ツアーのポイント

ポイント 子連れの野生動物が多く観察できる季節 3つの国立公園でサファリ

2月~3月のタンザニアは野生動物の出産シーズンの直後にあたり、子連れの動物達を数多く観察できる季節。巨大なクレーターによって成るンゴロンゴロ自然保護区、タンザニア随一のサファリの名所セレンゲティ国立公園、バオバブの木が生い茂るタランギーレ国立公園とタンザニアを代表する3つの場所でじっくりとサファリをお楽しみいただきます。

ポイント ヌーやシマウマの大移動に合わせてンドゥトゥへ

毎年、2月~3月はオグロヌーやグラントシマウマなどの草食動物達がケニアのマサイマラからセレンゲティへと移動してくる季節。特にセレンゲティ南部のンドゥトゥ地区に多く集まります。当ツアーではセレンゲティ国立公園中心部に2泊、南部のンドゥトゥ地区に3泊滞在し、野生動物の宝庫セレンゲティでのサファリを存分にお楽しみいただきます。

ポイント 最大10名様までの少人数限定企画 サファリカーは全員窓側の4WDを利用

サファリドライブや各国立公園の移動を含めて車は快適な四輪駆動車を利用しますので、サバンナの悪路の走行にも安心です。屋根が開くオープントップタイプで、全員窓側保証。動物観察の際は屋根をオープンにして、野生動物をじっくりと観察。6名様から催行、10名様限定の少人数限定企画です。
訪問する
世界遺産

ンゴロンゴロ自然保護区/セレンゲティ国立公園

COLUMN セレンゲティ国立公園とンゴロンゴロ自然保護区に
またがるサバンナ ンドゥトゥ Ndutu

セレンゲティ国立公園南部、隣接するンゴロンゴロ自然保護区との間にまたがる様に広がるンドゥトゥ地区。一般的なツアーで訪れるセレンゲティのセロネラ地区とは異なり、タンザニアリピーターがこぞって訪れる場所です。特に2月~3月にかけてはオグロヌーやグラントシマウマの群れがこのエリアを通過する季節にあたります。ロッジの数が少ないため、団体客も少なく、よりプライベートなサファリが楽しめます。また、このエリアはオフロードのサファリドライブが許可されており、動物の間近までサファリカーで近づくことができるのも大きなポイントです。

オグロヌーの群れ
オオミミギツネ
8頭の赤ちゃんを連れたライオンのお母さん © Tomo Akiyama
エランド(ンゴロンゴロ自然保護区) © Tomo Akiyama
シマウマ

COLUMN 大自然にどっぷりと浸かる、セレンゲティ滞在 2つのテントキャンプ

世界的に有名なセレンゲティ国立公園にはたくさんのサファリロッジがあります。中には50室以上の客室を持つ大きなロッジもありますが、今回はよりサバンナの中での滞在をお楽しみいただけるテント式ロッジをご用意しました。どちらも10室程しかないテント式キャビンで、よりプライベートなサービスと、大自然の中での滞在をお楽しみいただきます。各キャビンにはベッド、シャワー、トイレ完備。電気は時間制限はあるものの各キャビンでの充電も可能。何よりもセレンゲティの広大なサバンナを間近に体感していただけるロケーションが最大の魅力です。

キオタキャンプ[セレンゲティ国立保護区/2連泊]
セレンゲティ国立公園中心部セロネラ地区に位置し、年間を通じてサファリをお楽しみいただけるロケーション。客室11テントキャビン。
眺めの良いラウンジ
テントヴィラの一例
チャカキャンプ[ンドゥトゥ地区/3連泊]
ヌーの移動に合わせて場所を変えて設営される移動型のテント式ロッジ。この時期はセレンゲティ国立公園南部のンドゥトゥ地区に設営されます。
テント式ロッジ外観
客室の一例

出発日と料金

2020年 
出発日~帰国日
日数 旅行代金 催行状況
02月27日(木) ~
03月08日(日)
11日間 768,000円
発着地 東京発着 最少催行人員 6名(10名様限定)・添乗員同行
燃油サーチャージ 不要(5月29日現在の見込み)
一人部屋追加代金 89,000円
ビジネスクラス 追加代金等の詳細はお問い合わせください。
  • 海外での空港税諸税は旅行代金に含まれています。
  • 燃油サーチャージ額は、原油価格の変動により変更することがあります。
  • 少人数限定のコースのため、再利用割引・特別割引はありません。
  • 相部屋ご希望の場合でもご出発時点で相部屋の方がいらっしゃらない場合は、一人部屋追加代金が必要となります。予めご了承ください。

