ツアーのポイント

ポイント 「幻の動物、ユキヒョウ」を求めてスペシャリスト秋山知伸さんがご案内

野生のユキヒョウを見た日本人はまだ数えるほどしかいない、幻の動物と呼ばれるユキヒョウ。その野生のユキヒョウを求めてラダックへ。添乗員としてワイルドライフスペシャリストの秋山知伸さんが同行し、現地からは長年ユキヒョウやラダックの野生生物の保全に取り組んでいるスタッフが同行。ユキヒョウの生態に精通したスタッフと共に、痕跡を探しながらヒマラヤの絶景の中を歩きます。

ポイント 快適なキャンプと民家滞在、現地ユキヒョウチームによる充実のサポート

ヘミス国立公園のテント泊はダイニングテント、発電機、暖房も用意される充実ぶり。食事は民家泊も含め専属のコックによる料理がふるまわれます。動物観察は、専属チームがスコープで山の斜面にいるユキヒョウやブルーシープなどの野生動物を探します。

COLUMN ラダックの野生動物
Wildlife of Ladakh

チベット高原に生きる野生動物が標高3,500~4,000mの山岳地帯で見られるラダック。3月は気温マイナス10℃近くと、厳しい環境ですが、ユキヒョウの観察には適したシーズンです。ツアーでは幻の動物ユキヒョウを求めてラダックの山を歩きます。その他、オオカミやブルーシープだけでなくイワシャコ、カササギ、チベットサケイ、トキハシゲリ、イヌワシなどの野鳥、オコジョの仲間などの観察も期待できます。

【ユキヒョウ】

幻とも言われる美しい野生ネコ。最も美しい動物とも言われる。岩場や急峻な崖地を好む。

【ブルーシープ】
ブルーシープと呼ばれるが青くもなければヒツジでもない。ヒツジの形状の角を持つが繁殖期の雄同士の争い方などはヤギである。ヤギとヒツジの中間的な種と考えられている。

【ウリアル】
家畜のヒツジの原種と考えられている。ブルーシープやアイベックスよりも足が長く、より平らなところに適している。荒野に生息する。
【アイベックス】
急峻な崖地に生息する野生のヤギ。10kgにもなる角をもっている。

【オオカミ】
ユキヒョウが急峻な場所で狩をするのに対して、イヌ科は持久力を用いて獲物を捕らえるため、平らな場所に生息する。
【ヒゲワシ】
翼開長3mにもなる巨大なハゲワシの仲間である。骨を空中に持ち上げ落として割り、中の髄を食べる。

【ナキウサギ】
名前の通り、高い音の警戒音を発して鳴くウサギ。ラダックには5種の生息が確認されている。

COLUMN 【企画・現地案内】秋山知伸さんより

ユキヒョウはヒマラヤに生息するとても美しい動物です。IUCNのレッドリストでは絶滅危惧種にも指定されている、幻とも呼ばれたユキヒョウを探して、何度もヒマラヤを訪れる中で教わったことがいくつもあります。ユキヒョウを求めてのツアーは、過酷な環境で何日も待ち続けなければなりません。お客様も耐える時間が長いツアーです。そして、その分だけユキヒョウを見た時の感動も大きな特別なツアーです。皆様と一緒に野生動物を探すことを楽しみにしています。


野生動物写真家 秋山知伸さん

(あきやまとものぶ プロフィール)
1973年生まれ。1996年、国際基督教大学教養学部理学科を卒業し、2001年に京都大学院博士課程単位取得退学。生態学を学ぶ。卒業後はフリーランスとして各種の野生生物調査に携わる。2012年から2年間、ウガンダのアヤゴ水力事業の環境影響評書作成のためJICAの専門家として派遣される。その他に、野生動物写真家、ASAHI WEEKLYのフォトジャーナリスト、国内外の自然を案内するツアーガイドも行う。
■著書
「ネコ科大型肉食獣の教科書」「BIG CATS」ほか

出発日と料金

2023年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
03月19日(日) ~
04月02日(日)
15日間 828,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 4名(7名様限定)・秋山知伸さん同行
燃油サーチャージ 47,200円(6月21日現在の見込み)
一人部屋追加代金 27,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 少人数限定コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

 
  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
デリー
11:30発
18:00着
空路、東京より直行便で、インドの首都デリーへ。着後、ホテルへ。
※添乗員はデリーにて合流します。
デリー泊
2 デリー
レー

