ツアーのポイント

ポイント 岩手を代表する百名山二座“八幡平”と“岩手山”を結ぶ大縦走

岩手県を代表する百名山「八幡平」と「岩手山」をただ登頂するのではなく、周囲の広大な大地を眺めながら繋いでいく縦走コースです。毎日展望ポイントがあるため、その都度自分達の移動を確かめることができます。最後、初日には遠く離れて見えていた岩手山に登頂した時には、大きな達成感を得ること間違いありません。

ポイント 岩手山・八幡平・安比高原 50kmトレイル

本ツアーは、日本ロングトレイル協会に加盟している総延長50kmの「岩手山・八幡平・安比高原 50kmトレイル」を歩きます。数々のピークから望む景色はもちろん、樹林帯、高層湿原、火山地帯独特の岩場や砂礫等、変化に富んだ登山を楽しみます。

ポイント荷物を預け身軽な装備で歩く

ホテル泊や専用車を利用することで、トレッキングに不要な荷物を極力預けて、身軽に歩くことができます。1日目と2日目は、事前に預けて日帰り用の装備のみでご参加可能。3日目と4日目は、山小屋泊用の1泊2日の荷物のみをもって歩きます。

ポイント5名催行、最大8名の少人数限定!登山ガイドと山専門添乗員がしっかりサポート

参加者一人一人にガイドの目が届く少人数限定企画。本コースは皆様に少しでも快適な登山を楽しんでいただくため、最大8名様に限定しております。熟達した登山ガイドと西遊旅行の山専門の添乗員の2名体制で、しっかりサポートいたします。

茶臼岳より裏岩手連峰縦走路と、その先に続く岩手山を望む

岩手山八合目の避難小屋泊
明け方の藤七温泉と岩手山

COLUMN 岩手山・八幡平・安比高原 50kmトレイル

岩手山・ハ幡平・安比高原は、奥羽山脈の一部であり、岩手県と秋田県の県境に連なる成層火山、鐘状火山、楯状火山の集まりです。本トレイルは、安比高原の”ぶなの駅”から岩手山の”焼走り登山口”まで、これらの火山群が織りなす様々な自然環境をたっぷりと味わいながら辿ります。安比高原は、ブナ林とオオシラビソの樹林が素晴らしく、八幡平は、大湿原や茶臼岳、源太森といった展望ピークからの景色を楽しみます。裏岩手連峰縦走路では、畚岳(もっこだけ)、諸桧岳(もろびだけ)、嶮岨森(けんそもり)、大深岳、三ツ石山、大松倉山と複数の小ピークを伝いながら尾根道を辿ります。岩手山の主要部では、岩場の続く鬼ヶ城から火口を覗き、山頂からの360度の景色を眺め、国の天然記念物である焼走り溶岩流へと下ります。総延長50kmのトレイルコースを踏破します。

裏岩手縦走路を進む
三ツ石山にて、ガスに包まれた紅葉
山頂から望む鬼ヶ城

COLUMN 岩手県が誇る2つの名山

【八幡平 1,613m】

日本百名山。岩手県と秋田県にまたがる山。お皿を伏せたように平坦で、広々した台地にアオモリトドマツやブナの森が広がり、その中に無数の沼や湿原が点在しています。頂上直下まで車道(八幡平アスピーテライン)が伸び、秋には八幡平の裾野や湖沼群を彩る紅葉を見に多くの人々が訪れる人気の山です。

八幡平にて”八幡沼”を振り返る
秋の八幡平散策路(9月)

【岩手山 2,038m】

日本百名山で岩手県最高峰。二つの外輪山からなる成層火山で別名:南部片富士と呼ばれ、盛岡市から眺める山容は秀麗です。石川啄木や宮沢賢治をはじめ、古くから詩や和歌にうたわれてきました。山頂外輪を取り囲むように石仏が点在し、山麓に岩手山神社が祭られている信仰の山。焼走りコースにあるコマクサ群落は日本一ともいわれ、隠れた花の名山ともいわれます。

西側から望む岩手山と滝雲
岩手山(薬師岳)のお鉢を歩く
裏岩手縦走路より岩手山を目指す

FLOWER 八幡平・岩手山を彩る高山植物

夏には青々とした緑、秋には美しい紅葉と共に、山々を彩る可憐な高山植物と出会うことができます。連日歩く縦走登山は時にきつい場面もあると思いますが、そんな時にふと心を愛でてくれる花々はきっと記憶に残ることでしょう。訪れる度に表情を変える八幡平・岩手山。火山が造り出した雄大な風景とともに、季節の花々もお楽しみください。
エゾリンドウ(9月・10月)
コオニユリ(8月)
ニッコウキスゲ(7月・8月)
ウメバチソウ(9月~10月)

