ツアーのポイント

ポイント パタゴニアの大自然を満喫する厳選トレイルを歩く

パイネ国立公園ではWサーキットの最大のハイライト、トーレス・デル・パイネを間近に望む氷河までを往復トレッキング。チャルテンではフィッツロイが間近に迫るカプリ湖へのハイキングにご案内します。

ポイント パタゴニアを象徴する蒼きペリト・モレノ氷河

大迫力のペリト・モレノ氷河を訪問。実際に氷河上を歩くハイキング、または大氷河に間近に迫るクルーズで、パタゴニアを象徴する蒼き氷河を存分にお楽しみいただきます。

ポイント 世界最南端の街ウシュアイアへ

日本の真裏にあるパタゴニア地方。世界最南端の街ウシュアイアも訪れます。SL「世界の最果て号」の乗車やビーグル水道クルーズ、ハイキングをお楽しみいただきます。

ポイント 旅の終わりに世界三大瀑布イグアスの滝も訪問

旅の締めくくりにアルゼンチンとブラジルの2つの国にまたがる大瀑布イグアスの滝へ。両国の展望ポイントを訪れます。
訪問する
世界遺産

ロス・グラシアレス国立公園(アルゼンチン)/イグアス国立公園(ブラジル・アルゼンチン)

COLUMN 厳選のパタゴニアトレイルを歩く

パイネWサーキットの最大のハイライト、トーレス・デル・パイネを間近に望む氷河湖への往復トレッキング。氷河の浸食によってできた花崗岩の岩峰が林立する氷河湖からの展望はパタゴニアを代表する絶景です。

憧れの名峰フィッツロイ展望ハイキング

チャルテンでは南極ブナの樹林帯を歩き、名峰フィッツロイを間近に望むカプリ湖を往復。パタゴニアの大自然を歩いて体感できるトレイルです。

トーレス・デル・パイネを目指す
フィッツロイ展望地のカプリ湖

COLUMN 世界の最果て ウシュアイア

世界最南端の街ウシュアイアからはSL「世界の果て号」に乗車。1910年に囚人達によって建設された鉄道です。かつては監獄までを結んでおり、木材や石炭を運ぶ手段として利用されていました。さらにボートに乗船し、大西洋と太平洋を繋ぎ、アルゼンチンとチリの国境になっている全長320kmのビーグル水道へ。岩礁に寝そべるオタリアや愛くるしいペンギンを船上からご覧いただけます。

愛らしいマゼランペンギン
SL「世界の果て号」
世界の果て郵便局

COLUMN 世界三大瀑布 イグアスの滝を満喫

ブラジルとアルゼンチンの2つの国にまたがっているイグアスの滝。ブラジル側では滝下流のスリリングなボートクルーズで間近に迫る瀑布を見学。アルゼンチン側ではイグアス最大の滝「悪魔の喉笛」の迫力ある景観を真上から見学します。轟音をあげ、大量の水しぶきを飛ばしながら流れ落ちる様はまさに南米随一の絶景です。

世界三大瀑布イグアスの滝
迫力のボートクルーズ

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
01月29日(水) ~
02月11日(火)
14日間 948,000円
02月12日(水) ~
02月25日(火)
14日間 948,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(15名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 14,000円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 120,000円(山小屋泊除く)
日本の国内線割引 日本各地からの国内線の割引運賃がございます。詳細はお問い合わせください。
ビジネスクラス 東京/ブエノスアイレス間は往復50~70万円の追加で別途手配いたします。ご予約の時期によって、料金が変わることがありますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 相部屋ご希望の場合でも相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。

コース難易度

体力 特別な登山技術は不要ですが、6日目は8時間に及ぶ行程ですので十分な基礎体力が必要です。
高度 高山病の心配はござません。
宿泊 山小屋2泊は男女共同の大部屋泊です。寝具は山小屋備え付けのものを利用します。
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、プエルトナタレスにて詰め替えます。パイネ国立公園での2泊3日分の着替え等を入れるカバンをご用意ください。ハイキングの際はホテル又は山小屋に日帰り分以外の荷物は置いておけます。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
米国内都市
米国内都市
午後発
午後着
夜発
空路、日付変更線を越えて米国内都市へ。着後、航空機を乗り換えて、アルゼンチンの首都・ブエノスアイレスへ。
機中泊
2 ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
ウシュアイア
朝着
午後発
夜着
着後、再び航空機を乗り換えて、パタゴニア地方・フエゴ島にある世界最南端の街ウシュアイアへ。
ウシュアイア泊
3 ウシュアイア
(ティエラ・デル・フエゴ国立公園)
(世界の果て号)
(ビーグル水道クルーズ)
  終日、ウシュアイア観光。午前中、ティエラ・デル・フエゴ国立公園を訪問。SL「世界の果て号」に乗車します。その後、ウシュアイア周辺の植生が楽しめる簡単なハイキングをお楽しみいただきます。
●パタゴニアハイキング(約2時間)
ロカ湖畔ハイキングとラパタイワ湾ハイキングにご案内します。ブナや寄生植物などのパタゴニア特有の植生観察をお楽しみください。ハイキング後、太平洋と大西洋を繋ぐビーグル水道クルーズにもご案内します。
ウシュアイア泊
4 ウシュアイア
(国境)
プエルト・ナタレス
朝発

