秘境ツアーのパイオニア 西遊旅行 / SINCE 1973

インドみどころガイド

シュリーナガル

Srinagar

シュリーナガルはインド最北部、ジャンムー・カシミール州の街。ムガール帝国のジャハーンギール帝に“予はカシミール以外に何も望まない”と言わしめたシュリーナガルは、標高が1,700m近くあるため夏でも涼しく、山間にはダル湖が美しく水を湛える「水の都」です。古の交易路としてチベットと中央アジアを繋いだこの街は、ムガール時代には皇帝の、イギリス統治時代には外国人の「避暑地」として栄え、その優雅な雰囲気が形成されました。

ダル湖とニギン湖/ Dal Lake & Nigeen Lake

シュリーナガルはインダス川の支流ジェラム川の両岸に位置し、街の中心にダル湖とニギン湖が広がっています。水上市やハウスボートで賑わうダル湖は街のシンボルです。そのダル湖の隣にある小さな湖がニギン湖。こちらは静かにゆったりと滞在したい旅行者に人気です。どこからでも湖を望むことができるシュリーナガルですが、湖の透明度は場所によって異なり、州観光局はごみなどの環境問題に取り組んでいます。

湖上の花売り
ダル湖の夕暮れ
活気溢れる朝市
ダル湖畔の民家

ハウスボート/ House Boat

シュリーナガルの魅力のひとつがハウスボートです。イギリス統治時代、イギリス人が湖に豪華な家屋を浮かべて、別荘にしたのがはじまり。ハウスボートへは、湖の桟橋から手漕ぎの小舟「シカラ」に乗って向かいます。ハウスボートはカシミール様式の豪華な装飾が特徴的で、サロン、食堂の奥に客室が並び、各客室にバスタブ、トイレが完備されています。ボートは並んで停泊し、それぞれが桟橋でつながっています。

湖に浮かぶハウスボートとシカラに乗った花売り
ハウスボートのサロン
ハウスボートのデッキからの眺め
シカラの乗り場
シカラに乗って湖上を進む

シャリマール庭園とニシャット庭園/ Shalimar Bagh & Nishat Bagh

シャリマール庭園
ジャハーンギル帝が妃であるヌール・ジャハーンのために建立したムガール様式の庭園です。庭を歩きながら上まであがっていくと、ダル湖の景色が広がり壮観です。かつては山からの湧水を利用して水を流入していました。
ニシャット庭園
17世紀ごろに造られたとても大きなムガール庭園。シャリマール庭園のすぐ隣にあり、山の斜面にあるシャリマール庭園に対して、こちらは平地に造成されました。地元の子供たちや旅行者で賑わっています。

シャリマール庭園
ニシャット庭園

シャー・ハムダーン・モスク/ Shah Hamadan Mosque

シュリーナガルにイスラム教が伝わる以前、ここには仏教とヒンドゥー教が順に栄えました。その影響でシュリーナガルのモスクや民家には、仏教やヒンドゥー教風の装飾が見られます。また、冬に積雪のある山岳地帯であるシュリーナガルでは、モスクの屋根が丸ではなく独特の尖った形になりました。数あるモスクの中でも特に見ごたえがあるのが、このシャー・ハムダーン・モスクです。14世紀に建てられ火事で焼失したのちに、尖塔屋根が特徴的なカシミール建築のモスクになりました。

シャー・ハムダーン・モスクとシュリーナガル旧市街の街並

カシミールの伝統料理と工芸品/ Traditional Crafts

伝統料理 ワズワン
イスラム料理の中でも、その美味しさで有名なカシミール料理。代表的なものがこのワズワンです。多数のカレーやマトンなどの肉料理が振る舞われる、豪勢なコース料理のようなものです。
カシミール絨毯
高いものは数100万円のものまであるカシミール絨毯は、世界中にファンをもつ工芸品。しかし、子どもの頃から技術を磨かないとここまで細かい絨毯を織ることはできません。現在では未就学児の就労が制限されているため、伝統的な絨毯の織り手も少なくなってきているのが現状です。
ペーパーマッシュ
細かくちぎった紙を糊ではり合わせ上に漆を塗った、日本の「張り子」と似た工芸品。丈夫で中に水を入れることもできます。表面には細い猫の毛で細かい絵が描かれており、イスラムのミニアチュール絵画の技法が取り入れられています。小箱や筆入れだけでなく、猫やウサギ、ラクダなどのかわいらしい動物の置物も人気です。
木工品
小箱やランプシェードなど、細かな木彫りの木工品も手ごろな値段のものもあり、土産物として人気です。

伝統料理ワズワン
カシミール絨毯
ペーパーマッシュ
旧市街のブラス器を売る店

PAGE TOP