ツアー日程表

地名 時刻 スケジュール地図を見る
1 東京 深夜発 空路、カタールの首都ドーハへ。
機中泊
2 ドーハ
ドーハ
キリマンジャロ
キリマンジャロ
アルーシャ
早朝着
08:00発
14:10着
15:30発
17:30着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、タンザニアのキリマンジャロ空港へ。着後、専用車にてアルーシャへ。
アルーシャ:プラネットロッジ泊
3 アルーシャ
ンゴロンゴロ自然保護区
07:30発
12:00着
専用車にてンゴロンゴロ自然保護区へ。午後、クレーター内でのサファリドライブ。クレーター内は季節による動物の移動がほとんどないため、グラントシマウマ、オグロヌー、ライオン、カバなど数多くの動物を容易に観察することができます。
※ンゴロンゴロ自然保護区のクレーター外輪に位置するソパロッジに宿泊。
ンゴロンゴロ自然保護区:ソパロッジ泊
4 ンゴロンゴロ自然保護区
セレンゲティ国立公園
08:00発
13:00着
専用車にてセレンゲティ国立公園へ。午後、サファリドライブをしながらロッジへ。この時期は子連れの野生動物が多く観察できる季節です。
※セレンゲティの中心セロネラ地区に位置するテント式ロッジ「キオタキャンプ」に2連泊。
セレンゲティ国立公園:キオタキャンプ泊
5 セレンゲティ国立公園   午前と午後の2回、セレンゲティ国立公園にてサファリドライブをお楽しみください。ライオン、チーターやヒョウ等の捕食動物、アフリカゾウやキリン等の大型草食動物など様々な野生動物を観察するサファリを存分にお楽しみください。
セレンゲティ国立公園:キオタキャンプ泊
6 セレンゲティ国立公園
ンドゥトゥ地区
08:00発
13:00着
サファリドライブを楽しみながらセレンゲティ国立公園南部のンドゥトゥ地区へ。午後はンドゥトゥ地区でのサファリドライブ。この時期、オグロヌーやグラントシマウマの群れが最も集まるンドゥトゥ地区に3連泊。計5回ンドゥトゥ地区でのサファリドライブをお楽しみください。
※季節限定で設置されるモバイルキャンプロッジ「チャカキャンプ」に3連泊。
ンドゥトゥ地区:チャカキャンプ泊
7~8 ンドゥトゥ地区   日程7~8日目はンドゥトゥ地区に滞在し、午前と午後、たっぷりとサファリドライブをお楽しみください。
ンドゥトゥ地区:チャカキャンプ泊
8
9 ンドゥトゥ地区
タランギーレ国立公園
08:00発
18:00着
専用車にてタランギーレ国立公園へ。夕方、サファリドライブ。バオバブの木を背景にアフリカゾウやマサイキリンなどの野生動物が観察できます。
※タランギーレ国立公園内の「バルーンキャンプ」に宿泊。
タランギーレ国立公園:バルーンキャンプ泊
10 タランギーレ国立公園
キリマンジャロ
キリマンジャロ
ドーハ
09:00発
13:00着
15:20発
23:10着
早朝、最後のサファリドライブ。その後、専用車にてキリマンジャロ空港へ。午後の航空機にてダルエスサラーム経由でドーハへ。
機中泊
11 ドーハ
東京
01:55発
17:55着
ドーハ着後、航空機を乗り換えて、帰国の途につきます。着後、解散。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝8/昼 8/夜 8:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: カタール航空
  • 詳細な日程・旅行条件については必ずパンフレットをご請求になり、詳細をご確認の上お申し込みください。パンフレットのご請求はこちら

ご案内とご注意

査証(ビザ) タンザニア(6,000円)、代行手数料(4,000円+消費税)、写真1枚。旅券の残存有効期間は査証発行日より6ヶ月以上、査証欄の余白は見開き2ページ以上必要です。
気候・服装 日中は長袖シャツ程度で過ごせますが、朝晩は冷え込みますので、ジャンパーやフリースなどの防寒具が必要です。サファリドライブ時の埃除けに、マスクやスカーフをご用意ください。
利用予定ホテル 日程をご覧ください。
パンフレットのご請求はこちら
観光について 自然観察ですので、写真や日程表中の動物が必ずしも見られるとは限りません。予めご了承ください。
荷物について 荷物を積み込むスペースに限りがありますので、スーツケースは中型サイズ以下(キャスターを含め高さ70cm以内)のものをご用意ください。
旅行条件について 詳しい取引条件を説明した書面をお渡ししますので、事前に確認の上お申し込みください。
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-391 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-1391
  • 大阪

    06-6367-1391

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。