秘境ツアーのパイオニア 西遊旅行 / SINCE 1973

 
,
熊野古道ツアー特集「熊野古道を歩く」
スクロール

about

熊野古道について

熊野古道(別名:熊野参詣道)は、熊野三山へ通じる参詣道の総称。平安時代に開かれ、京都を中心に各地から熊野三社(熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社)に向かうルートが熊野古道と呼ばれています。熊野三山に至る苦難の道をたどることによって、己の罪を滅ぼし、生きながらにして新しい自分に生まれ変わると伝えられてきました。

平安時代には、貴族や上皇など身分の高い人々のものでしたが、中世にかけ熊野三山の信仰が高まり、庶民や病人にいたるまで熊野詣をするようになりました。 旅人の切れ目がなく、行列ができた様子から「蟻の熊野詣」と例えられるほど、多くの人々が熊野に参詣したといわれています。

熊野は、古代より「祖霊のこもる国」、イザナミが赴いた「よみがえりの国」として人々の心を癒やしてきた地。海と山に囲まれ、巨石や川、滝などの自然が今も原始のままの姿で残されています。古来から多くの人々が熊野の神仏に魅せられ、それぞれの思いを胸にこの地に足を運びました。そんないにしえの旅人たちに思いを馳せながら、その道のりを辿ってみてはいかがでしょうか。

熊野信仰の聖地
「熊野三山」

熊野三山は紀伊山地の東南部にあり、「熊野本宮大社」、「熊野速玉大社」、「熊野那智大社」の3つの聖地の総称です。3社は個別の自然崇拝に起源を持ちますが、それぞれの主祭神を相互に勧請し「熊野三所権現」として信仰されるようになりました。仏教伝来後は、神仏習合の考えから主祭神がそれぞれ「阿弥陀如来」、「薬師如来」、「千手観音」と見なされたことからも信仰を集め、「熊野詣」の目的地として栄えました。

熊野本宮大社

崇神天皇65年(紀元前33年)、家都御子大神(スサノオノミコト)を主祭神とし熊野川、音無川、岩田川の合流点「大斎原」に建てられたと伝えられています。熊野信仰が広まっていた室町時代には、男女や身分を問わず、全ての人を受け入れる懐の深さから、武士や庶民など大勢の人が参拝に訪れていたといわれています。明治22年の大洪水の被害を受け、流出を免れた上四社が現在の場所に移築されています。

熊野速玉大社

熊野速玉大神(イザナギノミコト)と熊野夫須美大神(イザナミノミコト)の夫婦神を祭神とする神社。神倉神社のゴトビキ岩に降臨した熊野権現を勧進するため、景行天皇の時代に社殿を造営したと伝えられています。もともとは千穂ヶ峰の東南端の神倉山に祀られていたものが、現在の場所に遷され、「新宮」と呼ばれるようになりました。境内には天然記念物に指定される樹齢1000年のナギの大樹があります。

熊野那智大社

熊野本宮大社、熊野速玉大社とともに、全国約4,700社ある熊野神社の総本社。那智大滝に対する原始の自然崇拝を起源とし、古来「熊野夫須美大神(イザナミノミコト)」の御神徳により「結宮(ムスビノミヤ)」と称され、人の縁など諸々の願いを結ぶ宮として崇められました。仏教における「観音信仰」の聖地でもあり、インドの僧・裸形上人が那智の滝で修行を積んだことでも知られています。別宮として那智の滝を祀る「飛瀧神社」もあります。

熊野古巡礼の主なルート

熊野古道には田辺市から東に分岐する「中辺路」、高野山と熊野本宮大社を結ぶ「小辺路」、伊勢神宮から熊野三山を目指す参詣者が歩いた「伊勢路」、修験道信仰の道「大峯奥駈道」、紀伊田辺から海岸線を歩く「大辺路」。京都・大阪と熊野を結ぶ「紀伊路」など6つのルートがあります。このうち「中辺路」、「大辺路」、「小辺路」、「伊勢路」、「大峯奥駈道」は「紀伊山地の霊場と参詣道」としてユネスコ世界遺産に登録されています。

