ツアーのポイント

ポイント 東シナ海に浮かぶ秘島・甑島へ

甑島は、鹿児島県薩摩川内市の西方約26kmの東シナ海上に位置し、北から上甑島、中甑島、下甑島の三つの島から形成されています。島名の由来は、海岸にある甑(底に穴の開いた取手付きの土器)形の岩を御神体に甑島大明神として祀ったことから名付けられたとされています。古くは8000万年前(白亜紀)の地層から形成された断崖や巨岩は圧巻です。ツアーでは、各島の絶景をご覧いただく「長目の浜 潟湖群」、「甑島最高峰の尾岳」、「上甑島の遠目木山」、「助八古道」を地元ガイドさんと歩き秘島 甑島の自然を満喫していただきます。

ポイント 甑島の歴史にふれる散策やハイキングへご案内

上甑島では、郷士(ごうし)の住居跡として玉石垣の武家屋敷が並ぶ「里町の武家屋敷」を散策。下甑島では、島で車が使われはじめる50年前まで主に青瀬・瀬々野浦集落の人達が生活道として使っていた「助八古道」のハイキング。また、甑島のシンボル的存在・ナポレオン岩、甑島の最南端に位置する釣掛崎灯台、瀬尾観音三滝へご案内します。各島で地元の案内人のお話を聞きながら、甑島の歴史にふれていただきます。

ポイント 天草諸島・パノラマ展望地を歩く

天草上島・下島をはじめとする大小約120もの島々からなる天草諸島。 九州百名山の次郎丸岳(397m)、太郎丸岳(281m)、古代から天草の人々が霊山として仰ぐ天草諸島最高峰の倉岳、国の名勝に指定された龍ヶ岳を比較的簡単なハイキング・トレッキングや車でめぐります。山頂から眺める青い海に浮かぶ大小さまざまな島が織り成す美しい景観はまさに絶景です。

ポイント キリシタン文化が息づく島・天草の教会めぐり

世界遺産の崎津教会、キリスト教解禁後、天草で最も早く造られた大江教会。江戸時代初期に起こった天草・島原の乱でも知られるように、この地は古くからキリスト教との関わりが深く天草に根付くキリシタン文化にふれられる場所です。天草の教会でもっとも知られる2つの教会をめぐります。

﨑津教会
尾岳山頂より甑島列島全体の展望を眺める

訪問する
世界遺産

天草の﨑津集落

COLUMN 甑島が誇る神秘の景観「長目の浜」を歩く

藩政時代、島津光久公が巡視の際に「眺めの浜」と命名し、その景観をほめたことが名前の由来といわれている「長目の浜」。上甑島の北西部に位置し、幅50m、長さ4kmにわたって続く砂州で、なまこ池、貝池を海と仕切っています。「甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落」として国の天然記念物に指定されています。

この浜を歩きます(空撮)
長目の浜展望所

COLUMN 【中沢伴行プレゼンツ】 特別限定企画!日本縦断の旅シリーズ

「日本縦断の旅 第9弾 秋の九州の島々をめぐる旅 天草諸島と東シナ海に浮かぶ秘島 甑島(こしきしま)を歩く」、 天草諸島と東シナ海に浮かぶ秘島 甑島を一度にめぐり、秋の美しい時期に島の美しいトレイルや、比較的歩きやすい山々を歩く特別コース。この機会をお見逃しなく。

現在募集中の「日本縦断の旅シリーズ」

「初夏の北海道大自然をぐるっとめぐる旅」
「佐渡島トレッキングと能登半島をぐるっとめぐる旅」
「道南と青森の大自然をめぐる旅」
「四国を巡る旅 ~四国の名山を登りしまなみ海道を歩く~」
「琉球列島を歩く~ 沖縄島めぐりを楽しみ与那国島へ ~ 」

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月17日(土) ~
10月23日(金)中沢伴行(東京本社)同行
7日間 238,000円
11月04日(水) ~
11月10日(火)中沢伴行(東京本社)同行
7日間 238,000円
発着地 現地発着(熊本空港集合/鹿児島空港解散) 最少催行人員 5名(8名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 お問い合わせください
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • [東京からの参考フライト]※航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    往路 ANA643 羽田   09:55発 – 熊本 11:40着
    復路 ANA628 鹿児島 16:30発 – 羽田 18:15着

