ツアーのポイント

ポイント 内戦を経て開発の進むアンゴラの魅力に迫る旅

南部アフリカの大西洋沿いに位置するアンゴラ。2002年に30年以上続いた内戦がようやく終結しました。現在では原油と天然ガス、ダイヤモンドや金などの重要な資源が埋蔵されていることで注目を集めていますが、広大で肥沃な台地に美しい景観が広がり、様々な民族が暮らしています。ポルトガルによる植民地時代と長い内戦を経たアンゴラ。その魅力に迫る企画です。

ポイント 南北アンゴラを10日間でコンパクトに巡る

ビクトリアフォールズに続いてアフリカ第2の落差を誇るカランドゥーラの滝、内戦中に離散したキリンやアフリカゾウなどの大型動物の個体数が戻りつつあるキッサマ国立公園やその近郊では、ゲームドライブやボートサファリも満喫の10日間です。

ポイント 見どころの多い南部アンゴラへ

首都ルアンダの周辺だけでなく、ウィラ州の高原地帯やナミベ州の大西洋岸沿いといった南部へも足を延ばします。標高2,000mを超えるルバンゴではヘアピンカーブの続くセラ・ド・レバ峠、ツンダバラでは溶岩台地の絶壁を訪問。ナミブ砂漠へと続く海岸付近では稀少植物のウェルウィッチアが観察できます。またルバンゴでは遊牧生活を営むムクバル族やムカワナ族などの少数民族を訪ねます。

COLUMN 民族の多様性・南アンゴラ

半遊牧生活を続ける民族グループが多く暮らす南アンゴラ。中でも個性的なのがムウィラ族の女性です。彼女たちは泥とビーズでできた太い首飾りと、牛馬の糞とバター、黄土を混ぜて作られた、まるでイカのような髪飾りをつけて一生を過ごします。また、ムクバル族の女性も泥とビーズでできた首飾りや胸を縛る紐で身を飾ります。道中、家畜の世話やソルガムなどの穀物の植え付けを行う女性たちと出会えるかもしれません。

胸を紐で縛る習慣のあるムクバル族の女性
ムウィラ族の女性

COLUMN ブラジルやポルトガル料理の影響を受けた

アンゴラの主食はトウモロコシやキャッサバの粉をペースト状にしたフバです。米や野菜、パーム油と調理したカルルなどの肉料理にはソースとして炒ったピーナッツから作られるスパイシーソースがよく用いられます。ナミベなどの大西洋岸沿いではスズキやカランゲージョ(カニ)といったシーフードをご賞味いただきます。世界一の物価高といわれますが、比較的安価で手に入るビールもお試しください。

シーフード料理の一例

出発日と料金

2017年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
07月19日(水) ~
07月28日(金)
10日間 958,000円
09月20日(水) ~
09月29日(金)
10日間 958,000円
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 21:10発 空路、香港を経由して、エチオピアの首都アディスアベバへ。
機中泊
2 アディスアベバ
アディスアベバ
ルアンダ
ルアンダ
キッサマ国立公園近郊
07:45着
09:51発
12:38着
午後発
アディスアベバ着後、航空機を乗り換えて、アンゴラの首都ルアンダへ。着後、専用車にて、キッサマ国立公園近郊のクワンザ・リバー・ロッジへ。途中、浸食した大地が作り出す絶景が広がるミランドゥーロデルーア(月の谷)を見学します。
キッサマ国立公園近郊:クワンザ・リバー・ロッジ泊
3 キッサマ国立公園近郊
(キッサマ国立公園)
  朝、キッサマ国立公園付近を流れるクワンザ川でボートサファリ。野鳥観察をお楽しみください。夕方、専用車にてキッサマ国立公園内でのサファリドライブ。公園内にはアフリカゾウやキリン、ダチョウ、ブッシュバックなどが生息しています。
キッサマ国立公園近郊:クワンザ・リバー・ロッジ泊
4 キッサマ国立公園近郊
ンダラタンド
カランドゥーラ

07:00発


18:00着

専用車にて、穀倉地帯マランジェ州のカランドゥーラへ。途中、クアンザノルテ州の州都ンダラタンドにて、気根を地上に張り巡らせた巨木が生える植物園、巨大な岩山が続く奇岩地帯ペドラス・ネグラスを見学。カランドゥーラ着後、ビクトリアフォールズについでアフリカ第二位の落差(105m)を誇る、雄大なカランドゥーラ瀑布を見学します。
カランドゥーラ泊
5 カランドゥーラ
ルアンダ
午前発
17:00着
朝、カランドゥーラ瀑布を前日とは反対側より望みます。その後、専用車にてルアンダへ戻ります。
ルアンダ泊
6 ルアンダ
ルバンゴ
夕方発 午前、専用車にて簡単なルアンダ市内観光(港を見渡すサンミゲル要塞等)。夕方、国内線でウイラ州の州都で、ウイラ高原の谷間に位置するポルトガル風の街並みのルバンゴへ。
ルバンゴ泊
7 ルバンゴ
(ナミベ)
  終日ルバンゴからナミベへの往復観光。ヘアピンカーブの続くセラ・ド・レバ峠を下ると風景は熱帯からナミブ砂漠を彷彿させる沿岸砂漠へと変化していきます。また、寿命数百年から二千年と言われる稀少植物ウェルウィッチア(日本名は奇想天外)、アンゴラ南部に暮らすムクバル族などの村も訪れます。昼食は新鮮なシーフードをお召し上がりください。
ルバンゴ泊
8 (ツンダバラの絶壁)
ルバンゴ
ルアンダ

夜発
午前中、ルバンゴ市内の観光(息を呑むような景色が広がるツンダバラの絶壁、丘の上から街を見下ろすキリスト像等)。また、アンゴラ南部で遊牧生活を営むムウィラ族ムガンブウェ族ムカワナ族と出会うことができるでしょう。夜、航空機でルアンダへ戻ります。
ルアンダ泊
9 ルアンダ
アディスアベバ
アディスアベバ
13:40発
20:30着
22:50発
午前中休養。午後、航空機にてアディスアベバへ。着後、香港経由で帰国の途につきます。
機中泊
10 東京 20:00着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エチオピア航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) アンゴラ(9,000円)、代行手数料(4,320円)、写真1枚(縦5cm×横4cm、カラー、背景白)、黄熱病予防証明書(イエローカード)、英文残高証明書が必要です。また、申請時には生体認証が必要なため、東京の在日アンゴラ大使館にて、本人申請が必要(受領は代理可能)です。
気候・服装 基本的に日中は夏服でかまいません。ルバンゴは2,000mほどの高原であるため、朝晩は冷え込みます。雨が降ることもありますので雨具もお持ちください。キッサマ国立公園近郊のボートサファリでは水しぶきがかかることもあります。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 写真や日程内の動物は野生動物のため、必ずしも観察できるとは限りません。遊牧民は移動生活をしているため、場合によっては訪問できない場合もあります。また写真を撮影する場合、お礼として相手にチップを渡す必要がある場合があります。
宿泊について ルアンダ以外ではロッジや中級以下の宿泊施設に宿泊します。お湯の出が悪くシャワーのみだったり、電気にも時間制限があったり、照明が暗い場合があります。
予防接種について 査証の申請に黄熱病の予防接種の証明書が必要です。また、マラリアに対する注意が必要な地域です。予防薬が販売されていますので、詳しくは担当までお問い合わせください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。