企画者の声

ポイント同行ガイド 簗川堅治さんからのメッセージ

山形県内でも特に内陸に多く、中でも天童市周辺には毎年数つがいのチゴハヤブサが子育てにやってきます。街中で見られる身近な猛禽類のひとつで、増加する傾向にあります。また、付近で繁殖しているトビやノスリが通ると、チゴハヤブサはそれらに対してよくモビングをします。チゴハヤブサとトビやノスリの空中戦もよくあることで、これも楽しみのひとつです。

ひなが巣立った頃は、チゴハヤブサ観察には最適な時期といえるでしょう。街中や郊外で育雛を終えたチゴハヤブサ。巣立った幼鳥も初秋の旅立ちの時期に備え、自分で餌をとることに一生懸命ですが、なかなかうまくとれません。親はひなが巣立ったあとも度々餌を与えています。微笑ましい光景、そして絶好の観察・撮影の瞬間です。そんなチゴハヤブサの親子の生活ぶりを1泊2日で楽しみます。チゴハヤブサがどんな獲物をとるのか、みなさんの目で確かめてください。近年の猛暑を考慮し、1日目はやや暑さも落ち着き出す夕方から観察し、翌日は暑くなる前の早朝を観察時間とします。

PROFILE 同行ガイド 簗川 堅治(やながわ・けんじ)

1967年生まれ。山形県在住。日本野鳥の会山形県支部長。「何しったのやぁ?こだい寒いどごで(何してるんですか?こんなに寒い所で)」「鳥ば見っだのよぉ(バードウォッチングです)」「こだい寒いどぎ、ほだなどさ、鳥あて、いだんだがしたぁ?(こんなに寒い時にそんな所に鳥がいるんですか?)」私の地元では、こんな会話が日常茶飯事です。鳥はいつでもどこでも楽しめます!見て、聞いて、撮って楽しんでもらうのはもちろん、ほっこりとした温かい時間を過ごしてもらえるように山形弁でがんばります。おらいの(私の)島、飛島さもきてけらっしゃい(飛島にもきてください)!

COLUMN山形・天童で観察が期待される野鳥

チゴハヤブサ、ノスリ、オナガ、カワラヒワ、ツバメなど。

■チゴハヤブサ

夏鳥として主に北日本の平地にやってきて繁殖します。山形県では1989年に山形市で初めて繁殖が確認されて以後、分布を広げ、主に内陸の市街地や郊外に生息しています。おおよそハトほどの大きさで、チョウゲンボウにやや似ていますが、よりスマートで力強いはばたきは、まさに“ハヤブサ”そのものです。自分で巣を作ることはなく、社寺林や高架鉄塔にあるカラスの古巣を利用し、繁殖します。人には厄介者のカラスも、自然界では当然ながら役に立っている証でもあるのです。

チゴハヤブサ
巣立った直後の幼鳥
チゴハヤブサの幼鳥

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
08月21日(土)~08月22日(日)簗川堅治さん同行 2日間 33,000円
発着地 現地発着
(天童駅集合・解散)
最少催行人員 3名(6名様限定)・簗川堅治さん同行
一人部屋追加代金 1,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。
    [天童駅までの交通機関](航空券手配をご希望の方はご相談ください。)
    【東京方面】
    東京駅/天童駅 山形新幹線つばさ利用で約3時間
    【大阪方面】
    往路:JAL2235 伊丹 11:50発 - 山形 13:05着
    復路:JAL2236 山形 13:35発 - 伊丹 14:55着
    ※山形空港/天童駅間はタクシーで約15分。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1

天童駅
天童

15:30発

15:30にJR天童駅に集合。ホテルへ移動し、チェックイン。その後、チゴハヤブサ観察ポイントへ移動し、バードウォッチング。いくつかの観察ポイントを巡ります。天童には毎年数つがいのチゴハヤブサが子育てにやってきます。チゴハヤブサとトビやノスリの空中戦も楽しみのひとつです。

天童:天童セントラルホテル又はエアポートホテル泊
|食事:朝× 昼× 夜○
2

天童
天童駅


09:30着

早朝、暑い時間帯を避け、05:30頃からチゴハヤブサの観察に出かけます。07:30頃まで観察。ホテルでの朝食後、09:30頃、天童駅で解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝1/昼0/夜1

ご案内とご注意

気候・服装 夏服でお過ごしいただけます。非常に暑い時期になりますので日除け対策をしっかりとお願いします。建物内の冷房対策に軽い上着もご準備下さい。また、降雨に備えて折畳み傘と上下セパレート式の雨具もお持ち下さい。靴は防水性のハイキングシューズが最適です。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

野鳥撮影について 天候や鳥の観察状況により柔軟に観光内容を変更することがあります。日程表に記載の野鳥は野生ですので、必ずしも観察できるとは限りません。
移動について 小型車を利用します。人数により分乗となる場合があります。
その他のご注意 当コースは添乗員が同行しないコースのため、旅の記録のサービスはございませんが、同行ガイド作成の「観察した野鳥リスト」を送付いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。