ツアーのポイント

ポイント 父島で迎える2022年初日の出

小笠原諸島の冬の日の出は本州や北海道よりも早く、本州で一番早い千葉県犬吠埼よりも30分ほども早く昇ります。天気が良ければ、父島の展望台を訪れ、2022年最初のご来光を拝みます。また、小笠原は元旦に「日本一早い海びらき」となります。

ポイント 父島2泊、母島1泊滞在 5名様限定の旅 

父島ではチャーターボートで「ボニンブルー」の海へ。絶海の火山島や沈水カルストの地形を洋上から見学します。運がよければ、ミナミハンドウイルカ、ハシナガイルカ、冬に繁殖のために南下してくるザトウクジラを見ることができるかもしれません。さらに母島にも宿泊し、絶景展望地「南崎」まで足を伸ばします。

ポイント 小笠原一の景勝地、南島へ上陸

日本有数の沈水カルスト地形で小笠原一の景勝地、南島。上陸しウォーキングで、絶滅した固有種のヒロベソカタマイマイの半化石、沈水カルストが作り出した独特な地形をお楽しみください。
※風向きや波の高さによって上陸できない場合があります。予備日を設けていますが、最終的に上陸できないこともありますので、予めご了承ください。

ポイント おがさわら丸 往復2等寝台をご用意

2016年新造船のおがさわら丸は24時間かけて1,000kmを航海します。長い船旅をより快適にお過ごしいただくために、コンパートメントタイプの寝台をご用意いたしました。カーテン付きの2段ベッドで、個別にコンセントも完備されています。
※追加料金にてアップグレードも手配可能です。

父島で拝む初日の出
南崎から見る母島
訪問する
世界遺産

小笠原諸島

COLUMN 父島の自然・歴史ウォーク

小笠原は大陸と一度も陸続きになったことがない海洋島のため、独自の進化を遂げた生き物が生息し、独特な生態系を形成しています。その固有種率の高さや特殊性によって世界遺産に登録されました。父島には高い山に登らずとも、ノヤシやマルハチなどの固有種の植物が生い茂る亜熱帯の森を散策し、ボニンブルーの海に映える真っ白な砂浜などの展望が楽しめるところがいくつもあります。また小笠原は南方の要衝として戦後米軍の占領下となり、一部を除いて疎開していた島民の多くは帰島が許されませんでした。そのため軍事要塞化され、鉄の再利用を目的とした戦跡の消滅を免れて、現代にもその姿を残しています。緑に覆われた塹壕と砲台、日用品なども森に点在しています。

ノヤシ(小笠原固有種)
オガサワラオオコウモリ(小笠原固有の哺乳類)
森に残る地下壕
夜明け山に残る砲台
日本兵の方が飲んだと思われるビール瓶や徳利が残る

COLUMN 絶景の無人島「南島」

父島の南西約10キロにある無人島、南島。南島は父島や母島のように溶岩でできた島ではなく、サンゴ礁の隆起と沈降によってできた珍しい沈水カルスト地形の島で、小笠原を象徴する景観のひとつにもなっています。なかでも扇池は別世界に迷い込んだような美しさで、真っ白な砂浜と青い海のコントラストが最高です。南島では”ラピエ”と呼ばれる鋭く尖った岩や、”ドリーネ”と呼ばれるすり鉢状の窪地(扇池、鮫池等)が見られます。その独特な地形から2008年には「小笠原南島の沈水カルスト地形」として国の天然記念物に指定され、新東京百景にも名を連ねています。植生回復事業が行われており、島に上陸する際には東京都認定の自然ガイドの同行が義務付けられています。「適正な利用のルール」を守って大自然との遭遇を体験してください。

南島東尾根からの眺望
すり鉢状の窪地”ドリーネ”と美しい白い砂浜
ヒロベソカタマイマイ

COLUMN 時がゆっくりと流れる島・母島

父島より後の火山活動で誕生した母島列島。小笠原諸島最高峰の乳房山(463m)と、周囲を断崖に囲まれていることから父島に比べて湿潤な熱帯雨林に覆われ、独特な植生が広がり多くの「母島固有種」が存在します。東京の有人島最南端にあたる南崎・小富士では、タコノキとビロウに囲まれた遊歩道の先に、紺碧の海に突き出た岬と眼下に広がるサンゴ礁との絶景が展望できます。また、ハハジマメグロやオガサワラカワラヒワなど母島でしか会うことが出来ない鳥がいます。ハハジマメグロは集落内でも目にすることができますが、絶滅危惧種に指定されている母島固有種の特別天然記念物です。宿泊することで体感できる、父島よりもゆったりと時間が流れる母島を満喫していただけます。

ハハジマメグロ(特別天然記念物)
南崎・小富士

出発日と料金

2021年~2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
12月29日(水) ~
01月03日(月)
年末年始コース
6日間 298,000円
発着地 東京(竹芝桟橋)発着 最少催行人員 3名(5名様限定)・添乗員同行
一人部屋追加代金