早朝発

航空機にて、ラダックの中心地レー(3,505m)へ。着後、高所順応のため休養及び自由行動。
レー泊
3 レー
ストック村
08:00発
午後着
専用車にて上ラダックのストック村(3,480m)へ。 途中、行動順応も兼ねてバードウォッチングなどをお楽しみください。
ストック村:民家泊
4 ストック村
ヘミス国立公園
09:00発
11:00着
「ユキヒョウの聖地」とも言われるヘミス国立公園へ移動します。昼食後、ヘミス国立公園でユキヒョウ、ブルーシープやウリアルなどを探します。
ヘミス国立公園:テント泊
5
6
7
8
ヘミス国立公園   終日、野生動物の観察。ヘミス国立公園でユキヒョウ、ブルーシープやウリアルなどを探します。
ヘミス国立公園:テント泊
9 ヘミス国立公園
ウレイ村
08:00発
12:00着
専用車にてウレイ村へ。途中、ウリアル、チベットオオカミを探します。ウレイ村着後、ユキヒョウを探します。
ウレイ村:民家泊
10
11
ウレイ谷   終日、野生動物の観察。ユキヒョウ、チベットオオカミ、アイベックスやウリアルなどを探します。
ウレイ村:民家泊
12 ウレイ村
レー
  午前中、野生動物の観察。ユキヒョウ、チベットオオカミを探します。その後、レーへ戻ります。
レー泊
13 レー
デリー
午前発 航空機にて、デリーへ。到着後、帰国に向けてPCR検査を受けます。
デリー泊
14 デリー 23:00発 朝、スルタンプール国立公園でフクロウなど、野鳥の観察をお楽しみください。午後、PCR検査結果を受け取ります。その後、空港へ。帰国の途につきます。
機中泊
15 東京 10:30着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝13/昼13/夜13:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア
  • 野生動物の観察を目的としたコースです。動物の出没情報によって、現地にて行程を変更することがあります。また、野生動物のため観察を保証するものではありません。予めご理解ください。

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(25ドル)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヵ月、査証欄余白は2ページ以上必要です。
インドへの入国に際して 新型コロナワクチン接種証明書(2回接種以上)が必要です。
インドからの出国に際して 出発前72時間以内にデリーでPCR検査を受検していただきます。検査代(約40ドル)は現地にてお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に必要な手続きと出入国の流れ」をご覧ください。
気候・服装 3月は全行程冬服が基本となります。朝晩や曇天の日は大きく気温が下がり、最低マイナス10℃位になりますので、十分な防寒着の上下をお持ちください。動物を探する間など、外に長時間滞在することがあります。靴は冬用の登山靴か防寒シューズ、雪や氷がある場合は簡易アイゼンが必要です。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
■デリー:レッドフォックス、シティパーク、プライドプラザ、サロヴァールタウラス、サロヴァールミューズ 、フォーポイントバイシェラトン、ITCウェルカム、ホリデイイン、レモンツリー、ラディソン、ザ・ウムラオ、アショクカントリーリゾート、ノボテル、イビス、グリッツ
■レー:グランド・ドラゴン、リンジー、ムンシコンチネンタル、ガルダンコンチネンタル、ヤクテイル、グランドウィロー、マヘイリトリート、ツォカル
高山病について 高山病の影響が予想されるコースです。ご参加の方全員に健康アンケートのご記入をお願いしております。弊社では高山病対策として、添乗員がパルスオキシメーター(血中酸素飽和度測定装置)、携帯型加圧バッグを持参します。
高山病についてのご注意と取り組み
日程について デリー/レー間の航空機は、悪天候等の理由により変更になることがあります。日程変更により、稀に追加費用が生じる場合があります。
動物観察のご注意 自然観察ですので、記載の動物はかならずしも観察できるとはかぎりません。特にユキヒョウの観察は容易ではありません。また、動物の出現情報によって、現地にて行程・宿泊地を変更する可能性が高いコースです。また、ユキヒョウを求めて標高3,500~4,000mの高地を歩きます。雪のある場所を歩くことが想定されるため健脚向きのコースです。
宿泊について レーでは設備の良いホテルの利用となります。民家泊ではマットレスと毛布を準備しています。トイレは共同で、お湯は洗面器に入れてお配りいたします。また、分宿となる場合もあります。冬用の寝袋が必要ですが現地にてご用意いたしますので、日本からお持ちいただく必要はありません。現地の物が気になる場合は、インナーシュラフやご自身の寝袋をお持ちください。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。