ハマヒバリ Horned Lark (デオサイ高原)

7月のデオサイ高原はワイルドフラワーが咲き乱れ、天気が良ければナンガパルバットも望める「天空の花園」。

デオサイ高原で出会ったハマヒバリ Horned Larkのレポートです。

 

ハマヒバリ Horned Lark は、ユーラシア大陸北部や北米で夏に繁殖し、冬は南へと渡り越冬する野鳥ですが、パキスタンの北部では一年を通じて観察することができます。チトラール付近、デオサイ高原、そしてクンジュラブ峠など標高3,300~5,000mの山岳地帯の開けた場所で見られます。

 

デオサイ高原(デオサイ国立公園)はパキスタンの北西、インドとの国境に近い平均標高4,200mの高原で、無数の小川が走り高原湿地が広がるまさに「天空の花園」と呼ぶにふさわしい場所です。

ハマヒバリはこの山岳地帯の岩陰や地面のくぼみに巣を作って繁殖しています。

 

7月上旬にはワイルドフラワーの花盛り。

 

ハマヒバリのオスです。英名Horned larkの通り、角のような冠羽が左右にあるのがオスの特徴。地域によっては顔からのどにかけて黄色になるハマヒバリもいるそうですが、パキスタンでは白~クリーム色です。

 

正面から見たオスのハマヒバリ。

 

後ろから見たオスのハマヒバリ。両サイドから出た「角」のような冠羽が本当にかわいらしいです。

 

ハマヒバリの幼鳥です。親鳥と同じくらいの大きさになっていました。

 

草の実をつつくハマヒバリ。

 

ツーリストの残したパンくず?を給餌。キャンプ地付近は食事のおこぼれがあるため、一番観察しやすい場所で、パキスタン人の観光客も一緒にバードウォッチングを楽しんでいました。

 

早く育って、冬に備えなくてはなりません。厳冬期には高原の麓の畑や谷に降りてきます。

 

デオサイ高原を「天空の花園」と表現しましたが、その状況も変わってきました。夏になると大挙して観光客が訪れ、無意識にごみを放置し、オフロードで草原を走ったりしている現状があります。

短いデオサイ高原の夏に、繁殖の大切な時期を迎える野生動物や野鳥がいることを知ってもらいたいです。

 

Photo & text : Mariko SAWADA

Observation : July 2016, Deosai National Park, Gilgit-Baltistan

※この記事は2017年の「世界の野生動物観察日記~ワイルドライフ」の記事に加筆したものです。

カテゴリ:北部山岳地帯 > ■ギルギット・バルティスタン州 > ◇ パキスタンの野鳥 > デオサイ高原
タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

キガシラセキレイ Citrine Wagtail (デオサイ高原)

夏のデオサイ高原で観察したキガシラセキレイ Citrine Wagtailです。繁殖羽のオスは大変鮮やかな黄色い頭になり黒い翼とのコントラストが美しく、ワイドフラワー咲き乱れる高原でも目立つ存在です。

 

パキスタンのキガシラセキレイは、夏の繁殖期は北部山岳地帯の川沿いや湖沼地帯で過ごし、冬は南部のインダス川沿いの平野部に渡り越冬します。

この写真はデオサイ高原のバラパニ付近(標高4,000m)。キャンプ地に近い河原でキガシラセキレイを観察しました。

 

河原に現れた、頭が濡れているキガシラセキレイ。

 

繁殖期のオスは鮮やかな黄色の頭ですが、メスは薄い黄色グレー。

 

キガシラセキレイの若鳥です。

 

虫を捕まえました。

 

花咲くデオサイ高原のキガシラセキレイ。

 

バラパニのキャンプ場の夜。標高4,000mの透き通る、冷たい空気。

 

朝、霜が降りていました。7月でも十分な防寒が必要です。

 

早朝の満月。

 

快晴のデオサイ高原からは世界第9位峰ナンガパルバット8,125mが姿を現しました。ヒマラヤの巨大な「山塊」に圧倒されます。

 

Photo & text :Mariko SAWADA

Observation : July 2016, Deosai National Park, Gilgit-Baltistan

※このブログは「ワイルドライフ~世界の野生動物観察日記」に掲載した記事に加筆したものです。

カテゴリ:北部山岳地帯 > ■ギルギット・バルティスタン州 > ◇ パキスタンの野鳥 > デオサイ高原
タグ: , , , , , , , , , , , , ,

オナガマーモット Long-tailed Marmot (デオサイ高原)

夏のデオサイ高原で観察したオナガマーモット Long-tailed Marmot 。デオサイ高原はパキスタンの北部、インドとの国境付近にある平均標高4,100mの高原地帯で、1993年に国立公園に指定されました。

