ツアーのポイント

ポイント十和田湖畔と八甲田山麓、八幡平と岩手山麓 色づくブナを求めて

東北の山々が一面、黄色になりそして飴色に変わるわずかな季節にめぐります。十和田湖の濃いブルーと紅葉、そして八甲田山麓の広大なブナ林。十和田奥入瀬には一本木では日本一と認定されているブナの巨木「森の神」を見学。錦秋の東北を巡り、たっぷりと撮影します。

ポイント世界遺産・白神山地のブナの森と暗門の滝

岩木川の支流の暗門川。世界遺産の径ブナ林から暗門川の渓流を一の滝、二の滝までハイキング。黄葉したブナ林と美しい渓流、迫力の滝の景観をお楽しみいただきます。

ポイント早朝の安比高原を撮影

宿泊ホテル「ホテル安比グランド」から車で約10分のブナと木々の立ち並ぶ安比高原に少し早起きして出かけます。条件が揃えば霜が降りて輝く草木や美しいご来光が見られます。

ポイント全日ホテル指定、最終日の安比高原では温泉につかってゆったりほっこり

JR青森駅より徒歩5分の好立地に建つダイワロイネット青森に2連泊。朝食は青森県産食材を使用した家庭料理もお楽しみいただけます。そして最終日にはスキーリゾートでもあり、広大なブナの原生林が広がる安比高原の「ホテル安比グランド」(安比温泉)に宿泊します。

迫⼒あるブナの⻩葉を楽しもう
安⽐⾼原のブナの⼆次林
暗⾨川沿いを歩く
早朝の安比高原にて、霜が降りたもみじの葉

[添乗員兼写真講師]上鶴篤史(かみづる・あつし)
日本登山ガイド協会認定ガイドおよび写真講師。国内外の山や自然を案内し、自然の豊かさや美しさを伝える。日本三百名山完登、アコンカグアやデナリ遠征など、豊富なキャリアを活かし登山・写真撮影に関する講習・ワークショップ多数。西遊旅行の添乗員としても活躍中。
>> 上鶴篤史氏ブログ「美しき日本の旅」はこちら

COLUMN 風景写真撮影機材について

カメラ(記録メディア、予備バッテリーは多めに)、交換レンズ(後悔ないようしっかりと)、フィルター(PLとNDは持ってきて使ってみましょう)、三脚と雲台(しっかりとしたもの)、レリーズやリモコン、クリーニングキット、ヘッドライトなどをお持ちください。カメラ、レンズなどはクッションなどで保護して持参すると良いでしょう。予備のカメラもあれば安心です。防水対策もしっかりとお願いします。

レクチャーを受けて風景写真を撮影

出発日と料金

2021年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
10月17日(日) ~
10月20日(水)紅葉の季節・上鶴篤史さん同行
4日間 178,000円
発着地 現地発着(青森空港・JR新青森駅集合/JR盛岡駅解散) 最少催行人員 6名(10名様限定)・上鶴篤史同行
一人部屋追加代金 10,000円
  • 国内旅行のため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 当ツアーは出発前の最終旅行説明会を開催いたしません。ご質問等はお気軽に担当までお問い合わせください。
  • 現地集合解散となります。現地までの交通機関はご自身でお手配ください。

    [参考交通機関] ※航空券手配をご希望の方はご相談ください。
    【往路】
     東京方面:JAL141 羽田 07:50発 – 青森 09:05着
          又は はやぶさ3号(新青森行き) 東京 07:08発 – 新青森 10:15着
     大阪方面:JAL2151 伊丹 07:55発 – 青森 09:25着  
    【復路】
     東京方面:はやぶさ26号(東京行き) 盛岡 14:17発 – 東京 16:32着
     大阪方面:JAL2186 いわて花巻 16:05発 – 伊丹 17:35着
          (盛岡駅 → いわて花巻空港 シャトルバス所要時間45分)

コース難易度

体力 健康な方で、普段歩きなれた方ならご参加いただけます。
高度 高山病の心配はございません。
宿泊 青森ではシティホテル、安比高原では温泉ホテルに宿泊します。
荷物 ハイキングや撮影などに不要な荷物は車に置いておくことができます。



ツアー日程表

  地名 時刻 スケジュール
1 青森空港
新青森駅
西目屋
(暗門の滝と世界遺産の径ブナ林)
青森
10:00発
10:30発

18:00着

青森空港および新青森駅にて集合。専用車にて西目屋の世界自然遺産・白神山地のブナの森へ。着後、世界遺産の径ブナ林暗門の滝のハイキング。暗門川の渓畔の景観と世界遺産登録地域内に設置された遊歩道を歩きでブナ林の黄葉を楽しみます。

青森:ダイワロイネットホテル青森泊
食事:朝× 昼× 夜×
2 青森
(八甲田ロープウェイ)
(蔦沼)
(奥入瀬渓流)
 

専用車にて八甲田山麓へ。八甲田ロープウェイに往復乗車し、紅葉の景色と展望を楽しみます。下山後は蔦七沼の6つの沼を巡る軽ハイキング。その後、奥入瀬渓流を訪れ水の流れや滝を楽しみ、八甲田山麓のブナの森地獄沼、睡蓮沼を訪れます。夕刻、城ヶ倉大橋へ。夕日に染まる八甲田山系を撮影します。

青森:ダイワロイネットホテル青森泊
食事:朝○ 昼× 夜×
3 青森
十和田湖
八幡平
安比高原
08:00発

17:30着

専用車にて十和田湖へ。十和田湖近くにある、日本一といわれるブナの巨木「森の神」を訪れます。その後、秋田県の鹿角市に入り、再び紅葉の美しい山岳エリアに向かいます。広大な展望が素晴らしい八幡平アスピーテラインを通行し、岩手県に入り、美しいブナの森で知られる安比高原へ。快適な温泉リゾートホテルに宿泊です。

安比高原:ホテル安比グランド泊
食事:朝○ 昼× 夜○
4 安比高原
岩手山山麓
盛岡駅
05:30発
13:30着

早朝に安比高原へ。朝焼けの安比高原のブナ林を撮影します。その後、ホテルにて朝食後、専用車にて岩手山の展望を楽しみながら牧歌的な景観を楽しめる岩手山山麓の小岩井牧場へ。昼食後、JR盛岡駅へ。着後、解散。

食事:朝○ 昼× 夜×
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼0/夜1

ご案内とご注意

気候・服装 動きやすい服装やトレッキングシューズなどでお越しください。朝夕の撮影では動かず、じっとしている時間が長くなることもあります。しっかりとした防寒具やレインウェアなどもご準備ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
観光について ・日程1日目の暗門の滝では安全のため皆様にヘルメット着用(無料手配)をお願いしております。
・日程2日目の八甲田山ロープウェイは、風速が25m/s以上の時、または定期点検などで終日運休になることがあります。予めご了承ください。
八幡平アスピーテラインについて 悪天候の場合など八幡平アスピーテラインは通行止めになる場合があります。その場合、4日目の朝に八幡平アスピーテラインへの訪問を再チャレンジいたします。
食事について 旅行代金に含まれていない食事につきましては現地にて添乗員より、レストランやお弁当などをご案内いたします。実費をお支払いください。
紅葉について 紅葉・黄葉の状況はその年の気候により多少ずれることがあります。各地の散策は紅葉の具合をみて最良の場所をご案内いたします。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。

メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。