ツアーのポイント

ポイント ダンスとコーヒーの街、ゴロカに3連泊

村々に伝わるユニークな踊り(シンシン)で知られるゴロカに2連泊。ゴロカ周辺のハイランド地方は標高1600メートル、夏でも涼しく良質なコーヒーの産地です。ツアーは世界的にも有名な「ゴロカコーヒー」の工場も訪れます。

ポイント 色彩豊かな街並みと美しい海が広がるリゾート、マダンに3連泊

「南太平洋で最もかわいらしい町」とも称されるマダンに3連泊。ダイバーにも人気の透明度の高い海とサンゴ礁が広がるエリアです。シュノーケリングやクルーズを心ゆくまでお楽しみください。また、近郊には魅力的な村が点在しています。村を訪問し、シンシン鑑賞やキャンプファイヤーをお楽しみください。タロイモやタピオカイモ、バナナ、ココナッツを使ったローカル料理もご賞味いただけます。

ポイント わずか6時間50分で"南太平洋最後の楽園"パプアニューギニアへ!

直行便のニューギニア航空を利用。わずか6時間50分でパプアニューギニアへ!
海の美しいマダン、高原の町ゴロカにのんびり滞在します。

COLUMN パプア・ニューギニアの自然・伝統・文化にふれる

パプアニューギニアは、多民族国家。800以上もの部族が暮らすといわれており、地域や村によって風習や風土が全く異なります。それぞれの村に伝わるダンス「シンシン」や、地元の名物料理をお楽しみください。また、世界の蘭の70%、3000種以上が棲息し、ワニやサイチョウなど珍しい動物も数多く棲息する自然の宝庫でもあります。

シンシン
自然
地元の名物料理

出発日と料金

2019年 
出発日
旅行代金
07月01日(月)~07月11日(木) 473,000円
07月12日(金)~07月31日(水) 483,000円
08月01日(木)~08月08日(木) 493,000円
08月09日(金)~08月11日(日) 518,000円
08月12日(月)~08月22日(木) 488,000円
08月23日(金)~08月29日(木) 483,000円
08月30日(金)~09月12日(木) 473,000円
09月13日(金)~09月26日(木) 483,000円
09月27日(金)~10月31日(木) 468,000円
11月01日(金) ~ お問合せください
燃油サーチャージ 航空運賃に含まれるため不要です。
一人部屋追加代金 95,000円
一人参加の追加料金
(一人部屋追加代金込み)
240,000円
  • 東京(羽田、成田)~大阪(関空、伊丹)間の日本航空国内線が、片道16,000円にて手配可能です。(日本航空の運航便のみ適用されます。)
  • 表内の料金は、2名様で参加され、ツインルームを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • 3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • 国際線のビジネスクラスをご希望の方はお問い合わせください。

ツアー日程表

地名 スケジュール
1日目 東京 空路、東京よりパプアニューギニアの首都ポートモレスビーへ。
食事 朝:- 昼:- 夜:-/機中泊
2日目 ポートモレスビー
ゴロカ
着後、入国審査、税関検査の後、ロビーへ。
日本語ガイドがお出迎え、ホテルヘ。
朝食後、空港へ戻り、国内線でゴロカへ。
着後、送迎車にてホテルへ。

