ツアーのポイント

ポイント 5日間で4つの世界遺産を訪問!

インドで最高の仏教壁画が残るアジャンタ石窟、玄武岩を掘り下げて造られた壮大なエローラ石窟、西インドが誇る2つの世界遺産に加え、ムンバイを代表する2つの世界遺産、ヒンドゥー教石窟エレファンタ島と、見事な建築美を誇るチャトラパティ・シバージー・ターミナスを5日間で訪れます。

ポイント 日本語ガイドと専用車でご案内する、完全プライベートツアー!

現地では、日本語ガイドと専用車でご案内いたします(国内線搭乗時とムンバイでの空港送迎時・ターミナル移動時を除く)。他のお客様との乗り合いにはなりません。もちろんすべての見学地の入場料は旅費に含まれております。気兼ねなく、安心してご旅行をお楽しみください。

ポイント 西遊旅行のデリーオフィスがあるのでいざという時も安心

デリーには西遊旅行の現地法人「SAIYU INDIA」もあり、日本人スタッフが常駐しておりますので、万が一の緊急時にも安心です。

訪問する
世界遺産

アジャンタ石窟群/エローラ石窟群/エレファンタ島の石窟群/チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス駅(外観)

COLUMN インド仏教芸術の最高傑作・アジャンタ

1819年、虎狩りに出かけた英国軍士官によって偶然発見されたアジャンタ。インドの仏教遺跡には石彫遺跡が多いなか、アジャンタは膨大な壁画が残っています。造営時期は前期(紀元前2世紀〜紀元後2世紀)と後期(5世紀中頃〜7世紀)に分かれ、現存する素晴らしい壁画のほとんどは仏教美術が隆盛した6〜7世紀に描かれたものです。第1窟の蓮華手菩薩はアジャンタ最高傑作で、1949年に焼損した法隆寺金堂の勢至菩薩像に影響を与えたといわれています。壁面に牛糞や粘土、石灰を下地に塗り、アフガニスタンから持ち込まれたといわれるラピスラズリや黄土などの顔料で描かれています。仏伝、本生譚を題材に描かれ、文字が読めない人への絵解き物語になっています。

第1窟 「蓮華手菩薩」 第1窟 「金剛手菩薩」 第1窟 「蓮華手菩薩」 第1窟 「金剛手菩薩」
第26窟 「涅槃像」 第26窟 「涅槃像」
第2窟天井画 「青い靴下の異邦人」 第2窟天井画 「青い靴下の異邦人」
第17窟 「六牙白象本生」 第17窟 「六牙白象本生」

出発日と料金

2019年 
出発日
旅行代金
05月20日(月)~06月30日(日) 188,000円
07月01日(月)~08月01日(木) 195,000円
08月02日(金)~08月08日(木) 215,000円
08月09日(金)~08月19日(月) 248,000円
08月20日(火)~09月12日(木) 215,000円
09月13日(金)~09月23日(月) 243,000円
09月24日(火)~09月30日(月) 188,000円
10月01日(火)~ お問合せください
燃油サーチャージ キャセイパシフィック航空
(東京・名古屋・大阪/香港/ムンバイ 往復):18,600円

エア・インディア
(ムンバイ/オーランガバード 往復):800円
一人部屋追加代金 32,000円
一人参加の追加料金
(一人部屋追加代金込み)
68,000円
  • 表内の料金は、2名様で参加され、ツインルームを2名様で使用された場合の1名様の料金です。
  • 3名様以上のグループは別途お見積もりさせていただきますのでお問い合わせください。
  • インドでの延泊手配も承ります。お問い合わせください。

