秘境ツアーのパイオニア 西遊旅行 / SINCE 1973

エリアガイド

ウガンダ・ルワンダの旅

豊かな自然が溢れ、野生動物の宝庫であるウガンダとルワンダ。「アフリカの真珠」と称されたウガンダはアフリカ第3位の面積を誇る湖、ヴィクトリア湖や緑豊かな国立公園の数々がみどころです。ルワンダは火山群からなる高原地帯と、起伏の複雑な地形から「千の丘の国」と呼ばれる国。ここでは野生のゴリラを間近で観察する貴重な体験ができます。

ウガンダ・ルワンダ基本情報

ウガンダ・ルワンダ概要

名称 ウガンダ共和国 
Republic of Uganda
面積 24,1万k㎡
人口 約4,085万人(2018年)
首都 カンパラ Kampala
時差 日本との時差 -6時間
公用語 英語、スワヒリ語、ルガンダ語
通貨 ウガンダ・シリング
名称 ルワンダ共和国
Republic of Rwanda
面積 2,63万k㎡
人口 約1,218万人(2018年)
首都 キガリ Kigali
時差 日本との時差 -7時間
公用語 キニアルワンダ語,英語,仏語
通貨 ルワンダ・フラン

旅のシーズン

ウガンダの旅の季節

赤道直下に位置しますが、平均標高1200mの高原地帯に位置するため気候は年間を通して比較的温暖です。朝晩は常に上着が必要になります。年間を通じて旅行は可能ですが、雨季は、大雨季の3~5月と小雨季の9~11月の2回。ゴリラトレッキングには雨の少ない乾季がお勧めです。

ルワンダの旅の季節

ルワンダには熱帯雨林の森、火山、サバンナ、湿地帯、湖などの多様な自然が広がり、気候も様々です。東部のサバンナ地帯は1年中温暖な気候ですが、北部のヴォルカン国立公園周辺は標高が2,000m以上あり、朝夕は10度以下にまで冷え込みます。雨期は3~5月と10~11月で、観光のベストシーズンは乾期となる12~2月、6~8月です。

ビザ(査証)について

ウガンダの査証について

ウガンダ入国には査証が必要です。空港及び国境で査証を取得することも可能ですが、
事前に日本出発前に査証を取得する事をお勧めします。パスポートの残存有効期間は帰国予定日より6ヶ月以上必要です。 
【ウガンダ共和国大使館 】
Embassy of the Republic of Uganda in Japan 
〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町9-23 
電話:03-3462-7107 / ファックス:03-3462-7108 

ルワンダの査証について

ルワンダ入国には査証が必要です。空港及び国境で査証を取得することも可能ですが、
事前に日本出発前に査証を取得する事をお勧めします。パスポートの残存有効期間は査証申請時に6ヶ月以上必要です。
【ルワンダ共和国大使館 】
Embassy of the Republic of Rwanda in Japan 
〒158-0081 東京都世田谷区深沢1-17-17 アネックス深沢A 
電話:03-5752-4255/ ファックス:03-3703-0342

東アフリカ観光ビザについて

90日以内の観光目的で、ウガンダ、ルワンダ、及びケニアの3ヶ国、または内2ヶ国を1回の渡航で続けて訪問する場合に申請が可能です。最初に入国する国の大使館に申請が必要ですが、以降に訪問する順番は自由です。上記3ヶ国以外に出国するとビザは失効します。パスポートの残存有効期間は帰国予定日より6ヶ月以上必要です。 取得日数と料金は申請する大使館によって異なります。

注意事項

ウガンダの注意事項

ウガンダ入国には黄熱病の予防接種証明書(イエローカード)又は禁忌証明書が必要です。また、多くの地域がマラリアの汚染地域にあたり、予防薬の服用、長袖・長ズボンを着用するなど蚊に刺されないための対策が必要です。

ルワンダの注意事項

ルワンダ入国には黄熱病の予防接種(イエローカード)の必要はありません。ただし、入国する直前に、黄熱病の接種を必要とする国に訪問した場合のみ、イエローカード又は禁忌証明書が必要となります。飛行機での乗り継ぎの場合は、必要ありません。また、ルワンダ国内の多くの地域がマラリアの汚染地域にあたり、予防薬の服用、長袖・長ズボンを着用するなど蚊に刺されないための対策が必要です。

パンフレット BROCHURE

WILDLIFE OF THE WORLD 2019年11月~2020年6月出発 2019.05.29発行
総合パンフレット146号 2019年9月~2020年4月出発 2019.06.28発行

特集 FEATURE

野生のゴリラに会いに行こう。 野生のマウンテンゴリラが生息するルワンダのヴォルカン国立公園に、ゴリラトレッキングをしに行きませんか?
サハラとアフリカ大地溝帯 地球上で最も乾燥した場所、サハラ砂漠。西遊旅行が一言では語りきれない、本物のサハラの魅力に迫ります。

エリアガイド一覧

PAGE TOP