ツアーのポイント

ポイント 巡礼者に最も人気のある
「フランス人の道」完全踏破を目指すパート4

先ずはレオンを出発した後、メセタ(乾燥高原)を歩き、「赦しの門」があるビジャフランカ・デル・ビエルソを目指します。「赦しの門」は、サンティアゴに辿り着けなくても神に認められ、天国に迎え入れられると考えられた場所で、中世の巡礼者の心の支えとなりました。ここまで来ると「フランス人の道」最後のガリシア州は近く、巡礼路が乾いた大地から少しずつ緑ある様相へ変わっていきます。

ポイント セブレイロ峠からケルト文化の香るガリシアへ

フランス人の道約800㎞の最後の難所・セブレイロ峠を越えるとガリシア州です。これまで歩いてきたカスティーリャ・イ・レオン州の内陸性気候とは異なり、海洋性気候のため豊かな森が巡礼路に残っており、巡礼者を優しく包みます。サンティアゴ大聖堂までラスト114㎞のサリアでパート4のゴールを迎えます。

ポイント ヤコブ聖年に歩くサンティアゴ巡礼

使徒ヤコブが殉教した7月25日が日曜日に当たる年はヤコブ聖年と呼ばれ、ビジャフランカ・デル・ビエルソやサンティアゴ大聖堂の赦し(ゆるし)の門が開きます。2020年が直近でしたが、コロナウイルス情勢を鑑み2022年末まで延長されました。1世紀の間に僅か14回しか訪れない特別な年にサンティアゴの巡礼路を歩いてみてはいかがでしょうか。

ポイント ホテル泊、荷物送迎付きで快適に歩く

歩き疲れた体をゆっくり休めていただけるよう、巡礼宿ではなくホテルをご用意。また、スーツケースなどは荷物車が運ぶので、巡礼中は最低限の荷物で歩くことができます。

訪問する
世界遺産

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路

COLUMN 「フランス人の道」完全踏破を目指すパート4

パート3のゴールであるカスティーリャ・イ・レオン州のレオンからパート4のゴールであるガリシア州のサリアへ向かいます。サンティアゴ・デ・コンポステーラまでラスト114㎞の地点にあたります。まずは、レオンの街の郊外に出て、メセタ(乾燥高原)を歩き、中世からの難所・イラゴ峠を2日かけて越え、ビジャフランカ・デル・ビエルソの「赦し(ゆるし)の門」へ向かいます。その後、フランス人の道約800㎞の最後の難所・セブレイロ峠を越えるとガリシア州です。これまで歩いてきたカスティーリャ・イ・レオン州の内陸性気候とは異なり、海洋性気候のため豊かな森が巡礼路に残っており、巡礼者を優しく包みます。サンティアゴ大聖堂までラスト114㎞のサリアでパート4のゴールを迎えます。

レオン大聖堂
穏やかな農村風景を楽しみながら巡礼路を歩く

COLUMN 中世から現代に至るまで巡礼者を苦しめてきたイラゴ峠

巡礼者たちが、中世に「マーキュリーの丘」と呼んでいたイラゴ峠。伝説では、ローマ時代、旅の守護神マーキュリーに捧げる石が積み上げられてできた丘だといわれています。夏でも寒く、中世から現代に至るまで巡礼者を苦しめてきたイラゴ峠へは2日かけて挑みます。途中、巡礼者が道中の無事を祈って自分の名前を書いた石を投げた「鉄の十字架」も通ります。イラゴ峠越えを克服し、聖地サンティアゴへ向かうプロセスも完全踏破の醍醐味の一つ。カスティーリャからの景観の移り変わりも楽しみながら、巡礼路を一歩づつ踏みしめ、乗り越えていきましょう。

イラゴ峠道中の廃村 フォンセバドン
鉄の十字架
イラゴ峠を下りモリセナカへ

COLUMN「フランス人の道」最後の難所・セブレイロ峠を越えてガリシアへ

フランス人の道約800㎞の最後の難所・セブレイロ峠も2日かけて挑みます。ビジャフランカの町を出てレオン県最後の村ラ・ラグーナ・デ・カスティージャを過ぎれば、森は視界の開ける尾根道へ変わり、清々しい木々の緑が目と心を癒してくれます。ガリシア州への入口の石碑を見つけたら、後は一気に登り詰めて、ガリシア州の玄関口・標高1,300mのセブレイロ峠の頂上に到着です。天空の村・セブレイロのサンタ・マリア教会では、ユニークなどんぐりお目々の聖母子像に出会うことができます。

