ツアーのポイント

ポイント 地質学者・原山智さんと共にパキスタンでジオハイキングを楽しむ

パキスタン北部から中国へと連なるカラコラム・ハイウェイは、ユーラシア大陸とインド大陸が衝突した境界部を横断するルートとなっています。今回訪れるフンザは、両大陸の間のテーチス海にあった列島(コヒスタン島弧)の火山岩類が、またナンガパルパット北麓のフェアリー・メドウではインド大陸の深部がめくり上がってコヒスタン島弧にのし上がった片麻岩類を見ることができます。

ポイント 杏の花咲く季節にカラコルムの 名峰展望ウォーキングを満喫する旅

夕日に合わせてフンザの好展望地ドゥイカルへ歩き、ディランやラカボシ、ウルタルなど刻一刻と色彩を変える名峰群を展望します。

ポイント 失われゆくシルクロードの遺産、インダス河畔の岩絵

ダムが完成(2029年予定)すると、その多くが水没して失われるインダス河畔の岩刻画。かつてシルクロードを往来した人々がインダス川の水位が下がるのを待つ間、渡渉地点の岩に旅の記録や宗教のモティーフを刻みました。西遊旅行は2022年に現地の考古学者と岩刻画を調査いたしました。5万点を越えるといわれる、失われゆく岩刻画を求めてインダス河畔を歩いて散策します。

PROFILE 同行ガイド 原山 智(はらやま さとる)

信州大学名誉教授、地質学者。京都大学大学院博士課程修了。理学博士。主にマグマ活動や断層運動による山脈の形成に関する研究を続け、北アルプスでの踏査日数は2000日を超える。N H K「列島誕生ジオジャパン2」や中部ネイチャーシリーズの「穂高・ジャンダルム」、「地図にない温泉」などに出演。主な著書として、「超火山 槍・穂高」(山と渓谷社,2003)、「槍・穂高」名峰誕生のミステリー(ヤマケイ文庫, 2014)、「槍・穂高・上高地 地学ノート」(山と溪谷社, 2023)のほか、槍穂高連峰や上高地、立山、剣岳、鹿島槍ヶ岳、黒部川流域に関する著書や論文多数。あだ名は「地質探偵」。

原山智さんからのメッセージ

今回その北麓を訪れるナンガパルパット(8,126m)は、K2など8,000m峰が並ぶカラコルム山系からは100km以上南西側に外れた完全な独立峰です。この孤立した高峰の生成に関与したと考えられるのが周囲の片麻岩と花崗岩です。北麓のフェアリー・メドウには100万年前の年代を示す花崗岩体(2×1km)が露出しており、世界で最も若い花崗岩の一つです。地下数kmの深さでできた花崗岩が、100万年前から激しい隆起と侵食を受け、地表に露出したことを物語っています。おそらく現在も続くこの一帯の激しい隆起がナンガパルバットの高峰を生み出したのでしょう。現地での観察が楽しみです。

COLUMN 美しき北部パキスタンの山々
世界第9位の巨峰ナンガパルバット(8,126m)の展望地フェアリー・メドウへ

3時間のハイキングで、ナンガパルバット北面の好展望地フェアリー・メドウへ。ここでは一番の展望を誇るロッジ&テント「ライコットサライ」に宿泊し、大迫力のナンガパルバットの展望を北面から存分にお楽しみいただきます。

フェアリーメドウより望むナンガパルバット
朝日に輝くナンガパルバット

COLUMN フンザ (カリマバード) / HUNZA

「フンザ」は1974年まで藩王国として独立していた地域の名称で、現在の中心地は「カリマバード」。雪を頂くウルタル、ラカポシ、ディランなどの名峰と谷を見下ろす旧王宮「バルチット城」、ポプラの木と杏の花のコントラストが美しい谷です。カラコルムの山々の展望が美しい「ドゥイカル」、標高の高い「上部フンザ」など、数々のウォーキングコースを楽しめます。

