ツアーのポイント

ポイント 花咲くジーザストレイルを歩く

2月下旬から3月までは花のベストシーズン。花々の原種が多くあると言われているイスラエルで、この時期ならではの花咲くジーザストレイルを歩きます。

ポイント エルサレムに滞在・エルサレム周辺の見どころへもご案内

見どころ豊富なエルサレムに滞在し、荘厳な雰囲気にふれながら聖地の見学をお楽しみいただきます。また、ベツレヘムやガリラヤ湖、ナザレなど、エルサレム市内だけではなく、聖書の舞台も巡ります。最後のユダヤ人が篭城したマサダの要塞跡にも訪問します。

ポイント リゾート地・死海に滞在

海抜マイナス400m、世界でもっとも低い場所「死海」に滞在し、実際に浮遊体験などをお楽しみいただきます。
訪問する
世界遺産

エルサレム旧市街/マサダ

COLUMN ジーザストレイルを歩く

サンティアゴ、ローマと並びキリスト教3大巡礼地のひとつとされる、イスラエルのエルサレム。古代から変わらない巡礼路を歩きイエス・キリストの足跡をたどる旅です。道中、緑溢れる森、野山に咲く花々や牧歌的な美しい景色を眺めながらガリラヤ湖を目指し歩いていきます。また、歩くだけではなくイエス・キリストのゆかりのある教 会などに立ち寄り伝道の舞台を巡ります。

巡礼手帳
宿や食堂でスタンプを押していく巡礼手帳。現地でプレゼントいたします。
巡礼路完歩証
ジーザストレイル巡礼を踏破するともらうことができます。
手つかずの大自然広がるジーザストレイル
オリーブ並木が続くのどかな田舎道
色とりどりの野花を愛でながら気持ちのよい小道を歩く
カナの婚礼教会

COLUMN 花咲く春のイスラエル

イスラエルでは、2月下旬から3月までの約1ヵ月が花のベストシーズンです。この限られた季節に咲く花々は、園芸植物として世界中で愛されているシクラメンやチューリップ、アネモネといった花々の原種といわれています。ガリラヤ湖周辺の花咲く美しいジーザストレイルを歩き、この時期ならではの、色彩豊かな花々の世界をお楽しみください。

一面の菜の花と視界に広がるガラリヤ湖とゴラン高原
コーランの章句のカリグラフィーと花模様 ソロモンの冠とも呼ばれるシクラメン
エントランスからの景色 ナザレ・アイリス
ヒンドゥー建築に影響を受けたチャトリ(小塔)部分 アネモネ

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
02月25日(火) ~
03月04日(水)野花の花咲くシーズン
9日間 468,000円
03月10日(火) ~
03月18日(水)野花の花咲くシーズン
9日間 468,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 8名(13名様限定) ・添乗員同行
燃油サーチャージ 14,000円~18,500円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 56,000円
日本の地方発着 大韓航空利用の場合、名古屋・福岡など地方発着も別途手配で可能です(ソウル合流)。詳しくはお問い合わせください。
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

コース難易度

体力 ルートは歩きやすく、勾配も少ないですが、長距離を連日歩くことができる体力が必要です。
高度 高山病の心配はありません。
宿泊 巡礼中はホテル4泊 地方の小さなホテル、またはゲストハウスが中心です。
荷物 日本からスーツケースでご参加いただけます。宿から宿へ荷物を運送しますので、1日に背負う荷物は巡礼路歩き用のデイパックのみです。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
ソウル
午前発 空路、東京・大阪よりそれぞれソウルへ。着後、航空機を乗り換えて、イスラエルのテルアビブへ。
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、ソウルにて合流します。
テルアビブ:サドット アトラス泊
大阪
ソウル
午前発
ソウル
テルアビブ
14:35発
19:55着
2 テルアビブ
ナザレ
ジッポリ国立公園
カナ
08:30発
10:30着
約2時間半
専用車にてジッポリ国立公園へ。途中、ナザレを訪れイエスの母マリアが受胎を告げられた受胎告知教会を見学。
●ジーザストレイル巡礼(約2時間半)
ジーザストレイル巡礼ラスト約60㎞地点から、巡礼をスタート。新約聖書に登場する「カナの婚礼」の舞台になったカナへ。
カナ:ウェディングゲストハウス泊
3 カナ
ラヴィ
約5時間 ●ジーザストレイル巡礼(約5時間)
イエス・キリストが初の奇蹟を起こし、「カナの婚礼」の舞台になったフランシスコ派修道院を訪れます。その後、緑溢れる森や静かな谷の景色を眺めながら尾根上を歩きラヴィへ。
ラヴィ:キブツ ラヴィ泊
4 ラヴィ
アルベル
約6時間 ●ジーザストレイル巡礼(約6時間)
牧歌的な風景の中を歩き、オリーブの果樹園が広がる美しい景色を眺めながらアルベルへ。ガリラヤ湖やゴラン高原を見渡せます。
アルベル:ホリデー ホームズ泊
5 アルベル
カペナウム
アルベル

