ツアーのポイント

ポイント 杏の里カルギルに2連泊

カシミール、ザンスカール、そしてバルティスタンからの交易路として栄えてきたカルギル。インダス川の渓谷に沿って点在する小さな村々には杏の果樹園が広がり、春になれば一面が薄紅色に染まるほどの杏の花が咲き誇ります。標高や日照時間の差によって、同じエリアでも開花状況が変わってくるため、カルギルではしっかりと2連泊し、開花状況に合わせて絶好のお花見ポイントにご案内します。

ポイント 「花の民」に出会う

カルギルへ向かう道中、インダス川沿いの山村、ダー村とガルクン村を訪問。色とりどりの花々とホオズキを頭に飾る風習を持つ「花の民」と呼ばれる村人たちと出会います。

ポイント 高所順応に配慮した日程

標高3,505mのレー到着後すぐに標高3,165mのアルチに下り、午後はのんびりと村散策や僧院の見学をすることで、より高所順応しやすい日程を心がけています。また、添乗員はパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参し、毎日皆様の健康チェックを行います。

ポイント 大好評の湯たんぽサービスと特製ハンドブック

暖房設備が十分でないラダックの寒い夜を温かくお過ごしいただけるよう、現地にて湯たんぽをご用意しています。また、ご出発前に西遊旅行特製「ラダック・ザンスカールハンドブック」をプレゼントいたします。

COLUMN 花々を求め美しき早春の山里をめぐる 知られざる杏の里・ラダックへ

厳しい冬が終わり、柔らかな日差しが差し込むようになる頃、インド北部のラダックやカルギル地域では杏の花が咲き誇ります。荒涼とした大地を薄紅色に染める杏の花と白い雪を頂いたヒマラヤ、この自然の色彩美を楽しめるのはこの時季ならでは。暖かいウールの民族衣装をまとった人々がヤクを引き畑を耕し、種をまく様子もあちこちで見ることができます。ツアーでは、「花の民」と呼ばれる人々の住むダー村とガルクン村も訪問。さらにインダス川の西・イスラム文化圏のカルギルまで足を延ばしモスクを囲い一面に広がる杏の花をお楽しみいただきます。

カルギル近郊にて
頭に花を飾り盛装した「花の民」

COLUMN 貴重なカシミール様式の建築と壁画が残るふたつの寺院を厳選してご案内
ラダックに残る珠玉の仏教美術

アルチ僧院(アルチ)

10世紀末にリンチェン・サンポによって建てられたと伝えられる仏教美術の宝庫・アルチ僧院。カシミール様式の木造建築や内部に残された創建当時のマンダラの数々と仏像は圧巻です。
※僧院内部の写真撮影は現在禁止されています。

カシミール様式のアルチ僧院・三層堂入口

ニダプク石窟(サスポール)

今は廃墟となったニダプク石窟。その内部は無数の壮麗なマンダラで埋め尽くされています。15~16世紀に隠されるように崖に穿たれたため、破壊をまぬがれ、また色褪せることなく非常に良好な保存状態を保ち続けています。古刹アルチ僧院と肩を並べる壁画の美しさは必見です。

ニダプク石窟の色鮮やかな壁画

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月13日(土) ~
04月20日(土)
8日間 268,000円
04月17日(水) ~
04月24日(水)
8日間 268,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
デリー
11:15発
17:00着
空路、東京より直行便で、大阪より香港経由の便で、それぞれインドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、デリーにて合流します。
デリー(グルガオン)泊
大阪
デリー
14:10発
21:20着
2 デリー
レー
レー
アルチ
早朝発

09:00発
12:00着
空路、ラダックの中心地レー(3,505m)へ。着後、専用車に分乗しアルチ(3,165m)へ。着後、高所順応のために休養。午後、素朴なアルチの村散策や仏教美術の宝庫・古刹アルチ僧院を見学。
アルチ泊
3 アルチ
ダー
ガルクン
カルギル
08:00発


18:00着
専用車にて、頭に花飾りを付けた盛装をする「花の民」と呼ばれる村人が暮らすダー村ガルクン村を訪問。杏の畑に囲まれた美しい村の散策民家訪問をお楽しみください。その後、カシミールとザンスカールの分岐点カルギル(2,705m)へ。
カルギル泊
4 カルギル   終日、カルギル周辺の渓谷へ。ここは、州内で最も杏畑が多い地域です。その日の開花状況に応じて一番良い場所を選んでご案内します。
カルギル泊
5 カルギル
ムルベク
フォトゥ・ラ
ラマユル僧院
アルチ
08:00発



17:00着
専用車にてアルチへ戻ります。途中、ムルベクにて高さ15mの弥勒菩薩の麿崖仏を見学。その後、ナミカ・ラ(峠:3,720m)やフォトゥ・ラ(峠:4,029m)を越え、ラマユルへ。ラマユル着後、月世界を思わせる荒涼とした風景に佇むラマユル僧院を見学。その後、アルチへ。
アルチ泊
6 アルチ
サスポール
レー
08:00発

13:00着
朝、アルチ近郊のサスポール村を訪れ、石窟内部に精緻な壁画が残るニダプク石窟杏の木が立ち並ぶ村の散策をお楽しみください。専用車にてレーへ戻ります。着後、レー市内の散策をお楽しみください。
レー泊
7 レー
デリー
朝発 空路、デリーへ。予定通り到着した場合は、着後、簡単な市内観光。その後、東京方面の方は直行便で、大阪方面の方は香港経由の便で、それぞれ帰国の途につきます。
機中泊
デリー 21:15発
デリー 23:05発
8 東京 08:45着 着後、解散。
大阪 12:40着
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • 上記は4/13発コースの日程です。4/17発コースは東京発着のみとなります。いずれのコースも観光内容は同様です。

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(1,250円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は6ヶ月以上・2ページ以上必要です。
気候・服装 全行程冬服が基本となります。曇天の日や朝晩は冷え込みますので、セーターやダウンジャケットなどの十分な防寒具をお持ちください。デリーは暑く、夏服で過ごせます。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
高山病のご注意 高山病の影響が考えられるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートをご記入、及び疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)を持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
日程について このコースの大部分は山岳道路のため、天候や道路状況等によっては一時的に通行不能となったり、通行に予想以上の時間がかかることがあります。また、デリー/レー間の航空機は、悪天候等の理由により欠航になることがあります。その場合、大幅な日程変更を余儀なくされることがあります。
観光について 各僧院は観光地ではありませんので、現地事情により訪問できないことがあります。
宿泊について ラダック内のホテルは設備が十分とはいえず、シャワーのみでお湯の出が悪かったり、電気の使用に制限時間が設けられていることがあります。また、宿泊施設に限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、リスト内のホテルに分宿となる場合があります。そのような場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
その他のご注意 その年の天候により、花の開花時期は多少ずれることがあります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。