春の訪れと共に畑を耕す
杏の花咲くカリマバード

COLUMN カラコルム・ハイウェイを走り桃源郷フンザへ

1978年、パキスタンと内陸アジアを結ぶ、唯一の自動車通行可能な舗装道路として完成した「カラコルム・ハイウェイ」。いにしえのシルクロードに沿って走るこの道路は、ヒンドゥークシュ、ヒマラヤ、カラコルムの3つの山脈と「世界の屋根」パミール高原を縫い、標高4,693mの中パ国境「クンジュラブ峠」を越え、タクラマカン砂漠の西端にあるオアシス都市カシュガルに至ります。その全長は1,300km。ほぼ日本の本州の長さに匹敵し、人や物資だけでなく、宗教や文化など目に見えない東西の交流を支え、今も変化を続けています。

カラコルム・ハイウェイを走るデコトラ

出発日と料金

2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
03月22日(金) ~
03月31日(日)杏の花咲く季節
10日間 458,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(12名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 42,300円(8月4日現在の見込み)
一人部屋追加代金 69,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。

コース難易度

体力 歩くのが好きな方ならどなたでもご参加いただけます。
高度 最高宿泊高度は3,300m、最高到達地点は3,667mです。徐々に高度を上げますが、頭痛などの軽度の高山病の症状が出ることがあります。
宿泊 ホテル又はロッジ泊
荷物 日本からはスーツケースでご参加いただき、フェアリーメドウに行く時のみ、チラスにて荷物を詰め替えます。2泊3日分の荷物が入るバッグをご用意ください。ハイキング中はデイパックをご用意ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
バンコク
大阪
バンコク
バンコク
イスラマバード
11:45発
17:05着
11:00発
15:45着
18:45発
22:20着
東京、大阪よりそれぞれバンコクへ。着後、航空機を乗り換えて、パキスタンの首都イスラマバードへ。
※添乗員は東京・大阪どちらかより同行し、バンコクで合流します。
イスラマバード泊
2 イスラマバード
チラス
07:30発
19:30着
専用バスにてカラコルム・ハイウェイを北上し、チラスへ。途中、インダス河畔のシャティアールの岩絵の岩の種類や歴史をお話しします。
チラス泊
3 チラス
フェアリー・ポイント
フェアリー・メドウ
08:00発
約3時間

専用バス及び四輪駆動車にて、インダス川東岸の奥地へ入りフェアリー・ポイント(2,666m)へ。
●北面ハイキング(約3時間)
ハイキング開始。樹林帯の中に広がる牧草地フェアリー・メドウ(3,300m)へ。着後、世界第9位の高峰ナンガパルバット(8,126m)とライコット氷河の雄大な景色をご堪能ください。

フェアリー・メドウ:ライコットサライ泊
4 フェアリー・メドウ   早朝、天気が良ければ、朝日に輝くナンガパルバット北面を展望。終日、フェアリー・メドウを散策し、この一帯の激しい隆起によって生み出されたナンガ・パルバットの地質の成り立ちを楽しみます。フェアリー・メドウでは、100万年前の年代を示す花崗岩体が露出しており、世界で最も若い花崗岩を観察します。
フェアリー・メドウ:ライコットサライ泊
5 フェアリー・メドウ
フェアリー・ポイント
カリマバード
約2時間
09:00発
15:30着

●北面ハイキング(約2時間)
フェアリー・ポイントまで下ります。その後、桃源郷フンザの中心地カリマバード(2,400m)へ。着後、杏の花咲くカリマバードの散策。途中、三大ジャンクション(カラコルム山脈・ヒマラヤ山脈・ヒンドゥークシュ山脈)で山脈の成り立ちを解説します。また、他の場所でガーネット拾いやなぜ、パキスタンでガーネットが採取できるかをお話しします。