  • 中辺路 / なかへち

    京都から大阪・和歌山を経て田辺に至り、熊野本宮に向かうルート。古代から中世にかけ熊野三山の信仰が盛んだった頃には公式参詣道とされ、上皇、女院、庶民までもがこの路を辿りました。大半が険しい山道ですが、苦しみが多いほどご利益が大きいといわれ、人々に好まれました。道の途中には熊野神の御子神を祀った「王子」が点在し、旅人の心のよりどころとなっています。

  • 小辺路 / こへち

    紀伊半島中央部を南北に縦断し、途中標高1,000m以上の峠を3度も越える最も険しいルート。車道、林道が整備されているため歩きやすい反面、古道としての趣に欠けるという意見もありますが、ハイライトとなる果無峠から果無山脈最高峰「冷水山」までの道のりは、ブナの原生林や静かな尾根道がつづき、美しい風景が広がります。知る人ぞ知る魅力的なルートです。

  • 伊勢路 / いせじ

    伊勢神宮と熊野三山の二つの聖地を結ぶ約170kmの道のり。伊勢神宮からもうひとつの聖地・熊野をめざす唯一の交通路で「東海道中膝栗毛」にも登場しています。紀伊路や中辺路など貴族に多く利用されてきたのに対し、伊勢路は主に庶民が利用する道として歴史を重ねてきました。伊勢参りを終えた人々は熊野三山を目指し、さら西国三十三箇所巡礼へと向かいました。

  • 紀伊路 / きいじ

    京都城南宮を出発点とし、大阪・堺市を経て田辺までつなぐ道。紀伊国の主要街道として長い歴史をもち、道沿いには万葉集などの和歌が詠まれた景勝地や、長保寺、道成寺などの多くの文化遺産が点在します。また、「切目~千里の浜」間には熊野古道のなかでも唯一、海岸を歩くルートが存在し、白砂青松の美しい景観を楽しむことができます。

  • 大辺路 / おおへち

    紀伊田辺から那智勝浦町の浜の宮まで、海沿いを通る全長120kmの区間。富田(とんだ)坂、仏坂、長井坂などと呼ばれる厳しい峠道も控え、かつての詣道の面影を残しています。大辺路は海や山の織りなす風景を楽しめるルートで、人気であった中辺路に対し、時間に余裕のある庶民や、文人墨客が風景を愛でながら歩く道であったといわれています。

  • 大峯奥駈道 / おおみねおくがけみち

    大峰山脈の北端・吉野から熊野へと縦断するルート。もともと修験者が平安時代に修行の場として開いた山岳縦走路です。健脚の方向けコースとなり、一般的に5~6日間かけて踏破します。大峯奥駈道を歩いていると「行者講」「山上講」と呼ばれる白装束の山伏(行者)に出会ったり、大峯七十五靡(なびき)とよばれる行場では、法螺貝の音が響き渡ったりと、独特の光景を目にすることができます。

kumanokodo routes

写真で見る道のり

熊野古道の中でも人気の「中辺路」を歩く西遊旅行のツアー「熊野古道巡礼 中辺路を歩き熊野三山を巡る旅」より、「滝尻王子」から「熊野本宮大社」までの区間の2泊3日の道のりを、写真とともにご紹介します。

一日目
滝尻王子〜
高原霧の里

・歩行距離…4㎞
・所要時間…約3時間半
・最⾼標⾼…約370m

「滝尻王⼦」からトレッキングスタート

各地からそれぞれの交通手段でJR紀伊田辺駅に集合。「巡礼手帳」と「地図帳」を受け取り、バスにて滝尻へと向かいます。
滝尻のバス停前で、笠と法被姿の「語り部」と合流。 熊野古道の登り口、「滝尻王子」で昼食を済ませ、巡礼手帳に最初のスタンプを押し、準備運動をしてからスタート。いよいよ熊野古道巡礼の旅がはじまります。

最初の30~40分は急登が続く第一関門。ここで熊野詣への覚悟が試されるともいわれています。 安産の俗信がある岩穴「胎内くぐり」や藤原忠衡の出生の伝説が残る「乳岩」、「不寝王子」、「剣ノ山経塚跡」を通過し、周囲の⼭々を⾒渡すことのできる展望台(336m)へ。

