秘境ツアーのパイオニア 西遊旅行 / SINCE 1973

ネパールみどころガイド

ナガルコットとチャングナラヤン

Nagarkot & Changu Narayan

ナガルコットは、カトマンドゥから行く一番人気のヒマラヤのビュー・ポイント。標高2,100の丘からは東にエベレスト、西にマナスル、アンアプルナまで東西200キロのヒマラヤの峰を望むことができます。ナガルコットにはいくつかビュー・ポイントがあり、ホテルによってはテラスからヒマラヤを望むことができます。また、ナガルコットからチャングナラヤンへのハイキングは、ヒマラヤの展望のみならず、ネパールの里山の暮らしを垣間見ることができます。

ナガルコット/ Nagarkot

ナガルコットへはカトマンズから1時間でアクセスできるため、カトマンズ滞在中に早朝やお天気のよい日の夕方にでかけることができますし、1泊して朝に夕にヒマラヤを望むこともできます。人気のクラブ・ヒマラヤホテルはシーズン中大変混み合いますのでご予約はお早めに。その他、フォートなど、多数の人気のホテルやゲストハウスがあります。 また、ナガルコットからチャングナラヤンへのハイキングも、カトマンズ盆地で楽しめるアクティビティとして人気です。

ナガルコットの村とヒマラヤ(ランタンリルン7,246mを望む山並み)
西にマナスルを望む
7893mの巨大な山 ヒマールチュリ
標高7000mを超えるガネーシュ連邦を望む
ランタン山群の主峰 ランタンリルン

ナガルコットからチャング・ナラヤンへのハイキング

カトマンズから気軽に楽しめるハイキング(ミニ・トレッキング)としてお勧めなのがヒマラヤの展望台と言われるナガルコットからチャング・ナラヤンへのハイキング。ほとんどが下りでどなたにでも気軽に楽しんでいただけるルートです。合計4時間のルートですが、時間の無い方は前半2時間と後半の2時間に分けることも可能です。 お勧めは、朝、ナガルコットの丘(クラブ・ヒマラヤの展望台2,050m、またはその上にあるタワーの展望台2,160m)で夜明けのヒマラヤをお楽しみいただき、朝食(チャイ屋やホテルのレストランを利用)後、チャング・ナラヤンまでのハイキング。午前中はドルジェ・ラクパを初めとするヒマラヤの山側が順光できれいに見え、村では子供たちが学校へ向かい人々が作業にいそしむ、ハイキングにはお勧めの時間帯です。

ハイキングルートから望むヒマラヤ 左からガンチェンポ(6,297m)、シシャパンマ(8,013m)、グルカルポリ(6,874m)、ドルジェラクパ(6,799m)、ギャルゼン(6,705m)

●ナガルコット~タルコット 約1.5時間
すべ下りで畑と村(家)に面した生活道を歩きます。ヒマラヤの展望が望めるのは最初の1時間のハイキング。ガンチェンポ、ドルジェ・ラクパなどの高峰群を望みながら歩き、タルコットのヒンドゥー寺院を経て自動車道へ。

●タルコット~チャング・ナラヤン 約2時間
自動車道から山道に入り、最初の20分ほどは山の中の登りがあり、その後は下りのハイキングになります。眼下にはバクタプルの畑が広がりカトマンズの町の影も。畑の間を歩き、間もなくチャング・ナラヤン寺院が見えてきます。 世界遺産チャング・ナラヤン寺院も是非見学してください。カトマンズ盆地でも最古のヒンドゥー寺院です。ハイキングといっても人々の暮らす家と畑の間を歩きます。をかついで行きかう村人、学校へ子供を送り出すお母さん、地酒造りをするおじいさん、ヤギの世話をする少年・・・町を少し離れただけでネパールの里の暮らしを垣間見ることができます。

畑の美しい村の景色。10~11月は米の収穫の季節でもあります
木々の隙間からバクタプルの畑が見えてきました

チャング・ナラヤン/ Changu Narayan

カトマンズの町から約20kmのところにあるヒンドゥー教の寺院。世界遺産に登録されている寺院で、カトマンズ盆地で最も古く、リッチャヴィ期の323年に建立されたと言われていますが、現在の建物は1702年に再建されたものです。ネパールの寺院の中でもすばらしい建築技術が伺えるもので、寺院に彫り込まれたネワール彫刻のすばらしさには息をのみます。この寺院の本尊はヴィシュヌ神の化身ナラヤン神です。寺院の前にはマッラ王朝時代に造られたブパティンドラ王とその王妃の像があります。この寺院は標高 1,541mに位置しているため、とても見晴らしが良く、カトマンズやパタンの町並みを見渡すことが出来ます。

見事な彫像が残るチャング・ナラヤン寺院
遠方から見たチャング・ナラヤン
世界遺産チャング・ナラヤン寺院の参道
ネワール彫刻のすばらしさには息をのみます
精巧なネワール彫刻
PAGE TOP