ツアーのポイント

ポイント タジキスタンの大自然にふれる陸路移動の日程

山岳国家タジキスタンでは荒々しい山脈を越え、山間に暮らす素朴な人々の生活を垣間見ます。春は咲き乱れる野花、秋は美しい黄葉もお楽しみいただけます。

ポイント 観光の拠点で連泊を設けたゆったりとした日程

タジキスタンの首都ドゥシャンベと、仏教遺跡が点在するテルメズには各2連泊し、時間を気にすることなくゆっくりと見学することができます。

ポイント いにしえのソグド人の都・ペンジケントを訪問

「中央アジアのポンペイ」と讃えられる古代ソグド人の都城跡ペンジケント、同じくソグド人の都跡のブンジカット遺跡を見学。ソグディアナの地からはるばる中国まで遠征した歴史の証人ソグド人の面影を訪ねます。

ポイント ドゥシャンベでは貴重な収蔵品を展示する国立博物館を訪問

タジキスタンの歴史を物語る、貴重な遺物を見学します。アラブ人の来襲により歴史から姿を消したペンジケント出土の彩色壁画や、ツアーで訪れるアジナ・テパ遺跡から出土した涅槃像、サラズムの王妃など、貴重な出土品をご覧いただきます。

ポイント 中央アジアに残る貴重な仏教遺跡群を見学

ウズベキスタンでは、クシャン朝期の数々の仏教遺跡を見学。国境の町テルメズを中心に、インドからガンダーラを経由して中央アジア、そして日本へと伝わった仏教の足跡を辿ります。加藤九祚博士が生涯を捧げて発掘したダルヴェルジン・テパも訪問します。
訪問する
世界遺産

サラズムの遺跡(タジキスタン)

COLUMN アレキサンダー大王の都

レキサンダー大王は、東方遠征の際に征服した町に、自分の名である「アレキサンドリア」と冠した名前を付けました。その数は、諸説ありますが世界中に数十あったと言われています。大王がソグディアナを征服した際は、現在のホジャンドをアレキサンドリア・エスハータ(最果てのアレキサンドリア)と名づけています。また、中央アジアとアフガニスタンを隔てるアムダリヤの「渡し」の機能を持った町であったカンプル・テパで、大王は6日間かけて全軍を渡河させたと言われています。大王はここにもシタデル(城塞)を築きました。アレキサンドリア・オクシアーナ(アムダリヤのアレキサンドリア)は、通説ではアフガニスタンに残るアイ・ハヌムと言われていますが、このカンプル・テパがアレキサンドリア・オクシアーナであったという説もあります。

愛馬ブーケファラスに跨るアレキサンダー大王(ソグド州立博物館)
対岸にアフガニスタンを望むカンプル・テパ

COLUMN 副葬品に包まれた サラズムの王妃

2010年にタジキスタン初の世界遺産に登録されたサラズム。紀元前4000年紀からの居住区跡、金属工房跡、神殿跡などが発見されています。なかでも最大の出土は、サラズムの王妃と名付けられた女性の墓で、40数点の金製品と、無数の宝石やビーズの装飾品が一緒に埋葬されていました。2メートル近い身長を持ち屈葬式で葬られたサラズムの王妃は、ドゥシャンベの国立博物館に眠っています。

ドゥシャンベ博物館に眠るサラズムの王妃

COLUMN 古代シルクロードの主人公・ソグド人

シルクロードの交易が盛んに行われていた4~8世紀、その東西の交易を独占していたのがソグド人です。ペルシャ系の顔を持ち、ソグディアナ(現在のウズベキスタンとタジキスタンの一部)に住んでいた彼らは、交易だけでなく文化や政治にいたるまで周辺諸国に影響を与えました。商業に長けていた彼らは、売買の際に必ず契約書を作成し残しました。写真(左)は、当時使われていたソグド文字で書かれた契約書の一部です。また、文化や宗教も各地にもたらしたため、当時の中国では胡(ペルシャ)風趣味が流行り、信仰されていたゾロアスター教は祆教という名で伝えられました。ツアーで訪れるペンジケント遺跡からは絶頂期にあったソグド文化の華やかさを彷彿させる数々の壁画が発見され、ドゥシャンベ博物館などで見ることができます。

ソグド文字で書かれた木簡
ペンジケント遺跡出土ソグド人の壁画

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
04月26日(金) ~
05月04日(土)ゴールデンウィークコース
9日間 378,000円
05月14日(火) ~
05月22日(水)
9日間 308,000円
08月09日(金) ~
08月17日(土)
9日間 358,000円
08月16日(金) ~
08月24日(土)
9日間 358,000円
09月03日(火) ~
09月11日(水)
9日間 328,000円
09月20日(金) ~
09月28日(土)
9日間 328,000円
10月08日(火) ~
10月16日(水)黄葉が美しい秋のベストシーズン
9日間 328,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 7名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 13,000円(12月7日現在の見込み)
一人部屋追加代金 39,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
日本の地方発着: 名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(ソウル合流)。詳しくはお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ソウル
大阪
ソウル
ソウル
タシケント
昼又は午後発


