ツアーのポイント

ポイント 2泊3日のクルーズだからこそ訪れることができる
世界遺産シュンドルボン国立公園の奥地へ

世界最大のマングローブの森を縫うように進む2泊3日のクルーズの旅。冬季は渡り鳥も多く飛来し、多様な生態系の観察もお楽しみいただけます。満月に合わせたクルーズで、シュンドルボンの伝統的なお祭りドゥブラ・ラッシュ・メーラを見学します。

ポイント ベンガルの大地に生きる人々との出会い

バングラデシュへの旅は、たくさんの人々との出会いも大きな魅力のひとつです。畑で働く人々、漁をする人々、雑踏のなかを力一杯リキシャのペダルを踏む人。エネルギッシュに逞しく生きるベンガルの人々はとても人懐っこく、たくさんの笑顔で迎えてくれます。

ポイント 15名様限定 貸切クルーズでは個室のご利用も可能

少人数に限定し、ゆとりある旅をご用意。2泊3日のシュンドルボンクルーズでもご希望の方は個室をご利用いただけます。貸切クルーズ船で快適な探検旅行をお楽しみください。
訪問する
世界遺産

バゲルハットのモスク都市/シュンドルボン国立公園/パハルプールの仏教遺跡

COLUMN 様々な信仰が混在するシュンドルボンの祭り
ドゥブラ・ラッシュ・メーラを見学

シュンドルボン南端の島で行われるこの祭りは、20世紀初めに開拓者のヒンドゥー教高僧がクリシュナ神を祀ったことから始まりました。その後、地元の漁師により乾季の訪れを祝う祭りと融合していき、ヒンドゥー教、イスラム教と共に、土着信仰の入り混じったお祭りになっています。この祭りの翌日から、漁師達は本格的に干物作りを始めます。ヒンドゥー暦カールティークの満月の夜明けに浜辺に人々が集まり、豊漁と安全を祈願し供物を海に捧げ、沐浴し、祈ります。

土着の女神ボノビビに家族の健康を祈る
祭り当日、供物を波に流し祈る人々

COLUMN 世界最大のマングローブの森を2泊3日で満喫
シュンドルボン国立公園クルーズ

バングラデシュの南西部に広がる、世界自然遺産シュンドルボン国立公園。バングラデシュとインドの西ベンガル州にまたがる世界最大のマングローブ地帯には、ベンガルタイガーやガンジスカワイルカなど希少な野生動物が暮らし、人々にも豊かな恵みを与えています。2泊3日のクルーズだからこそ訪問できる、マングローブ林の奥地へ。その美しさをゆったりと満喫します。


クルーズ船の一例
伝統のカワウソ漁を見学
美しいシュンドルボンの森をクルーズ

COLUMN 仏教、ヒンドゥー教、イスラム教 バングラデシュ北部の遺跡群を巡る

かつて仏教が栄え、その後長くヒンドゥー教とイスラム教の共存が続いたバングラデシュ。インド亜大陸最大の仏教遺跡パハルプールや、プティアのヒンドゥー寺院群のテラコッタ装飾は一見の価値があります。イスラムのムガール帝国時代には、その保護の下でヒンドゥー芸術が花開きました。そのため、ヒンドゥー寺院にムガール帝国の狩猟などをモチーフとした装飾が描かれるといった宗教文化の融合が見られます。また、バングラデシュでは石が産出されないことから、レンガの建築やテラコッタの装飾が発展しました。

世界遺産の仏教都市パハルプール
ヒンドゥー寺院に残るイスラム王の彫刻
サイト・グンバズ・モスク(バゲルハット)

出発日と料金

2019年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
11月07日(木) ~
11月16日(土)満月/ドゥブラ・ラッシュ・メーラ見学
10日間 348,000円
発着地 東京・大阪発着 最少催行人員 10名(15名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 11,500円~18,600円(5月8日現在の見込み)
一人部屋追加代金 41,000円(ボート泊含む)
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 特別価格コースのため再利用割引・特別割引はありません。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京
アジア内都市
大阪
アジア内都市
アジア内都市
ダッカ
午前又は午後発


午前又は午後発


夜又は深夜発
空路、東京・大阪よりそれぞれアジア内都市へ。着後、航空機を乗り換えてバングラデシュの首都ダッカへ。着後、ホテルへ。 
※添乗員は東京・大阪のどちらか一方より同行し(往復)、アジア内都市にて合流します。
ダッカ泊
2 ダッカ
タンガイル
ボグラ

