化圏から巡礼者が訪れ、僧院の中庭が埋め尽くされます。大タンカや数十の僧侶が仮面を被り舞う姿間近で見学。開祖グル・リンポチェの再来を盛大に祝います。

ヘミス僧院のツェチュ祭
大タンカの開帳

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月29日(水) ~
05月06日(水)ゴールデンウィークコース
8日間 298,000円
06月28日(日) ~
07月05日(日)へミス僧院のツェチュ祭見学
8日間 288,000円
08月09日(日) ~
08月16日(日)
8日間 298,000円
09月20日(日) ~
09月27日(日)
8日間 288,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 10名(18名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 12,000円(11月6日現在の見込み)
一人部屋追加代金 35,000円
日本の国内線割引 日本主要都市から東京への国内線特別割引がございます(エア・インディア指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 日本/デリー間は往復15万円~28万円の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便にてインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
デリー泊
2 デリー
レー
レー
アルチ
早朝発

09:00発
11:00着
航空機にて、ラダックの中心地レー(3,505m)へ。その後、専用車に分乗し、緑豊かなオアシスのアルチ(3,165m)へ。途中、インダス川とザンスカール川の合流点を見学します。アルチ着後、仏教美術の宝庫・古刹アルチ僧院をゆっくり見学。堂内部のマンダラや壁画は見る者を圧倒します。また、壁画の美しいツァツァプリ僧院も訪問します。
アルチ泊
3 アルチ
(ラマユル)
  専用車にて、月世界のような荒涼とした風景を眺めながら、インダス川沿いを走りラマユルへ。着後、11世紀にまで歴史が遡るラマユル僧院を見学。夕方、アルチへ戻り、素朴なアルチ村の散策をお楽しみください。民家訪問ではラダック地方の人々の生活が垣間見られます。
アルチ泊
4 アルチ
サスポール
レー
09:00発

15:00着
専用車にてレーへ戻ります。途中、アルチ対岸のサスポール村を訪れ、石窟内部に精緻な壁画が残るニダプク石窟を見学。また、巨大な弥勒菩薩像のあるリキール僧院、かつての城跡とお堂がたたずむバスゴーを見学します。夜はラダックの民族舞踊をお楽しみください。
レー泊
5 レー
(パンゴン・ツォ)
  専用車にて、チャン・ラ(峠:5,360m)を越え、天空の湖パンゴン・ツォ(湖:約4,250m)へ。真っ青に輝く湖面と後ろにそびえるヒマラヤの絶景をお楽しみください。
レー泊
6 レー   専用車にて、インダス川上流部へと足を延ばします。ラダック最大のヘミス僧院、小高い丘に伽藍が連なる壮大なティクセ僧院を見学。その後、市内を見渡すナムギャル・ツェモ、かつてラダックの王が住んだレー王宮跡を訪問します。夕食はチベット料理をお楽しみください。
レー泊
7 レー
デリー
デリー
午前発

21:10発
航空機にて、デリーへ。予定通り到着した場合は、着後、簡単な市内観光。その後、直行便にて帰国の途につきます。
機中泊
8 東京 08:45着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(1,250円)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は申請時6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 合服が基本となります。いずれの季節も朝晩や曇天の日は冷え込みますので、セーターやフリースなどの上着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病について 高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
観光について 僧院内の写真撮影が禁止されている僧院があります。寺院・僧院などは観光地ではありません。現地事情や宗教行事により稀に入場できないことがあります。
日程について デリー/レー間の航空機は、悪天候等の理由により変更になることがあります。日程変更により、稀に追加費用が生じる場合があります。
宿泊について アルチの宿泊はゲストハウスとなり、お湯の出が悪い等、設備が十分ではありません。また、宿泊施設に限りがあるため、リスト内のゲストハウスに分宿となる場合があります。
4/29発、6/28発コースについて 4/29発コースはパンゴン・ツォへの訪問はありません。日程、一部見学内容が異なります。6/28発コースはお祭りに合わせた特別日程で見学内容が異なります。祭は天候や現地事情により中止になったり、プログラムが変更になることがあります。また、ラダック民族舞踊の見学は含まれません。詳細な日程はお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。