夕方着
専用車にて国境を越え、チリのプエルト・ナタレスへ。途中、マゼラン海峡をフェリーで渡ります。
プエルト・ナタレス泊
5 プエルト・ナタレス
パイネ国立公園
約2.5時間 専用車にてパイネ国立公園へ。
●パタゴニアハイキング(約2.5時間)
サルト・グランデ(パイネ大滝)やクエルノス・デル・パイネ展望ハイキングにご案内します。
その後、専用車にてホテル・ラス・トーレスへ。「パイネの塔」トーレス・デル・パイネの展望をお楽しみください。
ラス・トーレス:山小屋又はテント泊
6 パイネ国立公園
(氷河湖)
約8時間 ●パタゴニアトレッキング(約8時間)
パイネ・トレッキングの最大のハイライト、トーレス・デル・パイネを間近に望む氷河湖までの往復トレッキングをお楽しみください。
ラス・トーレス:山小屋又はテント泊
7 パイネ国立公園
(国境)
チャルテン
朝発

夕方着
専用車にて、再び国境を越えて、アルゼンチンへ。大草原のパンパを走り抜け、チャルテンへ。
チャルテン泊
8 (フィッツロイ展望)
チャルテン
カラファテ
約4時間
昼発
午後着
●フィッツロイ展望ハイキング(約4時間)
フィッツロイの好展望地であるカプリ湖までを往復します。フィッツ・ロイの雄姿を心ゆくまでご堪能ください。その後、専用車にてカラファテへ。
カラファテ泊
9 カラファテ
(ペリト・モレノ氷河)
  終日、ロス・グラシアレス国立公園のペリト・モレノ氷河を観光。大氷河ペリト・モレノ氷河ハイキングへご案内します。その後、ペリト・モレノ氷河の展望台へ。轟音と共に崩れ落ちる氷河を見学します。
※66歳以上のお客様、及び氷河ハイキングをご希望されないお客様には、代替として現地英語ガイドがウプサラ氷河&スペガッツィーニ氷河クルーズ(約5時間)と氷河展望台へご案内します。添乗員は氷河ハイキングに同行し、午後ペリト・モレノ氷河展望台で合流します。
カラファテ泊
10 カラファテ
ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
フォスドイグアス
昼発
午後着
夕方発
夜着
午前中、自由行動。航空機にてブエノスアイレス乗り継ぎで、イグアス観光の拠点フォスドイグアスへ。
フォスドイグアス泊
11 フォスドイグアス
(イグアスの滝)
  終日、世界三大瀑布イグアスの滝をブラジル側とアルゼンチン側の両国から訪れます。ブラジル側ではアドベンチャーボートに乗り、水上から迫力あるイグアスの滝の全容に迫ります。アルゼンチン側ではトロッコに乗って、大迫力の悪魔の喉笛へ。遊歩道の散策をお楽しみください。
フォスドイグアス泊
12 フォスドイグアス
ブエノスアイレス
ブエノスアイレス
午後発
夕方着
夜発
航空機にてブエノスアイレスへ。その後、航空機にて米国内都市へ。
機中泊
13 米国内都市
米国内都市
朝着
午前発
着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。
機中泊
14 東京 午後着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝10/昼11/夜10:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アメリカン航空、ユナイテッド航空、デルタ航空、ラタム航空、アルゼンチン航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は帰国時まで有効なものが必要です。アメリカ電子渡航認証システムによる渡航認証(ESTA)が必要です。実費(1,700円)、代行手数料(4,000円+消費税)。※ESTAの取得にはIC旅券が必要です。また、2011年3月1日以降にイラン、イラク、スーダン、シリア、リビア、ソマリア、イエメンに渡航または滞在したことがある方は、ESTAの取得ができず、既にESTAを取得している場合でも無効となるため、別途アメリカ査証の取得が必要になります。査証取得には面接が必要で時間もかかるため、該当される方はお早めにお問い合わせください。
気候・服装 パタゴニア地方は11月から2月は観光のベストシーズンですが、最暖月の平均気温でも10℃位にしかなりません。また、朝晩は0℃前後まで冷え込みます。トレッキング中は長袖シャツが基本となりますが、曇天の日や朝晩の冷え込み、パタゴニア特有の強風に備えて十分な防寒具をお持ちください。靴は防水の利いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について パタゴニア地方の航空機はスケジュールが変わりやすいため、日程変更を余儀なくされることがあります。
ハイキングについて ルートの高低差はあまりありませんが、6日目は8時間に及ぶ行程ですので十分な基礎体力が必要です。
氷河ハイキングについて ペリト・モレノ氷河ハイキングは、65歳以下のお客様がご参加いただけます。ハイキングでは1時間半ほど氷河の上を歩きます。その際、アイゼンを使用します。アイゼンは現地にて無料で貸出しいたします。
山小屋泊について 山小屋では4~12人の男女共同の大部屋泊になり、トイレ・シャワーも共同になります。また、他のグループと相部屋になる場合がありますので、予めご了承ください。

(氷河ハイキングに参加される方)

運動割増保険について

通常の海外旅行傷害保険のほか、運動割増保険に必ずご加入いただく必要があります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。