各王⼦ではスタンプ帳にスタンプを押していきます
「胎内くぐり」
高原熊野神社で参拝

⼼癒される⾵景を展望した後は、再び林間に⼊り、下り道を歩きます。このあたりから登りルートでは⾒られなかった⽯畳もみられます。 再び現れる林道の登りでは、針仕事のできなかった娘の話が残る針地蔵尊(はりじぞうそん)や夫婦地蔵に出会うことができます。

細かなアップダウンを繰り返し、一日目のゴール地点、⾼原の集落に到着。 ⾼原熊野神社の参拝へ。高原熊野神社は高原王子権現とも呼ばれ、中辺路にある神社でも最も古い建物。近くの展望所からは足の疲れすら癒されるほどの山々の絶景が広がります。 参拝後は宿泊地へ。翌日からの本格的な古道歩きに備え、早めに休みます。

高原の集落と山々の展望
COLUMN 「九十九王子とは?」

九十九王子は、主に12~13世紀、熊野修験の手で急速につくられた一群の神社。大阪の窪津王子から那智勝浦町の多富気王子まで、街道沿いに設けられました。「九十九」とは実数ではなく、数が多いことを指します。滝尻王子から熊野本宮大社の間には、19の王子が存在し、各所には、熊野神の御子神(みこがみ)が祀られ、熊野を詣でる皇族たちの祈願や休憩の場所であったといわれています。

二日目
高原霧の里〜
野中の清水

・歩行距離…13.9㎞
・所要時間…約9時間
・最⾼標⾼…約700m

早朝、宿の窓から見渡す高原の景色

早朝、宿のスタッフの笑顔に見送られて出発。 集落を抜けると、山道に入り、小刻みなアップダウンが続きます。 悪四郎屋敷跡を経て、途中、このルートの最高地点である上多和茶屋跡(688m)へ。

国道311号の道の駅「熊野古道中辺路」で昼食。ここには和歌山名物の「めはり寿司」や「さんま寿司」、「草餅」などが売られています。午後への歩きに向けて、熊野のエネルギーをお腹に詰め込みます。
道の駅から歩くこと20分、箸折峠の「牛馬童子(ぎゅうばどうじ)像」に到着。「牛馬童子像」は牛と馬にまたがる僧服の石像。10世紀に熊野詣に訪れた花山法皇の旅姿をしのび、明治時代に作られたといいます。峠には花山法皇が経典を埋めたとの伝説に基づいた鎌倉時代建立の宝篋印塔(ほうきょういんとう)も立っています。

杉の⽊が⽴ち並ぶ、石畳の熊野古道らしい道を行く
昼食はめはり寿しとサンマ寿しのお弁当
⽜⾺童⼦像

この日最後の王子である「継桜王子」に到着。6人が両手を広げてようやく届くほどの幹回りの大木が並んでいます。その後、「秀衡桜(ひでひらざくら)」を見学。奥州の藤原秀衡夫妻が熊野参りをした際、滝尻の岩屋で出産し、その子を残してここの野中まで来て、杖にしていた桜の木を地に突き刺して子の無事を願ったとされ、その木が成長したものが「秀衡桜」といわれています。

「秀衡桜」の見学後は、古道をそれてこの日の終着地「野中の清水」へ。野中の地は清らかな水が湧き出ることが古くから知られています。喉の乾きを潤し、宿泊地へ。

「継桜王子」の大木
「秀衡桜」
三日目
野中の清水〜
熊野本宮大社

・歩行距離…21.3㎞
・所要時間…約9時間半
・最高標高…約670m

夜明け前、継桜王子を出発

ゴールである熊野本宮大社を目指す1日です。早朝5時に宿を出発。宿の車で継桜王子へ戻ります。しばらく車道を歩いたあと、再び山道に入ります。

この日の難所である「3つの峠越え」が待ち構えています。草鞋峠、岩神峠、三越峠と小刻みなアップダウンが続きます。

三越峠を越えたあとは基本下り道。江戸時代の名残が感じられる古風な石畳の道を進みます。発心門王子まで歩くことができれば、さらに緩やかな下り道。里山の景色や棚田など、懐かしい日本の原風景が広がります。

