ツアーのポイント

ポイント 初心者歓迎!専門家が同行、撮影方法などもレクチャーします

Hobby's World・吉成才丈氏が東京竹芝桟橋から全行程同行いたします。海鳥観察が初めての方でも、おがさわら丸乗船時からイヤホンガイドを利用しての解説や、撮影方法などもレクチャーいたします。どなたでもお気軽にご参加ください。

ポイント チャーター船利用 父島・南島で、朝に夕にたっぷり探鳥

チャーター船を利用して南島上陸と海上での海鳥観察。天候によってはチャーター船利用の日を変更するなど、臨機応変にご案内いたします。父島では、日中だけでなく早朝にも探鳥にご案内します。

ポイント 母島にも宿泊 母島固有種もしっかりと狙います

母島は日帰りではなくゆったり一泊。終日専用車を利用して、港や集落周辺だけでなくサイティングのよい場所を選んでご案内いたします。母島固有種のハハジマメグロやオガサワラカワラヒワ観察のチャンスが大幅にアップします。

PROFILE 同行ガイド 吉成 才丈(よしなり・としたけ)

1962年生まれ、東京都在住。東京都千代田区で、バードウォッチング専門店<Hobby's World (ホビーズワールド)>および鳥類調査会社<(株)日本鳥類調査>経営。バードウォッチングのガイドで、全国各地も巡る。歳時記的に、毎年同じ時期に同じ探鳥地を訪ねることが多く、タカやシギチの渡り、ガン類の越冬、海鳥などを観察・撮影するのが楽しみ。バードウォッチングは、だれでも気軽に楽しめる趣味だと思っています。難しく考えることなく、皆さんのペースで楽しんで頂けるように心がけています。

COLUMN同行ガイド・吉成才丈さんが語る小笠原の魅力

バードウォッチャーは「一生に一度は小笠原に行ってみたい」という思いを抱きますが、船に弱い方でも一度行くと、2度、3度と足を運ぶことになります。小笠原には、世界中で母島列島にしか生息していないハハジマメグロ、他では見られないオガサワラカワラヒワやオガサワラノスリ、ハシナガウグイスなどの魅力的な鳥たちがいます。そしてこの時期の海上では、ハジロミズナギドリやカワリシロハラミズナギドリ、クビワオオシロハラミズナギドリ、オガサワラヒメミズナギドリ、オガサワラミズナギドリなど、聞きなれない名前の鳥たちに出会うチャンスもあります。 台風にさえ遭わなければ波も穏やかで、気温的にもデッキでの観察が楽な時期ですから、海鳥入門にも格好のチャンスです。「野鳥観察の初心者で不安」「海鳥はまったくの未体験」「小さなカメラだけど、できれば写真も撮ってみたい」という方も、遠慮なくご参加ください。スマホで撮れる距離まで近づくカツオドリがトビウオを狙うシーンには興奮しますよ。カメラや双眼鏡など、機材選びからご相談に応じますので、お気軽に問合せ下さい。野鳥観察を中心に、小笠原を満喫しましょう!

COLUMN小笠原で観察を期待したい野鳥

アカガシラカラスバト、ハハジマメグロ、オガサワラカワラヒワ、オガサワラノスリ、ハシナガウグイス、ハジロミズナギドリ、カワリシロハラミズナギドリ、クビワオオシロハラミズナギドリ、オガサワラヒメミズナギドリ、オガサワラミズナギドリ、オオミズナギドリ、オナガミズナギドリ、アナドリ、クロアジサシ、カツオドリ類、シギ・チドリ類など

オガサワラノスリ
ハハジマメグロ
アオツラカツオドリ
カツオドリ
クロアジサシ
オガサワラカワラヒワ
アカガシラカラスバト
ハシナガウグイス
アナドリ
ハジロミズナギドリ
クビワオオシロハラミズナギドリ

