ツアーのポイント

ポイント インド・染織文化の中心地ブジを拠点に村や工房を巡る

その高度な染織技術により、世界に注目されるグジャラート州のカッチ地方。中心地のブジを拠点に村や工房を訪問し、この地に息づく手仕事の数々をご覧いただきます。ワークショップでは、染め、刺繍等の体験もお楽しみください。また、貴重なアンティークのコレクションもご覧いただきます。
アヒール族のミラー刺繍
細やかなアヒール族の刺繍

ポイント 写真やスケッチ目的の方にもオススメ

テキスタイル以外の目的で参加される方も意外と多い西遊旅行の「テキスタイル紀行」。通常の観光ツアーで訪れないような村や工房で長時間滞在するため、写真撮影やスケッチ、人々との交流がお好きな方にもオススメのコースです。
アジュラク染めの工房
家畜を連れるラバリ族の男性
訪問する
世界遺産

アーメバダードの歴史都市

COLUMN 村訪問やワークショップでグジャラートの手仕事を見学・体験!

5ミリに満たない小さな鏡を使ったミラー刺繍で有名なアヒール族、世界的にも知られるアジュラク染め(ブロックプリント)、穴の開いた小さなカードを使って織るカード織りなど、独自のコネクションと専用車がなければ訪れることが難しい村や工房を訪ね、高度な伝統技術を見学します。通常の観光ツアーよりも十分に滞在時間をとり、絞り染めやミラー刺繍、ブロックプリントなどのワークショップもお楽しみいただきます。

アヒール族の村でミラー刺繍を体験
絞り染め体験

COLUMN インド最西端・手工芸の里カッチ地方へ

一見のどかな田舎町に見えるグジャラート州のカッチ地方。実はこの地方の刺繍や染めなどの手工芸技術は海外でもトップクラスに入ります。ラクダに家財道具を積み遊牧生活をするラバリ族は、衣服だけでなくラクダの背飾りや布団なども刺繍やパッチワークで飾っています。村を歩くと、軒下でおしゃべりをしながら刺繍をする女性たちの姿が。その技術は母から娘へと伝えられ、今や世界中のテキスタイルファンを魅了しています。

絞り染め
グジャラートでは布をくくって染める絞り染めのことを「バンダニ」と呼びます。バンダニは吉祥の意味があり、晴れ着として女性に好まれてきました。
カラムカリ
「Mata ni Pachedi」と言われるカラムカリ。「母なる女神の後ろ」という意味があり、寺院に立ち入ることが許されなかったコミュニティの人たちが、女神に祈りを捧げるために竹の筆を使い、布に女神を描いた聖なる手描き更紗です。

カード織り
世界中で古くから伝わるカード織り。デザインに合わせて穴の空いたカードに糸を通し、回転させながら織ってゆきます。ボーダー部分の装飾や布のつなぎ目に使われます。
アジュラク染め
イスラム建築等で用いられる幾何学模様をもとに発展したブロックプリント。藍や茜など天然染料による染色技術は産業革命により一旦廃れましたが、近年復活・発展しています。

COLUMN きんと雲 43号より 「グジャラートのミラー刺繍」

西遊旅行の季刊誌きんと雲にて連載している「世界の手仕事」より、グジャラートのミラー刺繍にまつわる記事を掲載します。ぜひご覧ください。

出発日と料金

2024年 
出発日~帰着日
日数 旅行代金 催行状況
10月16日(水) ~
10月23日(水)
8日間 398,000円
12月04日(水) ~
12月11日(水)
8日間 398,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 8名(13名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 42,000円(4月2日現在の見込み)
一人部屋追加代金 53,000円
国際線のビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 少人数限定コースのため再利用割引等はありません。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 相部屋ご希望の場合でもご出発時点で相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。



ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール
1 東京
デリー
デリー
ムンバイ
13:50発
19:20着
夜発
深夜着
空路、東京より直行便でインドの首都デリーへ。着後、航空機を乗り換えてムンバイへ。その後、ホテルへ。
ムンバイ泊
2 ムンバイ
ブジ
朝発
午前着
朝、国内線にてグジャラート州のブジへ。着後、専用バスにて、手芸用品が並ぶラパールのバザールの散策もお楽しみいただきます。また、ダマルカ村にてアジュラク染め(ブロックプリント)の工房を訪れ、見学と体験をお楽しみいただきます。
ブジ泊
3 ブジ  

朝、絞り染め工房へ。絞りから染めまでの行程を体験していただきます。昼食はグジャラートターリーをお召し上がりください。午後、NGOスルジャンのLLDCミュージアム、ククマ村にてラクダや羊の毛を用いたカーペットで有名なカラド織の工房を訪問します。
夜、ご希望の方は3,000点以上ものグジャラート各地のテキスタイルを収集する個人宅へご案内します。

ブジ泊
4 ブジ
ムリ
08:00発
18:00着

専用バスにて、人間国宝に選ばれた刺繍の名手の技が息づくアヒール族の村・ダネティを訪問し、ミラー刺繍を体験します。その後、ムリへ。着後、シングル・イカット(絣)の工房を見学します。

ムリ泊
5 ムリ
トリ
アーメダバード
08:00発

17:00着
専用バスに アーメダバードへ。途中、バルワール族のタンガリヤ織の工房を訪問します。 また、トリにて、カード織も見学します。
アーメダバード泊
6 アーメダバード   朝、世界遺産アーメダバード旧市街の散策にご案内します。また、緻密に描かれたカラムカリの工房を訪ねます。
アーメダバード泊
7 アーメダバード
デリー
デリー
午後発
午後着
00:05発
午前、シュレイアス民俗博物館を訪問します。その後、空港へ。国内線にてデリーへ。着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。
機中泊
8 東京 12:00着 着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝6/昼6/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:エア・インディア

ご案内とご注意

査証(ビザ) インド(25ドル)、代行手数料(5,500円)、写真1枚。旅券の残存有効期間は入国時に6ヵ月、査証欄余白は2ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンにあたります。日中は半袖又は長袖シャツで過ごせますが、朝晩は冷え込む場合がありますので上着もお持ちください。
利用予定ホテル 日程及びホテルリストをご覧ください。
■デリー:シティパーク、プライドプラザ、サロヴァールタウラス、フォーポイントバイシェラトン、ITCウェルカム、ホリデイイン、ザ・ウムラオ、アショクカントリーリゾート、ノボテル、イビス、グリッツ、デベンチャー サロヴァル ポルティコ
■ムンバイ:ジンジャー、ムンバイハウス、ミラドール、コヒヌールコンチネンタル、ミラージュ、ビッツ、スバパレス、ウェストエンド、ITCマラータ、ファリヤース、アンバサダー、イビス、エメラルド、ラミーゲストライン、ホリデイイン、ウォーターストーン、ホテル・オーキッド
■アーメダバード:レモンツリー、フォーチュン、プライド、ブルームスイート
■ブジ:イラーク
■ムリ:アンビカ ニワス パレス
宿泊について ムリのホテルは部屋数が少ないため、稀に御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
その他のご注意 グジャラート州は禁酒州のため、レストランや公共の場ではアルコールを飲むことができません。お飲みになる方はお部屋でお飲みください。
旅行条件について 取引条件はこちらの 海外旅行 旅行条件書を、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:00 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。