ツアーのポイント

ポイント トルクメニスタンに残るシルクロード史上貴重な史跡群を訪問

かつてアム・ダリヤ河とカスピ海を繋いだウズボイ水道、マルグッシュに残る巨大神殿跡トゴルク21号、中央アジアとペルシャの交易路上にあったダヒスタン等、トルクメニスタンに残る貴重な史跡群を訪問。

ポイント パルティア時代の都城址イクディ・カラにてキャンプ

ウズボイ水道沿いにあったパルティア時代の「関所」と考えられるイクディ・カラにてキャンプ泊。ウズボイ水道を見渡す高台にある都城址にて、悠久の歴史を感じながらのキャンプ泊をお楽しみください。

ポイント シルクロードに伝わった宗教の軌跡を探訪

ウズベキスタンのヌクス近郊では、かつてゾロアスター教の鳥葬が行われていたシェルピックの丘を訪問。トルクメニスタンのマリ近郊では、遠く中国まで渡ったネストリウス派のキリスト教徒が建てた教会跡を訪問し、人、物資とともにかつてシルクロードを行き交った宗教の流れを垣間見ます。

ポイント 各地に野花咲く春季だけの限定コース

ウズボイ水道やトゴルク21号に野花が咲きほこるシーズン限定のコースです。またバルカナバード、マリでは連泊を設け、数々の貴重な史跡群を丹念に見学します。

COLUMN シルクロードの水上交易路 ウズボイ水道

太古の昔、アム・ダリヤ河はカスピ海に直接注いでいましたが、時代と共に流れを変えてアラル海につながりました。その後、アム・ダリヤ河から水路を引きサリカミシュ湖を経由してカスピ海まで繋げたのがウズボイ水道です。この水道を通って北東のホラズム地方からの物資がカスピ海へ運ばれ、9日間かけて対岸のコーカサス地方に渡りました。その後物資は陸路で黒海まで運ばれ、再度海路でコンスタンティノープルやヨーロッパへと運ばれていきました。この事実を裏付けるように、ウズボイ水道周辺からは船や錨のレリーフが発見されています。ツアーでは、ウズボイ水道に残るイクディ・カラを訪れます。ここへ陸揚げされた物資は、陸路南のペルシャへと運ばれたと思われます。

野花咲く季節、イクディ・カラより望むかつてのウズボイ水道
野花咲くイクディ・カラにてキャンプ

COLUMN 中央アジアとペルシャを結んだ隊商都市
ダヒスタン

ダヒスタンは、13世紀のモンゴル襲来まで栄えた隊商都市で、「ダヒ」とは首長という意味と、ダヒという部族名(パルティアの始祖のパルニ部族の流れ)との説があります。現在残る遺跡には、12世紀の聖人の廟と、その回りに他の28の廟が点在しています。また、かつてのダヒスタンの首都・マシャド・ミスティアンに残る大きな城壁址の内部には、キャラバンサライの跡と巨大な金曜モスクが残ります。チンギス・ハーンはあまりの巨大さに、このモスクと2本のミナレットだけは破壊せずに過ぎ去りました。モスクは門の一部が残っており、かつて交易で栄えた隊商都市の巨大さがよくわかります。

ダヒスタンのキャラバンサライ跡とミナレット
シール・カビール廟
遺跡に点在する陶器片

COLUMN カラ・クム砂漠に残る巨大神殿跡 トゴルク21号

世界5大文明の一つとも呼ばれるマルグッシュにあった巨大神殿跡・トゴルク21号。トゴルクとは「円形」の意ですが、神殿は140m×100mの方形をしており、現在は基礎だけが残っています。原始ゾロアスター教のこの神殿の回りには、神官が一人ずつ入って瞑想をする部屋や、神官が酩酊状態になって儀式をする際に服用したハオマを製造した場所、そして大小一つずつの円形の拝火壇跡が残っています。

円形の拝火神殿跡
広大なトゴルク21号の巨大神殿跡

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月17日(金) ~
04月27日(月)野花咲く季節
11日間 498,000円
04月29日(水) ~
05月09日(土)野花咲く季節
11日間 568,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 6名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 9,000円~12,000円(12月5日現在の見込み)
一人部屋追加代金 40,000円
日本の地方発着 名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(ソウル合流)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ソウル
大阪
ソウル
ソウル
タシケント
09:15発
11:45着