この数年でデオサイ高原を訪れるパキスタン人国内旅行客の数は一気に増加し、国立公園でありながら、マナーの悪い観光客の管理ができておらず、その自然環境への影響が大変心配されます。

キャンプ地ではパーティ―騒ぎをする観光客の姿があり、大自然を求めてきた人たちには興ざめな場所であるのも事実です。そしてその傍らに、短い「デオサイ高原の夏」を謳歌する野生動物たちの姿があります。

 

デオサイ高原でキャンプすると必ず出会うのがこのマーモット。デオサイ高原のマーモットは中央アジア・パミール高原で見られるマーモットと同じ、オナガマーモット Long-tailed Marmot / Golden Marmot です。

「キィキィ」というアラームコールを発し巣穴付近から立ち上がって様子をうかがう光景をよく目にします。もちろん、近づきすぎた人間にもアラームコールを発しますが、彼らはマーモットを狙うキツネや猛禽類などを常に警戒しています。

このオナガマーモット、標高3,200m-5,000mほどの高地の草原や岩のある場所に巣穴を掘ってコロニーをつくり、大家族からなる集団で暮らしています。一夫一婦で大変社会性の高い動物だそうです。

 

すぐに逃げられるように穴のそばに立っています。この巣穴は冬は冬眠に使われます。

 

道路のすぐそばにあったコロニーでゆっくり観察しました。するとマーモットも警戒心を解き子どもたちが出てきます。

 

お母さんマーモットと子どもが出てきました。マーモットの子どもは生まれてから6週間ほどを巣穴で暮らした後、外へ出てきます。

 

本当に、可愛らしい。

 

甘えています。

 

もう1匹出てきました。オナガマーモットは、一度に4匹ほどの子供を生みますが、最初の夏を乗り切れるのはその半分、さらに最初の冬眠で命を落とす子供が多いのだそうです。観察しているとこのコロニーには複数頭の子どもの姿がありました。

 

デオサイ高原は10月になると雪が降り始めます。以前、10月の第一週に訪れたときはマーモットたちはまだ活動していました。11月ごろには冬眠に入るのでしょう、この子達が冬を越せますように!

 

Photo & Text : Mariko SAWADA

Observation : Jul 2017, Deosai National Park, Gilgit -Baltistan

Special Thanks  : The late Mr.Zahoor Salmi,  Deosai National Park

カテゴリ:■ギルギット・バルティスタン州 > マーモット > ◇ パキスタンの野生動物 > デオサイ高原
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

デオサイ高原、夏のヒマラヤヒグマの親子

インドとの国境地帯にあるデオサイ高原はヒマラヤヒグマの生息地として知られています。

ただし、デオサイ高原に行けば見れるというものではなく、レンジャーと一緒に歩いてヒマラヤヒグマの暮らすエリアに行かなくてはなりません。また、長年ハンティングの対象であったこともあり非常に臆病ですぐに逃げていきます。さらに夏は観光客が多すぎてヒマラヤヒグマたちは谷の奥に行ってしまいます。そのためヒマラヤヒグマと出会うためにはずいぶんと歩かなくてはなりません。

 

デオサイ高原国立公園スタッフの間で「シャイターン」と呼ばれるグループの地域へ行って見ました。「シャイターン」は「サタン=悪魔」の意味ですが、このグループを「悪魔」と呼んでいるのではなく「いたずらっこ」のような意味なのだそうです。

 

標高4,000mほどのキャンプから少し高度をあげ無数の小川が流れる谷へ。

 

同行レンジャー氏が、「Bear!」と。三脚を立ててせいいっぱいのズームで撮影すると熊が2頭、親子です。お母さん熊がたって何かを見ています。

 

お母さん熊が見ていた方向にいたのは雄のヒマラヤヒグマです。親子グマはこの雄を避けて小川沿いの草の中を私たちのほうへ歩いてきました。

 

ラッキーなことに私たちは風下におり、クマに気づかれずにヒマラヤヒグマの観察としては比較的近い位置まで来ることができました。

 

あ、小熊に見つかってしまいました。見られてしまいました。なんてかわいいのでしょう。

 

お母さん熊が立ち上がってこちらを見ています。お母さん熊にも見られてしまいました。

 

ついに2頭で私たちを見ています。夢のようなアングルです。この後、2頭は歩いて離れていきました。

 

少し離れたところに現れた親子熊。このあと、2頭は草原でいろいろ見つけながら移動していきます。

 

親子が岩の上にのって不思議な行動をしていたので観察していると、別のメスのヒマラヤヒグマが現れ、その通過待ちでした。もう1頭のメスは完全にこの親の子のことはスルーでした。