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
08月22日(月) ~
08月25日(木)
4日間 138,000円
09月26日(月) ~
09月29日(木)紅葉のベストシーズン
4日間 138,000円
発着地 現地発着(JR盛岡駅発着) 最少催行人員 5名(8名様限定)添乗員同行
一人部屋追加代金 4,000円(網張温泉のみ)
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    <参考アクセス>
    【東京方面】
    往路:要前泊。盛岡駅周辺推奨。リッチモンドホテル盛岡駅前、ホテルルートイン盛岡駅前、東横INN盛岡駅前他
    復路:JR盛岡駅 16:50発 - (東北新幹線はやぶさ34号) - JR東京 19:04着

    【大阪方面】
    往路:要前泊。盛岡駅周辺推奨。リッチモンドホテル盛岡駅前、ホテルルートイン盛岡駅前、東横INN盛岡駅前他
    復路:①JR盛岡16:50発 -東北新幹線はやぶさ34号 – JR東京駅 19:04着
      JR東京駅 19:21発 - (東海道新幹線のぞみ105号) - JR新大阪駅21:48着
     ②JR盛岡16:50発 -東北新幹線はやぶさ34号 - JR仙台駅17:29着/17:45発 -仙台空港18:13着
      仙台空港 18:55発 - (ANA740便) – 伊丹空港 20:20着/20:41発 – 新大阪 21:16着
     ③JR盛岡17:05発 - (花巻空港行バス) - 花巻空港 17:50着/18:40発 – (JAL2190便) – 伊丹空港20:20着
      伊丹空港 20:50発 – 新大阪 21:15着

コース難易度

体力・技術 1日の実際の歩行時間の目安は約7~11時間です。標高差は登りで最大約780m、下りで最大約1,470m(最終日)あり、その他にもアップダウンがあります。普段から山歩きに慣れていて、岩場などの足場の悪い箇所も含めて長時間歩ける体力が必要となります。
宿泊 旅館1泊、ホテル1泊、山小屋1泊
荷物 1日目と2日目は、「登山に不要な荷物」を、登山を始める前に専用車や宿泊地に預け、下山後に宿泊地にて受け取ります。3・4日目は、山小屋泊となりますので、1泊2日分の荷物をご自身で運んでいただきます。できる限り軽量化に努めてください。

※オレンジ色の線が登山ルートとなります。


ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 JR盛岡駅
安比高原ぶなの駅
茶臼岳
八幡平
藤七温泉
06:30発
10:30着
早朝、JR盛岡駅に6:15集合。専用車にて安比高原ぶなの駅(835m)へ。
●安比高原・八幡平縦走(約14km/コースタイム7時間10分)
着後、登山開始。美しいブナ林から、次第にシラビソやコメツガ、トドマツ等の針葉樹林帯へと植生が変わっていきます。八幡平三大展望地と呼ばれる山のうちの一つ茶臼岳(1,578m)に登頂すると、これから辿る裏岩手縦走路とその先に聳える岩手山を一望することができます。その後、同じく三大展望地、源太森(1,595m)を経由し、八幡沼を中心とした大湿原を抜けてゆきます。オオシラビソの樹林帯の道を進むと、日本百名山・八幡平(1,613m)に登頂。その後、めがね沼、鏡沼を覗きながら下り、八幡平登山口(1,540m)へ下山。着後、専用車にて藤七温泉の一軒宿・彩雲荘(1,400m)へ。彩雲荘は八幡平の開けた山中に位置し、岩手山と八幡平の雄大な景色と絶景を望める露天風呂が魅力です。
藤七温泉:彩雲荘泊|食事:朝× 昼× 夜○
2 藤七温泉
(三ツ石山荘)
網張温泉
05:00発
●裏岩手縦走(約18.4km/コースタイム8時間40分)
朝食後、徒歩にて裏岩手連峰登山口(1,460m)へ。着後、八幡平三大展望地の一つ、畚岳(もっこだけ/1,578m)に始まり、アップダウンを繰り返しながら、諸桧岳(もろびだけ/1,516m)、嶮岨森(けんそもり/1,448m)、大深岳(1,541m)、三ツ石山(1,466m)と連なる山々を縦走します。三ツ石山荘に到着後、南の雫石町側に下り登山口(1,160m)へ。その後、送迎車の来るゲート(約1,000m)まで下山します。着後、タクシーにて、休暇村網張温泉(760m)へ。網張温泉は、岩手山の旧火口より湧きだす温泉が森や沢を抜けて流れてきたものであり、五か所の趣の異なる温泉をお楽しみいただくことができます。
網張温泉:休暇村網張温泉泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
3 網張温泉
(三ツ石山荘)
岩手山八合目
05:00発
●裏岩手山縦走(約13.9km/コースタイム8時間20分)
タクシーにて、昨日下山したゲート(約1,000m)へ。着後、登山口を経て再び縦走登山開始。三ツ石山荘まで登り返した後、大松倉山(1,408m)を経由。いよいよ岩手山の核心部に迫っていきます。切通からは次第に岩稜伝いになります。鬼ヶ城にて岩場のアップダウンを慎重に進み、九合目の不動平(1,828m)へ。その後、八合目・避難小屋(1,770m)に到着します。収容人数150人を誇る大きな避難小屋にて宿泊となります。
※天候やグループのペースによって、切通以降は岩稜ルートではなく、大地獄谷経由で不動平を目指すこともあります。
岩手山八合目:避難小屋泊|食事:朝○ 昼○ 夜○
4 岩手山八合目
岩手山山頂
焼走り登山口
焼走りの湯
JR盛岡駅
06:00発