最後の峠である三越峠を⽬指す
気持ちを切らさず、集落の中を歩く
共通巡礼達成の「⼤太⿎の儀」

集落を過ぎると再び山道に。本宮到着の手前で、展望台への寄り道コースへ。展望台からは熊野川、大斎原の鳥居を望むことができます。いよいよゴールが迫っていることが実感できます。展望台から古道に戻り、最後の王子跡である「祓殿(はらいど)王子」を経ていよいよ熊野本宮大社へ。

16:00、ゴール地点である熊野本宮大社に到着。大変おつかれさまでした!参拝を済ませて、御朱印をいただきます。ここで熊野古道とサンティアゴ・デ・コンポステーラの道ラスト100kmの両方の巡礼を達成された方は、境内にて「共通巡礼達成大太鼓の儀」に参加することができます。

「熊野本宮⼤社」に到着

COLUMN 「熊野古道-サンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路 姉妹道提携」

世界遺産登録された「道」の先例であるサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼路の最終地であるスペインのガリシア州と、熊野古道の最終地である和歌山県は、古道の最終地としての永続的な友好関係を確立し、1998年に両古道の姉妹道提携を締結しました。宗教的・文化的な意味合いは違いますが、目的地を目指し、「巡礼が成就すれば魂が救われて、甦る」という点では共通のものを持っています。写真の道標は「日本スペイン交流400周年」及び「熊野古道の世界遺産登録10周年」を記念し、スペイン・ガリシア州から和歌山県に寄贈された道標。道標に刻まれている「10,755km」は、和歌山県田辺市本宮町とスペイン・ガリシア州のサンティアゴ・デ・コンポステーラ市間の距離を示し、サンティアゴ巡礼路のシンボルであるホタテ貝は「大斎原」の方向を示しています。

 

climates & wear

気候と服装

歩くベストシーズン

熊野古道を歩くベストシーズンは、気候が温暖で歩きやすい春:3月下旬~5月と、秋:10月~11月です。梅雨の時期となる6月は降水量が多く、また7~8月の夏の季節は気温が高く大変蒸し暑くなるため、長時間の山歩きは避けるなど、無理のない計画が必要です。

ウツギ(5月~6月)
アサマリンドウ(10月~11月)
秋は紅葉が美しい

服装・持ち物

熊野古道は天気が良ければ、長袖で過ごすことができますが、朝夕や歩行中、風が吹くと体感温度は下がります。フリースやライトダウン等の防寒着をお持ちください。降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ちください。靴はトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。また11月は日が短く、夕刻になると暗くなってきますので、懐中電灯が必要となります。

熊野古道巡礼 持ち物リスト
  • ザック・デイパック
  • ザックカバー
  • 水筒
  • 行動食
  • 帽子
  • サングラス
  • 防寒着
  • インナー
  • 厚手の靴下
  • 手袋
  • 上下セパレート式の雨具
  • 登山用スパッツ
  • スタンプ帳・地図
  • 懐中電灯
  • ストック

