秘境ツアーのパイオニア 西遊旅行 / SINCE 1973

北八ヶ岳で雪山登山への第一歩を踏み出そう!

  • 日本

2021.11.24 update

この冬はスノーシューと軽アイゼンで国内の雪山登山にチャレンジしてみませんか。


 
ゴンドラやロープウェイ等を利用出来る至便なアクセス。そしてゆったりリゾート滞在が可能な北八ヶ岳エリアのツアーをご案内します。(写真は全て2021年2月末のもの)


 
まずは入笠山(1955m)でスノーシュー登山。富士見パノラマリゾートの1050mに位置する山麓駅から1780m の山頂駅へはゴンドラで10 分。入笠山を目指し歩き始めます。圧雪されていない新雪のトレイル上でもスノーシューですと深く沈まず、快適に歩くことが出来ます。広い林道を下り、入笠湿原へ。


 
急な斜面の直登ではスノーシューに備え付けられているヒールリフターを上げます(弊社レンタルスノーシューの場合)。これだけでふくらはぎへの負担が軽減され、快適に登ります。

入笠山山頂

この日の山頂はあいにくの天気でしたが、晴れたら富士山をはじめパノラマを存分に楽しめます。下りも楽しいスノーシュー。夏は湿原やお花畑のエリアも冬は雪でふかふか。スノーシューにも慣れてどんどん下り、下山します。

登山者で賑わう山頂駅

2日目は縞枯山~茶臼山の周遊へ。北八ヶ岳ロープウェイ(ピラタス蓼科スノーリゾート)1771m の山麓駅からロープウェイであっとういう間に2237m の山頂駅に到着です。晴れると南アルプスと八ヶ岳連峰(南八ヶ岳)から中央アルプス、そして北アルプスと白く染まった日本の屋根を存分に望むことが出来ます。

縞枯山荘

山頂駅から早速歩き出しすぐに現れるのが縞枯山荘。冬でも営業しているありがた~い山小屋です。雨池峠でこの日はスノーシューを装着しました(雪の状況により、軽アイゼンの場合もあります)。


 
前日の入笠山で足慣らしもバッチリ。コメツガやシラビソ、オオシラビソの樹林帯を登って稜線へ。


 
時には強風が吹く稜線も冬山の醍醐味。澄んだ空気のパノラマを満喫し、さらにその先にある展望台では南八ヶ岳が迫り、浅間山、金峰山や両神山など奥秩父の山もご覧いただけます。

北アルプスの展望

一旦下り茶臼山へ。茶臼山の展望台で再びパノラマを楽しんでロープウェイ駅まで歩いて周遊コースは終了です。


 
3日目は雪山入門登山の王道・北横岳を目指します。山頂駅到着後、この日は軽アイゼンを付けて、目の前に広がる「坪庭」から歩き始めました。夏は自然園となる散策路も雪に埋もれています。

北横岳山頂直下。振り返ると南八ヶ岳の展望が広がる

取り付き点から樹林帯のジグザグの登りを頑張って登り、山頂手前にある通年営業の山小屋、北横岳ヒュッテに到着。少し休憩して山頂へ。この日も言うことなしの展望でした。

北横岳・南峰から北峰へ

北横岳の南峰(2472m)からすぐ先の最高峰・北横岳北峰(2480m)を往復し、異なる展望を存分に楽しみ、下山します。快晴の2月末のこの日の下山は暑いくらいでした。

ロープウェイ山頂駅へ下山

今シーズンはさらにもう1日、4日間のツアーとなり、最終日は霧ヶ峰スノーシューを楽しみます。快適な山麓ホテルに泊まり、毎日リフレッシュ。4つの異なる山にらくらくアクセスで登る盛りだくさんの雪山入門登山ツアーです。皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

キーワード

雪原の上高地へ

  • 日本

2021.11.18 update

2021年2月。厳冬期の上高地に訪れました。
上高地は、長野県の飛騨山脈南部の梓川上流に位置する日本屈指の景勝地であり、国の文化財(特別名勝・特別天然記念物)に指定されています。険しい山々と森に囲まれた上高地には、山小屋から温泉宿、高級感溢れるホテルまで多様な宿もあり、異なる目的をもった様々な方々が滞在を楽しむことができます。特に夏休みと秋の紅葉のシーズンは多くの登山客と観光客で賑わう上高地ですが、冬は人気のない静まり返った場所となります。