カリマバード泊
6 カリマバード  

終日、杏の花咲くカリマバードの散策。お天気が良ければ、カラコルムの名峰ラカポシ(7,788m)が望めます。フンザの名峰群の成り立ちなどもお話しします。カリマバードの中心、バルチット城バザール、古い家並みが残るアルチット村をゆっくり散策します。杏や桑などの木が植えられている水路ウォークもお楽しみください。昼食はフンザの郷土料理をご賞味ください。夕方、フンザの谷を見下ろすドゥイカルの丘へ。ラカポシ(7,788m)、スパンティーク(7,027m)、フンザピーク(6,270m)やレディフィンガー(5,985m)など夕陽に染まる高峰群を展望しながら、山々の成り立ちのお話しをします。

カリマバード泊
7 カリマバード
ギルギット
09:00発
11:00着
専用車にてギルギットへ。着後、カルガー磨崖仏の見学、街の散策などをお楽しみください。
ギルギット泊
8 ギルギット
べシャム

08:00発
19:00着

専用車にてべシャムへ。途中、チラス周辺に残る岩絵の岩の種類や歴史をお話しします。
べシャム泊
9 べシャム
イスラマバード
イスラマバード
09:00発
17:00着
23:20発
専用車にてイスラマバードへ。夕食後、空港へ。航空機にて、バンコクへ。
機中泊
10 バンコク
バンコク
東京
バンコク
大阪
06:15着
07:35発
15:45着
08:25発
15:55着

バンコク着後、航空機を乗り換えて、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。

  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) パキスタン(8ドル)、代行手数料(4,400円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。
新型コロナに関する制限について 新型コロナに関する制限はありません。
気候・服装 フンザ地方などパキスタン北部は標高が1,500m~2,500mあるため、昼夜の寒暖の差が大きい山岳気候です。日中は晴れていれば長袖シャツ1枚で過ごせますが曇天の日や朝晩は冷え込みますので、フリースやライトダウンなどの防寒具をお持ちください。そのほかの場所では基本的に合服で過ごせます。フェアリー・メドウは標高が3,300mで、この時期は残雪があります。そのため朝晩は特に冷え込みますのでフリースやライトダウンなどの防寒具は必須です。
利用予定ホテル 日程及び下記のホテルリストをご覧ください。
■イスラマバード:ルーミー、ヒルビュー、クラウンプラザ
■チラス:シャングリラ・インダスビュー、パノラマ
■カリマバード:ダルバール、ヒルトップ、ルーミー
■ギルギット:セレナ、アヴァリ
■ベシャム:ヒルトン、コンチネンタル
フェアリー・メドウについて フェアリー・メドウは、例年この時期は残雪があります。降雪・積雪状況により、フェアリー・メドウへ訪れることができない場合があります。その際は代替の観光など、日程変更の可能性があります。
観光について 花の開花状況・天候によっては見学の日時・順序を入れ替えることがあります。宗教行事や礼拝時間にあたる場合など、現地事情によって観光地の中に入れないことがあります。
日程について

行程のほとんどが山岳地帯の移動となります。カラコルムハイウェイの再舗装が進み以前に比べると快適になりましたが、ベシャム~チラス間のダム工事の影響や不測の大雨などの後には一時的に通行不能になることがあります。移動に予想以上の時間がかかることもあり、万が一がけ崩れなどにより車の通行が不能になった場合、大きく日程変更が必要となることがあります。予め、山岳地帯のご旅行であることをご理解の上ご参加ください。
この時期のフェアリー・メドウは残雪があり。歩くルートも変更することがあります。

宿泊について 電気が不足している山岳地帯では、停電が起こることがあります。発電機ですぐに回復しますが、懐中電灯は常にお持ちください。いずれのホテルもバスタブはなくシャワーのみとなります。また、この時期のフェアリー・メドウのライコットサライは水道管が凍結しているため、 2泊はシャワーが浴びれない環境ですのでご了承ください。
ラマダンについて ツアー期間中はラマダン(断食月)に当たります。旅行客には大きな影響はなくツアーにも支障はございませんが、昼食の時間が前後したり、お弁当をご準備させていただく場合があります。予めご了承ください。
海外旅行保険について ご参加の方には疾病死亡・治療、救援者費用を含む海外旅行保険へのご加入をお願いしております。
その他のご注意 花の開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。標高差のある地域ですので、同じ季節でも場所によって開花状況が異なります。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。