コース難易度

体力 歩くことが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊

全行程、民宿または旅館泊
※部屋数が限られるためお一人部屋の確保ができない場合がございます。

荷物 スーツケースでのご参加が可能です。ただし、搬送車の積み込みスペースの関係上、ダッフルバッグまたは中型サイズ(高さ:キャスター(こま)付きで70cm以内)のスーツケースでご参加ください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 熊本空港
天草
12:30発
15:00着
12時30分、熊本空港集合。 専用車にて天草へ。 着後、天草最高峰倉岳(682m)山頂付近へ。 天草最高峰倉岳ハイキング(40分) 。山頂からは天草諸島の展望を360°のパノラマでご覧いただけます。
天草:はまや旅館泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 天草

 

専用車にて九州百名山の次郎岳登山口へ。 次郎丸岳・太郎丸岳トレッキング(約5時間)
林道を歩き、次郎丸岳(397m)山頂へ。 下山は太郎丸分岐から太郎丸岳(281m)山頂を往復します。山頂からは海に浮かぶ島々の美しい眺めを満喫できます。下山後、専用車にて国の名勝に指定された龍ヶ岳(469m)へ。
天草:はまや旅館泊|食事:朝○ 昼× 夜○
3 天草
薩摩川内

朝発
夕方着

専用車にて、禁教時代に踏絵が行われた崎津教会大江教会を訪れます。 崎津教会では、見学後、遊歩道を歩き、教会の見えるチャペルの鐘展望公園へ。崎津教会や集落、羊角湾や東シナ海を一望できます。 フェリーにて、牛深港より蔵之元港へ。 その後、専用車にて、薩摩川内へ。
薩摩川内:川内ホテル泊|食事:朝○ 昼× 夜○
4 川内港
上甑島・里港
(遠目木山)

08:50発
09:40着

朝、シャトルバスにて川内港へ。フェリーにて上甑島へ向かいます。着後、宿から歩き始め、遠目木山登山口へ。 遠目木山トレッキング(約3時間半)
登山口から亜熱帯の樹林帯を歩き遠目木山山頂へ。(423m)山頂からは、日本三大トンボロ(陸繋砂洲)の一つ「里集落のトンボロ」、美しいラグーン(潟湖)や下甑島の山並みもご覧いただけます。 午後、里町の武家屋敷通りを散策します。
上甑島:石原荘、 又はホテルAreaOneこしきアイランド泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5 (長目の浜)
上甑島・里港
下甑島・長浜港
(尾岳)


12:50発
14:20着

午前中、「甑島長目の浜及び潟湖群の植物群落」として国の天然記念物に指定された長目の浜の散策をお楽しみください。美しい湖、海、山々の景色を楽しみながら歩きます。 午後、フェリーにて下甑島へ。到着後、宿より歩いて甑島最高峰の尾岳(604m)の登山口へ。 甑島最高峰 尾岳トレッキング(約2時間)
登山口から歩きやすい稜線を登り頂上へ。頂上からは、甑島列島全体、天草諸島、薩摩半島を一望できます。復路も歩いて宿まで戻ります。
下甑島:ホテルこしきしま親和館泊|食事:朝○ 昼× 夜○
6 下甑島

 

午前中、専用車にて下甑島南部の島内観光ナポレオンの岩釣掛崎灯台瀬尾観音三滝など)。 また、青瀬と瀬々野浦集落を結ぶ生活道路として使われていた「助八古道」のハイキング(往復約3時間)をお楽しみいただきます。
下甑島:ホテルこしきしま親和館泊|食事:朝○ 昼× 夜○
7 下甑島・長浜港
川内港
鹿児島空港

10:30発

11:40着
15:00着

朝のフェリーにて川内港へ向かいます。 着後、シャトルバスにて川内駅へ。 昼食後、専用車にて鹿児島空港へ。着後、解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼0/夜6:機内食は除く

ご案内とご注意

気候・服装 トレッキング中は天気が良ければ長袖で過ごすことができますが、悪天時や強風が吹くと体感温度は下がりますので防寒着をお持ちください。また、降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ち下さい。登山時の靴はトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。その他の場所では歩きなれた運動靴が便利です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
旅行代金に含まれていないお食事について 朝食、夕食は含まれております。含まれていない部分は現地にて実費でお支払いください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。