ツアーのポイント

ポイント 奇岩の大地を歩いて体感

アナトリア高原が生み出した奇跡の奇岩群カッパドキア。ハイキングではカッパドキアの谷に分け入り、次々に現れる奇岩の造形美や洞窟住居が織り成す景観をお楽しみいただきます。

ポイント 洞窟ホテルに4連泊でハイキングを楽しむ

カッパドキアの奇岩に掘られた昔の住居を客室としている洞窟ホテルに4連泊します。洞窟ホテル滞在そのものがカッパドキアならではの体験。また、連泊のため不要な荷物はホテルに置いておけるので、身軽にハイキングが楽しめます。

ポイント ターキッシュエアラインズ直行便利用

日本からイスタンブール往復は直行便を利用。コンパクトな7日間ながら、カッパドキアに4連泊するゆとりの日程を実現しました。

ポイント関西空港より運航再開のターキュシュエアラインズ(4/17発・5/15発コース追加設定)

2020年4月に運航を再開するターキュシュエアラインズの関西/イスタンブール間の直行便を利用し、関西からもより効率良い日程が実現しました。

訪問する
世界遺産

ギョレメ国立公園およびカッパドキアの岩石遺跡群

COLUMN アナトリア高原が形成した自然の造形美 奇跡の奇岩群カッパドキア

トルコ、アンカラ東南部にある世界遺産カッパドキア。まるで地の果てを思わせる不思議な奇岩群がひしめきあう風景は、思わず息を飲むほどの迫力です。古代噴火によって堆積した火山灰や岩が長い歳月をかけ浸食されて生まれた風景です。初期キリスト教の時代には多くのキリスト教徒たちが迫害や弾圧を逃れ、この地下に隠れ住んだといわれ、今も残る岩窟教会がその歴史を物語っています。

「尖った砦」という意味を持つウチヒサル

COLUMN 歩くことで見ることのできる 知られざる静寂のカッパドキアへ

このツアーではカッパドキアの奥深くに分け入り軽ハイキングを楽しみます。一般的な観光ツアーではバスを利用して巡りますが、著名な世界遺産であるにもかかわらずまだまだハイキングをする観光客は多くありません。奇岩群に囲まれた他に類を見ない景観を静寂なハイキングで楽しみます。5日間のハイキングでは、屹立した奇岩群が特徴的な愛の谷や、妖精の煙突や荒涼とした大地に現れる緑あふれるオアシス・ウフララ渓谷など、異なる景観をお楽しみいただきます。

緑あふれるウフララ渓谷
カッパドキアを歩く

HOTEL こだわりの洞窟ホテルに4連泊!

■10月出発コースで宿泊するホテル
カッパドキア ケーブ スイーツ[カッパドキア・ギョレメ/4連泊]

カッパドキア観光の拠点、ギョレメの中心地に位置しする洞窟ホテル。周辺の散策に便利な立地であると共に、渓谷を見渡せるカフェテラスと、暖かみのある心地よい内装が人気です。

■4月・5月出発コースで宿泊するホテル
ユナク エブレリ カッパドキア[カッパドキア・ユルギュップ/4連泊]

ユルギュップに位置し、崖をくり抜いて造られた洞窟ホテル。ホテル自体の景観が美しく、中庭はまるでおとぎの国の様だと評判です。客室は床が堅木で、伝統的なカーペットが敷かれた暖かみのある内装です。

外観(カッパドキア ケーブ スイーツ)
客室の一例(カッパドキア ケーブ スイーツ)
外観(ユナク エブレリ カッパドキア)
客室の一例(ユナク エブレリ カッパドキア)

出発日と料金

2019年~2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
10月16日(水) ~
10月22日(火)秋・黄葉の季節
7日間 298,000円
04月15日(水) ~
04月21日(火)春・野花の花咲く季節
7日間 298,000円
04月17日(金) ~
04月23日(木)春・野花の花咲く季節・追加設定
7日間 298,000円
05月13日(水) ~
05月19日(火)春・野花の花咲く季節
7日間 298,000円
05月15日(金) ~
05月21日(木)春・野花の花咲く季節・追加設定
7日間 298,000円
発着地 10/16発・4/15発・5/13発コース:東京発着
4/17発・5/15発コース:東京・大阪発着
最少催行人員 9名(18名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 18,500円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 48,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 多少のアップダウンはありますが、歩くのが好きな方でしたらどなたでもご参加いただけます。
高度 高山病の心配はございません。
宿泊 ホテルに4連泊
荷物 スーツケースでご参加いただけます。ホテル連泊のため、荷物の詰め替えの心配はありません。ハイキング中のデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京