14:00着
15:00発
16:15着
●岩手山登頂(約8.3km/コースタイム5時間)
朝食後、再び不動平に戻り、その後、日本百名山&岩手県最高峰・岩手山の薬師岳(2,038m)へ。山頂からは、延々と歩いてきた裏岩手連峰、八幡平の広大な大地を見渡すことができます。迫力の火口と360度の景色を楽しんだ後、焼走りコースを下ります。夏には日本一とも言われるコマクサ群落が広がる砂礫帯を進み、焼走り登山口(570m)へ。下山後は、国指定特別天然記念物の焼走り溶岩流と岩手山を眺めて縦走登山は終了となります。その後、そのまま徒歩で岩手山焼走り国際交流村・焼走りの湯へ立ち寄ります(徒歩5分/各自現地支払い)。ご入浴後、専用車にてJR盛岡駅へ。着後、解散。
食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼2/夜3
  • 日程表記載のコースタイムは、休憩時間を含まない一般的なコースタイムです。

ご案内とご注意

気候・服装 登山中の日中の服装は、8月は薄い長袖、9月は合服が目安ですが、悪天時や強風が吹くと体感気温は下がります。綿素材の衣類は乾きにくく体が冷えてしまうので、速乾性のシャツや登山パンツをご準備ください。また、フリースやウィンドブレーカー、インナーダウン等の防寒着をお持ちください。降雨もありますので、上下セパレート式の雨具をお持ちください。登山時の靴は防水の効いたトレッキングシューズや登山靴が最適です。その他、8月はやぶ蚊に刺される恐れがあるので虫除けスプレー等は必携です。
利用予定ホテル

日程をご覧ください。

食事について 朝食は、連日早朝出発のためお弁当でのご用意となります(1・4日目を除く)。夕食については、各宿泊施設でのお食事となります。3日目の夕食と4日目の朝食は避難小屋泊の為、ガイドと添乗員がご用意いたします。※軽量化をはかるためシンプルな山の食事になります(例:朝食:パスタ、インスタントうどん、夕食:スープ、ライス、カレー等)。
昼食は、1日目は事前に各自でご購入ください。2日目と3日目の昼食は、前泊する宿にてお弁当をご用意いたします(内容:おにぎり2個とおかず少々/後日ご注文をお伺いします)。4日目はお弁当の用意は取れません。行動食など予め余裕をもってご用意ください。
岩手山八合目避難小屋について 日程3日目に宿泊する「岩手山八合目避難小屋」では、現在毛布の貸し出しを停止しており、各自寝袋(三季)・マットといった寝具のご持参が必要となります。1・2日目は預け荷物にしておき、3・4日目のみ各自お運びください。寝袋をお持ちでない方には弊社にて有料(3,000円/重量720g)で貸し出しいたします。また、お部屋は1つの大部屋泊になります。予めご承知おきください(収容可能人数150人/現在収約100人程度に制限中)。
年齢制限について 当ツアーは、年齢が80才以上の方はお申し込みいただけません。
旅行条件について 取引条件はこちらの 国内旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。