午前発


17:10発
20:50着
空路、東京・大阪よりそれぞれソウルへ。着後、航空機を乗り換えて、ウズベキスタンの首都タシケントへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ソウルにて合流します。
タシケント泊
2 タシケント
(国境)
ホジャンド
08:00発

13:00着
専用バスにて、国境へ。国境を越えて専用車に分乗し、シルクロードの交易都市として栄えたタジキスタン第2の都市ホジャンドへ。着後、市内観光(アレキサンダー大王の最果ての都“アレキサンドリア・エスハータ”の地に建てられた砦跡ソグド州立博物館、かつての定期市で“木曜日”を意味するパンジシャンベ・バザール等)。
ホジャンド泊
3 ホジャンド
イスタラフシャン
ブンジカット遺跡
ペンジケント
07:00発


18:00着
専用車にて、2500年もの歴史を持つ古都イスタラフシャンへ。着後、市内観光(古代ソグド人の都市遺跡ムグ・テパ、ナイフ作りで有名なバザール等)。その後、古代ソグド人の遺跡ブンジカットを見学し、トルキスタン山脈を越えてペンジケントへ。途中、雄大なザラフシャン山脈の景観もご覧いただけます。ペンジケント着後、ルダーキー博物館を見学。
ペンジケント:民家風ゲストハウス泊
4 (ペンジケント遺跡)
ペンジケント
ドゥシャンベ

10:30発
18:00着
朝、紀元前4~3000年紀の遺跡サラズム、古代ソグディアナの都址ペンジケント遺跡を見学。その後、専用車にてタジキスタンの首都ドゥシャンベへ。
ドゥシャンベ泊
5 ドゥシャンベ
(アジナ・テパ)
  午前中、仏教寺院跡の残るアジナ・テパを訪れます。午後、古くから南アジアとの交通の要衝として栄えたドゥシャンベ市内観光(アジナ・テパから出土した涅槃仏像で知られる国立博物館独立広場等)。
ドゥシャンベ泊
6 ドゥシャンベ
ヒッサール要塞
(国境)
ダルヴェルジン・テパ
テルメズ
08:30発



19:00着
専用車にて国境へ向かいます。途中、ブハラ・ハン国時代の都に残るヒッサール要塞を見学。その後、国境を越えてウズベキスタンへと入り、アフガニスタンとの国境に位置するスルハンダリヤ州の州都テルメズへ。途中、加藤九祚博士が発掘に携わった遺跡ダルヴェルジン・テパを見学します。
テルメズ泊
7 テルメズ
(クシャン朝の仏教遺跡)
  終日、テルメズ周辺のクシャン朝時代の遺跡群を見学します(日本の調査団が発掘したカンプル・テパファヤズ・テパズルマラ・ストゥーパ(遠景)博物館等)。
テルメズ泊
8 テルメズ
タシケント
タシケント
午前発

22:20発
航空機にてタシケントに戻ります。着後、市内観光(テルメズのファヤズ・テパ出土の仏像が納められたタシケント歴史博物館等)。その後、航空機にてソウルへ。
機中泊
9 ソウル
ソウル
東京
ソウル
大阪
08:55着
午前又は午後発


午後発
ソウル着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:アシアナ航空、大韓航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) タジキスタン(5,900円、2週間以内の滞在用)、代行手数料(4,320円)。ウズベキスタンは査証不要です。旅券の残存有効期間は7ヶ月半、査証欄余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 4月・5月・10月は、合服が基本となります。8月・9月は暑い時期で夏服が基本となりますが、乾燥していますので日本の夏のような不快さはありません。いずれの時期も山岳地帯は冷え込みますので上着をご用意ください。
利用予定ホテル 日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
タジキスタンについて タジキスタンは近年ようやく外国人の訪問が可能になったため、外国人の受け入れに慣れておらず、こちらが望むようなサービスがなかなか受けられなかったり、政府の決定など予測し得ない事情により、日程が変更になる場合があります。国情をご理解の上、ご参加ください。
宿泊について ペンジケントでは民家風ゲストハウスに宿泊します。設備は簡素で一部の部屋はトイレ、シャワーが共同になります。部屋数に限りがありますので、御一人部屋をお取りできなかったり、近くの民家に分宿になることがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。ホジャンドのホテルは、ツインの部屋に限りがあるため、相部屋希望の方も御一人部屋になることがあります。
観光について 花の開花や黄葉の時期は、その年の気候により多少ずれることがあります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。