 

そもそも冬はアクセスが厳しくなります。通常だと上高地は車両で上高地バスターミナルまで一気に移動しますが、冬は上高地へ続く入口・釜トンネル(通称釜トン)が閉鎖されて車両通行止めになっているため、トンネルの入口より歩いていかなければなりません。

 

また、トンネル内は所々非常灯や注意灯がありますが、基本的には真っ暗です。釜トンネルは全長1,310m、その後上高地トンネル590mと2つのトンネルが続きます。

 

勾配もあり、トンネルの入口と最後では、標高差が200m弱あります。しかし、トレッキングが「暗闇のトンネル」から始まるというのは何とも珍しく、冒険心が掻き立てられます。当日は車で5分の場所に位置する「中の湯温泉」より、送迎車でトンネルへ向かいました。

 

 

到着後、ヘッドライトを点けてスタート。トンネルを抜けた先にはどんな景色が待っているのでしょうか…?

※スノーシューは、トンネル内では手持ちかザックに括り付けて持っていきます。

 

 

準備体操後、ゆっくりとトンネルの中を進んでいきました。今回は約40分かけて通過しましたが、待っていたのは……澄みきった青空と真っ白な雪山の世界でした…!!

 

まずは雪を被った焼岳が見えます。焼岳は今も活発に動いている活火山で、よく見ると薄っすらと噴煙が出ているのがわかります。

焼岳(別名:硫黄岳/2,455m)

 

その後しばらく進むと凍結した大正池が現れます。大正池の向こうに聳え立つのは、北アルプスを代表する名峰・穂高連峰。

 

左から、西穂高、奥穂高、吊り尾根を経て前穂高、明神岳

 

冬景色というだけでも魅力的ですが、夏は多くの方がバスで通過してしまうポイントを歩いて眺めることができるのも、このコースの大きな魅力の一つです。

 

大正池越しに真っ白な焼岳を眺める

辺りの山々は、夏・秋には広がるカラマツやコナラの林から頭を覗かせるように聳え立ちますが、冬はすっかり落葉しているため、全身をすっきり眺めることができます。

 

 

ここからは、河童橋までほとんど平坦な道を歩いていきます。

周りに響くのは「ザッザッ」というスノーシューで歩く音だけ。雪に覆われた静寂の上高地です。道中では、冬の限られた餌を求めて歩くニホンザルの群れや、小動物のしっぽのように可愛いらしく芽生えたネコヤナギの冬芽等を観察しながら歩きます。

 

 

道中の木道には雪が積もって、手すりより高いところを歩くこともあります。

 

 

そして、ようやく河童橋に到着。遠くから見えた穂高連峰がぐっと近づき迫力の景色を楽しむことができました。

主峰~五峰まで並ぶ明神岳の岩峰群

梓川越しに角度を変えて望む焼岳もまた壮観です。

 

 

 

その後、景色の良い場所でお弁当の昼食を食べて、往路とは若干異なる道を歩きながらトンネルまで戻り、再びトンネルを抜けて、中の湯温泉まで戻りました。

 

 

冬だけしか味わえない特別な上高地。

高低差はトンネル内の200mしかないので、登山初心者の方にもオススメです。

 

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

キーワード

琉球ハーピング 
やんばるの森と渡嘉敷の生き物観察

  • 日本

2021.11.11 update

9月末、西遊旅行初となる、両生類・爬虫類を観察するハーピングツアーを催行いたしました。

 

ハーピングとは、両生類・爬虫類学を意味する「Herpetology」から派生してできた言葉で、両生類・爬虫類を観察に行くことを意味します。日本では、まだまだあまりなじみのない言葉ですが、日本にも多くの固有種がいて、じっくり観察するととてもかわいい生き物が沢山いることに気づかされます。今回は、世界自然遺産に登録されて間もない沖縄本島北部のやんばるの森でハーピングをしてまいりました。本来はやんばるの森と渡嘉敷島での観察の予定でしたが、台風の影響で渡嘉敷島へのフェリーが欠航となってしまい、沖縄本島北部でで2日間にわたり観察してきました。滞在中に観察した生き物たちを紹介します。長靴にヘッドライトを付けて夜のジャングルに出発です。