F A Q

よくある質問

トレッキング初心者でも大丈夫ですか?
代表的な「中辺路」を歩くコースでは、林の中の道など多少のアップダウンはありますが、普段歩くのが好きな方で、日帰りハイキングを楽しめる程度の体力があれば大丈夫です。
「小辺路」「伊勢路」を全区間縦走するコースや「大峯奥駈道」は健脚向けとなります。特別な技術は必要ありませんが、長時間、長距離を連日歩ける体力が必要です。ご自身の体力に合ったコースをお選びください。
トイレは道の途中にありますか?
「中辺路」ルートでは休憩所ごとに公衆トイレが設置されています。その他の場所では、民間施設のトイレを借りられる場所もあります。いわゆる青空トイレになることもあります。事前に地図などで場所を確認しておきましょう。
雨が降ったときは?
古道とはいえ、道は整備されていますので、よほどの大雨でない限りは歩くことができます。熊野古道は山の中で天気が変わりやすいため、雨の予報でなくても雨具の準備をしておきましょう。場所によっては傘も使えますが、安全のために両手を開けておく意味でも、上下セパレート式のレインウェアの着用をおすすめします。
虫やヘビ、ヒルがでるのが不安
熊野古道の自然の中にはマムシなどの毒ヘビやダニ、ムカデなどの虫が生息しています。また、梅雨時はヒルが出ることもあります。コースや天候により状況は異なりますが、暑い季節でも肌の露出は控え、虫除けスプレーを用意するなど予防が大切です。道を外れた藪の中に入ることは極力避けましょう。
食事や水分補給はどうしますか?
西遊旅行の中辺路、小辺路、伊勢路のツアーでは、朝食・夕食は宿泊施設にて、昼食は、宿からお弁当を持参したり、道中売られているお弁当を購入してお召し上がりいただきます。ゴミ箱は設置されていませんので、各自、宿までお持ちいただきます。また、歩行中はこまめな水分補給を心がけましょう。基本的に山の中には自動販売機はありません。事前にお茶や水などの飲み物(ぺットボトルや水筒)を準備していく必要があります。コースによっては、途中、車道のある集落には自動販売機がある場合もあります。少なくとも半日分の1リットル以上の飲料は必携です。
*大峯奥駈道は山中5泊、避難小屋(又はテント)を利用するため、特別な準備、装備が必要です。
現地へのアクセス方法は?
フライトなら羽田から南紀白浜空港が便利です。空港からはフライトの到着時刻にあわせて紀伊田辺駅へのバスがあります。JRなら新大阪から紀伊田辺や新宮、名古屋からは熊野市、新宮、紀伊勝浦への直通列車があります。伊勢へは近鉄特急もあります。大和八木からは新宮への路線バス、東京、名古屋からは高速バスも運行しています。熊野へアクセスは様々な方法が考えられますので、西遊旅行のツアーにご参加の場合は、集合(解散)場所、時刻をふまえて、最適な交通機関をご案内します。お気軽にご相談ください。

F A Q

よくある質問

語り部とは?
熊野古道には、古道を一緒に歩いて案内してくれる伝統の「語り部」という案内人がいます。熊野の歴史や文化、古道沿いの動植物など、解説を受けることができます。山道をただ歩くだけなら、地図や道標が整備されていますので、まず迷うことなく歩くことはできますが、古道を実感するのは難しいです。熊野では「語り部が古道を生きた道にする」といわれています。熊野古道は、是非、熊野を愛する語り部と共に歩いていただきたいです。
西遊旅行のツアーでは語り部が同行します(大峯奥駈道は除きます)。
*個人で旅行する場合は、各自での手配が必要となります。
宿泊はどのような場所ですか?
熊野古道の各コース沿いには宿泊施設があります。熊野は温泉の名所でもあり、温泉を引いている宿も多く、歩いた後の体を癒やすことができます。ホテル、温泉宿、民宿、シティホテルなどツアーによっても様々です(大峯奥駈道は除きます)。
携帯は使えますか?
見通しの良いところではつながるところもありますが、山の中など携帯電話の機種や周囲の状況などによって、一部電波がつながらない区間があります。地図や資料などは事前にダウンロードしておくか、印刷したものを持参いただくことをおすすめします。
荷物はすべて持って歩くのですか?
荷物は全行程、ご自身でお持ちいただきます。できるだけ荷物の軽量化につとめてください。事前に初日の宿に宅送しておくのもラクです。連泊する行程の場合は、不要な荷物はホテルに預けておくことができますので、その日の荷物だけを持って気軽に歩くことができます。
中辺路のツアーにご参加の場合は、次の宿への荷物運搬サービスも別途料金にて承ることができます。詳しくはお問い合わせください。

related tour

関連ツアー

西遊旅行で行く、熊野古道の旅。語り部とともに歩くコース、歩かずに名所を周るコースなど、熊野古道の魅力を感じるこだわりの旅をご紹介します。

PAGE TOP