09:30発
11:20着

15:45発
19:20着
空路、東京・大阪よりそれぞれソウルへ。着後、航空機を乗り換えて、ウズベキスタンの首都タシケントへ。着後、ホテルへ。
タシケント泊
2 タシケント
ヌクス
(国境)
タシャウズ

朝発
午前着

航空機にて、ヌクスへ。着後、専用バスにてゾロアスター教の鳥葬が行われたシェルピックを見学。その後国境へ。国境を越え、トルクメニスタンのタシャウズへ。
タシャウズ泊
3 タシャウズ
アシガバート
朝発
午前着
航空機にて、アシガバートへ。着後、アナウへ。紀元前3000年期の遺構と15世紀のセイト・ジャナルッディーン・モスクを見学します。午後、アシガバート国立博物館を見学。
アシガバート泊
4 アシガバート
イクディ・カラ
08:00発
16:30着
専用車に分乗し、セダールへ。その後、幹線道路を外れカラクム砂漠に残るウズボイ水道跡を見ながら、パルティア時代の城址イクディ・カラへ。夜はイクディ・カラにてキャンプ泊をお楽しみください。
テント泊
5 イクディ・カラ
バルカナバード
08:30発
16:30着
専用車に分乗し、大バルカン山脈、小バルカン山脈を眺めながらバルカナバードへ。途中、ウズボイ水道の河床跡を越えます。
バルカナバード泊
6 バルカナバード
(ダヒスタン)
  専用車に分乗し、パルティア始祖のパルニ氏族が属したダーハ氏族の土地だったダヒスタン遺跡へ。着後、隊商宿跡、13世紀の金曜モスク、ミナレットを見学。その後、バルカナバードへ戻ります。
バルカナバード泊
7 バルカナバード
アシガバート
アシガバート
マリ
08:00発
14:00着
夕方発
夜着
専用車にて、アシガバートへ戻ります。夕方の航空機にて、マリへ。
マリ泊
8 マリ
(トゴルク21号)
  専用車に分乗しマルグッシュに残るトゴルク21号へ。着後、神殿跡拝火壇跡を見学。その後、マリへ戻ります。途中、ネストリウス派キリスト教会跡、中央アジア最大の遺跡メルブを見学。
マリ泊
9 マリ
(国境)
ブハラ
07:30発

19:30着
専用車にて、カラ・クム(黒い砂漠)を走りトルクメナバードへ。アム・ダリヤを渡り、国境を越えてウズベキスタンのブハラへ。着後、ブハラ近郊に残るソグド人の都市跡パイケントを見学。
ブハラ泊
10 ブハラ
タシケント
タシケント
07:00発
18:30着
21:20発
専用車にてタシケントへ。夜の航空機にて、帰国の途につきます。
機中泊
11 ソウル
ソウル
東京
ソウル
大阪
07:45着

10:10発
12:30着

09:35発
11:20着
着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝9/昼9/夜9:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アシアナ航空、大韓航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • 上記は大韓航空利用の場合の日程です。アシアナ航空利用の場合、国際線の発着時刻が異なります。

ご案内とご注意

査証(ビザ) トルクメニスタン(2,900円)、代行手数料(4,400円)。ウズベキスタンは査証不要です。写真2枚、旅券の残存有効期間はトルクメニスタン入国時に7ヶ月半、査証欄余白は3ページ以上必要です。トルクメニスタンの査証取得には、政府が発給許可する招聘状が必要になります。政府の命令により、ツアー直前でも発給されない場合があります。特殊な国であることをご理解の上、お申し込みください。
気候・服装 4月はベストシーズンにあたり合服で過ごせます。朝晩の冷え込みに備えて上着をお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
日程について ウズベキスタン、トルクメニスタンの国内線は突然スケジュールが変わることがあります。その場合、日程変更を余儀なくされることがあります。予めご了承ください。
観光について 見学地によっては、突然の工事などにより入場できなくなる場合があります。
テント泊について 寝袋(三季用)が必要になります。お持ちでない方には弊社より有料(5,000円)で貸し出しいたします。
その他のご注意 花の開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。