08:00発

17:00着

専用バスにて北部バングラデシュのボグラへ。途中、タンガイルにて村の暮らしタンガイル織りの作業風景を見学します。
ボグラ泊
3 ボグラ
モハスタン
パハルプール
ラジシャヒ

08:00発


19:00着

専用バスにてラジシャヒへ。途中、ノーベル平和賞を受賞したグラミン銀行の農村支援プロジェクトの様子を見学します。また、仏教都市遺跡モハスタン、世界遺産でありインド亜大陸最大の仏教遺跡パハルプールを訪問します。
ラジシャヒ泊
4 ラジシャヒ
プティア
クルナ
07:30発

19:30着

早朝、ガンジス川遊覧をお楽しみください。天気が良ければガンジス川に昇る朝日をご覧いただけます。その後、専用バスにてバングラデシュ第3の都市クルナへ。途中、テラコッタ装飾が美しいプティアのヒンドゥー寺院群を見学します。その後、ラロン聖者廟を訪れ、歌う修行者を意味する民間信仰バウルのラロン音楽をお楽しみいただきます。
クルナ泊
5 クルナ
モングラ
シュンドルボン国立公園
08:00発
10:00着
専用バスにてモングラへ。着後、世界最大のマングローブの森が広がるデルタ地帯・シュンドルボン国立公園をクルーズし、シュンドルボンの森の保護区へと南下。途中、川沿いに暮らす人々の伝統的なカワウソ漁も見学します。運が良ければガンジスカワイルカを見るチャンスもあります。夕食は、名物の海老料理をご賞味ください。
ボート泊
6 シュンドルボン国立公園
(ドゥブラ・ラッシュ・メーラ)
漁師たちの乾季を祝うお祭り「ドゥブラ・ラッシュ・メーラ」を見学します。その後、世界最大のマングローブ林の自然と生き物を観察。篤い信仰心とシュンドルボンの自然を体感する一日です。
ボート泊
7 シュンドルボン国立公園
モングラ
バゲルハット
クルナ


13:00発

19:00着

船は川を北上し、モングラへ。着後、専用バスにてクルナへ。途中、世界遺産のモスク都市バゲルハットを観光(60のドームを意味するサイト・グンバズ・モスクカーン・ジャハーン廟外観等)。
クルナ泊
8 クルナ
ダッカ
08:00発
17:00着
専用バスにてダッカへ。ダッカ郊外では活気あふれる川岸の船着き場を訪問。途中、ガンジス川をフェリーで渡ります。
ダッカ泊
9 (ショナルガオン)
ダッカ
朝、ダッカ郊外にある「黄金の都」を意味する古都ショナルガオンを訪問(ゴアルディ・モスク、古い建物が並ぶパナム・ナガール等)。午後、リキシャが行き交う喧噪のオールド・ダッカ、活気溢れる船着場のショドルガートを見学。夕食後、空港へ。
機中泊
10 ダッカ
アジア内都市

アジア内都市

東京


アジア内都市

大阪

夜又は深夜発


朝又は午前発


朝又は午前発
空路、アジア内都市へ。着後、航空機を乗り換え、東京・大阪それぞれ帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼8/夜8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、中国南方航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) バングラデシュ(無料)、代行手数料(4,000円+消費税)、写真1枚。旅券の残存有効期間・査証欄余白は入国時に6ヶ月以上・3ページ以上必要です。
気候・服装 乾季のベストシーズンです。日中は半袖又は長袖シャツで過ごせますが、朝晩は冷え込みますので上着もお持ちください。
利用予定ホテル パンフレット巻末のホテルリストをご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 日程4日目に予定しているラロン音楽は、宗教行事による演奏者不在などの理由で鑑賞できないことがあります。
宿泊について 地方のホテルはバスタブがなくシャワーのみでお湯の出が悪いこともあります。また、ホテルの部屋数が少ないため、稀に御一人部屋をお取りできないことがあります。その場合は変更補償金の対象外とさせていただきますが、生じた差額は返金いたします。
シュンドルボンクルーズについて 船内でのシャワー(水)・トイレは共同となります。
祭りについて ドゥブラ・ラッシュメーラは、天候や現地事情により中止になったり、プログラムが変更になることがあります。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。