ホテルで小休止後、ラエからゴロカを通り西へ繋がるハイランドハイウエイで一番標高の高いダウロ峠へのドライブをお楽しみいただきます。頂上からは360度の景色を楽しむことができます。その後、アサロ渓谷へ向かいます。
素朴に生きるアサロ渓谷の村人の生活や住居などの見学に続き、マッドマン・ダンスの見学火おこしの儀式、昼食はムームーランチです。その後、ゴロカに戻ります。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ゴロカ泊
3日目 ゴロカ 午前中、美しい熱帯雨林の森が広がるカベベ村へ。美しい滝を目指しネイチャーウォークをお楽しみください。昼食は、地元の名物料理をご賞味ください。
午後、チンブー地方の異文化体験の村へ。カムレックというお見合いの儀式やフェイスペインティング、伝統的なバックであるビルム作りの工程、竹笛の演奏など、伝統文化を実際に体験しお楽しみください
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ゴロカ泊
4日目 ゴロカ 終日、ケマセ村の奇石、洞窟探検をお楽しみください。
ゴロカから混乗車(四駆)にてケマセ村へ。着後、歩き出すと15分ほどで、風雨の浸食を受けた奇岩群が見えてきます。その先には部族闘争の時代に隠れ家として使った洞窟や、昔の人食い習慣の跡で人骨が残る洞窟があります。そして断崖絶壁の頂上からは眼下にゴロカ盆地の大パノラマが広がります。
昼食には村で採れた野菜を豊富に使ったヘルシーな郷土料理をお楽しみください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/ゴロカ泊
5日目 ゴロカ
ポートモレスビー
マダン
午前、送迎車にて空港へ。
空路、ポートモレスビーへ。着後、ホテルで昼食。
昼食後、空港へ戻り、国内線でマダンへ。
着後、送迎車にてホテルへ。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/マダン泊
6日目 マダン 午前中、マダン郊外の断崖絶壁に草木が生い茂るバレク自然公園にご案内します。
ここは、映画「ロビンソンクルーソー」のフライデー埋葬のシーンの舞台となった場所。
パプアニューギニアの固有種で有袋類のクスクスやオオギバト大うなぎの餌付けやスッポンモドキなどを見ることができます。
午後、マダン市内観光(マーケットコーストウォッチャー灯台マシンガンビーチ)。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/マダン泊
7日目 マダン 午前中、マダン湾クルーズへ。真っ白な砂浜が印象的なピグアイランド、小さな島の間を縫いながらのルーズをお楽しみいただきます。
昼食後、マダン郊外の観光へ
マダン博物館を見学後、海辺の民族の住むビルビル村を訪問します。素焼きの壺作りで有名な村では、昔ながらの暮らしを見学していただきます。村人の民族舞踊(シンシン)の鑑賞もお楽しみください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/マダン泊
8日目 マダン
ポートモレスビー
東京
空路、ポートモレスビーへ。着後、ポートモレスビー郊外のアドベンチャー・パークへ。10種を超える極楽鳥、ワニ、木登りカンガルー等の動物をはじめ、オーキッドガーデンも備えた公園をお楽しみください。
昼食後、空港へ向かい帰国の途につきます。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:-
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝7/昼7/夜6:機内食は除く
  • 利用予定航空会社:ニューギニア航空
  • 最少催行人員:1名
  • 添乗員は同行しませんが、日程表記載の現地係員がご案内いたします。
  • 特に日程表に記載がない限り、各地のホテルチェックインは午後から、チェックアウトは午前中となります。

料金に含まれるもの

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃:ニューギニア航空
(東京/ポートモレスビー 往復)

国内線エコノミークラス航空運賃:ニューギニア航空
(ポートモレスビー/ゴロカ/ポートモレスビー/マダン/ポートモレスビー)
ガイド料金 パプアニューギニア内のガイド料金。
ポートモレスビー:日本語ガイド
ゴロカ:英語ガイド
マダン:英語ガイド
送迎費 パプアニューギニア内の混乗車料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地におけるホテルの宿泊、及び税金、サービス料。
食事料金 日程表記載の食事代(朝7/昼7/夜6 機内食除く)

料金に含まれないもの

査証(ビザ) 査証代実費:3,000円
査証取得代行手数料:8,640円
※旅券の残存有効期間は入国時に6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は見開きを含む4ページ以上必要です。査証申請に必要な写真は1枚(縦5cm×横5cm)カラー写真です。
空港施設利用料 成田空港:2,610円
国際観光旅客税 1,000円
海外空港税諸税 ポートモレスビー他2空港:約20,000円
燃油特別付加運賃 航空運賃に含まれるため不要です。
航空保険料 航空運賃に含まれるため不要です。
個人的費用 超過手荷物料金、クリーニング代、通信費、医療費、日程表記載以外の飲食代、その他個人的性質の費用。
ガイド・ドライバーへのチップ ガイド・ドライバーへのチップについては含まれておりませんので、適宜、現地にてお支払いください。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。

ご案内とご注意

利用予定ホテル ■ゴロカ:バード・オブ・パラダイス、パシフィックガーデン
■マダン:マダンリゾート
観光のご注意 日程中の観光の順番や見学日は変更となることがあります。
渡航情報 2019年5月現在、パプアニューギニアには日本外務省から「レベル1:十分注意してください。」という危険情報が発出されております。また、上記以外にも更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、出発前に必ずご一読の上ご参加ください。
外務省海外安全ホームページ
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-395 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-8384
  • 大阪

    03-3237-0638

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。