ツアーのポイント

ポイント ゆとりのある日程で楽しむ森吉山&蔵王の2大樹氷 天候に考慮した日程

連泊で森吉山と蔵王の2大樹氷をお楽しみいただきます。森吉山では、スノーシューハイキングを2回。2日目は森吉山の山頂を目指します。夜は、キャビン付圧雪車で樹氷観賞へ出かけ、昼とは異なる樹氷の姿をご覧いただきます。宮城蔵王では、1日目は暖房付乗用雪上車「ワイルドモンスター号」で、樹氷めぐりツアーに出かけます。そして、2日目はスノーシューハイキングでじっくり樹氷観察を楽しむ欲張りな内容。どちらも連泊して天候不良に考慮した日程になっています。

ポイント こだわりの美しい冬景色を楽しむ猊鼻渓&世界遺産平泉・中尊寺

日本百景のひとつに数えられる猊鼻渓。水墨画のなかにいるような冬の猊鼻渓を、屋根のかかったこたつ舟から鑑賞します。こたつ舟で名物の木流し鍋(野菜、山菜、鶏肉、豚肉を味噌で煮た鍋料理)を味わいながら、船頭さんが披露する「げいび追分」をお楽しみください。世界遺産 平泉の中尊寺では、雪をまとった金色堂など、冬ならではの水墨画のような趣のある風景をお楽しみいただけます。

ポイント 東北の名湯めぐり 乳頭温泉&厳美渓温泉&遠刈田温泉

樹氷や観光を楽しんだ夜は、東北の名湯で旅の疲れを癒します。今回は、乳頭温泉、厳美渓温泉、遠刈田温泉に宿泊します。

ポイント 地元の名物料理を味わう

秋田では、きりたんぽ鍋。岩手の猊鼻渓では、こたつ舟で名物の木流し鍋(野菜、山菜、鶏肉、豚肉を味噌で煮た鍋料理)。他にも地元の食材を使った冬ならではのお食事も旅の楽しみのひとつです。

冬の猊鼻渓を眺めながら楽しむ木流し鍋
暖房付乗用雪上車で樹氷めぐりを楽しむ
森吉山山頂を目指して歩きます
ブナの樹氷花
訪問する
世界遺産

平泉  仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群

COLUMN 企画者の声

「日本縦断の旅 第11弾 白銀の美しき東北をめぐる旅 ~森吉山&蔵王の2大アイスモンスター・ほっこり乳頭温泉&厳美渓温泉&遠刈田温泉・雪景色の猊鼻渓・平泉へ~。冬の美しき東北をめぐり、森吉山&蔵王の2大樹氷を連泊で楽しみ、猊鼻渓&世界遺産 平泉・中尊寺で水墨画のような美しい冬景色、乳頭温泉、厳美渓温泉、遠刈田温泉に宿泊し東北の名湯をめぐります。この機会をお見逃しなく。(中沢伴行・東京本社)
※2/7発コースが添乗員・中沢伴行同行

現在募集中の「日本縦断の旅シリーズ」

「花の佐渡島トレッキングと能登半島をぐるっとめぐる旅」
「初夏の北海道大自然をぐるっとめぐる旅 12日間」
「四国を巡る旅 ~四国の名山を登りしまなみ海道を歩く~」
「天草諸島と東シナ海に浮かぶ秘島・甑島を歩く」
「沖縄本島をぐるっとめぐる旅」
「琉球列島を歩く ~沖縄島めぐりを楽しみ与那国島へ~」

HOTEL 東北の名湯めぐり 乳頭温泉の秘湯・鶴の湯

樹氷や観光を楽しんだ夜は、東北の名湯で旅の疲れを癒します。今回は、乳頭温泉、厳美渓温泉、遠刈田温泉に宿泊します。乳頭温泉郷では、温泉郷のなかで最も古くからある鶴の湯温泉に宿泊。茅葺き屋根の本陣で囲炉裏を囲み、白濁した露天風呂でしんしんと降る雪を眺めるひと時をお楽しみください。

雪深い秘湯・鶴の湯
乳白色の露天風呂で雪見風呂を楽しむ
柔らかい灯りに照らされる茅葺き屋根の本陣
雪がたっぷり積もったら、大きなかまくらがあることも
鶴の湯名物の山の芋鍋と岩魚塩焼き

COLUMN 冬の東北を楽しむための装備リスト

・フリースなどの上にダウンジャケットなどの防寒具。
・中綿入りのパンツや、雪山用のパンツ。タイツを着用するとより暖かく過ごせます。
・手袋はインナーとアウターが独立しているものが便利です。細かな作業はインナー手袋で作業します。
・耳が隠れるフリースや毛糸の帽子も必携です。また、ネックウォーマーやマフラーもあると安心です。
・保温性の水筒
・携帯カイロもあると安心です。
・雪の反射光を防ぐ偏光サングラス
・靴は、雪山用の登山靴がベストです。一般的な登山靴でも構いませんが、革製や防水加工の登山靴をご用意ください。登山靴の場合、雪の中を歩きますのでスパッツ(ゲーター)なども用意ください。