 


 
まず初めに現れたのは、日本で一番美しいカエルと名高いオキナワイシカワガエルです。絶滅危惧ⅠB類、沖縄県指定天然記念物、国内希少野生動植物種などに指定されていて、世界でも沖縄本島の北部にしか生息していないカエルです。今回我々が観察したのは黄色の色素が欠乏した青色の珍しい個体でした。青色の個体は時々生まれるのですが自然界では外敵から目立ちやすいため生存率がとても低く、観察できたのはとても幸運でした。


 
ノーマルの個体はこのような緑色をしています。この一見すると派手な模様も苔の生えたジャングルの石の上ではカモフラージュになっています。


 
次に現れたのは、リュウキュウアカガエルです。個体によって茶色から鮮やかな赤色・黄色をしています。口の周りが白くなっているのが特徴で、そのおかげか他のアカガエルよりもキリっとした顔立ちでイケメンです。


 
我々が今回一番のメインにしていたクロイワトカゲモドキです。ヤモリの仲間なのですが、指の裏に鱗は無く壁に張り付くことができないうえに、瞼を持っているため瞬きができるなど、原始的なヤモリの特徴を持っています。赤い目にバンド模様が特徴的ですが、住む地域や島によって様々な種や亜種の色や模様が存在しています。


 
自切して間もない個体も観察できました。一度尾を自切するともう骨は生えてこないため、姿や形は全く違う尻尾が生えてきます。


 
先ほどの個体とは車で1時間ほど離れた場所で見た個体ですが、模様が全く違います。移動能力が低く、生息できる環境が限られるため細分化が進んでいるのでしょう。垂直な壁に必死にしがみついて、エサを待つ姿はとてもかわいいです(写真の縦横は間違ったいません)。


 
また、日本で一番大きな毒ヘビ・ホンハブも現れました。とても危険なイメージですが毒はニホンマムシの15%ほどの強さしかありませんが、体が大きいのでその分毒の量も多く、勿論細心の注意が必要です。
金色のボティに真っ赤に輝く目がとてもきれいなヘビです。実は、ヘビは手足だけでなく耳や瞼もありません。そこで身を守るために取る行動が、逃げるか噛むかくらいしかないのです。危険なイメージを持たれている方がいらっしゃるかも知れませんが、彼らは身を守ろうとしているだけなのです。実際に、このホンハブもとても臆病な性格をしていました。


 
運よく木の上で寝ているヤンバルクイナも観察することができました。外敵に襲われないように登りにくい木を選んで寝るそう。真っ黒なジャングルに綺麗なオレンジ色がとても映えていました。


 
その他にも、夜のジャングルでは様々な生き物が活動していました。

ジャンプ力の非常に高いハナサキガエル


 
ひし形の目が特徴的なナミエガエル


 
ハブをも食べるアカマタ。マダラヘビ科最大になるヘビで、今回は沢山の個体を観察できました。中でも、小さくて若い個体の方が色が鮮やかで、大きな個体ほど黒っぽくなるなど、個体による変化を愉しむことができました。


 
シリケンイモリの幼生です。ウーパールーパーのようにまだ鰓が生えています。


 
ヤンバルカタマイマイ


 
オキナワキノボリトカゲ。日本に生息する唯一のアガマの仲間。ニホンのトカゲというよりもどちらかと言うとイグアナやカメレオンに近い仲間です。


 
沖縄には5種のサワガニが生息していて今回はそのうち4種の観察に成功しました。

こちらは、オキナワオオサワガニです。同じ種でもいろいろな色をしているので見ていて飽きません。


 
オキナワミナミサワガニ


 
ハーピングと言いながらも、昆虫や甲殻類まで様々な生き物の観察を行いました。

オキナワマルバネクワガタ。大型の個体でした。成虫になってから飛ばずに歩いてパートナーを探すというとても不思議な生態をしています。


 
子供のゲジを食べるオオゲジ


 
夜のジャングルは、カラフルな生き物に囲まれてとても楽しいです。西遊旅行として新たな領域にチャレンジとなりますが、第一回は大成功に終わり、今後のツアーにも期待が高まります。1月には繁殖期のカエルをメインに観察するコースを設定しております。皆様のご参加をお待ちしております。