 

その後の親子は・・・小熊がお花畑で少し寝たり、遊んだり。

 

そして丘を越えて見えない場所へと行ってしまいました。大変美しい光景でした。

 

Photo & Text :澤田真理子 Mariko SAWADA

Observation : Jul 2017, Deosai National Park, Gilgit-Baltistan

Reference : Mr.Ghulman Raza – Deosai National Park, Yousaf Akhtar, (the late) Mr.Zahoor Salmi

※記事は2017年10月にupしたhttps://www.saiyu.co.jp/blog/wildlife/?p=3967 を書き直したものです。

カテゴリ:■ギルギット・バルティスタン州 > ヒグマ > ◇ パキスタンの野生動物 > デオサイ高原
タグ: , , , , , , , , , ,

デオサイ高原のオコジョ

10月、デオサイ高原で見たオコジョです。朝晩の気温は氷点下になるこの季節、オコジョもすっかり冬毛で真っ白。

オコジョはユーラシア大陸北部、北米大陸北部に広く分布しますが、パキスタンでは北部山岳地帯で見られます。

 

誰もいないデオサイ高原のバラパニでキャンプを設営。静かで、冷たい風が吹いていました。オコジョが現れて寒さが吹っ飛びました。

 

Photo & text :Mariko SAWADA

Observation : Oct 2015,  Deosai Plateau, Gilgit-Baltistan

カテゴリ:■ギルギット・バルティスタン州 > オコジョ > ◇ パキスタンの野生動物 > デオサイ高原
タグ: , , , , , , , , , , ,

秋のヒマラヤヒグマ(デオサイ高原)

デオサイを一番有名にしているのが、ヒマラヤヒグマ Himalayan Brown Bearの存在です。

ヒマラヤヒグマ Himalaya Brown Bear はヒグマの亜種でヒマラヤ山脈とその周辺に暮らすヒグマ。もともと、ネパール、チベット、北インド、北パキスタンに広く生息しましたが、トロフィー・ハンティングや毛皮・薬の材料目的として狩猟され、また生息地域を失い激減しました。ブータンではすでに絶滅したと考えられ、インド北部とパキスタン北部に数百頭が生息するのみとなりました。

10月、デオサイ国立公園のスタッフとともにヒマラヤヒグマを探しました。この季節は観光客も減るためヒマラヤヒグマが比較的道路近くまで現れることがあるといいます。それでも双眼鏡で「小さな点」のようなヒグマを見つけてから随分と歩きました。

 

もうだいぶ日が陰ってきました。標高4,000mを越える高原を急ぎ足で歩くのは大変でした。ようやく撮影できる距離まで近づけました。

 

ヒマラヤヒグマの後ろ姿です。国立公園のスタッフによると若いオスとのこと、冬眠前でまるまると太っていました。

 

ヒマラヤヒグマは11~12月に冬眠に入ります。

 

Photo & Text : Mariko SAWADA

Observation : Oct 2015, Deosai National Park, Gilgit-Baltistan

カテゴリ:■ギルギット・バルティスタン州 > ヒグマ > ◇ パキスタンの野生動物 > デオサイ高原
タグ: , , , , , , , , , , , ,

デオサイ高原から望むナンガ・パルバット (8,126m)

世界第9位峰、ナンガパルバットNanga Parbat。多くの遭難者を出していることから「人食い山」とも呼ばれている山です。

そのナンガパルバットの雄姿を展望できる場所としてフェアリーメドゥ、標高差4,500mのヒマラヤ最大の氷壁ルパール壁を望むヘルリヒコッファーベースキャンプが有名ですが、晴れた日のデオサイ高原からのナンガパルバットも見事なものです。

 

チラム Chilamのチェックポストから標高を上げ、デオサイ高原に到着した付近で見えるナンガパルバット。

 

車道から見えるナンガパルバットです。

 

そして、チラム側からデオサイ高原に入るとすぐに美しい水を湛えたショーサル湖(標高4,140m)が。ここからは天空の湖を背景にナンガパルバットが聳えます。

 

ショーサル湖からさらにカラパニへ。川が流れるデオサイ高原から見たナンガパルバット。

訪れたのは10月上旬、氷点下まで気温が下がるキャンプ泊でしたが秋晴れの好天に恵まれ美しいナンガパルバットを望むことができました。

 

Photo & text : Mariko SAWADA

Visit  : Oct 2015,  Deosai Plateau, Gilgit-Baltistan

カテゴリ:ナンガパルバット > ■ギルギット・バルティスタン州 > ◇ パキスタンの山 > デオサイ高原 > ナンガ・パルバット / ヒマラヤ
タグ: , , , , , , , , , , ,