ツアーのポイント

ポイント 固有種の宝庫 シンハラジャの森でハーピング

深い森が広がり、近づきがたい地域として恐れられていたことから現地の言葉で「ライオンの王国」を意味する"シンハラジャ"と呼ばれるようになりました。その為、豊かな自然は近年の伐採や開発を免れ、現在も原生林が広く残されています。動物の50%、植物の60%が固有種であると言われ、まだまだ新種の発見などの可能性も秘めた楽園です。

ポイント専門のネイチャーガイド2名が同行

両生類・爬虫類は、体も小さく大胆な移動能力も持たないものが多いため生息環境は非常に限られています。それぞれの生き物を知り尽くしたネイチャーガイドが全行程を通して同行。シンハラジャの森では更に専属ガイドが同行し、観察のチャンスを高めます。

ポイント少人数限定 様々な時間帯に観察

森の中での小さな生き物観察となるため、5名様の少人数限定ツアーです。爬虫類・両生類は種によって様々な時間帯で活動しています。早朝、日中、夜には許可書も取得して、それぞれの生態に合わせて最適の時間帯で観察を行います。

COLUMN シンハラジャで観察を期待したい爬虫類・両生類

コブハナトカゲ
Hump-nosed lizard Lyriocephalus scutatus
鼻の形が団子状に進化を遂げたアガマの仲間です。スリランカには地域によって多数の鼻の形が進化したトカゲがいますが、このコブハナトカゲは他のどの種ともかけ離れたDNAをもっていて、独自の進化を遂げてきた孤高のアイドルのような存在です。
スリランカピットバイパー
Srilankan pit viper Trimeresurus trigonocephalus
スリランカを代表するヘビです。樹上性で夜行性のため、夜のハーピングでの観察に挑戦します。最大75cmほどでそれほど大きくはありませんが、美しい緑色のボディーに独特な模様の入った姿は見ごたえがあります。
ハナナガムチヘビ
Long-nosed Whipsnake Ahaetulla nasuta
独特な見た目が印象的で、ムチのようにも見えることからムチヘビと呼ばれています。ヘビの中では珍しくとても目が良いと言われています。トカゲを好んで食べる偏食のヘビでもあります。

メガネコブラ
Spectacled Cobra Naja Naja
スリランカに生息する唯一のフードコブラ科のヘビ。威嚇した際に見せるフードにメガネの様な黒丸が2つあるのが特徴。ヘビ遣いの方に笛で操られるように飼育されている固体もいますが、ヘビには耳がないため聞こえないとされています。
カンガルートカゲ
Kangaroo lizard Otocryptis wiegmanni
スリランカ固有のアガマの仲間で、降水量が年間2000mm以上の低・中標高の地域に住んでいます。前足の4倍もの長さのある後ろ足でピョンピョン跳ねながら移動することからカンガルーと呼ばれます。成熟したオスは大きなデュラップが特徴的です。
ヤブガエルの仲間
Orange canthal shrub frog
Pseudophilautus stictomerus
夜のジャングルで目にする機会の多いヤブガエルの仲間。目蓋の上にあるポチっとした突起が特徴のカエルです。オレンジ色〜茶色まで様々な色合いの個体がおり、様々な表情を見せてくれます。

出発日と料金

2022年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
09月17日(土) ~
09月22日(木)
6日間 438,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 4名(5名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 不要(4月26日現在の見込み)
一人部屋追加代金 28,000円
日本の国内線割引 日本主要都市から東京への国内線特別割引がございます(スリランカ航空指定便に限る)。詳しくはお問い合わせください。
国際線のビジネスクラス ご予約の時期や空席によって、料金が変わりますのでご希望の方はお早めにお問い合わせください。
  • 少人数限定コースのため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 東京
コロンボ
ニゴンボ
11:20発
17:10着
空路、東京より直行便にてスリランカの首都コロンボへ。着後、ホテルへ。専用車にてニゴンボのホテルへ。
ニゴンボ泊
2

ニゴンボ
シンハラジャ

08:00発
12:00着
専用車にてシンハラジャへ(約4時間)。ホテルで昼食後、周辺の観察ポイントへ移動(約1時間)。夕方から夜にかけて、コブハナトカゲ、トビヘビ、ヤブガエルの仲間などを求めてハーピングです。
シンハラジャ:ラヤレジャーククレガンガ泊
3 シンハラジャ 引き続き観察ポイントへ移動し終日ハーピング。スリランカグリーンピットバイパー、メガネコブラなどとの出会いを狙います。
シンハラジャ:ラヤレジャーククレガンガ泊
4

シンハラジャ
コロンボ
ニゴンボ

午前発

昼着

引き続き観察ポイントへ移動しハーピング。その後、コロンボに向けて移動します。PCR検査、昼食の後にニゴンボのホテルへ。夕食後、クロコダイルサファリでイリエワニの観察をお楽しみください。
ニゴンボ泊
5 ニゴンボ
ドンバスカンダ
コロンボ
午前発

19:15発
午前中、ドンバスカンダ湿地でハーピング。固有のカエル類の観察を狙います。PCR検査の結果を受領後、コロンボの空港へ。空路、直行便にて帰国の途につきます。
機中泊
6 東京 07:35着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝4/昼4/夜4:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:スリランカ航空

ご案内とご注意

査証(ビザ) 不要です。旅券の残存期間は入国時6ヶ月以上必要です。スリランカのETA渡航認証が必要です(約4,900円)。申請の代行手数料は2,200円です。
スリランカへの入国に際して スリランカ入国に際しては、2回目のワクチン接種から14日以上経過した、新型コロナワクチン接種証明書が必要です。お持ちでない方に関しましては、出国72時間前以降に受けたPCR検査の陰性証明書が必要です。 全ての方にスリランカ政府が発行する旅行保険(12USD)への加入が必要です。
スリランカ出国に際して 出国前にコロンボでPCR検査を受検していただきます。検査代(約45米ドル)は現地にてお支払いください。
日本の出入国条件に関して 日本の出入国条件に関しては「海外渡航に必要な手続きと出入国の流れ」をご覧ください。
気候・服装 日中は夏服で過ごせますが、観察時は長袖・長ズボンなど肌の露出の少ない服装でご参加ください。室内など冷房が強いこともありますので防寒着もお持ちください。夜の観察をより楽しむために、必ずヘッドライト等もお持ちください。また、降雨に備えて上下セパレート式の雨具もお持ちください。現地にてヒル除けソックスをご用意いたします。
利用予定ホテル 日程及び下記をご覧ください。
■ニゴンボ:タマリンドツリー、ザ・コヴァンロ、アマギ アリア、キャメロットビーチ
ハーピングについて 自然観察ですので、写真や日程表中の生き物などが必ずしも見られるとは限りません。森の中を歩き、有毒生物の観察も行いますので、長袖・長ズボンにひざ丈の長靴を必ずご用意ください。つば付きの帽子もあると良いです。観察中は現地ガイドの指示に従い、観察経路からそれることのないようお願いいたします。悪天候の場合には、予定を変更したり中止になることがあります。予めご了承ください。
海外旅行保険への加入について 万一に備え、海外旅行保険へのご加入を、ご参加の条件とさせていただきます。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。