大阪
21:40発
22:50発
空路、東京・大阪より直行便でトルコの首都イスタンブールへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、イスタンブールにて合流します。
機中泊
2 イスタンブール
イスタンブール
ネヴシェヒル又はカイセリ
カッパドキア
03:40着
朝発
朝着
イスタンブールで航空機を乗り換え、ネヴシェヒル又はカイセリへ。着後、専用車にて屹立した奇岩群が特徴的なカッパドキア地方の「愛の谷」へ移動します。
●カッパドキアハイキング ウチヒサルへ(約1時間半)
愛の谷から、かつて敵の侵入を防ぐ城塞として使われた岩が特徴的なウチヒサルへのハイキングを楽しみます。着後、洞窟を改装して作られたカフェで休憩します。
●カッパドキアハイキング ギョレメ村へ(約1時間半)
その後、ウチヒサルから、鳩の谷を経由してギョレメ村までのハイキング。鳩の谷の岩には、小さな穴が無数にあり、鳩の糞を集めて肥料に使っていました。午後、ギョレメ野外博物館を見学します。
※カッパドキア地方の洞窟ホテルに4連泊。
カッパドキア:洞窟ホテル泊
3 カッパドキア滞在   専用車にてパシャバーへ。道中、荒涼とした大地に奇石が林立する「妖精の煙突」の景観をご覧いただきます。
●カッパドキアハイキング ローズバレーへ(約3時間)
パシャバーから歩き始め、チャウシン村、ローズバレーへのハイキング。ハイキング後、かつて岩窟住居にキリスト教徒とイスラム教徒が同じ場所で共存していたゼルベ野外博物館アヴァノスの陶器工房を見学します。
カッパドキア:洞窟ホテル泊
4 カッパドキア滞在   ●ウフララ渓谷ハイキング(約3時間半)
専用車にて、ウフララ渓谷へ。ウフララ村から歩き始め、渓谷中央部のベリスルマ村までのハイキングをお楽しみいただきます。午後は、専用車にてセリメ教会デリンクユ地下都市カーペット工房の見学へご案内します。
カッパドキア:洞窟ホテル泊
5 カッパドキア滞在   専用車にてカプズバシュの滝へ。
●カプズバシュの滝ハイキング(約1時間半)
着後、カプズバシュの滝周辺の散策をお楽しみいただきます。その後、専用車にてソーアンル村へ。
●ソーアンルの谷ハイキング(約1時間)
隠れ修道士の里ソーアンルの谷や洞窟教会を散策します。
カッパドキア:洞窟ホテル泊
6 カッパドキア
ネヴシェヒル又はカイセリ
イスタンブール

夜又は深夜発
専用車にてかつてギリシア人が住んでいたシナソス村を経由してゴメダ谷へ。
●ゴメダ谷・ゼミ渓谷ハイキング(約2時間半)
ゴメダ谷を散策し、鳩の家や洞窟の家の景観を楽しみます。昼食後、ゼミ渓谷の散策。その後、専用車にてネヴシェヒル又はカイセリ空港へ。航空機にてイスタンブールへ。
機中泊
7 イスタンブール
東京
イスタンブール
大阪
01:40発
19:10着
01:25発
18:40着
航空機を乗り換え、帰国の途に着きます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼5/夜5:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ターキッシュエアラインズ
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間はトルコ入国時に150日以上、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 ハイキング中は長袖シャツが基本となります。天候によって気温は大きく変わります。晴れると25℃前後まで暖かくなりますが、朝晩や曇天・降雨の日は5℃程度まで冷え込むこともあります。フリースなどの上着に加え、薄手のダウンジャケットなど防寒具が必要です。また、上下セパレート式の雨具をお持ちください。靴は防水の効いたトレッキングシューズが最適です。
利用予定ホテル

10月出発コース:カッパドキア ケーブ スイーツ
4月・5月出発コース:ユナク エブレリ カッパドキア

その他のご注意 黄葉や花の開花の時期はその年の気象条件により多少ずれることがあります。あらかじめご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。