ツアーのポイント

ポイント 知る人ぞ知る「乙訓おとくにトレイル」を3日間で踏破

京都一周トレイル(西山コース)は嵐山、松尾山を経て苔寺谷で終了しますが、実は松尾山からは、天王山、大山崎へと至る尾根道が続いています。京都市ではない(隣接する長岡京市、大山崎町)という単純な理由で、一周トレイルとは切り離され、地元の山好きな人たちだけが知るルートになっています。名所旧跡の残る、静かな尾根道を歩き、西側から京都盆地、比叡山の展望を楽しみます。

ポイント 何度でも訪れたい秋の京都。「京都一周トレイル」を歩き終えた方におすすめ

東山、北山、西山と京都一周トレイルを歩かれた方にとっては、これで文字通り、京都盆地をぐるっと一回りすることになります。京都一周トレイルを歩いたことのある方に歩いていただきたいです。
※11/14発、11/22発「京都一周トレイル ハイライトコース」との連続参加も可能です。

ポイント 地元の交通手段を利用して「京都人」のように旅する

連泊のホテルを起点にして、地元の私鉄や地下鉄、路線バスを利用して移動します。夕食はあえて代金に含んでいないので、京料理や地元で人気の食事処など、その時の気分で、お好きなものを召し上がってください。ホテル周辺ではお店に困ることはありません。京都をプライベート旅行のように楽しむ旅です。

ポイント 京都駅前のホテルに連泊 大浴場で山旅の疲れもとれます

3日間かけて歩きますが、すべての荷物を背負って移動するのは大変です。今回はトレイルの途中で毎日、京都駅前のホテルに戻ります。その日、1日分の荷物だけを持って、日帰りの装備で身軽に歩くことができます。 ホテルには大浴場があり、山旅の疲れもとれます。
訪問する
世界遺産

古都京都の文化財

COLUMN 京・乙訓おとくにトレイル ~西山連峰トレッキング~

嵐山渡月橋から大山崎まで全長34.8kmの尾根道・西山連峰を歩くトレイル。西山から眺める京都市内の眺望は、比叡山や東山を「布団着て寝たる姿や東山」と詠んだ服部嵐雪の句「東山晩望」の通りの風景が広がっています。また、遠く滋賀県の三上山(近江富士)を眺めることもできます。最初は「京都一周トレイル・西山コース」を歩き、苔寺~唐櫃越~沓掛山~老ノ坂峠バス停まで(距離10.7km)、2日目は、老ノ坂バス停~首塚大明神~西山団地~小塩山(淳和天皇陵)~大原野森林公園森の案内所~ポンポン山(678.8m)~釈迦岳~善峯寺~善峯寺バス停(距離13.8km)、3日目は、善峯寺バス停~白糸の滝~展望台~楊谷寺(柳谷観音)~乗願寺(大仏)~天王山山頂(270m)~宝積寺~JR山崎駅・阪急大山崎駅(距離10.3km)を目指します。

西山連峰
沓掛山から愛宕山を望む
ポンポン山から生駒山方面を望む

COLUMN もうひとつの京都・乙訓おとくに

乙訓地方は、向日市、長岡京市と大山崎町の二市一町からなり、桂川の右岸に位置し、北は京都市、南は大阪府島本町に接しています。京都と大阪を結ぶ交通の要衝であることから、古代から歴史の舞台となり、古事記や日本書紀には「オトクニ(弟国)」いう地名の由来が記されています。784年に桓武天皇が「長岡京」に遷都し、 十年間にわたって都が置かれたこと。また、戦国時代に羽柴秀吉と明智光秀が戦った「天下分け目の天王山」山崎合戦はあまりにも有名です。四季折々の豊かな自然と由緒ある寺社、長岡京跡、古墳や城址などの歴史遺産に恵まれ、ロマンあふれる歴史と伝説の地として訪れる人を魅了してやみません。

天王山山頂・山崎城跡
酒解神社(神興庫)
乗願寺(大仏)
楊谷寺(柳谷観音)

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
11月18日(木) ~
11月20日(土)紅葉の季節
3日間 68,000円
11月26日(金) ~
11月28日(日)紅葉の季節
3日間 72,000円
発着地 現地発着 (JR京都駅集合/解散) 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金 11/18発:8,000円、11/26発:12,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。