キーワード

冬の道東 
②知床半島と野付半島のワイルドライフ

  • 日本

2021.11.04 update

2021年冬の道東ツアーの様子第2弾です。
今回は羅臼や野付半島の動物たちの様子をお届けします。今年の羅臼は1月は積雪が多く、毎日雪かきが大変だったのですが、2月に入ると落ち着きました。そんな羅臼の海は今年流氷が少なかったのですが、オオワシ、オジロワシを間近で見ることができました!オオワシは冬にしか見ることができません。

オオワシ

 

開翼長は2m以上!

 

オオワシ(右)とオジロワシ(左)

 

シルエットもかっこいい

また、羅臼ではこの時期には珍しくシャチも見ることができました。

突然現れた海の王者にみなさん大興奮でした。

シャチと羅臼町

1月はトドと出逢えるチャンスもあります。

ひょっこり顔出すトドたち

 

続いては野付半島。

ここは日本最大の砂嘴となっており、鳥獣保護区でもあります。

エゾシカやキタキツネなどを見ることができました。

エゾシカ

キタキツネ

 

そして何と言っても今年の道東で話題となったのはこちらのエゾシカでしょう。

国後島とエゾシカ

オス同士が激しいケンカの末、角が絡まり首が折れ、その後なんとか引きちぎったのか、首が角に絡まった状態になっていたエゾシカです。何事もなかったかのように草を食んでいましたが、自然の凄さを感じずにはいられませんでした。

まさにワイルドライフ

 

野生動物を追い求めるツアーは、空振りもあるのが正直なところです。

ただ、まったく予想だにしていなかった出会いもあります!!そんな瞬間に出会えた時の喜びは言葉では言い尽くせません。ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

キーワード

冬の道東 ①鶴居村のタンチョウ

  • 日本

2021.10.25 update

皆様こんにちは。今年の冬の道東ツアーの様子を2回に分けてご紹介させて頂きます。

今回は鶴居村のタンチョウなどを撮影した時の様子をお届けします。

 

北海道の東側にある鶴居村は、釧路湿原に囲まれた小さな村です。夏はカヌーやサイクリング、冬はタンチョウの給餌が行われ、世界中からフォトグラファーが集まります。

 

音羽橋

不凍川の雪裡川に架かる音羽橋には、毎年冬になると多くのフォトグラファーが川で眠るタンチョウを撮影しようと訪れます。今年はコロナの影響で例年よりも人手が少なく、ゆったりと観察することができました。

音羽橋から

寒い日はマイナス25℃を下回るので、徹底的な防寒対策が必要です。

条件が揃えば周囲の木々に霧氷が付くのでとても幻想的な雰囲気になります。

日の出直後

日が昇り、ふと角度を変えて川を見てみると、凍った水蒸気が太陽に反射し、キラキラと輝いていました。

ダイヤモンドダスト

早朝5時過ぎから日の出まで撮影しましたが、後半は手がかじかんできました。

一旦ホテルに戻り朝食を食べ、今度は飛び立つ瞬間を狙います。

給餌が始まると飛び立ってゆく

近くの給餌場で給餌が始まると、その時間に合わせて飛び立ってゆきます。

 

鶴居・伊藤サンクチュアリ

こちらは、伊藤良孝氏(故人)が長年タンチョウの給餌活動を続けてこられた土地を「日本野鳥の会」が引き継ぎ、日本全国から寄せられた募金で建てられた施設です。毎年冬にタンチョウの給餌活動を行っています。

求愛ダンス

この時期はオスとメスの求愛ダンスが盛んに行われます。

最初にオスが「コーッ!」と鳴くと、メスが「カッカッ!」と短く鳴き、舞踏会の様に踊り始めます。

タンチョウの吐く息も白くなる

人だけでなく、タンチョウも吐く息が白くなっていました。

最近は給餌量を調整し、自然な採餌場の保全などに力を入れているそうです。

タンチョウの他にも鶴居村ではエゾフクロウが見られることもあります。

エゾフクロウ

 

つがいでいることも

 

次回は冬の羅臼や野付半島についてお届けします!

 

キーワード
PAGE TOP