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
02月07日(日) ~ 02月13日(土)中沢伴行(東京本社)同行 7日間 238,000円
02月14日(日) ~ 02月20日(土)村上洋介(東京本社)同行 7日間 238,000円
02月21日(日) ~ 02月27日(土)堤智顯(東京本社)同行 7日間 238,000円
発着地 現地発着
(秋田空港発/仙台駅または仙台空港着)
最少催行人員 5名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 31,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。

コース難易度

体力 歩くことが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。
宿泊 部屋数が限られるためお一人部屋の確保ができない場合がございます。
荷物 スーツケースでのご参加が可能です。ただし、搬送車の積み込みスペースの関係上、ダッフルバッグまたは中型サイズ(高さ:キャスター(こま)付きで70cm以内)のスーツケースでご参加ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

秋田空港
森吉山

13:00発
16:00着

午前13:00秋田空港集合、専用車にて森吉山へ。夜は、秋田名物きりたんぽ鍋をお楽しみください。
森吉山:阿仁の宿ホテルフッシュ泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 森吉山 午前中、ゴンドラにて山頂駅へ。 樹氷スノーシューハイキング(約5時間)で森吉山頂へ。樹氷観察を楽しみながら森吉山頂を目指します。夜、キャビン付圧雪車で夜の樹氷観賞へ。闇夜に浮かびあがる樹氷は、まさにスノーモンスター。天気が良ければ満天の星空や夜景も楽しめます。
森吉山:阿仁の宿ホテルフッシュ泊|食事:朝○ 昼〇 夜○
3

阿仁合駅
松葉駅
乳頭温泉

午前発
午後着
午後着

ゴンドラにて山頂駅へ。森吉山の樹氷をスノーシューハイキング(約2時間)で楽しみます。 ゴンドラにて下山後、専用車にて、阿仁合駅へ。秋田内陸縦貫鉄道で松葉駅へ。車窓から美しい冬景色を眺めながらのんびりとローカル線の旅をお楽しみください。専用車にて乳頭温泉郷へ。大自然に包まれた秘湯で旅の疲れを癒します。
乳頭温泉:鶴の湯泊|食事:朝○ 昼〇 夜○
4 乳頭温泉
田沢湖駅
一ノ関
(猊鼻渓)
(平泉)

午前発

午前着
専用車にて田沢湖駅へ。新幹線と在来線にて一ノ関へ。着後、専用車にて日本百景のひとつに数えられる猊鼻渓へ。水墨画のなかにいるような冬の猊鼻渓を屋根のかかったこたつ舟から鑑賞します。こたつ舟で名物の木流し鍋(野菜、山菜、鶏肉、豚肉を味噌で煮た鍋料理)を食べながら船頭さんが披露する「げいび追分」は味わい深いです。専用車にて、世界遺産・平泉の中尊寺へ。雪をまとった金色堂など、冬ならではの趣のある風景をお楽しみください。
一ノ関:厳美渓温泉いつくし園泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
5

一ノ関
仙台
遠刈田温泉
(宮城蔵王)

午前発
午前着
午前着

専用車にて遠刈田温泉へ。混載バスにてすみかわスノーパークへ移動。暖房付乗用雪上車「ワイルドモンスター号」で、樹氷めぐりツアー(約2時間)に出かけます。 混載バスにて遠刈田温泉へ戻ります。
遠刈田温泉:旬樹庵 さんさ亭泊|食事:朝○ 昼× 夜○
6 遠刈田温泉
(宮城蔵王)
朝、樹氷をスノーシューハイキング(約4時間)で楽しみます。午後は、自由行動。遠刈田温泉でゆっくりお過ごしください。
遠刈田温泉:旬樹庵 さんさ亭泊|食事:朝○ 昼× 夜○
7

遠刈田温泉
仙台駅
遠刈田温泉
仙台空港

09:00発
10:00着
08:40発
10:00着

朝、ホテルにて解散。解散後、ホテルの送迎車にて、仙台駅へ。又は、タクシーにて仙台空港へ。 
※ホテルにて解散になりますが、仙台駅、仙台空港への送迎は含まれています。  
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼3/夜6

ご案内とご注意

気候・服装

-10℃を下回るなど、厳しい寒さになります。装備を含め、十分なご準備をお願いします。上記の装備リストをご覧ください。

利用予定ホテル 日程をご覧ください。
食事について 朝食、夕食、2日目~4日目の昼食は含まれております。含まれていない部分は現地にて実費でお支払いください。
ツアーについて 冬の天候が不安定な時期になります。積雪の状況や吹雪などにより、通行止めや大幅に予定が変更になる場合もあるため、日程に余裕をもってご参加ください。
夜の樹氷観賞について 日程2日目の夜に予定しておりますキャビン付圧雪車での夜の樹氷観賞は、1日目の夜に変更する場合もございます。
トレッキングについて 2日目は天候が良い場合のみ森吉山頂を目指します。悪天候の場合は手前で引き返します。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。