ゴーラクヒル Gorakh Hill (シンド州)

シンド州で国内観光客に人気があるゴーラクヒル Gorakh Hill。N55、通称インダスハイウェイから西へキルタール山脈に入った場所にある、標高1,700mの高原です。バロチスタンとの州境にあり、途中の景色もバロチスタンと一緒で、道路沿いにキャンプを張って暮らす人々もバローチ族です。

ゴーラク Gorakhの名前はシヴァ神を信仰するヒンドゥ行者に由来するといいます。そう、シンド州はパキスタンのヒンドゥ教徒の94%が暮らす州なのです。

 

シンド州の平原から一気に標高を上げ、下には雲海が広がりました。4WDでないと来ることはできず、思いのほか時間がかかり、この日は夕焼けを見ることができませんでした。

 

あれだけの悪路にも関わらず、週末はカラチなど都市部からやってくるツーリストで大変賑わう場所です。私たちが訪問したのは平日だったため、数組のパキスタン人のグループがいただけですが、多い時には1000人を越えることもあるとか。暑いカラチやハイデラバードからやってきて、涼しい高原で夕日・朝日をながめ、夜はキャンプファイヤー・・・そういう旅が人気があるようです。

 

朝日を見にベナズィールビューポイントへ行ってみました。

 

夜明けのゴーラクヒルステーションからの景色。

 

高原の見晴らしのいい場所に、ヴィラ風の建物が作られていました。いずれはイスラマバード郊外のマリーのようになってしまうのでしょうか。キルタール山脈の雄大な景色を残してほしいと思いました。

 

ゴーラクヒルのビューポイントです。高原の切り立った崖の上に位置しています。

 

朝日の後の気持ちの良い朝食。シンド州とは思えない景色と出会えたゴーラクヒルの訪問でした。

 

Photo & Text : Mariko SAWADA *一部の写真はドローンによる撮影です。

Visit : Nov 2019,Gorakh Hill Station, Dadu, Sindh

 

カテゴリ:■シンド州 > ゴーラクヒル
タグ: , , , , , , ,