約7時間

●ジーザストレイル巡礼(約7時間)
一旦、登りの後、ガリラヤ湖へ向けて下ります。田園風景の中、ガリラヤ湖を眺めながら歩きカペナウムへ。途中、聖ペテロ首位権教会または5つのパンと2匹の魚の教会に立ち寄りイエスの伝道の舞台を巡ります。着後、シャトルにてアルベルへ戻ります。
アルベル:ホリデー ホームズ泊
6 アルベル
マサダ
エンボケック
08:00発

15:00着
専用車にて天空の巨大要塞遺跡と呼ばれるマサダの大要塞へ。往路はロープウェイで登り、復路は歩いて下ります。頂上からは見渡す限りの砂漠地帯と死海が遠望できます。その後、エンボケックへ。着後、死海での浮遊体験をお楽しみください。
エンボケック泊
7 エンボケック
エルサレム
ベツレヘム
エルサレム
08:00発


16:00着
専用車にて聖地エルサレムへ。オリーブ山ゲッセマネの園を散策します。丘の上からはエルサレム旧市街の眺めをお楽しみください。その後、専用車にてイエス生誕の地ベツレヘムの聖誕教会へ。見学後、エルサレムへ戻ります。
エルサレム泊
8 エルサレム
テルアビブ
テルアビブ
夕方発

21:55発
午前中、エルサレム観光(イエスが十字架を背負って歩いたヴィア・ドロローサ(悲しみの道)岩のドーム(神殿の丘)嘆きの壁聖墳墓教会等)。宗教と民族、歴史が複雑に交錯する聖地エルサレムを歩きます。その後、出発まで自由行動。旧市街の散策などをお楽しみください。その後、専用車にてテルアビブへ。航空機にてソウルへ。
機中泊
9 ソウル 15:10着 ソウル着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
ソウル
東京
夕方又は夜発
ソウル
大阪
夜発
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜7:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:大韓航空、ターキッシュエアラインズ
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら
  • 上記は、大韓航空利用の日程です。ターキッシュエアラインズ利用の場合、東京発着のみとなります。観光内容は変わりませんが、日程1日目のテルアビブの宿泊がありません。また、乗り継ぎ地がイスタンブールとなり、発着時間が異なります。

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存有効期間は入国時6ヶ月以上、査証欄余白は1ページ以上必要です。
気候・服装 標高、天候により気温は大きく変わります。日中天気が良ければ15℃~20℃前後、朝晩や天気が悪い日は10℃程度にまで気温が下がります。フリースなど気温に応じて重ね着ができるような服装をご準備ください。靴は防水性のハイカットのトレッキングシューズ又は軽登山靴でご参加ください。雨に備えて上下セパレート式の雨具もご準備ください。また、雨天時には綿素材の衣類は乾きにくく体が冷えてしまうので、速乾性素材のシャツやズボンをご準備ください。死海に入られる方は水着もお持ちください。
利用予定ホテル

日程及びパンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。

カナ、アルベルはゲストハウスコテージタイプの宿になり、部屋数に限りがあるため分宿になることがあります。また、コテージは1棟の中に数部屋があり、シャワー、トイレは共用となります。
パンフレットのご請求はこちら

観光について 神殿の丘は政情等により入域できないことがあります。その場合は他の見学地へご案内いたします。なお、岩のドーム内部への異教徒の入場は禁止されています。ベツレヘムの聖誕教会では、イエス・キリストが生まれたとされる洞窟の見学に2~3時間並ぶことがあります。また、聖墳墓教会では、イエス・キリスト霊廟内への見学が長蛇の列の場合は外観のみの見学となります。
日程について 巡礼路歩きは天候などの状況によりルートを変更したり、中止する場合もあります。
その他のご注意 花の開花状況はその年の気候により多少ずれることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。