ツアーのポイント

ポイント 専門ガイドの案内でエゾモモンガの観察にチャレンジ!

北海道に生息する固有亜種・エゾモモンガの観察に特化した特別企画。夜行性の動物のため夕方から夜にかけて巣の近くで待機し観察チャンスを狙います。巣からでてこなかったり、出て来ても一瞬という事もありますので今回は3回のチャンスを設けています。

ポイント 日中は野付半島・網走湖などへ足を延ばし野鳥・野生動物観察

エゾモモンガの観察は日没後の時間に限定されますので、日中は専用車で野付半島や網走湖周辺に足を延ばします。雪景色の道東で躍動するエゾシカやキタキツネなどの野生動物、オジロワシやクマゲラなどの観察チャンスもあります。

COLUMN エゾモモンガの観察・撮影について

日没前にスノーシューをつけて森の中へと入り、観察・撮影ポイントまで歩いて移動します(どこに巣穴があるかによって歩く時間は変わります)。エゾモモンガは非常に繊細ですので、ポイント到着後は静かに待機し、観察・撮影の準備を行います。寒い中、長時間外で待機する可能性もありますので、しっかりとした防寒準備が必要です。また、観察の可能性を少しでも上げるため、服装は出来るだけ地味な色合いのものをご準備ください。エゾモモンガが巣穴からでてきた所を観察・撮影しますが、観察できる時間は5分程度か長くても20分位ですし、でてこない場合もあります。チャンスが非常に限られていますので、3日間にわたり計3回の観察チャンスを設けています。
※撮影される方は三脚が必要です。夕方から夜にかけての撮影になりますので、簡単ではありません。予めご了承ください。

3日間にわたり計3回の観察チャンスを設けています

COLUMN その他に観察が期待できる野鳥・野生動物

オジロワシ

オオワシと共に冬の道東を代表する鳥。尾羽が白いためオジロワシ(尾白鷲)とよばれています。網走湖周辺や野付半島で観察できるチャンスがあります。

オジロワシ
エゾフクロウ

全長50cm、翼開張98cmとシマフクロウと比べると小さいエゾフクロウ。鶴居村や網走湖周辺の森などで日中巣の中で休んでいる様子を観察できる可能性があります。

エゾフクロウ
エゾシカ

北海道全域に分布するエゾシカ。野付半島や移動中など様々な所で観察できるチャンスがあります。特に野付半島では、雪をいただく知床連山や国後島を背景に躍動するエゾシカの群れが良く見られます。

野付半島のエゾシカ
クマゲラ

日本に分布するキツツキ科の中で最大種のクマゲラ。オスは頭頂から後頭にかけての赤い羽毛が特徴です。網走湖周辺の森などで観察できるチャンスがあります。

クマゲラ

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
02月23日(水) ~
02月26日(土)
4日間 168,000円
02月28日(月) ~
03月03日(木)
4日間 168,000円
03月04日(金) ~
03月07日(月)ご好評につき追加設定
4日間 168,000円
発着地 現地発着
(中標津空港集合/釧路解散)
最少催行人員 2名(3名様限定)<現地ガイド同行>
※全行程現地ガイドが同行・ご案内します
一人部屋追加代金 お一人部屋は確約できません。最終的なご参加人数・男女比によって一人部屋がご用意できた場合のみ、追加料金(9,000円)にてご利用いただけます。
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
  • 北海道までの航空券手配をご希望のかたはご相談ください。

    <東京からの参考フライト>
    往路:ANA377 羽田 12:20 ー 中標津 14:00
    復路:ANA742 釧路 13:50 ー 羽田 15:40

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 中標津空港
弟子屈
14:15発
15:15着
14:15に中標津空港に集合。専用車で弟子屈の宿・鱒やへ。夕方、近郊の森でエゾモモンガの観察・撮影にチャレンジします。
※エゾモモンガの観察チャンスを増やすため、鱒やに3連泊。計3回の観察チャンスを設けています。
弟子屈:鱒や泊│食事:朝× 昼× 夜○
2~3 弟子屈   2~3日目の2日間、日中は現地ガイドと共に専用車で野付半島又は網走湖へと出かけ、野鳥や野生動物の観察・撮影。野付半島ではエゾシカキタキツネカモ類など、網走湖周辺ではオオワシオジロワシクマゲラエゾフクロウ等の観察チャンスがあります。その他、宿の敷地内に集まる野鳥観察・撮影もお楽しみいただけます。
※野付半島・網走湖どちらを訪問するかは現地ガイドが最新の現地の状況を元に選定いたします。
夕方、エゾモモンガの観察・撮影に出かけます。
弟子屈:鱒や泊│食事:朝○ 昼× 夜○
3
4 弟子屈
釧路空港
朝発
13:00着
朝食後、専用車にて釧路空港へ。道中、鶴居村周辺でタンチョウやエゾフクロウの観察・撮影をお楽しみください。13:00頃、釧路空港にて解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼0/夜3

ご案内とご注意

気候・服装 最高気温は5℃、寒い日の最低気温がマイナス10℃~20℃程度になります。夕方からのエゾモモンガの観察・撮影時は非常に冷え込みます。防水の効いた防寒着(上下)、スノーブーツ、暖かい手袋、帽子などが必要です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
食事について このコースでは、当日の日程にあわせて昼食の場所を決めるため、昼食代金は含まれておりません。コンビニエンスストアで購入したり地元の食堂で召し上がっていただくなど、軽く済ませることになります。
専用車について 小型バンを利用します。荷物を積むスペースは限られますので、ボストンバッグや小型キャリーケースなどで荷物をご準備ください。また、車内のスペースにはあまり余裕はありません。あらかじめご理解ください。
日程のご注意 写真や日程表に記載の野生動物はその観察を保証したものではありません。また、この時期の北海道は稀にブリザードがあり、大きな積雪があった場合には動くことができなくなり日程が大幅に変更になることがあります。その場合は現地で臨機応変に対応させていただきます。
その他のご注意 当コースは添乗員が同行しないコースのため、旅の記録のサービスはございません。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。