ツアー日程表

地名 スケジュール
1日目 日本
香港
ムンバイ
東京(成田空港)、名古屋(中部国際空港)、大阪(関西国際空港)より香港経由の航空機にてムンバイへ。着後、英語係員と共に専用車にてホテルへ。
食事 朝:- 昼:- 夜:-/ムンバイ泊
2日目 ムンバイ
(エレファンタ島)
日本語ガイドと共にムンバイの市内観光(インド門チャトラパティ・シバージー・ターミナス外観)をお楽しみください。船でエレファンタ島へ。シヴァ神を祀るヒンドゥ石窟群を観光。その後、ムンバイに戻り、空港へ。午後の国内線にてオーランガバードへ。着後、専用車にてホテルへ。
※エレファンタ島は月曜日定休となります。
※エレファンタ島観光は船を利用します。雨や波の状況によって欠航になる場合もございます。その場合にはムンバイ市内の他の観光地で代替させていただきますので、予めご了承ください。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/オーランガバード泊
3日目 オーランガバード
(アジャンタ石窟)
ガイドとともに終日、紀元前2世紀から紀元後6世紀に造営されたといわれる仏教石窟群アジャンタを見学。
※エローラ石窟は火曜日、アジャンタ石窟は月曜日が休園となります。観光がその日にあたる場合には3日目と4日目の観光を入れ替えさせていただきます。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:○/オーランガバード泊
4日目 オーランガバード
(エローラ石窟)
ムンバイ
朝から、デカン地方における石彫建築の最高傑作エローラ石窟を見学。その後、オーランガバードの市内観光ビービーカマクバラバザールの散策等)。
夕方、専用車にて空港へ。夜の国内線にてムンバイへ。空路、香港経由にて帰国の途につきます。
食事 朝:○ 昼:○ 夜:-/機中泊
5日目 香港
日本
お客様ご自身にて香港で航空機を乗り換えいただき、日本へ。
東京(成田空港)、名古屋(中部国際空港)、大阪(関西国際空港)に到着。
  • 運輸機関のスケジュールの変更、遅延、運行の中止や道路状況などにより、宿泊地や訪問地の順序が変わったり、日程内容に変更が起こることがあります。
  • 食事回数:朝3/昼3/夜2:機内食は除く
  • 利用予定航空会社: キャセイパシフィック航空、エアインディア
  • 最少催行人員:1名
  • 添乗員は同行しませんが、 現地係員(日本語ガイド)がご案内いたします。 日程1日目のムンバイでの空港送迎は英語係員が、日程2日目のムンバイでの空港送迎は英語ドライバーがご案内いたします。
  • 日程中に記載のない限り、各ホテルのチェックインは午後から、チェックアウトは午前中となります。

料金に含まれるもの

交通費 国際線エコノミークラス航空運賃
(東京・名古屋・大阪/香港/ムンバイ 往復:キャセイパシフィック航空)

国内線エコノミークラス航空料金
(ムンバイ/オーランガバード往復:エア・インディア)
ガイド料金 インド内の日本語ガイド料金。(日程2日目~4日目)
※オーランガバードでは繁忙期などまれに英語ガイドでのご案内となることがあります。

ムンバイでの空港送迎時の英語係員。(日程1日目)
送迎費 日程表記載の専用車、及びドライバー料金。
見学料金 日程表記載の各見学地における入場料。
宿泊費 日程表記載の各地における宿泊費、及び税金、サービス料。
(ただし、上記料金はお二人部屋を2名様で利用した場合の料金です。宿泊施設については、下記の利用予定ホテルリストをご確認ください。)
食事料金 日程表記載の食事代(朝3/昼3/夜2 機内食除く)

料金に含まれないもの

査証(ビザ) 査証代実費:1,250円
査証取得代行手数料:8,640円

※旅券の残存有効期間は申請時6ヶ月以上、パスポートの未使用査証欄は東京申請で2ページ以上(見開きでなくても良い)、大阪申請で見開きを含む2ページ以上必要です。
※査証申請に必要な写真は1枚(縦5cm×横5cm)です。その他、写真の細かな規定がございます。お申し込み時にご確認ください。
空港施設利用料 成田空港:2,610円
中部国際空港:2,570円
関西空港:3,040円
国際観光旅客税 1,000円
海外空港税諸税 インド国際線:7,020円
インド国内線:2,000円
燃油特別付加運賃 キャセイパシフィック航空
(東京・名古屋・大阪/香港/ムンバイ 往復):18,600円

エア・インディア
(ムンバイ/オーランガバード 往復):800円
航空保険料 (燃油特別付加運賃に含まれています)
個人的費用 超過手荷物料金、クリーニング代、通信費、医療費、日程表記載以外の飲食代、その他個人的性質の費用。
ガイド・ドライバーへのチップ ガイド・ドライバーへのチップについては含まれておりませんので、適宜、現地にてお支払いください。
海外旅行保険料 別途、ご加入することをお勧めいたします。

ご案内とご注意

利用予定ホテル ■ムンバイ:スバ・パレス、ウエストエンド
■オーランガバード:ラマ・インターナショナル、アマルプリートホテル
渡航情報 2019年5月現在、当該地域には 「十分注意してください」という危険情報が日本外務省から発出されております上記以外にも、更新情報や最新スポット情報などが出ている場合もございますので、最新の情報につきましては担当にご確認ください。また、外務省情報につきましては、出発前に必ずご一読ください。
外務省海外安全ホームページ
メールでのお申し込み・お問い合わせ 予約希望・お問い合わせ
旅行企画・実施 株式会社 西遊旅行
観光庁長官登録旅行業第一種607号 
日本旅行業協会正会員
東京都千代田区神田神保町2-2 共同ビル神保町3階
お電話でのお申し込み・お問い合わせ
0120-811-395 [ 営業時間:月~金10:00~18:30 ]
携帯電話・公衆電話の方はこちら
  • 東京

    03-3237-8384
  • 大阪

    03-3237-0638

営業時間外に受信したメール・FAX・郵送など
でのご連絡は、翌営業日扱いとなります。