20,000円

  • 部屋数が限られるためお一人部屋の確保ができない場合がございます。
  • おがさわら丸の船室について:おがさわら丸の船室は「2等寝台(対面する上下二段ベッド)」を手配しております。 船室のアップグレード(一等室、特一等室など)又は、エコノミー和室への変更をご希望の方はお問い合わせください。詳細はお問合せください。
  • おがさわら丸は現在予約数を制限しています。10/28(木)からの予約となり、予約時に2等寝台が確保できない場合は、他のカテゴリーを差額実費にてご案内することがあります。ピーク期の特殊事情をあらかじめご理解ください。
  • おがさわら丸ではPCR検査を実施しており、小笠原村より来島者に対して検査の受検を必須にしております。2回のワクチン接種を終えられた方へもお願いしておりますので、予めご了承ください(2021年7月)。
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。

ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 竹芝桟橋 11:00発 午前10時、東京の竹芝桟橋ターミナルに集合。おがさわら丸に乗船し、24時間かけて小笠原諸島へ。甲板から海鳥の観察をお楽しみください。
おがさわら丸:2等寝台泊| 食事:朝× 昼× 夜×
2 父島・二見港

11:00着

聟島列島をながめた後11時頃、父島の二見港に到着します。 午後、父島島内めぐりへご案内。海洋島の特異な環境や、小笠原固有の植物、歴史などにふれます。夜はナイトツアーへご案内。オガサワラオオコウモリ(天然記念物)や海岸の夜行性生物星空観察などをお楽しみいただきます。
父島|食事:朝× 昼× 夜○
3

父島
(南島)

  午前中、チャーターボートで沈水カルストの絶景・南島へ。上陸してハイキングをお楽しみいただきます。運が良ければイルカザトウクジラに出会うことも。午後は、父島の森に残る地下壕や砲台などの戦跡を巡ります。境浦海岸では、岸からすぐ目の前に沈む貨物船「濱江丸」を望むことができます。
父島|食事:朝○ 昼× 夜○
4 父島
母島
07:30発
09:30着
天気が良ければ父島の展望台にて、初日の出を拝みます。朝食後、ははじま丸で母島へ(約2時間)。着後、ガイドの案内で母島島内観光。島を北から南までめぐります。小笠原固有種で特別天然記念物のハハジマメグロを探します。
母島|食事:朝○ 昼○ 夜○
5 母島
父島 ・二見港
父島 ・二見港
12:00発
14:00着
15:00発
朝、母島最南端の断崖絶壁「南崎」へハイキング(約3時間)。「小富士」からは眼下に広がるサンゴ礁と海に浮かぶ母島列島の属島群を望みます。その後、ははじま丸にて父島へ戻ります(約2時間)。二見港到着後、おがさわら丸に乗換えて竹芝桟橋へ戻ります。午後、二見港を出発。船から聟島列島をながめ東京への帰路につきます。
おがさわら丸:2等寝台泊|食事:朝○ 昼× 夜×
6 竹芝桟橋 15:00着
竹芝桟橋着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼1/夜3

ご案内とご注意

気候・服装 天気がよければ気温が上がり、日中は長袖1枚で過ごせますが、朝夕は冷えることもありますので、薄手のダウンジャケットやフリースもお持ちください。船上(おがさわら丸、ははじま丸、観光船)は風が強く、父島でのチャーター船では水しぶきで濡れることもありますので、濡れてもよい厚手の上着または、上に羽織れるウインドブレーカー等も必ずお持ち下さい。ハイキング中は長袖・長ズボンでご参加いただき、上下セパレートタイプの雨具をお持ち下さい。南島上陸時は、足場の悪いところもあるため、しっかりとしたマリンシューズまたは濡れてもよい靴でご参加ください(ビーチサンダルやクロックスなどの簡易シューズはご遠慮ください)。宿泊施設内はスリッパが便利です。船上やハイキング用に日よけ対策もしっかりお願いします。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
■母島:アンナビーチ母島ユースホステル、クラフトインラメーフ、ナンプ―
■父島:ペンション・キャベツビーチ、ホテルブーゲン、フィッシュアイ、ログハウスメール、ナインボール、サンシャイン小笠原、パパスアイランドリゾート、ウエスト、ウエストアネックス、シートピア、ポートロイド、小笠原ダイビングセンター、民宿ふく、民宿なぎ屋、民宿ミナトイン
南島へのチャーター船について 冬の小笠原の海は荒れやすく、船を出すことができない場合がございます。日程を入れ替えてご案内する場合もございます。また、波しぶきをかぶるため、船にレインコートのご用意はありますが、濡れても良い服装でご参加ください。
戦跡について 森の中を歩くこともあるため、天候により道がぬかるむ等で、ご案内する場所が変わることがあります。予めご了承ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。