コース難易度

体力 普段より山歩きやウォーキングなどで運動をされている方ならご参加いただけます。急な登りや下り、峠越えがあり、3日間歩き続けることができる体力は必要です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 ホテル2泊(京都駅近くのホテルに連泊します)
荷物 トレッキングに不要な荷物は3日間とも宿泊のホテルに置いておくことができます。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 京都駅
阪急嵐山駅
松尾山
苔寺谷
沓掛山
老の坂峠
京都駅

10:00発
11:15着




17:25発
18:11着

JR京都駅に集合(10:00)。ホテルに荷物を預けてから地下鉄と阪急電車にて、阪急嵐山駅へ。ここから「乙訓(おとくに)トレイル」をスタートします。
●乙訓(おとくに)トレイル【10.7km/4時間40分】
最初は「京都一周トレイル・西山コース」を歩きます。松尾山(275.8m)を経て、苔寺谷へ。ここから西山連峰に取りつき、沓掛山(415m)へ。京都市街、愛宕山、天王山方面を望みながら、老の坂峠バス停へ。初日はここまで。路線バスにて京都駅へ戻ります。

京都:アパホテル京都駅東泊|食事:朝× 昼× 夜×
2 京都駅
老の坂峠
首塚大明神
大暑山
小塩山
ポンポン山
釈迦岳
善峯寺
向日町駅
京都駅

07:21発
08:06着

 





16:30発

17:40着

京都駅から路線バスにて老の坂峠へ。
●乙訓(おとくに)トレイル【13.8km/6時間50分】
老の坂バス停から首塚大明神、大暑山(567.9m)、小塩山(642m)、淳和天皇陵、大原野森林公園、そして、トレイルの最高地点のポンポン山(678.8m)へ。大阪湾、生駒山、琵琶湖、愛宕山などの眺望が開けます。さらに釈迦岳(631m)を経て、善峯寺(西国二十番札所)へ。善峯寺バス停から路線バスまたはタクシーにて、向日町駅へ。JRにて京都駅に戻ります。

京都:アパホテル京都駅東泊|食事:朝○ 昼× 夜×
3 京都駅
向日町駅
善峯寺
展望台(西山古道)
楊谷寺
天王山山頂
酒解神社
旗立松・展望台
宝積寺(宝寺)山崎駅
離宮八幡宮
阪急大山崎駅
山崎駅
京都駅

08:00発
08:35着
09:09発

 

 







16:00着
16:20着

京都駅からJRにて向日町駅へ。路線バスにて善峯寺へ。
●乙訓(おとくに)トレイル【10.3km/5時間5分】
善峯寺バス停から、白糸の滝(西山古道)、京青の森、展望台(西山古道)、楊谷寺(柳谷観音)、乗願寺(大仏)を経て、「天下分け目の天王山」で有名な天王山山頂・山崎城跡(271m)へ。当時の山崎城の石組みが今も随所に残っています。酒解神社、旗立松・展望台、宝積寺(宝寺)を経てJR山崎駅へ。さらに離宮八幡宮を参拝、乙訓(おとくに)トレイルの終点、阪急大山崎駅へ。完歩達成。JR山崎駅から京都駅に戻り、解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝2/昼0/夜0
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。

ご案内とご注意

気候・服装 トレッキング中は天気が良ければ、長袖シャツ程度で過ごすことができますが、朝晩や悪天時、強風が吹くと体感気温は下がりますので、フリースやライトダウンなどの防寒着や手袋をご用意ください。また降雨に備えて上下セパレート式の雨具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズや軽登山靴が最適です。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
食事について 昼食、夕食は旅行代金に含まれておりません。各自ご自由にお召し上がりください。昼食はコンビニや駅のお弁当売り場で購入します。夕食はホテル周辺、京都駅近くに多くの食事処、レストランがあります。
宿泊について シングルルームが中心のホテルです。ツインルームは 14.7~16.2㎡の広さで、部屋の大部分をベッドが占めており、手狭です。そのため相部屋希望でのお申込みはお受けしておりません。お一人部屋にてお申込みください。
※ご友人、ご夫婦などの場合は、相部屋(ツインルーム利用)でのお申込みを承ります。
その他のご注意 紅葉の時期はその年の気候により多少ずれることがあります。予めご了承ください。
寺社の拝観料について トレッキング中、時間に余裕があれば拝観などを行うことができます。その場合、拝観料などは旅行代金に含みませんので、各自にてお支払いください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。