巡礼最後の難所、セブレイロ峠へ続く道を進む
セブレイロ峠から緑豊かなガリシア州を望む

COLUMN ビジャフランカ・デル・ビエルソの「赦しの門」

中世、巡礼の道中は安全ではなく、病気などにより多くの巡礼者が道半ばで命を落としました。また、現在より降雪量が多く、雪解け水によってセブレイロ峠などが数年間閉ざされることもあり、ビジャフランカで巡礼を断念せざるを得ないこともあったと言います。「赦しの門」は、ここまで来ればサンティアゴに辿り着けなくても神に認められ、天国に迎え入れられると考えられた場所で、巡礼者の心の支えとなりました。「赦しの門」の前で、人生を賭けて聖地サンティアゴを目指した中世の巡礼者に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

サンティアゴ教会の「赦しの門」

COLUMN 【連続参加可能コース】サンティアゴ巡礼完全踏破パート3
カスティーリャの大地を歩き、古の都レオンへ

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
10月01日(土) ~
10月16日(日)連続参加可能コース
川本将士(東京本社)同行
16日間768,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 5名(10名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 81,600円(6月23日現在の見込み)
一人部屋追加代金 78,000円
連続参加の料金 ■パート3+パート4(9/24~10/16):全23日間 1,225,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 歩きやすいルートが続きますが、長距離を連日歩くことができる十分な基礎体力が必要です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 ホテル13泊 巡礼中は、各地中級クラス、地方の小さなホテルが中心です。
荷物 中型サイズ以下のスーツケースでご参加ください。宿から宿へ荷物を運送しますので、1日に背負う荷物は巡礼路歩き用のデイパックのみです。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
大阪
22:30発

23:45発
空路、東京・大阪よりそれぞれアラブ首長国連邦のドバイへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ドバイにて合流します。
機中泊
2 ドバイ
ドバイ
ドバイ
マドリッド
マドリッド
レオン
04:10着

04:50着

07:40発
13:25着
14:30発
18:00着
ドバイ着後、航空機を乗り換えて、スペインの首都マドリッドへ。着後、専用車にてカスティーリャ・イ・レオン州の街レオンへ。
レオン泊
3 レオン
(ビジャダンゴス・デル・パーラモ)
約5時間 ●サンティアゴ巡礼(約5時間)
レオンからべルネスガ河を渡り、緩やかに登りながらトラバッホ・デルカミーノへ。その後、国道脇を歩き、ビジャダンゴス・デル・パーラモへ。
※ビジャダンゴス・デル・パーラモは宿泊施設が限られるためレオンまで専用車で戻り宿泊します。
レオン泊
4 レオン
ビジャダンゴス・デル・パーラモ
アストルガ

約7時間
●サンティアゴ巡礼(約7時間)
朝、専用車でビジャダンゴス・デル・パーラモへ移動します。
その後、緑の大地を歩き、サンティバーニェス・デ・バルデイグレシアスからの山越えを経て、アストルガの街へ。
アストルガは古代より交通の要所として栄え、名物のチョコレートとガウディの建てた司教館が有名です。
アストルガ泊
5 アストルガ
(ラバナル・デル・カミーノ)
約7時間 ●サンティアゴ巡礼(約7時間)
アストルガの街を出て、イラゴ峠に向けてひたすら登り、ラバナル・デル・カミーノへ。
※ラバナル・デル・カミーノは宿泊施設が限られるためアストルガまで専用車で戻り宿泊します。
アストルガ泊
6 アストルガ
(ラバナル・デル・カミーノ)
(マンハリン)

約3時間

●サンティアゴ巡礼(約3時間)
朝、専用車でラバナル・デル・カミーノへ移動します。
引き続き、イラゴ峠に向けて登り、巡礼者が道中の無事を祈る「鉄の十字架」を経てマンハリンへ。
※マンハリンは宿泊施設が無いためアストルガまで専用車で戻り宿泊します。
アストルガ泊
7 アストルガ
マンハリン
モリナセカ