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
08月27日(金)~09月01日(水)吉成才丈さん同行 6日間 238,000円
発着地 東京(竹芝桟橋)発着 最少催行人員 5名(8名様限定)
吉成才丈さん同行
一人部屋追加代金 18,000円(船中泊除く)
  • 部屋数が限られるためお一人部屋の確保ができない場合がございます。
  • おがさわら丸の船室について:おがさわら丸の船室は「2等寝台(対面する上下二段ベッド)」を手配予定です。船室のアップグレード(一等室、特一等室など)又は、エコノミー和室への変更をご希望の方はお問い合わせください。
  • おがさわら丸では、PCR検査を実施しています。現地宿泊施設は、宿泊にあたりPCR受検を必須にしておりますため、全てのお客様にご受検いただいております。予めご了承ください。
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 竹芝桟橋 11:00発 午前10時、東京の竹芝桟橋ターミナルに集合。おがさわら丸に乗船し、24時間かけて小笠原諸島・父島へ。甲板ではイヤホンガイドを利用した解説を聞きながら、海鳥の観察をお楽しみください。
おがさわら丸:2等寝台泊|食事:朝× 昼× 夜×
2 父島
父島
母島

11:00着
12:00発
14:00着

朝、船上にてカツオドリやミズナギドリ類など海鳥の観察をお楽しみください。父島着後、ははじま丸に乗り換えて、母島へ。着後、専用車にて島内の探鳥。母島固有種のハハジマメグロや、オガサワラノスリ、オガサワラカワラヒワを狙います。  
母島泊|食事:朝× 昼× 夜○
3 母島
父島
14:00発
16:00着
早朝、専用車または徒歩にて探鳥。朝食後、引き続き母島固有種を狙います。午後のははじま丸にて父島へ。夜はナイトツアーへご案内。光るキノコ・グリーンペペやオガサワラオオコウモリ(天然記念物)、海岸の夜行性生物、星空観察などをお楽しみいただきます。
父島泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 父島
(南島)

 

早朝、徒歩にて宿泊施設周辺の探鳥。朝食後、チャーター船で南島に上陸。カツオドリなどの海鳥が繁殖する、小笠原随一の景勝地を観察します。この時期はカツオドリの雛を観察することができるかもしれません。船上からは飛翔するミズナギドリ類も観察できます。午後、専用車にて父島島内の探鳥。アカガシラカラスバトを探します。
父島泊|食事:朝○ 昼× 夜○
5 父島

15:00発

早朝、徒歩にて探鳥。鳥たちが活発になる時間帯もしっかりと観察します。朝食後、専用車にて島内を探鳥。午後、おがさわら丸にて「お見送り」を受け、竹芝桟橋へ戻ります。出航後、甲板での海鳥の観察をお楽しみください。
※2日目に南島に上陸できなかった場合は、この日に再チャレンジします。
おがさわら丸:2等寝台泊|食事:朝○ 昼× 夜×
6 竹芝桟橋 15:00着 竹芝桟橋着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼1/夜3

ご案内とご注意

気候・服装 天気がよければ、日中や半袖1枚で過ごせます。日中は日差しが強く、船上(おがさわら丸、観光船)は風が強いため、日除けの長袖やウインドブレーカーをお持ち下さい。宿泊施設内はサンダルが便利です。船上観察用に、帽子やサングラスなど日よけ対策もしっかりお願いします。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
■父島:ブーゲン
■母島:アイランドリゾート南風、クラフトインラメーフ
日程について 船で島回りを巡る日は天気・風・波の状況に左右されます。チャーター船利用のため、天候によって内容を入れ替えるなど臨機応変に対応いたしますが、訪問予定地に行けないこともあります。出航できない場合は島内観光へご案内いたします。また、自然観察ですので、写真や日程表中の動物が必ずしも見られるとは限りません。予めご理解の上ご参加ください。
野鳥観察について 双眼鏡は、対物口径30mm以上、倍率10倍、防振機能付きですとよりよく観察できます。
南島上陸について 船で岩場に着岸して上陸します。その際足元が悪い場所もありますので注意してください。ビーチサンダルではなく、マリンシューズやスポーツサンダルなど、しっかりとした履物をご用意ください。また、予備日を設けていますが、当日の波、風向きによっては上陸できない場合があります。
お食事について おがさわら丸船内での全食事と、日程2・4日目の昼食は含まれておりません。町の商店や船内食堂などで実費をお支払ください。
その他のご注意 当コースは添乗員が同行しないコースのため、旅の記録のサービスはございませんが、同行ガイド作成の「観察した野鳥リスト」を送付いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。