約5時間
●サンティアゴ巡礼(約5時間)
朝、専用車でマンハリンへ移動します。
着後、イラゴ峠を下り、モリナセカへ。
モリナセカ泊
8 モリナセカ
ポンフェラーダ
約3時間 ●サンティアゴ巡礼(約3時間)
モリナセカを出て、葡萄畑の中を歩き、ポンフェラーダへ。
ポンフェラーダ泊
9 ポンフェラーダ
ビジャフランカ・デル・ビエルソ
約6時間 ●サンティアゴ巡礼(約6時間)
ポンフェラーダから、「赦しの門」があるビジャフランカ・デル・ビエルソへ。
ビジャフランカ・デル・ビエルソ泊
10 ビジャフランカ・デル・ビエルソ
ベガ・デ・バルカルセ
約5時間 ●サンティアゴ巡礼(約5時間)
フランス人の道完全踏破・最後の難所「セブレイロ峠越え」に2日かけて挑みます。ビジャフランカを出て、しばらく国道脇を歩き、その後山道を登り続けベガ・デ・バルカルセへ。 ※ベガ・デ・バルカルセは宿泊施設が限られるためビジャフランカ・デル・ビエルソまで専用車で戻り宿泊します。
ベガ・デ・バルカルセ又はビジャフランカ・デル・ビエルソ泊
11 ベガ・デ・バルカルセ
セブレイロ
約4時間 ●サンティアゴ巡礼(約4時間)
カスティーリャ・イ・レオン州最後の村を経て、セブレイロ峠の頂上に位置し、ガリシア州の玄関口であるセブレイロ村へ。
セブレイロ泊
12 セブレイロ
トリアカステーラ
約6時間 ●サンティアゴ巡礼(約6時間)
いよいよ、サンティアゴ巡礼で歩く最後の州、ガリシアを歩きます。セブレイロ村から、サン・ロケ峠・ポイオ峠を越え、尾根道を下り、トリアカステーラへ。
トリアカステーラ泊
13 トリアカステーラ
サリア
約5時間 ●サンティアゴ巡礼(約5時間)
ガリシアの深い森の中、小刻みなアップダウンを繰り返し、サリアへ。
着後、帰国前のPCR検査を受けます。
サリア泊
14

サリア
マドリッド

 

08:00発
16:00着
専用車にてマドリッドへ。
着後、自由行動。出発まで自由行動。その後、航空機にてマドリッドへ。
マドリッド泊
15

マドリッド

 

15:20発 出発まで自由行動。その後、航空機にてドバイへ。 
機中泊
16 ドバイ
ドバイ
東京
ドバイ
大阪
00:45着

02:40発
17:35着

03:00発
17:15着
ドバイ着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝13/昼12/夜13:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エミレーツ航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は出国時に3ヶ月以上、査証欄の余白は2ページ以上必要です。
スペイン入国に際して 新型コロナワクチン証明書が必要です。(現状、最終接種日から270日間が有効期限となっています)。お持ちでない場合は日本出発の72時間前以降に受検したPCR検査の陰性証明書が必要です。
スペイン出国に際して 出国前にサリアでPCR検査を受検していただきます。検査代(約99ユーロ)は、現地にてお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に際して日本出国前、帰国後に必要な手続き」をご覧ください。
気候・服装 日帰りハイキング用の装備でご参加いただけます。半袖または長袖シャツ程度で過ごせますが、曇天の日や朝晩は冷え込みますのでフリースやウインドブレーカー等の防寒着もお持ちください。雨が降ることもありますので、上下セパレート式の雨具は必ずお持ちください。靴は履き慣れたハイキングシューズ又はトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル 下記のホテルリストをご覧ください。
■レオン:シルケン・ルイス、ラ ポサーダ レヒア、バリス、テリィプ、モナスティカ
■アストルガ:ガウディ、アストゥル・プラサ、ヴィア・デ・ラプラタ、シウダー
■モリナセカ:パラシオ、ザ・ウェイ、デ・フロリアーナ
■ポンフェラーダ:アロイ・プラサ、テンプル・ポンフェラーダ、ビエルソ・プラサ、エル・カスティージョ
■ビジャフランカ・デル・ビエルソ:カサ・メンデス、ラ・プエルタ・デル・ペルドン、プラサ・マヨール
■トリアカステーラ:イベリク・トリアカステーラ、ダヴィド、ダヴィス、シモン、オルガ
■サリア:ローマ、マルデプラタ、アルフォンソIX、ラカソナデサリア
宿泊について 場所によって部屋数に限りがありますので、近郊の宿泊地になったり、又は分宿、御一人部屋をお取りできない場合があります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
日程について 巡礼路歩きは天候などの状況によりルートを変更したり、中止する場合もあります。
観光について 見学する教会は宗教施設のため、ミサなどが行われる際に内部に入場できないことがあります。その場合は外観観光となります。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。